野球の背番号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
背番号 > 野球の背番号

本項では野球の背番号(やきゅうのせばんごう)について解説する。

概要[編集]

背番号は、選手の識別のためにユニフォームの背中に大きく入れる数字である。チームにより、胸に小さく同じ数字を入れたり、まれに袖にも数字を付ける場合もある。

背番号は1883年シンシナティのチームが要求したことに起源をもつが、これは文書化されるに至らなかった[1]。その後、1916年にクリーブランド・インディアンズがユニフォームに初めて番号を入れたが、それは袖の位置に番号を入れたものであった[1]。野球で最初に背番号が使われたのは1929年ニューヨーク・ヤンキースである[1][2]

メジャーリーグベースボール[編集]

導入までの経緯[編集]

今でこそユニフォームに背番号が付いているのは当たり前の風景であるが、初めて背番号を採用したのは1929年のことである。1876年に始まったメジャーリーグベースボールでは選手達は実に50年以上背番号も名前も付いていないユニフォームでプレーしていたが、観客にとってはそれほど不便でもなかった。球場ではスコアカードが販売され、選手ごとに番号が振られておりスコアボードにその番号が掲示されていたため、観客はカードと照会して選手を判別していた。そのためスコアカードは観戦の必須アイテムであり球団の重要な収入源でもあった。

しかしホームチームの番号は固定されているものの、ビジター選手の番号は毎回バラバラの番号でありビジターファンにとっては不親切であった。個別に番号をユニフォームに表示しようという試みもすでに19世紀末に行われてはいたが、スコアカードの収入が失われるなどの経済事情などから定着するに至らず、また選手からも「番号を振られるのは囚人みたいだ」と敬遠された。ちなみにカレッジフットボールでは1910年代に既に番号を導入しており野球界はずっと遅れていた。

初めての大きな試みは1916年クリーブランド・インディアンスが袖番号を導入したことである。しかし袖では数字が小さすぎるなど不評が多かったためすぐに廃止された。1924年にはセントルイス・カージナルスが年間を通じて袖番号を導入、打順に応じて番号が振り当てられ、1番打者のマックス・フラックが1番、4番打者のロジャース・ホーンスビーが4番、5番打者のジム・ボトムリーが5番と割り振られた。エースのジェシー・ヘインズは31番だった。

初めて正式に背番号を採用したのは、1929年のニューヨーク・ヤンキースである。当時の背番号はカージナルスの袖番号と同じく1番打者が1、2番打者が2という風に、8まで打順通りに割りふられていた。そして、その頃は捕手が8番を打つことが多かったので、8が捕手の番号となり、9は控え捕手に与えられた。そして投手は、11 - 21までの番号をつけることになった。ヤンキースはホーム・ロード共に背番号を付け、インディアンスもホームのみで背番号を採用したが3番打者のアール・アベリル中堅手)の背番号は5であったことから打順もポジションも関係なく付けられたと思われる。

同年4月6日の開幕日はヤンキースの試合は雨で中止、一方インディアンスはホームでデトロイト・タイガースと試合をしたため、史上初めて背番号を付けて試合をしたチームはインディアンスということになる。

早速1930年ワシントン・セネターズが導入、翌1931年にはアメリカンリーグが全球団に背番号を採用するよう通達した。この通達には「13番は避けるように」との一文もあった。同年中にア・リーグ8球団中7球団が背番号を採用した。一方フィラデルフィア・アスレチックスコニー・マックオーナー兼監督はスコアカード収入が減ることを嫌がりロードのみ背番号を着用していたが、結局1937年に全面採用した。

一方ナショナル・リーグでは1932年ボストン・ブレーブスが採用。同年6月のオーナー会議で全球団採用が決まった。ヤンキースが背番号を採用してわずか4年足らずで全球団のユニフォーム(アスレティックスのホームを除く)に背番号が付けられた。

さらに1952年にはブルックリン・ドジャースが胸番号を採用、1960年にはシカゴ・ホワイトソックスがオーナーのビル・ベックの発案により背番号の上部に選手名(背ネーム)を入れ、両者ともたちまち広まった。しかし、いち早く背番号を導入したヤンキースは現在でも胸番号も名前も一切入れていない[3]1975年ヒューストン・アストロズはズボンにも番号を付けている。

2017年プレイヤーズ・ウィークエンドが開始し、その期間のみ限定ユニフォームと共に、背ネーム部分に自身の名前ではないニックネームや絵文字を入れることとなった。また、この期間のみ、今まで背ネームを入れてこなかったヤンキースも背ネームを導入している。

