勝利の方程式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロ野球における勝利の方程式(しょうりのほうていしき)とは、リードしている試合において、そのリードを最後まで守りきるためにとられる、チームの定石となっているリリーフ投手(中継ぎ投手、抑え投手)の継投策、および継投パターンのことを指す。

競馬をはじめとした野球以外のスポーツ投資ビジネスギャンブルなどにおいても、必勝パターンの意味で使用されることがあるが、キャッチコピーとしての面が強く野球ほど定着はしていない。

概要[編集]

由来は当時読売ジャイアンツの監督であった長嶋茂雄1993年1994年橋本清石毛博史の必勝継投策を「勝利の方程式」と銘打った事によりこの語が広まったといわれる[要出典]。また、ほぼ同時期に横浜ベイスターズの当時の監督であった近藤昭仁盛田幸妃佐々木主浩への継投策を「勝利の方程式」と呼んでいたこともあった。

その後、1998年五十嵐英樹佐々木主浩の継投策を確立して横浜が38年ぶりの日本一に輝く大きな原動力となった[1]ほか、2000年阪神タイガースは、当時の監督、野村克也監督の下、遠山奬志葛西稔伊藤敦規を相手打者や試合展開に応じてセットアップ及び抑えとして使い分ける独特の継投策を取ったことで注目を集めたり[2]2002年-2003年ヤクルトスワローズは、「ロケットボーイズ」の愛称で親しまれた石井弘寿五十嵐亮太を中心に、抑えの高津臣吾を含めた強力な方程式を確立して注目された[3]

このような、「勝利の方程式」の構築の流れに大きな影響を与えたのが、2005年に中継ぎ投手を称える指標としての両リーグ統一しての新規定であるホールドの採用[4]、及び、同年に阪神がいわゆる「JFK」(ジェフ・ウィリアムス藤川球児久保田智之)を確立して、リーグ優勝に輝いたことである。この「JFK」、及び同年の千葉ロッテマリーンズにおける「YFK」という2つの方程式に愛称がついて、それが浸透したことにより、他球団も追随、そして球界全体に普及することとなった。

基本的に、「勝利の方程式」に組み込まれている投手たちはクオリティ・スタートとしての役目を果たした先発投手の後を引き継ぐことから7回以降に登板することが多い。

なお、「勝利の方程式」と同様にリードを最後まで守りきるという意味で「守護神」という言葉も使われるが、一般的に「勝利の方程式」が中継ぎ投手(セットアッパー。主に8回を担当)から抑え投手(クローザー。主に9回を担当)につなぐ継投策を指すのに対して、「守護神」はクローザーを務める投手個人を指すことが多い。また近年は、(主に7回を担当する)準セットアッパーも、勝利の方程式の一翼を担うケースが出てきている。

「勝利の方程式」の主な一覧[編集]

  • 球団創立順。原則として、「特定の愛称が命名及び浸透」「複数年にわたり機能」「球団の躍進への貢献」のいずれかに該当し得る、何らかの特筆性を有する「勝利の方程式」を下記にて記載する。
  • 原則として、2005年の「JFK」以後に確立された「勝利の方程式」を記載。なお、必ずしも全てを網羅している訳ではないことに留意されたい。
  • ※印は、現在も継続中であることを意味する。

セントラル・リーグ[編集]

