ジャイロボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャイロボールとは、野球において投手が投げるボールの回転の一種。

概要[編集]

1995年、パフォーマンス・コーディネーターの手塚一志によってその存在が指摘された。また、手塚と共に数値流体力学者の姫野龍太郎もジャイロボールについての物理解析などの研究を行なっている。ボールの進行方向に回転軸が向いているのが特徴であり、ボールの進行方向に対して回転軸が垂直になっているバックスピンなどとは空気抵抗マグヌス効果から受ける影響が異なる。また、ボールの回転の軌跡が螺旋になることから螺旋回転(ドリルのような回転)するボールとも表現される。

ライフル弾やラグビーアメリカンフットボールのロングスローがジャイロボールの説明として引き合いに出されることがあるが、関連付けて説明するのは不適当である。野球のボールは球形であり、円筒形のライフル弾や楕円形のボールのように長軸が存在せず、弾道を不安定にさせる大きな要因である横転がない等と物理的影響の受け方が大きく異なることが理由である。直進性についてはライフル弾などは進行方向と回転軸が一致して長軸を軸に回転している場合に最も高くなるが、球形では純粋なバックスピンが最も落下が少なく直線的な軌道になる。

変化[編集]

ボールの進行方向と回転軸が完全に一致している場合はマグヌス効果による揚力が発生しないためにフォークボールによく似た放物線の軌道を描く。しかし、ボールの進行方向と回転軸がわずかにずれた場合はバックスピンやサイドスピンの成分が現れるために僅かでしかないが変化する軌道を描く[1]。回転軸が傾く向きによって変化の方向が異なり下記のような軌道になる。下記は投手側から見てボールが時計回りに回転している場合である。

  1. 投手側から見て、進行方向右側(三塁側)に回転軸が傾くことでバックスピンの成分が現れ、上向き揚力が発生して落差が少なくなる。
  2. 投手側から見て、進行方向上側(上空方向)に回転軸が傾くとサイドスピンの成分が現れ、投手から見て左に変化する。
  3. 投手側から見て、進行方向下側(地面方向)に回転軸が傾くとサイドスピンの成分が現れ、投手から見て右に変化する。
  4. 投手側から見て、進行方向左側(一塁側)に回転軸が傾くとトップスピンの成分が現れ、下向き揚力が発生して落差が大きくなる。

また、ジャイロボールは空気抵抗にも大きな特徴があるが、縫い目によっても違いがあり、縫い目によってフォーシームジャイロツーシームジャイロの2種類に分けられる。

フォーシームジャイロ[編集]

回転軸を中心に対称な縫い目を見せて回転しているジャイロボールで、対称ジャイロとも呼ぶ。縫い目が風を受け流すような流れとなり、後流の乱れが少ない。実験によれば、バックスピンの直球の空気抵抗係数(CD値)0.35に対して、フォーシームジャイロは約半分のCD値0.17で、現在知られている全ての球種の中で最も小さな数値である。そのため、リリースから捕手が捕球するまでの、初速と終速の差(空気抵抗による減速の程度)が非常に少ない。バックスピンの場合は初速と終速の差が10km/h前後になるが、フォーシームジャイロの場合は4、5km/h程度の差に留まる。放物線軌道で減速が小さいというミスマッチにより、打者はタイミングが掴みづらい。

ツーシームジャイロ[編集]

回転軸を中心に非対称な縫い目を見せて回転しているジャイロボールで、非対称ジャイロとも呼ぶ。フォーシームジャイロと異なり、カルマン流が上下に変動するなど、乱れが大きい。実験によれば、ツーシームでCD値は0.29で、バックスピンの直球に近い数値である。フォーシームジャイロと比較すると減速が大きく、その為により落下の大きい軌道になる。しかし、上向き初速を加える動作を必要とするため、条件によっては落下してこないように感じる場合もある。

またワンシームジャイロと呼ばれる巴型の模様が正面に見える回転の場合はCD値0.51になり、理論上最大値となる。

上記の通り、ジャイロボールは正面に来るボールの縫い目を変えることで減速率が大きく変わる。例えば上記2種をそれぞれ150km/hで投げた場合、ホームベース到達までに0.02秒、距離にして80cmの差が出る。縫い目の違い、握り方などでリリースの感覚に質的差異が生じ、手塚の調査によれば個人差はあるがツーシームジャイロはオーバースロースリー・クォーターでは投げ損なうことがあり、サイドスローならば投げやすく失投が防げるとされている。

球種[編集]

投げ方や握りがスライダーに近いことや縦に落ちる変化から縦スライダーとされるのが一般的であるが、減速が少ないことから速球とされることもある。

判別方法[編集]

ジャイロボールの主要素である「螺旋回転」は肉眼での判別が難しいため、高速度カメラによる映像分析によるところが大きい。あるいは黒色や赤色にペイントを施した硬式球を利用することもある。写真等で分析する場合もあるがボールそのものの回転を確認ができないため最適ではない。判別に必要なのは、回転軸を確認できること。回転そのものを把握可能にするため、縫い目模様が写ること。ボールの進行方向を把握できるアングルでの撮影であること。これら3つの条件を満たす必要がある。

プロ野球選手による見解[編集]

ダルビッシュ有は自身のTwitterで「ジャイロボーラーなんていない」、「ジャイロを目指しても得るものはゼロ」、「投げられたとしても全くスピードが出ない」と発言した上で、「皆が見た事あるジャイロはカット(ジャイロカッター)orスライダーの抜けただけの球」と説明した。また、この発言に対して松坂大輔も同意し「カットボールがシュート回転した」とツイートした。[2]。だが、山本浩二らOBの選手は「江夏豊の球が近かった」と語っており、手塚一志、姫野龍太郎共著『魔球の正体』内では田淵幸一が手塚一志のジャイロボールの話を聞き、「あんな軌道のボールを受けたのはヤツが最初で最後だ。今の話を聞いて、お前のいうジャイロで間違いなかった」と言っている。[3]さらに、松中信彦ら他の当時現役選手からも多数意見があり、ペドロ・バルデスは2001年9月3日にルーキーだった渡辺俊介と対戦し頭の高さのストレートを空振り三振。そして、「生まれてはじめて見る球種だ。地面スレスレの高さで飛んできたのに、スイングしたら、頭より高いボール球だった」など後に取材でジャイロボールだと発言[4]。また、2000年の日米野球でジャイロボールを投げたと言われる川尻哲郎投手と対戦したバリー・ボンズはジャイロボールについてのDVDを見たあと、記者から「あれはジャイロボールだったか?」と尋ねられ「分からんな」と語っている。[5]

漫画、ゲーム[編集]

漫画やゲームでは独自の解釈により直線的に進む速球やホップする速球として表現されてしまうことがあり[6]、誤解を与える要因となっている。実際には前述の通り、決して直線軌道は描かない。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『魔球の正体』において軸が傾くことで下向きの力である重力加速度が9.8から8.2に減少したことが確認されている
  2. ^ ダルと松坂「ジャイロ談議」“魔球”の存在否定、挑発も…[リンク切れ]
  3. ^ 手塚一志、姫野龍太郎共著『魔球の正体』87ページ
  4. ^ 手塚一志、姫野龍太郎共著『魔球の正体』119ページ
  5. ^ ボンズが噂の魔球、ジャイロ・ボールをDVD観賞
  6. ^ 漫画のMAJORでは主人公の投じる直球がジャイロボールであり、直線として描かれている。実況パワフルプロ野球では直球を上回って上昇する球になっている。

外部リンク[編集]