傾向[編集]

メジャーリーグには日本プロ野球のエースナンバーのようなものはない。全体的に野手が若い番号を、投手が重い番号を背負う傾向にあり、50番台以上の番号を着用する選手は少数である。また、監督やコーチも選手と同じく若い番号を背負う。

背番号制度発足以来、86、89、92を着用した選手はいない。

日本の野球[編集]

少年野球[編集]

統括団体によっても異なるが、少年野球は、10番が主将、30番が監督、2928コーチ(場合によっては27がコーチになることも)など、一部選手(および指導者)の役割により規定で背番号が定められている場合が多い。また、所属する選手全員に背番号を与えるチームもあり、プロ野球などと同じように1年間背番号を固定するチームもあるほか、中学軟式・高校野球では存在しない0番の選手がいるチームも存在する。

高校野球[編集]

初めて日本の野球で背番号がつけられたのは、1931年(昭和6年)の第8回選抜中等学校野球大会(現在の選抜高等学校野球大会)である。同じ年の第一回日米野球でも背番号がつけられた。

高校野球の場合には、出場枠に応じて1番から始まる背番号(例えば18番まで)を使用する。概ね、正選手には、投手の1番から右翼手の9番まで守備番号に対応した番号が与えられる。

しかし、必ずしも背番号と守備番号が一致していなくてもよい。

大学野球[編集]

監督の背番号は東京六大学野球連盟など14連盟では30が、東都大学野球連盟関西学生野球連盟など10連盟では50東京新大学野球連盟では53関西六大学野球連盟では60と定められている。東都大学野球連盟では、2011年の1年間だけ連盟結成80周年を記念して80を監督の番号としている(翌年からは従来通りの50に戻っている)。

コーチの背番号も連盟によって異なり、4050をつける連盟、5152をつける連盟などがある。

東京六大学野球連盟など19連盟では10が、東都大学野球連盟など7連盟では1が、主将の番号と決められている。

その他の番号の付け方は大学によっても特徴があり、たとえば早稲田大学野球部では「6が正捕手で9は欠番(試合中の事故で亡くなった東門明選手を偲んだ)」「明治大学硬式野球部は高校野球風に番号付与し、シーズン中でも頻繁に背番号が変更される」「法政大学野球部はおおむね1ケタ番号は内野手・10番台は投手・20番台が外野手」など様々である。

日本プロ野球[編集]

歴史[編集]

  • 1931年:第1回日米野球大会の第6・7戦において、日本チームが初めて背番号つきユニフォームを着用[2]
  • 1935年:アメリカ合衆国に遠征した大日本東京野球倶楽部が、背番号入りユニフォームを着用。当時は漢数字であった。
  • 1936年:日本職業野球連盟設立。日本プロ野球リーグ誕生。メジャーリーグベースボールに倣い、打順がほぼそのまま背番号になっていたが、大阪タイガースは名前のいろは順阪急軍は契約順に背番号を決定した。
  • 1944年:太平洋戦争の激化により、この年の1年だけ選手の背番号使用が禁じられる。
  • 1947年:読売ジャイアンツ腸チフスで死去した黒沢俊夫4、1944年に戦死した沢村栄治の背番号14を、日本球界初の永久欠番に制定。
  • 1964年:大洋ホエールズが、背番号の上にローマ字で選手の名前を入れるユニフォームを採用。10数年のうちに全球団へ広まった。
  • 1976年:
    • 太平洋クラブライオンズが、ビジター用のみにユニフォームの前にも背中と同じ大きさの番号がついた「胸番号」つきユニフォームを採用。ただし不評であったため同年前期のみで廃止されている。
    • 鳥坂九十九近鉄バファローズ)が日本プロ野球の現役選手で初めて背番号99を付けた。
  • 1983年:長嶋清幸広島東洋カープ)が背番号0を初めて使用。戦後初期に練習生やブルペン捕手などでそれを使用したことがあったが、支配下登録選手としては史上初。
  • 1988年:ルパート・ジョーンズ阪神タイガース)が背番号00を初めて使用。
  • 1992年:カープアカデミー出身のロビンソン・チェコ(広島東洋カープ)が史上初めて3桁の背番号(106)を使用。その後、同じくカープアカデミー出身のカルロス・リベラ1994年109で出場。一軍出場選手として最大背番号となる。
  • 1993年:
  • 1994年:シーズン途中に打撃投手から選手登録された中山裕章中日ドラゴンズ)が背番号125を着用。支配下登録として最大背番号となるが、この背番号での一軍出場は無いまま暫くして67に変更される。
  • 2002年:カープアカデミー出身のナタナエル・マテオ(広島)が107を着用。支配下登録選手として最後の3桁背番号となる。
  • 2005年:
  • 2006年:育成選手制度がスタートし、育成選手の背番号は100番以上を用い、支配下選手登録時に99番以下に変更することが決められ、支配下選手が100番台や上記松永の02のような背番号の着用は禁止される。中日の竹下哲史202を背負い、当時の最大背番号となる。
  • 2010年:育成選手の背番号に関するルールが改正、3桁でさえあれば001のように0から始まる番号でもよいと決められた。
  • 2012年7月1日・4日:日本プロ野球では初の試みとなる[4]、「ライオンズ・クラシック2012 稲尾和久生誕75周年 永久欠番メモリアルゲーム 〜背番号「24」の記憶〜」と題して、埼玉西武ライオンズの全選手が稲尾和久の背番号であった24を付けて試合を行った。
  • 2015年8月6日:広島 - 阪神14回戦で、広島市への原子爆弾投下70年でピースナイターとして開催。その中でセ・リーグの公式戦で初めて、カープの選手全員が8月6日にちなむ86の背番号を付けて試合を行った[5]
  • 2016年9月29日:三浦大輔の引退登板となるDeNA-ヤクルト最終戦において、横浜DeNAベイスターズの全選手が三浦の背番号である18を付けて試合を行った[6]
  • 2017年9月24日:井口資仁の引退出場となるロッテ-日本ハム戦において、千葉ロッテマリーンズの全選手が井口の背番号である6を付けて試合を行った[7]
  • 2018年:中日ドラゴンズに支配下から育成選手として契約した福敬登が背番号を34から234に変更、それまで過去最大だった222エンリケ・ラミレス)を上回った。同年7月に支配下再登録して背番号は元の34に戻った。

