アレックス・ブレグマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレックス・ブレグマン
Alex Bregman
ヒューストン・アストロズ #2
Alex Bregman during his at-bat, March 2, 2019 (cropped 2).jpg
2019年3月3日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューメキシコ州ベルナリオ郡アルバカーキ
生年月日 (1994-03-30) 1994年3月30日(25歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手
プロ入り 2015年 MLBドラフト1巡目(全体2位)でヒューストン・アストロズから指名
初出場 2016年7月25日 ニューヨーク・ヤンキース
年俸 $2,307,166(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2017年
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

アレクサンダー・デイビッド・ブレグマンAlexander David Bregman, 1994年3月30日 - )は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州ベルナリオ郡アルバカーキ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBヒューストン・アストロズ所属。

愛称はB-バーグ[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2010年に16歳の高校2年生ながらCOPABEパンアメリカン野球選手権大会のU-16アメリカ合衆国代表に選ばれ、チームは優勝、自身もMVPに選出された[3]。また、USA Baseball年間最優秀選手賞英語版を受賞した初の高校生となった[4]。 2011年にはジュニアとして打率.678本・19本塁打を放ちニューメキシコのシーズン記録を樹立した[5]。この年はU-16アメリカ合衆国代表に選ばれ、チームを国際野球連盟世界選手権優勝へ導いた[6]2012年MLBドラフト29巡目(全体901位)でボストン・レッドソックスから指名されたが、ルイジアナ州立大学(LSU)へ進学した。

LSUでの3年間の大学野球では、2013年にはBaseball Americaによりこの年の全米学生新人王に選ばれ、ブルックス・ウォレス賞英語版を大学ナンバーワンの遊撃手として受賞した[6]。全米代表にも2回選ばれ[7]第39回日米大学野球選手権大会のメンバーとして来日している。

アストロズ傘下時代[編集]

2015年MLBドラフト1巡目(全体2位)でヒューストン・アストロズから指名され[8]、6月25日に契約金590万ドルで契約[9][10]。契約後はA級クァッドシティズ・リバーバンディッツ英語版で29試合に出場後、7月27日にA+級ランカスター・ジェットホークスへ昇格。A+級ランカスターでは37試合に出場し、打率.319、3本塁打、21打点、8盗塁だった。

2016年の開幕前に発表されたBaseball Prospectusによるアストロズ内のトッププロスペクトでは1位[11]に、ベースボール・アメリカ誌では3位[12]に選出されるなど期待されていたが、スプリングトレーニングでは13試合の出場で打率.087だった。AA級コーパスクリスティ・フックスで開幕を迎え、62試合に出場すると、打率.297、14本塁打、46打点、5盗塁と活躍。テキサスリーグのオールスターゲームに選出された[13]。6月30日にAAA級フレズノ・グリズリーズへ昇格。AAA級でも18試合の出場で打率.333、6本塁打、15打点、2盗塁と好調をキープした。この活躍により、USAトゥデイ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞した[14]

アストロズ時代[編集]

2016年7月25日にアストロズとメジャー契約を結び[15]、同日のニューヨーク・ヤンキース戦で6番・三塁として先発起用されメジャーデビュー。この日は4打数無安打2三振に終わった[16]。昇格後6試合目となった7月31日のデトロイト・タイガース戦でようやくメジャー初安打を記録[17]。その後は三塁手のルイス・バルブエナが故障者リスト入りしたため、三塁手のレギュラーを獲得。しかし、ユリエスキ・グリエルの加入により9月に入ると出場機会が減少した。この年は49試合に出場し、打率.264・8本塁打・34打点だった。