主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
山口鉄也越智大祐マーク・クルーン 2008年-2010年 前年度中継ぎ投手として飛躍した山口と越智のコンビ名がスポーツ報知上で公募され、応募総数1290通の中から二人が選んだ「風神雷神」に決定された。山口は「疾風スライダー」で打者を斬る「風神」、越智は「雷電フォーク」で打者をねじ伏せる「雷神」とされた。
また、抑えを務めたクルーンは、2008年に41セーブを挙げて最多セーブ投手に輝くなど、2010年までの3年間で連続して25セーブ以上を記録した。
山口鉄也スコット・マシソン西村健太朗 2012年-2013年 安定した投球を披露して2012年日本一、2013年リーグ連覇に貢献した。特に抑えを務めた西村は、2013年に42セーブを挙げて最多セーブ投手に輝いた。
日刊スポーツの金子航記者が「スコット鉄太朗」と命名[5]
スコット・マシソン澤村拓一 2015年-※ 前年まで先発投手を務めていた澤村が抑えに転向することで、この方程式が結成された。澤村は2015年に36セーブ(リーグ4位)を挙げ、2016年は37セーブを挙げて最多セーブ投手に輝いた。
セットアッパーを務めるマシソンは、2015年に28ホールド(リーグ5位)を挙げ、2016年は41ホールドを挙げて最優秀中継ぎ投手に輝いた。
また、2015年は山口鉄也も準セットアッパーとして29ホールド(リーグ4位)を挙げて、8年連続で「50試合登板、20ホールド」の同時到達という偉業を成し遂げた。
主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
ジェフ・ウィリアムス藤川球児久保田智之 2005年-2008年 JFK 久保田が抑えを務めていた2006年までは「藤川 - ウィリアムス - 久保田」の順、それ以降は「久保田 - ウィリアムス - 藤川」の順番に登板することが多い。
彼ら3人のイニシャルを取ってこの通称を「JFK」と命名、いつしか定着して、その後の日本球界全体への「勝利の方程式」波及への大きな影響を与えた。
主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
浅尾拓也岩瀬仁紀 2008年-2013年 落合博満高木守道監督の下で、強力な方程式を形成して、中日の黄金期を築く大きな原動力になった。特に2010年、2011年のリーグ優勝に大きく貢献した。
セットアッパー役の浅尾は2010年に21試合連続ホールドポイントや日本記録のシーズン47ホールドを達成。2011年には45ホールド(2年連続のホールド王)を記録して、リリーフ投手としては史上2人目の最優秀選手に輝いた[6]
抑え役の岩瀬は、2005年-2013年にかけて、9年連続30セーブ到達の偉業を果たす。この他にも、15年連続50試合以上登板(歴代1位)、史上初めての400セーブ到達などのを打ち立てた。
2010年は、左腕投手の高橋聡文も、31ホールドを記録して勝利の方程式の一翼を担った。
2012年及び2013年は、浅尾が負傷離脱することが増えるようになったが、田島慎二が勝利の方程式の一翼として台頭。特に2012年は30ホールド(リーグ2位)を挙げて、クライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。
主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
加藤武治木塚敦志川村丈夫マーク・クルーン 2005年-2007年 クアトロK 4人のイニシャルが共にKであることから「クアトロK」と呼称された。
なお、球団側によって「クアトロK」と公式に呼称されるようになったのは、2006年のことである。
三上朋也山崎康晃 2015年-※ 2015年シーズン、当時大卒1年目であった山崎が開幕から抑え(クローザー)として大車輪の活躍であったが、この年の8月に、故障のためリハビリを余儀なくされていた三上(2014年シーズンは三上が抑えを担っていた。21セーブ、リーグ5位の成績)がセットアッパーに定着して、「三上 - 山崎」の方程式が結成、定着した[7]
山崎は2015年に37セーブ(リーグ3位)、2016年に33セーブ(リーグ3位)を挙げ、プロ入り1年目から2年連続で30セーブ以上を記録(史上初)。主にホームゲーム(横浜スタジアム)での9回の登板時における「康晃ジャンプ」と称される独特の応援は、チームの名物になっている。
2016年は、右腕の須田幸太、左腕の田中健二朗が、準セットアッパー的役割として定着。三上が32ホールド(リーグ4位。日本人投手としては1位)、須田、田中が共に23ホールド(リーグ5位。田中は左腕投手としては1位)と、3投手が20ホールド以上を記録、抑えの山崎とともに強力な救援陣を形成して、チームの悲願であった初めてのクライマックスシリーズ進出の原動力の大きな一つになった。
上述のように、山崎を軸とする勝利の方程式はチームの強みの一つになっているが、2015年は9月に、2016年は8月に、それぞれ山崎が不調に陥った時期があり、その際は主に三上が抑え役を担うことがあった。尤も、2016年シーズンの場合、山崎が不調に苦しむ間も、アレックス・ラミレス監督は一貫して山崎への強い信頼を強調し続けており[8]、実際、山崎はシーズン終盤に本調子を取り戻すことに成功した。
主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
今村猛ブレイディン・ヘーゲンズジェイ・ジャクソン中崎翔太 2016年-※ 2015年シーズンに29セーブ(リーグ5位)を挙げて、抑え(クローザー)の座を手中にした中崎につなぐ中継ぎ陣の整備がチームの課題であった。この課題の解決のために、オフにジャクソン、ヘーゲンズを補強。
2016年シーズン、「ジャクソン - 中崎」という勝利の方程式を形成。これはシーズンを通して不動であり、そしてエクトル・ルナの故障で一軍に昇格したヘーゲンズ、更に彼の先発転向後は主に今村が準セットアッパー的役割を担うようになった。
中崎は防御率1.37・34セーブ(リーグ2位)、ジャクソンは37ホールド(リーグ2位)を記録。ヘーゲンズは19ホールド(リーグ9位)、今村は22ホールド(リーグ7位)をそれぞれ記録。この4人による強力な救援陣は、25年ぶりの悲願のリーグ優勝の原動力の大きな一つになった。
主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
オーランド・ロマンローガン・オンドルセクトニー・バーネット 2015年 ROB 大車輪の活躍で2015年のリーグ優勝の大きな原動力になった。
バーネットは41セーブ(リーグ1位)を記録。球団のシーズン最多セーブ記録を更新し、最多セーブ投手にも輝いている。
オンドルセクが33ホールド(リーグ1位)、ロマンが23ホールド(リーグ6位)、秋吉亮が22ホールド(リーグ7位)と、3投手が20ホールド以上を記録した。
それぞれの頭文字から勝利を「強奪する」という意味の「ROB」と呼ばれた[9]
また同じく活躍した秋吉の背番号14を14年ぶりの優勝に見立てて「14ROB」といった呼び方もあった。

