ジョナサン・スコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョナサン・スコープ
Jonathan Schoop
ボルチモア・オリオールズ #6
Jonathan Schoop on September 26, 2013.jpg
2013年9月26日
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 オランダ領アンティルの旗 アンティル自治領ウィレムスタッド(現:キュラソーの旗 キュラソー自治領)
生年月日 1991年10月16日(24歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 2008年 アマチュアFA
初出場 2013年9月25日 トロント・ブルージェイズ
年俸 $522,500(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗オランダ
WBC 2013年

ジョナサン・ヘスス・スコープJonathan Jesus Schoop , 1991年10月16日 - )は、オランダ領アンティルキュラソー島ウィレムスタッド出身のプロ野球選手内野手)。右投げ右打ち。現在はMLBボルチモア・オリオールズに所属している。

兄のシャーロン・スコープオランダ代表でプレー経験のある野球選手である。

スクープ」と表記されることもある。

第3回WBC(2013年3月2日)

経歴[編集]

2008年ボルチモア・オリオールズに入団[2]

2011年にはオールスター・フューチャーズゲームに世界選抜として出場した[2]。シーズンでは1Aと1A+で打率.290、13本塁打、71打点を記録し、オリオールズの最優秀マイナー選手に選出された[3]
オフの9月20日に、第39回IBAFワールドカップオランダ代表に選出された事が発表された[4]。この大会では、欧州勢としては、1938年大会イギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[5]、スコープにも贈られた。

2012年の開幕前にはベースボール・アメリカの有望株ランキングで球団3位、全体82位に入った[6][7]。この年は2Aで1年間プレーしたが、右投手を打率.218とあまり打てず、トータルでは打率.245、14本塁打、56打点だった[8]11月20日にオリオールズの40人ロースターに加えられた[9]

2013年開幕前の3月に、第3回WBCのオランダ代表に選出された[10][8]
シーズンでは、9月25日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビューを果たした。

2014年3月11日にオリオールズと1年契約に合意した[11]。同年はセカンドのレギュラーポジションを与えられ、137試合に出場したが、打率.209・13四球に対して122三振と、ミート面で力不足が露呈した。しかしながら、95安打のうち16本塁打を含む34本の長打を放つなど、パワー面では才能を見せた。また、田中将大に強さを見せ、田中からは2本塁打を記録した[12]。また、ディフェンス面では高い才能を発揮し、セカンドを守った123試合でのDRS + 10という好数値だった。

2015年選球眼はお粗末なままで、86試合に出場して9四球・79三振という割合だったが、打率は.279まで大幅に上昇した。また、前年比で出場試合数が約50減となりながら、前年とほぼ同等の17二塁打・15本塁打を放ち、パワー面で更なる成長ぶりを示した。このように打撃面では収穫あるシーズンを過ごしたが、守備面ではセカンドのDRSがマイナスに転じ、壁に突き当たった恰好となった。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 BAL 5 15 14 5 4 0 0 1 7 1 0 0 0 0 1 0 0 2 2 .286 .333 .500 .833
2014 137 481 455 48 95 18 0 16 161 45 2 0 5 0 13 0 8 122 12 .209 .244 .354 .598
2015 86 321 305 34 85 17 0 15 147 39 2 0 1 2 9 0 4 79 9 .279 .306 .482 .788
通算:3年 228 817 774 87 184 35 0 32 315 85 4 0 6 2 23 0 12 203 23 .238 .270 .407 .677
  • 2015年度シーズン終了時

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]