2017年開幕前の1月13日に自身のツイッターで第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表への参加の意思を表明し[18]、選出された[19]。チームは3月22日の決勝プエルトリコ戦に勝利し、初の優勝を果たした[20]が、正三塁手はノーラン・アレナドだったため出場機会は限られ、2試合で打率.500(4打数2安打)であった。シーズンでは開幕をメジャーで迎え、開幕戦に三塁手の球団史上最年少記録となる23歳と4日で出場した。遊撃を守ることもあったが正三塁手として定着、157試合に出場し打率286・19本塁打・71打点・OPS.827を記録した。また、初満塁本塁打を放ったり[21]、球団記録となる10試合連続長打を打つ[22]など飛躍のシーズンとなった。ポストシーズンでは全体で打率.208と低迷したもののロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズでは第5戦にサヨナラヒットを打ち[23]、球団史上初のワールドチャンピオンに貢献した。

2018年は6月に週間MVP英語版[24]月間MVP[25]を獲得するなど前半戦を打率.284・17本塁打・57打点で折り返し、オールスターゲーム及び本塁打競争に選ばれた[26][27]。オールスターゲームでは10回表に決勝点となる本塁打を放ち、MVPに輝いた[28]。後半戦になるとチームの主軸が相次いで怪我で離脱したためにチームの核となった。また、ホームラン後のパフォーマンスが話題になるということもあった[29]。9月8日には30号本塁打を放ち、24歳での30本到達は球団史上最年少の記録であった[30]。9月12日には50二塁打に到達し、50二塁打・30本塁打はMLB史上初の快挙である。その他にも100打点・100得点と様々な節目の記録に到達した[31]。最終成績は打率.286・31本塁打・103打点であった。好成績の理由としてOPS(.926)がリーグで2番目に高く、空振り率がリーグ最少で三振が少ないことが挙げられた[32]。ポストシーズンではOPS1.178の成績を残した。リーグMVP投票では5位に入った[33]

2019年3月22日、5年総額1億ドルの契約延長に合意した[34][35]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 HOU 49 217 201 31 53 13 3 8 96 34 2 0 0 1 15 0 0 52 1 .264 .313 .478 .791
2017 155 626 556 88 158 39 5 19 264 71 17 5 1 7 55 2 7 97 15 .284 .352 .475 .827
2018 157 705 594 105 170 51 1 31 316 103 10 4 0 3 96 2 12 85 15 .286 .394 .532 .926
MLB:3年 361 1548 1351 224 381 103 9 58 676 208 29 9 1 11 166 4 19 234 31 .282 .366 .500 .866
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



三塁(3B) 遊撃(SS) 二塁(2B) 左翼(LF)
















































2016 HOU 40 28 80 8 8 .931 6 6 9 1 4 .938 3 2 5 0 0 1.000 1 0 0 1 0 .000
2017 132 86 241 10 28 .970 30 31 58 4 14 .957 4 0 5 0 2 1.000 -
2018 136 84 245 13 23 .962 28 22 58 3 10 .964 2 1 2 0 1 1.000 1 0 0 0 0 .---
通算 308 198 566 31 59 .961 64 59 125 8 28 .958 9 3 12 0 3 1.000 2 0 0 1 0 .000
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

MiLB[編集]

