天候不順以外で中止・打ち切りになった日本プロ野球の試合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天候不順以外で中止・打ち切りになった日本プロ野球の試合(てんこうふじゅんいがいでちゅうし・うちきりになったにほんプロやきゅうのしあい)では、日本のプロ野球日本野球機構及びその前身組織運営)で試合当日の野球場および付近の天候の悪化(降雨・降雪・強風など)以外の理由により中止された試合(ポストシーズン・一部オープン戦含む)を挙げる。

  • 鉄道航空機遅延運休、鉄道路線の運転見合わせ、高速道路の交通渋滞通行止などが発生したことで選手・用具などが不着となったことによる中止については、その交通機関の乱れが天候(台風大雨など)に起因するかどうかを問わず、本一覧に収録する。
  • ナイトゲーム照明機器の不具合・故障については、その事象が天候に起因するかどうかを問わず、本一覧に収録する。
  • ドーム球場において、球場所在地での悪天候(台風・大雨など)により試合催行や観客の来場に支障をきたす事態となったことによる試合中止例については、ドーム球場#ドーム球場での試合中止事例を参照。
  • ポストシーズンでの勝者が決定したことにより不催行となった試合は収録していない。
  • ポストシーズンで天候不順以外の理由により、本拠地球場が使用できないことによる開催地や日程の変更が生じた試合は収録する。
  • 2軍の試合中止についてはいかなる理由についても本一覧に収録しないが、新型コロナウイルス感染症に伴う副次的影響による備考欄への記載は可能とする。
  • 試合は原則として、「年月日」「ホームチーム - ビジターチーム」「開催地」の順に表記する。
  • ☆印は、未消化の試合があるまま閉幕したシーズンの、該当する「未消化の試合」となったケース。

試合の一覧[編集]

1リーグ時代[編集]

年月日 チーム 球場 備考
1937年10月27日 東京巨人軍 - 東京セネタース 後楽園スタヂアム セネタース1点リードの9回裏1死1・3塁の巨人の攻撃で、水原茂の投手ゴロが併殺崩れとなりその間に1点が入ったが、セネタース側のアピールで守備妨害となり試合終了。これに対し巨人は提訴を行い、11月30日に当該試合を無効として一旦は再試合開催が決定するも、順位への影響がないことから12月9日に中止が決定した。
1938年3月15日 東京巨人軍 - 名古屋金鯱軍 洲崎球場 試合中に東京湾の埋め立て地にある洲崎球場が満潮による水位上昇で浸水したため、5回ノーゲームとなった。
1941年5月20日 阪神軍 - 阪急軍 後楽園スタヂアム 7回表、阪急の日比野武の二塁盗塁の際、島秀之助塁審が一旦アウトの判定をした後、阪急側の抗議で判定をセーフに変更し、阪神側も抗議をしたため試合が紛糾。1時間以上中断した後、後に変則ダブルヘッダーの第2試合が控えていたこともあって審判団はノーゲームを宣告し再試合を行うこととした(当時は「7回終了で試合成立」という規定になっており、またナイター設備もなかった)。
1942年4月18日 東京巨人軍 - 黒鷲軍 後楽園スタヂアム ドーリットル空襲の空襲警報発令のために東京巨人軍 - 黒鷲軍戦が中止、名古屋軍 - 阪神軍戦が打ち切りとなった。
名古屋軍 - 阪神軍 阪神甲子園球場
1942年4月21日 阪神軍 - 大洋軍 阪神甲子園球場 空襲警報発令の為に打ち切りとなった。この後、日本野球連盟は空襲警報発令時の対応マニュアルを急遽作成して全チームに通達した。
1944年6月17日 東西対抗試合 後楽園スタヂアム アメリカ軍の航空部隊が東京を空襲し開催中止となった。
1945年 全試合 (省略) 1944年11月の時点で、太平洋戦争激化のためすべての試合が中止となった。
1949年

以下3試合
読売ジャイアンツ - 大陽ロビンス
南海ホークス - 大陽ロビンス
以下2試合
阪急ブレーブス - 東急フライヤーズ
大映スターズ - 大阪タイガース
南海ホークス - 中日ドラゴンズ
以下1試合
読売ジャイアンツ - 阪急ブレーブス
読売ジャイアンツ - 大映スターズ
読売ジャイアンツ - 大阪タイガース
阪急ブレーブス - 大映スターズ
大映スターズ - 中日ドラゴンズ
大映スターズ - 大陽ロビンス
備考
いずれも☆

(省略) 10月中旬からサンフランシスコ・シールズとの日米野球が開催されたため、約3週間公式戦が中断。その後再開したものの11月下旬になっても日程を完全に消化できなかったため、11月29日をもって公式戦を打ち切り。左記の合計18試合が未消化のまま閉幕した。

