併殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二塁に触れ一塁走者をアウトとした後、一塁へ送球し併殺を完成させようとする遊撃手

併殺(へいさつ、: Double Play、ダブルプレイ)は、野球ソフトボールの守備における記録のひとつ。

概要[編集]

併殺とは、一連のプレイで2個のアウトが記録されることをいう。ここで用いる「一連」とは、「ボールが投手の手を離れてからボールデッドとなるまで」あるいは「ボールが投手の手に戻って投手が次の投球姿勢に移るまでの間」と定義される[1]。すなわち、打者の打撃時のみではなく、例えば牽制行為などに端を発するプレイにおいても併殺が発生する。ただし、二つのアウトの間に失策またはミスプレイがあった場合は併殺とはされない。公式記録上では、こうした併殺プレイに補殺または刺殺者として関与したプレーヤーの氏名が記録される。

日本では併殺を指して「ゲッツー」と呼ぶことがある。(和製英語で、ゲット・ツー・アウトから)

ルール用語としての「ダブルプレイ」もしくは「併殺」は守備側の記録として用いられる。一方、「併殺打」もルール用語だが、こちらは打撃記録であり、定義が異なるため守備側の併殺数と攻撃側の併殺打数は必ずしも一致しない。

一連のプレイで3個のアウトが記録される場合は三重殺(さんじゅうさつ)またはトリプルプレイと呼び、こちらも守備側の「三重殺」として記録される。

フォースダブルプレイ[編集]

打者がフェアのゴロの打球を打ち、フォースの状態にある走者が一つ目のアウト(フォースアウト)になり、さらに打者走者またはフォースの状態にある別の走者が二つ目のアウトになることによって併殺された場合をフォースダブルプレイと呼ぶ。

例:

  • 無死または一死一塁で、打者がゴロの打球を打ち、野手が二塁に送球してフォースプレイで一塁走者をアウトにし、さらに一塁に送球して打者走者をアウトにする。
  • 無死または一死一・二塁で、打者が三塁手の前にゴロの打球を打ち、三塁手が三塁を踏み、次いで二塁に送球して二塁走者、一塁走者の順にフォースプレイでアウトにする。

リバースフォースダブルプレイ[編集]

一つ目のアウトがフォースアウト(または打者走者の一塁アウト)で、この第一プレイによりフォースの状態を解かれた走者が次の塁に到達するよりも先にタッグアウトとなることで成立した併殺をリバースフォースダブルプレイと呼ぶ。この併殺が成立する間に、アウトとなった走者以外の走者が本塁に到達した場合は得点が認められる(打者に打点は記録されない)。

例:

  • 無死または一死一塁で打者が一塁ゴロを打ち、一塁手が捕って一塁に触球し(打者走者アウト)、さらに二塁に送球し、それを受けた遊撃手が一塁から走ってきた一塁走者にタッグしてアウトにする。
  • 無死満塁で、打者の三塁ゴロを三塁手が処理して三塁を踏んで二塁走者をフォースアウトにし、次いで本塁に送球して三塁走者を本塁到達前にタッグアウトにする。

無補殺併殺[編集]

名前の通り、補殺なしで刺殺のみで併殺を完成させること。1人の選手で併殺を完成させることになる。

例:

  • 無死または一死で走者がどこかの塁にいる状態で打者がライナーか小飛球を打ち、これを走者に一番近い野手が捕球(打者走者アウト)した後にそのままベースを踏んで、帰塁できない走者をアピールアウトにするか、直接タッチしてアウトにする。
  • 無死または一死で走者が三塁にいる状態で打者が2ストライクの場面からスクイズプレイか本塁への盗塁を行って、打者が三振アウト[2]になり、その投球を捕球した捕手がそのまま三塁走者に触球してタッチアウトにする。

併殺態勢[編集]

併殺崩れ[編集]

併殺崩れは、併殺を試みたが失敗した場合を指す。例えば無死もしくは一死で一塁に走者がいるときにフォースダブルプレイを試みたが、一塁への送球が遅れて(失策ではないが)打者走者が一塁に生きた場合などがそれである。

多く目にするプレイとして、一死一・三塁の時に打者が内野ゴロを打った場合、守備側は三塁走者をアウトにするのではなく、フォースダブルプレイを試みて一塁走者・打者走者をアウトにしようとする。なぜならば一塁走者・打者走者をフォースダブルプレイにできれば、打者走者が一塁で三死となって、たとえこれより先に三塁走者が本塁に触れていても得点にならないからである(フォースプレイも参照)。しかし一塁走者を二塁でフォースアウトにしたが、その後の一塁送球が間に合わず、1つしかアウトを取れないことも考えられる。

このような併殺崩れの場合、三塁走者が本塁に進んでいれば得点することができる。このとき打者には犠打や併殺打(下記)は記録されず、打数と打点が記録される。実況中継などでは「○○(選手)の併殺崩れの間の得点」などと言う場合がある。

併殺打[編集]

