適時打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

適時打(てきじだ)とは野球ソフトボールで、上の走者本塁に生還(得点)させた安打のこと[1][2]タイムリーヒットとも呼ばれるが、これは和製英語で、英語ではclutch hitあるいはRBI hitと呼ばれる。適時打を打った打者には、その得点の数だけ打点(RBI)が記録される。

適時打欠乏症[編集]

日本ではマスコミ、あるいは監督の試合後に行われる談話などによって「タイムリー欠乏症」や、「適時打欠乏症」と表現されることがある。たとえチームが本塁打犠牲フライスクイズプレイなどで点を取っていても、適時打で点を取っていない(打線がつながっていない)場合、上記の言葉の使用が見られる。

脚注[編集]

  1. ^ タイムリーヒット - 大辞泉
  2. ^ タイムリーヒット - 大辞林 第二版

出典[編集]

  • 「2009プロ野球記録集計号」7ページ 週刊ベースボール58
  • プロ野球100人vol.7「栄光の4番打者スラッガー伝説」25ページ 日刊スポーツグラフ
  • 加藤英明+山崎尚志「野球人の錯覚」71ページ 東洋経済新報社 
  • BASEBALLclimax2009日米野球クライマックスシーズン特集号67ページ ROMSPO
  • 山崎武司「野村監督に教わったこと 僕が38歳で二冠王になれた秘密」22ページ 講談社

関連項目[編集]