主な背番号[編集]

(投手の背番号に関しては「エースナンバー」も併せて参照のこと。また、「野球界の永久欠番」も併せて参照のこと) 上述のケースの他にも、球団に大きく貢献した選手を称えて、「ふさわしい選手が現れるまで欠番にする」趣旨の「準永久欠番」とするケースがある。一例として、

外国人選手の背番号と忌み数[編集]

NPBにおいては外国人選手は忌み数と呼ばれる以下の背番号を着用することがある。

  • 4 - 「死」を連想させる字としてNPB創立時も4だけ着用していない球団がいくつか存在した[10]。ただ、二塁手の守備番号と同じ数字なので、日本人でも主に二塁手が着けることは多い。
  • 13 - MLBのあるアメリカなどで最も忌避される忌み数。日本でもNPB創立時に「13は出来るだけ避けるように」とのお達しがあったとされ、実際に多くの球団が13を空き番にしており、東京セネタース名古屋金鯱軍イーグルスに至ってはチーム解散まで誰も着用しなかった。その後、選手数の増加により13を着用するチームも増え、外国人選手でも着用するケースが増えた。外国人選手で最初に13を着けたのはロナルド大森(広島)。
  • 42 - 「死に番」として日本人の使用例は他の忌み数に比べても遥かに少なく、巨人で28年間(1969年 - 1996年)、大洋で34年間(1956年 - 1989年)も欠番だったことがある。新規球団の楽天に至っては2020年現在も日本人の着用例がない。しかし、MLBにおいてはジャッキー・ロビンソンの功績に基づき全球団で永久欠番となっている特別な番号であり、米球界でのプレー経験を持つ選手、中でも特に黒人・ラテン系の選手がNPB移籍に伴ってこの番号を選ぶことが多い[11][12]。日本人でもあえてこの背番号を着用する例がある[13]
  • 44 - 「死」が2つ続く番号ではあるが、MLBで活躍したハンク・アーロンや、NPBで三冠王に輝いたブーマー・ウェルズランディ・バースが着用していた番号であり、日本人選手でも選手が自ら希望する以外にも球団側が選手に対してそれらの名選手のような活躍を期待して番号を与えるケースがある[14][15]
  • 49 - 「死」と「苦」が続く背番号ということもあり外国人選手につけられる背番号だが、特に巨人ではウォーレン・クロマティが活躍したこともあり、クロマティ以降も殆どが外国人が着用している[16]。また、阪急では球団創立から1974年に畑野実が着用するまで38年もの間誰も着用していなかった。

他にも、外国人選手の使用例が多い番号は43など[17][18]40番台に集中している[19]

監督・コーチの背番号[編集]

