バスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バスターとは、野球ソフトボールにおいて打者バントの構えで打席に立ち、投手が投球動作に入ってからヒッティングに切り替える打法のこと。

バスターの名称はbastard buntを略した和製英語で、英語ではslash buntfake bunt and swingbutcher boyslug buntなどと言う。バント#バスターの項も参照。

日本では、バスターの名称が広まる以前は「プッシュ打法」とも呼ばれていた[1]

通常、バントを敢行すると気付かれた場合、相手チームはバントを阻止するためにバントシフトと呼ばれる守備陣形を敷くことが多い。この際にバントからバスターに切り替え、シフトの変更によって生じた隙を狙うことがよく見られる。他に、バントだと思わせることで打者にとって打ちやすい球種を投げさせる目的で使用されたり、バスターとヒットエンドランを組み合わせたバスターエンドランと言う戦術もよく用いられる。

投手からリリースされた球をよく見ることができ、テイクバックを小さくしないと振り遅れやすい事から自然とコンパクトなスイングになるため、長打は望みにくいが選球眼に難がある選手には有効な打法とされる。また、フォームの矯正やタイミングの微調整を目的にバスターを用いる場合もある。

なお、バスターから本塁打を打った例はNPBでは数例記録されており、2006年9月2日の広島市民球場でのヤクルト広島戦にてリック・ガトームソン林昌樹から[2]、2015年6月12日のQVCマリンフィールドでのロッテ巨人交流戦にて清田育宏マイルズ・マイコラスから[3]、2016年7月10日のヤフオクドームでのソフトバンク楽天戦にて細川亨ジェイク・ブリガムから[4]、2020年9月25日の明治神宮野球場でのヤクルト対阪神戦にて荒木貴裕能見篤史から[5]、それぞれバスターを敢行して放った打球が本塁打となっている。

バスターとの技術的な関連性は低いが、福留孝介松本哲也鬼崎裕司など、バッティングの際に利き手と反対の手でバットの中程を保持する構えを取る選手は、近藤和彦の天秤打法とバスターの中間的な構えであるとして、「天秤バスター打法」と呼ばれることがある[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]