併殺打へいさつだ)は打撃記録であり、「フェアゴロによるフォースダブルプレイまたはリバースフォースダブルプレイ」が行われたときに記録される[3]

併殺は併殺打以外によっても発生するため、一般に併殺打の記録は守備側の併殺の記録数よりも少ない。併殺打は、打者がバントをした場合でも、その打球(飛球は除く)により併殺が完成された場合には、併殺打として記録される。

併殺を完成しようとして、2つ目のアウトを取る野手(刺殺者)が捕球を誤り、1つしかアウトを取れずに走者が残った場合でも、打者には併殺打が記録される。これにより、1イニングに2つの併殺打が記録される可能性もある[4]。ただし、1つ目のアウトをとった野手(2つ目のアウトの補殺者)の送球が悪くてアウトが取れなかったと判断されれば、併殺打にならない[5]。また、このことで走者(アウトにしようとした走者に限らない)が余分な塁に進まない限りは、送球した野手に失策は記録されない[6]

打者に併殺打が記録された場合、他走者が得点していても、打者には打点が記録されない[7]

例: 1、2は併殺打(打点0)、3は併殺打とならない(打点1)。

  1. 無死一・三塁時に打者がゴロの打球を打ち、野手が二塁に触球して一塁走者をフォースアウトにし、さらに一塁へ送球して打者走者をアウトにしたが、その間に三塁走者が本塁に到達した。
  2. 一死一・三塁時に打者がゴロの打球を打ち、野手が二塁に触球して一塁走者をフォースアウトにし、さらに一塁へ良い送球を行ったが、一塁手がこれを落球(失策)したために打者走者を一塁に生かしてしまった。その間に三塁走者が本塁に到達した。
  3. 一死一・三塁時に打者がゴロの打球を打ち、野手が二塁に触球して一塁走者をフォースアウトにし、さらに一塁へ送球を行ったが、これが悪送球となったために打者走者を一塁に生かしてしまった。その間に三塁走者が本塁に到達した。

右打者は概して左打者・スイッチヒッターより併殺打が多くなる傾向がある。これは、一塁までの距離が右打席の方が左打席より1歩半程遠い上に、スイングした際に右打者は体が三塁方向を向くので一塁方向を向く左打者よりスタートが遅れがちになるためである。また、打球速度が速い強打者も併殺打は多くなる。実際、下記の日本プロ野球の通算併殺打数上位20人のうち駒田徳広以外は全員が右打者[8](シーズン記録の上位10人でも駒田以外は全員が右打者)。また、20人全員が通算100本塁打以上で駒田(195本)、葛城隆雄(174本)、小玉明利(130本)以外の17人は200本塁打以上を記録している。さらに、規定打席に到達してシーズン併殺打0の選手は2リーグ分裂後[9]に下記の11人出ているが、右打者は皆無(松本のみスイッチヒッターで他は全員が左打者)でかつ全員がシーズン20本塁打未満(藤田が19本、若松と清水が11本の他は全員が1ケタ)である。

打者に併殺打が記録されない併殺[編集]

上記フェアゴロによるフォースまたはリバースフォースダブルプレイによるほかの併殺では、当該打者に併殺打は記録されない。

  • 打者が打った飛球やライナーが捕球され、離塁していた走者がリタッチできないうちに走者またはリタッチを果たすべき塁に触球されてアウトになった場合。
  • 打者が打った外野飛球が捕球されたとき、走者がタッグアップで進塁を企図したが、進塁先の塁に送球されて、タッグアウトになった場合。
  • 走者が盗塁を試みたときやランエンドヒットのときに打者が三振し、さらに盗塁した走者も捕手からの送球でタッグアウトになった場合(俗に言う三振ゲッツー)。
  • 打者走者が前位の走者の妨害行為によってアウトの宣告を受けた場合には、妨害がなければフォースダブルプレイとなったと推定されても併殺打は記録されない[10]

併殺打に関する記録[編集]

日本プロ野球[編集]

個人通算記録[編集]

順位 選手名 併殺打
1 野村克也 378
2 衣笠祥雄 267
3 大杉勝男 266
4 長嶋茂雄 257
中村紀洋 257
6 落合博満 236
谷繁元信
8 土井正博 235
9 山崎武司 230
10 小玉明利 229
大島康徳
駒田徳広
順位 選手名 併殺打
13 白仁天 225
14 古田敦也 223
15 山内一弘 222
16 松原誠 217
17 木俣達彦 214
和田一浩
19 有藤道世 205
20 新井貴浩 204


  • 記録は2014年シーズン終了時点[11]