1950年代頃まで、各チームとも選手・スタッフの数は30人以下であり、プロ野球監督が最大の背番号30を背負うチームが多かった[20]。選手の数が増えるにつれ監督・専任コーチの背番号は大きくなり、支配下選手が最大70人まで保有できる現在では、69番以下が用いられていることは、以下の例外を除けばほとんどない。

その他、監督・コーチの背番号のパターンとして、

というケースも見られる。

メジャーリーグでは監督、コーチも69番以下を着用することが一般的であり、NPBに来る外国人監督、コーチは若い番号を着用する例もある(ボビー・バレンタイン2など)。また、吉田義男が第1期阪神監督就任時に、現役での着用経験がなかった1を着用したのは(現役時代は23)、ビリー・マーチンへの憧れからだったという。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 平川陽一編『今さら誰にも聞けない500の常識』廣済堂文庫 p.218 2003年
  2. ^ a b 背番号伝承力『週刊ベースボール』2012年2月27日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌20444-2/26, 5頁。
  3. ^ 他にもボストン・レッドソックスサンフランシスコ・ジャイアンツはそれぞれ、ホーム・ビジターの胸番号、ホームの背ネームを入れていない
  4. ^ ライオンズ・クラシック 稲尾和久 生誕75周年 永久欠番メモリアルゲーム ~背番号「24」の記憶~ 埼玉西武ライオンズ、2012年5月1日(2016年5月21日閲覧)
  5. ^ 8月6日に祈る永遠の平和…ピースナイターで広島全員が背番号「86」(2/3) - サンケイスポーツ 2015年8月7日
  6. ^ 番長三浦「ずっと横浜」自己ワースト10失点も生きざま詰まった119球 - スポーツニッポン 2016年9月30日
  7. ^ 井口引退試合で選手全員が背番号「6」着用 - 日刊スポーツ 2016年9月24日
  8. ^ “【DeNA】引退・番長の背番号18は「横浜ナンバー」の準永久欠番に”. スポーツ報知. (2016年9月20日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160920-OHT1T50072.html 2016年10月26日閲覧。 
  9. ^ “【DeNA】引退・番長の背番号18は「横浜ナンバー」の準永久欠番に”. スポーツ報知. (2016年9月20日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160920-OHT1T50072.html 2016年10月26日閲覧。 
  10. ^ 一例として、大阪タイガースはいろは順に背番号を振り分けられたが、その並びで若林忠志4になってしまうので18を着用した。若林はこの背番号でエースとして活躍し、日本に「エースナンバー=18」を根付かせた。
  11. ^ 背番号「42」は日本プロ野球でプレーする外国人選手に人気。2015年もブランコやガラテら7選手が着用 Yahoo!ニュース 2015年3月22日
  12. ^ プロ野球における背番号42の名選手たち SPAIA 2017年12月29日
  13. ^ 2020年現在では松田遼馬(ソフトバンク)、黒羽根利規(日本ハム)、石川雄洋(DeNA)、坂口智隆(ヤクルト)の4名。過去の例としては下柳剛(阪神時代)、木田優夫(ヤクルト、日本ハム時代)、萩原淳(オリックス、ヤクルト時代)など。
  14. ^ プロ野球における背番号44の名選手たち SPAIA 2017年12月28日
  15. ^ 【背番号物語2019】「#44」1980年代に助っ人三冠王が大爆発(週刊ベースボールONLINE) Yahoo!ニュース 2019年2月20日
  16. ^ クロマティ以降に日本人選手で49を着用したのは柏田貴史小関竜也石川慎吾の3人。柏田と小関は米球界経験者。石川は日本ハムから移籍した際そのまま背番号を引き継いだもの。
  17. ^ プロ野球における背番号43の名選手たち SPAIA 2017年12月22日
  18. ^ [1] SPAIA 2017年12月26日
  19. ^ 巨人・ゲレーロ、背番号44に変更へ 原監督「メールや手紙で…」 ショウアップナイター BASEBALL KING 2018年11月22日
  20. ^ NPBで最後に30番を着用した監督は、阪急ブレーブス - オリックス・ブレーブスでの上田利治(1974年 - 1978年・1981年 - 1990年)である(セ・リーグでは中日ドラゴンズの中利夫〈1978年 - 1980年〉が最後)。

参考文献[編集]

  • Now Batting, Number...: The Mystique, Superstition, and Lore of Baseball's Uniform Numbers
  • ベースボールマガジン2002年夏号 「日本プロ野球を彩ったユニフォーム&背番号」
  • 同 2006年夏号「背番号の美学 受け継がれる魂」

関連項目[編集]