MLB[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 2 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Alex Bregman Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月23日閲覧。
  2. ^ Astros Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月2日閲覧
  3. ^ Tim Korte (2011年1月22日). “A bright future for Albuquerque baseball prospect”. Boston.com. 2018年12月2日閲覧。
  4. ^ “LSU super freshman Alex Bregman taking Tigers to new heights” (英語). NOLA.com. http://www.nola.com/lsu/index.ssf/2013/06/alex_baseball_has_taken_the_ls.html 2018年12月3日閲覧。 
  5. ^ “Alex Bregman Bio” (英語). LSUsports.net. http://www.lsusports.net/ViewArticle.dbml?ATCLID=205587018 2018年12月3日閲覧。 
  6. ^ a b “Alex Bregman Bio” (英語). LSUsports.net. http://www.lsusports.net/ViewArticle.dbml?ATCLID=205587018 2018年12月3日閲覧。 
  7. ^ “NM native Alex Bregman taken 2nd overall in MLB Draft” (英語). KOAT. (2015年6月9日). https://www.koat.com/article/albuquerque-native-alex-bregman-taken-2nd-overall-in-mlb-draft/5064507 2018年12月3日閲覧。 
  8. ^ Astros Select Bregman, Tucker with Second and Fifth Overall Picks”. MLB.com Astros Press Release (2015年6月8日). 2016年7月27日閲覧。
  9. ^ Astros sign second overall pick SS Alex Bregman”. MLB.com Astros Press Release (2015年6月25日). 2016年7月27日閲覧。
  10. ^ Chandler Rome (2015年6月25日). “No. 2 pick Bregman, Correa reunite”. MLB.com. 2016年7月27日閲覧。
  11. ^ Christopher Crawford (2016年2月2日). “Houston Astros Top 10 Prospects”. Baseball Prospectus. 2016年7月27日閲覧。
  12. ^ J.J. Cooper (2016年1月15日). “Houston Astros Top 10 Prospects”. Baseball America. 2016年7月27日閲覧。
  13. ^ TEX South Division All-Stars Roster”. MiLB.com. 2016年7月27日閲覧。
  14. ^ Jorge L. Ortiz. “Houston Astros' Alex Bregman is USA TODAY Sports' Minor League Player of the Year”. 2016年9月9日閲覧。
  15. ^ Jordan Ray (2016年7月25日). “Wait finally over as Astros welcome Bregman”. MLB.com. 2016年7月27日閲覧。
  16. ^ Scores for Jul 25, 2016”. ESPN (2016年7月25日). 2016年7月27日閲覧。
  17. ^ Scores for Jul 31, 2016”. ESPN (2016年7月31日). 2016年8月16日閲覧。
  18. ^ [1] Alex Bregman (@ABREG_1) - Twitter (2017年1月13日) 2017年1月20日閲覧
  19. ^ USA Baseball Announces 2017 World Baseball Classic Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2017年2月9日) 2017年3月16日閲覧
  20. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  21. ^ Alex Bregman's grand slam leads Astros' win” (英語). MLB.com. 2018年12月2日閲覧。
  22. ^ Michelet, Kirk. “Alex Bregman extends extra base hit streak to 10 games” (英語). http://www.wafb.com. http://www.wafb.com/story/36106873/copy-former-tiger-alex-bregman-looks-to-extend-extra-base-hit-streak/ 2018年12月2日閲覧。 
  23. ^ Alex Bregman ecstatic after walk-off hit” (英語). MLB.com. 2018年12月2日閲覧。
  24. ^ Thornburg, Chad (2018年5月24日). “Alex Bregman, Javier Baez are Players of Week”. MLB.com. 2018年7月20日閲覧。
  25. ^ Rome, Chandler (2018年7月3日). “Astros' Alex Bregman named AL Player of the Month”. 2018年7月20日閲覧。
  26. ^ Former Tigers Aaron Nola, Alex Bregman selected to MLB All-Star game | LSU”. The Advocate (2018年7月8日). 2018年7月20日閲覧。
  27. ^ Alex Bregman falls a homer shy in Home Run Derby debut”. abc13.com (2018年7月16日). 2018年7月20日閲覧。
  28. ^ Feinsand, Mark (2018年5月24日). “Alex Bregman wins 2018 All-Star Game MVP”. MLB.com. 2018年7月20日閲覧。
  29. ^ Jessica Kleinschmidt and Brian McTaggart (2018年8月22日). “Astros' dugout poses for the camera”. MLB.com. 2018年9月4日閲覧。
  30. ^ Sonny Shipp (October 31, 2018). "LeMahieu, Bregman finalists for 2018 MLB Gold Glove Award"
  31. ^ Brian McTaggart (2018年9月12日). “Alex Bregman reaches 100 RBIs, 100 runs”. MLB.com. 2018年9月12日閲覧。
  32. ^ David Schoenfield (October 1, 2018). "MLB - Why Alex Bregman of the Houston Astros could be the new Mr. October," ESPN.
  33. ^ Andrew Gleisner. "Astros: Alex Bregman finishes fifth in AL MVP voting"
  34. ^ Alex Bregman Astros extension” (英語). MLB.com. 2019年3月23日閲覧。
  35. ^ アストロズ、ブレグマンと5年の契約延長” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]