個人シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 併殺打 記録年 備考
1 ブーマー オリックス・ブレーブス 34 1989年 パ・リーグ記録
2 野村克也 南海ホークス 31 1973年
3 駒田徳広 横浜ベイスターズ 29 1994年 セ・リーグ記録
4 葛城隆雄 毎日大映オリオンズ 28 1959年
A.ラミレス 東京ヤクルトスワローズ 2006年
山崎武司 東北楽天ゴールデンイーグルス 2007年
7 大杉勝男 ヤクルトスワローズ 27 1978年
8 J.ブルックス 日本ハムファイターズ 26 1998年
中村紀洋 大阪近鉄バファローズ 2001年
和田一浩 中日ドラゴンズ 2013年
  • 記録は2014年シーズン終了時点[12]

チーム記録[編集]

球団名 併殺打 記録年月日
シーズン記録 東北楽天ゴールデンイーグルス 144 2007年
1試合記録 阪急ブレーブス 6 1970年4月23日[13]
読売ジャイアンツ 1995年5月17日
横浜ベイスターズ 1996年8月18日

メジャーリーグベースボール[編集]

個人通算記録[編集]

順位 選手名 併殺打
1 カル・リプケン 350
2 イバン・ロドリゲス 337
3 ハンク・アーロン 328
4 カール・ヤストレムスキー 323
5 デーブ・ウィンフィールド 319
6 エディ・マレー 315
ジム・ライス
8 フリオ・フランコ 312
9 ハロルド・ベインズ 298
10 ブルックス・ロビンソン 297
ラスティ・スタウブ
順位 選手名 併殺打
12 テッド・シモンズ 287
13 ジョー・トーリ 284
14 ジョージ・スコット 277
ブラディミール・ゲレーロ
ミゲル・テハダ
17 ロベルト・クレメンテ 275
ポール・コネルコ
19 デレク・ジーター 272
20 アル・ケーライン 271


  • 記録は2013年シーズン終了時点[14]

個人シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 併殺打 記録年 備考
1 ジム・ライス ボストン・レッドソックス 36 1984年 ア・リーグ記録
2 ジム・ライス ボストン・レッドソックス 35 1985年
3 ジャッキー・ジェンセン ボストン・レッドソックス 32 1954年
カル・リプケン ボルチモア・オリオールズ 1985年
ベン・グリーブ オークランド・アスレチックス 2000年
ミゲル・テハダ ヒューストン・アストロズ 2008年
ビリー・バトラー カンザスシティ・ロイヤルズ 2010年
8 ボビー・ドーア ボストン・レッドソックス 31 1949年
トニー・アーマス ボストン・レッドソックス 1983年
ジム・ライス ボストン・レッドソックス 1983年
イバン・ロドリゲス テキサス・レンジャーズ 1999年
マット・ホリデイ セントルイス・カージナルス 2013年 ナ・リーグ記録
  • 記録は2013年シーズン終了時点[15]

チーム記録[編集]

球団名 併殺打 記録年月日
ア・リーグ記録 ボストン・レッドソックス 174 1990年
ナ・リーグ記録 セントルイス・カージナルス 169 2011年
1試合記録 サンフランシスコ・ジャイアンツ 7 1969年5月4日[16]
フィラデルフィア・アスレチックス 5(7)[17] 1942年8月14日[18]
  • 記録は2013年シーズン終了時点[19]

脚注[編集]

  1. ^ 公認野球規則 10.12
  2. ^ スリーストライクとなる投球を捕手が直接捕球した場合は投手に補殺は付かず、捕手のみに刺殺が記録される。
  3. ^ 2009公認野球規則10.02(a)(17)
  4. ^ 2013年シーズン終了現在、日本プロ野球では5例ある。
  5. ^ 公認野球規則10.02(a)(17)【注2】
  6. ^ 公認野球規則10.12(d)(3)
  7. ^ 公認野球規則10.04(b)(2)
  8. ^ ちなみに上位40人で見ても左打者は駒田、立浪和義(174)、門田博光(164)の3人だけである。
  9. ^ 1949年以前の1リーグ時代の併殺打の記録は公表されていない。
  10. ^ 公認野球規則10.02(a)(17)【原注】
  11. ^ 歴代最高記録 併殺打 【通算記録】 - NPB公式サイト
  12. ^ 歴代最高記録 併殺打 【シーズン記録】 - NPB公式サイト
  13. ^ 日めくりプロ野球 【4月23日】1970年(昭45) 日本記録の6イニング連続計6併殺打 池永正明、最後の快投 - スポニチAnnex、2009年4月、2014年3月28日閲覧。
  14. ^ 通算記録 (MLB) - Baseball-Reference.com
  15. ^ シーズン記録 (MLB) - Baseball-Reference.com
  16. ^ May 4, 1969 San Francisco Giants at Houston Astros Box Score and Play by Play - Baseball-Reference.com、2014年3月28日閲覧。
  17. ^ 5併殺打に加え、併殺打が記録されない併殺(三振時盗塁死)を2つ記録し、合計で7併殺。
  18. ^ August 14, 1942 New York Yankees at Philadelphia Athletics Play by Play and Box Score - Baseball-Reference.com、2014年3月28日閲覧。
  19. ^ シーズン記録 (MLB) - Baseball-Reference.com

関連項目[編集]