J.C.スルバラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
J.C.スルバラン
J. C. Sulbaran
J. C. Sulbaran on August 26, 2015.jpg
2015年8月26日
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 オランダ領アンティルの旗 アンティル自治領ウィレムスタッド(現:キュラソーの旗 キュラソー自治領)
生年月日 (1989-11-09) 1989年11月9日(28歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト30巡目でシンシナティ・レッズから指名
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • アメリカン・ヘリテッジ高等学校
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
五輪 2008年
WBC 2009年2017年
プレミア12 2015年

フアン・カルロス・アントニオ・スルバランJuan Carlos Antonio Sulbaran1989年11月9日 - )は、オランダ領アンティルキュラソー島ウィレムスタット出身のプロ野球選手(投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2006年アメリカ合衆国のアメリカン・ヘリテッジ高等学校へ野球留学しに行く[要出典]

プロ入りとレッズ傘下時代[編集]

2008年のMLBドラフトシンシナティ・レッズからドラフト30巡目指名された[1][2]。8月14日に50万ドルで契約を結びプロ入りを果たした[要出典]。さらに、第24回ハーレムベースボールウィークのオランダ領アンティル代表に選出された[要出典]

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCオランダ代表に選出された[3]

シーズンでは傘下Aのデイトン・ドラゴンズでプレーした。21試合に先発登板し、5勝5負、防御率5.24、100奪三振を記録した[1][2]

2010年も傘下Aのデイトンでプレーした。16試合(15試合で先発)登板し、4勝6負、防御率4.99、83奪三振を記録した[1][2]

2011年は傘下アドバンスAのベーカーズフィールド・ブレイズでプレーした。26試合に先発登板し、9勝6負、防御率4.60、155奪三振を記録した[1][2]

オフの9月20日に第39回IBAFワールドカップのオランダ代表に選出された[4]。同大会ではヨーロッパの国としては、1938年大会イギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした[要出典]。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[5]、スルバランにも贈られた[要出典]

2012年は開幕を傘下AAのペンサコーラ・ブルーワフーズで迎えた[要出典]。同チームでは19試合に先発登板し、7勝7負、防御率4.04、11奪三振を記録した[1][2]

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2012年7月31日にジョナサン・ブロクストンとのトレードカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[要出典]

移籍後は傘下AAのノースウエストアーカンソー・ナチュラルズへ異動した[要出典]。同チームでは6試合に先発登板し、0勝4負、防御率7.62、24奪三振を記録した[1][2]

オフにはアリゾナ・フォールリーグへ派遣され、サプライズ・サグアロズでプレーした[要出典]。同チームでは1試合に先発登板した[2]

2013年は開幕を傘下AAのノースウエストアーカンソーで迎えた[要出典]。同チームでは25試合(2試合で先発)登板し、1勝4負、防御率6.99、26奪三振を記録した[1][2]。その後、傘下アドバンスAのウィルミントン・ブルーロックスでプレーした。同チームでは8試合に先発登板し、1勝3負、防御率5.03、29奪三振を記録した[1][2]

2014年も開幕を傘下AAのノースウエストアーカンソーで迎えた[要出典]。25試合(23試合で先発)登板し、8勝10負、防御率3.25、116奪三振を記録した[2]

オフの9月2日に第1回フランス国際野球大会のオランダ代表に選出された[6]。同大会でオランダ代表は初代優勝国となった[7]

大会終了後の12日に第33回ヨーロッパ野球選手権大会のオランダ代表が発表されたが、MLBとの都合上メンバーには選出されていない[8]

2015年オフの10月12日に第1回WBSCプレミア12のオランダ代表候補選手36名に選出され[9]、10月20日に第1回WBSCプレミア12のオランダ代表選手28名に選出された[10]

2016年オフの10月26日に日本代表との強化試合のオランダ代表に選出された[11]

2017年開幕前の2月7日に同年のアメリカ遠征のオランダ代表に選出された[12]2月9日第4回WBCオランダ代表に選出され、2大会ぶり2度目の選出を果たした[13]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

アンティル代表
  • 2008 ハーレムベースボールウィーク オランダ領アンティル代表
オランダ代表

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h J.C. Sulbaran stats MiLB公式サイト (英語)
  2. ^ a b c d e f g h i j Baseball Reference (Minors)
  3. ^ 2009 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月19日閲覧
  4. ^ Netherlands announces Roster for Baseball World Cup - IBAF
  5. ^ ジーター後継者は「サー」の爵位持つ24歳のグリゴリアス
  6. ^ Roger Bernadina in EK-selectie Nederland de Nederlandse honkbalsite オランダ語 (2014年9月2日) 2015年4月2日閲覧
  7. ^ Nederland wint France International Baseball Tournament KNBSB オランダ語 (2014年9月10日) 2015年4月2日閲覧
  8. ^ Nederlands honkbalteam opent EK tegen Kroatië The Royal Dutch Baseball and Softball Association official site オランダ語 (2014年9月11日) 2015年4月2日閲覧
  9. ^ Bernadina en Jones in selectie voor Premier 12 de Nederlandse honkbalsite (オランダ語) (2015年10月12日) 2015年10月20日閲覧
  10. ^ Definitieve selectie Kingdom of the Netherlands voor de Premier12 KNBSB (オランダ語) (2015年10月20日) 2015年10月20日閲覧
  11. ^ Jurickson Profar met Koninkrijksteam naar Japan Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (2016年10月26日) 2016年11月8日閲覧
  12. ^ Selectie Koninkrijksteam voor trainingskamp Arizona Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年2月7日) 2017年3月7日閲覧
  13. ^ Tien hoofdklassers in definitieve WBC-selectie Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年2月9日) 2017年3月3日閲覧

外部リンク[編集]