パシフィック・リーグ[編集]

主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
馬原孝浩佐藤達也平野佳寿 2014年 大車輪の活躍で2014年のクライマックスシリーズ進出の大きな原動力になった[10]
平野は40セーブ(リーグ1位)を記録。球団のシーズン最多セーブ記録を更新し、最多セーブ投手にも輝いている。
セットアッパー役の佐藤が42ホールド(リーグ2位)、準セットアッパー役の馬原が32ホールド(リーグ4位。登板数55試合)の活躍。また、比嘉幹貴が20ホールド(リーグ11位)を挙げて、3投手が20ホールド以上を記録した。
比嘉を含めた4投手のフル回転ぶりは登板数の多さや防御率にも示されており、佐藤は登板数67試合(リーグ1位)で防御率が1.09、比嘉が登板数62試合(リーグ6位)で防御率が0.79、平野が登板数62試合(リーグ6位)と、3投手が60試合以上に登板したことになる。
主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
攝津正ブライアン・ファルケンボーグ馬原孝浩 2009年-2010年 SBM 3人の頭文字とソフトバンク系列会社のソフトバンクモバイルのもじりで「SBM」(B=ブライアン)と呼ばれた。
2010年は、この3人に背番号48の甲藤啓介を含めた「SBM48」といった呼び方もあった。
五十嵐亮太デニス・サファテ 2014年-2015年 前年のオフに、広島、西武で実績を積み重ねていたサファテを獲得したことで結成された。抑え役のサファテは2014年に37セーブ(リーグ2位)を挙げ、2015年は41セーブを挙げて最多セーブ投手に輝いた。
セットアッパー役の五十嵐は、2014年に44ホールドを挙げて最優秀中継ぎ投手に輝き、2015年は31ホールド(リーグ3位)を挙げた。
この2人の大車輪の活躍は、チームの2年連続の日本一の大きな原動力になった。
主な該当選手 主な該当年 命名された主な愛称 主な特徴、特記事項
薮田安彦藤田宗一小林雅英 2005年-2007年 YFK 2005年に結成された阪神の「JFK」にちなみ、主にマスコミから「YFK」と呼ばれた。「JFK」同様、実際には藤田のほうが薮田より最初に登板することが多い。
3人の大車輪の活躍で、特に2005年、チームの悲願であった31年ぶりの日本一の大きな原動力になった[11]
「JFK」及び「YFK」の成功は、その後の日本球界全体への「勝利の方程式」波及への大きな影響を与えた。

脚注・出典[編集]

  1. ^ セットアッパーのヒゲ魔人・五十嵐、抑えの大魔神・佐々木が活躍し、1998年の横浜の日本一に大きく貢献した。この年の佐々木は当時の日本記録45セーブを達成して、リリーフ投手として史上初めての最優秀選手に輝いた。なお、この2人に加えて、島田直也も中継ぎの一翼として重要な役割を担い、島田は翌1999年にオールスターゲーム出場を叶えることになった。
  2. ^ 特に左投げの遠山と右投げの葛西を相手打線の左右に応じて一方が一塁手として待機することで遠山-葛西-遠山-葛西のような継投を行い、「遠山・葛西スペシャル」、または「勝利の連立方程式」と呼ばれた。
  3. ^ 特に、2002年の防御率は、石井:1.51、五十嵐:2.08、高津:3.89で、3人合計の防御率2.19(209 1/3回、自責点51点)という高い成績を残した。
  4. ^ 抑え投手を称える指標であるセーブは、1974年シーズンから採用されている。
  5. ^ 「スコット鉄太朗」がトリオでトリプル30”. 日刊スポーツ. 2016年10月26日閲覧。
  6. ^ リリーフ投手として史上初めての最優秀選手に輝いたのは、1998年の佐々木主浩(横浜)である。
  7. ^ 同一チームにて、内野手の山崎憲晴が在籍しているため、スコアボードや新聞の表記では「三上 - 山崎康」という勝利の方程式となる。
  8. ^ DeNA・山崎康、8月は6登板中5試合で失点…ラミレス監督「抑えは変わらない」”. サンケイスポーツ. 2016年10月24日閲覧。
  9. ^ ヤクルトを変えた“ROB”の誕生 救援陣の再建に腐心しつかんだV”. スポーツナビ. 2016年10月26日閲覧。
  10. ^ 12球団ナンバーワン!オリックス中継ぎ陣の作り方”. 週刊ベースボールONLINE. 2016年10月27日閲覧。
  11. ^ 特に、2005年の防御率は、薮田:3.07、藤田:2.56、小林雅:2.58で、3人合計の防御率は2.77(139 2/3回、自責点43点)という高い成績を残した。

関連項目[編集]