2リーグ化後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1951年(昭和26年)9月22日(土)セリーグ公式戦 対国鉄15回戦 年度別リザルト
  2. ^ 都市対抗の主催者である毎日新聞は1967年8月7日付朝刊で、「巨人側の好意により中止」としている。
  3. ^ 当日の東京ドームは「ラブライブ! μ's Final LoveLive!〜μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜」が開催された。
  4. ^ “大雨でヤクルトの用具到着遅れナゴヤドームの中日戦中止”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2018年7月6日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1056475/ 2018年7月6日閲覧。 
  5. ^ “7月9日(月)~11日(水) 阪神戦 中止のお知らせ” (プレスリリース), (2018年7月8日), http://www.carp.co.jp/news18/n-211.html 2018年7月8日閲覧。 
  6. ^ 広島、西日本豪雨で9〜11日の阪神3連戦を中止 サンケイスポーツ 2018年7月8日
  7. ^ “楽天、7日・日本ハム戦中止を発表 地震影響で「日本ハムの移動の見通しが立たない」”. デイリースポーツ (株式会社デイリースポーツ). (2018年9月6日). http://news.livedoor.com/article/detail/15267564/ 2018年9月6日閲覧。 
  8. ^ “日本ハム 11日からのロッテ2連戦を中止 北海道胆振東部地震の影響で”. デイリースポーツ (株式会社デイリースポーツ). (2018年9月8日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/09/08/0011620063.shtml 2018年9月8日閲覧。 
  9. ^ “9月30日 阪神戦 試合中止のお知らせ”. 中日ドラゴンズ公式HP. (2018年9月29日). http://dragons.jp/news/2018/18092902.html 2018年9月30日閲覧。 
  10. ^ “コロナ感染のソフトバンク長谷川は現在2軍も…1軍の西武戦中止 専門家がリスク懸念”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2020年8月1日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/08/01/0013565156.shtml 2020年8月1日閲覧。 
  11. ^ “オリックス1試合延期を発表 緊急事態宣言中はプロ野球は6戦延期、18戦無観客へ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年4月26日). https://hochi.news/articles/20210426-OHT1T51086.html 2021年5月1日閲覧。 
  12. ^ “新型コロナウイルス感染の影響による5/2(日)埼玉西武ライオンズ戦中止のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (北海道日本ハムファイターズ公式サイト). (2021年5月1日). https://www.fighters.co.jp/news/detail/00003213.html 2021年5月2日閲覧。 
  13. ^ “5・3~5ロッテー日本ハム3連戦が延期、12球団の総意 代替日程は未定”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105020000493.html 2021年5月2日閲覧。 
  14. ^ “【巨人】九州での広島戦を東京ドーム開催に変更…18日に長崎、19日に佐賀で予定も”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年5月9日). https://hochi.news/articles/20210508-OHT1T51104.html 2021年5月9日閲覧。 
  15. ^ “広島が今日21日からの阪神3連戦の延期を発表”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105210000349.html 2021年5月21日閲覧。 
  16. ^ “広島-阪神3連戦の延期を発表 新たに鈴木誠ら7人コロナ感染影響で”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2021年5月21日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/05/21/0014346010.shtml 2021年5月21日閲覧。 
  17. ^ “広島九里亜蓮がチーム12人目陽性、25日西武戦開催可否は前日に最終判断”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105230001135.html 2021年5月27日閲覧。 
  18. ^ “25、26日の広島-西武戦中止 広島は5戦連続で試合なしの異例事態”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105250000253.html 2021年5月27日閲覧。 
  19. ^ “発熱欠場の西武源田壮亮コロナ陽性 8人ベンチ外で異例の控え野手2人”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105270000652.html 2021年5月27日閲覧。 
  20. ^ “プロ野球 ポストシーズンは11月6日開幕 予定より1週間遅れ”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2021年7月21日). https://web.archive.org/web/20210721102646/https://mainichi.jp/articles/20210721/k00/00m/050/318000c 2021年11月12日閲覧。 
  21. ^ “プロ野球・楽天がコロナ陽性者多数で試合延期”. 朝日新聞. (2022年4月2日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ424Q6ZQ42UTQP028.html?iref=sptop_7_05 2022年4月2日閲覧。 
  22. ^ “コロナ陽性多数のDeNA、試合中止受けコメント「深くお詫び」「改めて対策を徹底」”. デイリースポーツ. (2022年4月7日). https://www.daily.co.jp/baseball/2022/04/07/0015200307.shtml?pg=2 2022年4月8日閲覧。 
  23. ^ “DeNA、阪神戦に続き本拠地の中日3連戦中止 コロナ感染者続出、チーム編成が困難”. スポニチアネックス. (2022年4月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/08/kiji/20220408s00001173337000c.html 2022年4月8日閲覧。 
  24. ^ “【楽天】4・12からの本拠地3連戦が中止 オリックスが5日間でコロナ陽性者12人の非常事態”. スポーツ報知. (2022年4月11日). https://hochi.news/articles/20220411-OHT1T51090.html?page=1 2022年4月11日閲覧。 

出典[編集]

外部リンク[編集]