大島康徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大島 康徳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県中津市
生年月日 (1950-10-16) 1950年10月16日(67歳)
身長
体重
182 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手三塁手一塁手指名打者
プロ入り 1968年 ドラフト3位
初出場 1971年6月17日
最終出場 1994年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 日本ハムファイターズ (2000 - 2002)

大島 康徳(おおしま やすのり、1950年10月16日 - )は、大分県中津市出身の元プロ野球選手内野手外野手)・監督野球解説者

経歴[編集]

現役時代[編集]

高校入学まで野球経験はない。今津中学時代はバレーボールをやっており、大分県選抜チームのレギュラーだった。また、相撲が強かったため相撲部に助っ人で参加することもあった。相撲の大会を観戦に来ていた中津工業の小林監督が惚れ込み、本人は当初、乗り気でなかったもののスパイクとグローブをプレゼントされたのをきっかけに同校に入学。野球部ではエース、4番打者として活躍する。1968年中日ドラゴンズ(少年時代は阪神タイガースが贔屓のチームだったという)の入団テストで本多逸郎の目に留まり合格、同年秋のプロ野球ドラフト会議で3位指名され入団した。投手として入団したが、入団間もない投球練習でコーチから一球で「投手失格」を言い渡され、更に当時の監督だった水原茂が素質を見抜いて打者転向させた。

入団からしばらくは二軍暮らしだったが入団3年目の1971年に、ジョン・ミラーの故障で一軍初出場、直後にジュニアオールスターゲームウエスタン・リーグの主砲としてMVP。翌年外野手のレギュラーとなるが、まだ荒削りで完全なレギュラー定着には至らなかった。8年目の1976年代打起用で勝負強さを発揮しシーズン代打本塁打7本の日本記録を樹立。この功績が認められ、翌年も調子を持続させたことから、三塁手の正レギュラーとして打率.333、27本塁打1979年には30本の大台を越える36本塁打。1980年4月には交通事故で重傷を負い欠場を余儀なくされるが、わずか1ヶ月で復帰した。1983年に再び36本塁打を放ち本塁打王に輝く。その間の優勝年である1974年はセンターの準レギュラー兼右の代打、1982年は「5番・レフト」のレギュラーとしてそれぞれ優勝に貢献している。1974年の最終戦は長嶋茂雄の引退試合で、中日の選手代表として花束を渡している。

輝かしい打撃成績を残したにもかかわらず代打起用が多かったのは、バッティングの調子の波が激しすぎた[1]他、守備に難があったためである。殊勲打を打っても失策でふいにしてしまうことが多々あった[いつ?]

1985年西武ライオンズからトレード要請があったが、マスコミに漏れてしまい破談となる[2]。しかし1987年オフ、監督の星野仙一のチーム改革により、田中富生大宮龍男との交換で日本ハムファイターズ曽田康二とともに移籍。星野の意向で球団から功労金をもらっている[3]。すでに37歳であったが、日本ハムでは一塁手としての起用が多く、チームの得点力不足もあって主軸として活躍し、1990年8月21日の対オリックス・ブレーブス戦で佐藤義則からタイムリー2塁打を打ち2000安打を達成。39歳10ヶ月での達成は当時最年長記録で、到達までに要した試合数2290も当時最長記録だった。なお、1・2年目ともに出場試合数ゼロでの達成は史上初である[4]

1994年、代打起用がメインだったものの43-44歳にして.323の高打率を記録したが、同年オフ就任した新監督の上田利治の構想から漏れ現役引退。現役生活26年は山本昌(32年)、工藤公康中嶋聡(29年)、野村克也(27年)に次ぐ記録。通算代打本塁打20本は歴代2位。

ベストナインを1度も受賞していない。通算2000安打以上を記録しながらベストナイン選出がないのは大島と松原誠の2人だけ。1979年には一塁手として打撃3部門全てにおいて王貞治を上回ったにもかかわらず、その王にタイトルを持っていかれ、1983年には外野手として本塁打王を獲得したのに受賞できなかった(受賞者は本塁打王を分け合った山本浩二盗塁王松本匡史、最多安打の田尾安志)。

引退後[編集]

1995年から1999年までNHK野球解説者、東京中日スポーツ野球評論家。2000年から2002年まで日本ハムの監督を務めたが、3位、最下位、5位と成績は振るわず、解任された[5]。監督としては熱血漢で知られ、瞬間湯沸かし器とまで言われたが、監督時代には巨人監督の長嶋茂雄を意識した所作および指導方法が珍プレーとしてテレビで紹介された。

2006年第1回WBC日本代表の打撃コーチに選ばれ、準決勝ではイチローを3番打者にするなどの打順変更を監督の王貞治に進言した。

プロ野球マスターズリーグに、名古屋80D'sersの選手として在籍している。背番号は中日時代の5日本プロ野球名球会が主催する野球教室で着るユニフォームの背番号は、2000安打を達成して名球会入りした日本ハム時代の11である。

2010年にファイターズの始球式をした際は2010年仕様、背番号11のユニフォームで登場した。

2003年からは再びNHK野球解説者・東京中日スポーツ野球評論家として活躍している。

2017年2月7日、自身の公式ブログにて「2016年10月にステージ4の大腸がんになり手術を受けていたこと、肝臓に転移していること」を発表した。なお、治療はするものの重く受け止めず、今まで通りの生活をしたいと述べている[6][7]

人物[編集]

中日時代のコーチで名球会でも一緒になった稲尾和久とは同郷で、「ヤス」と呼ばれては可愛がられていたという。

私生活では30歳代半ばまで独身を通していた(大島の実家が早くに父・兄を亡くし大島が母の扶養をしていた)が、郭源治の紹介で10歳年下の客室乗務員をしていた女性と結婚。息子が2人おり、そのうちの一人がNSC大阪37期卒・お笑いコンビケンモッカ大島雅斗

1984年5月5日の対横浜大洋戦(横浜)で、一塁走者となった時、打者の宇野勝がライトにフライを打ち上げたが、ライトがこれを落球。大島はハーフウェーで打球の行方を追っていたが、打者走者の宇野が大島を追い越してアウトになった。これは「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」などで頻繁に取り上げられた。尚、みのもんたのナレーションで「走ってなかったんですか?」とされているが、フライの行方を見守って走らなかった大島の判断が普通であり、前の走者を確認しなかった宇野のミスとされている。一方の大島自身も後日、レフトにフライを打ち上げたがレフトが落球したところ、一塁走者の谷沢健一を追い越したという、宇野と同じミスをしている。

日本ハムの監督に就任が決定した際に激励会が開かれ、憧れの長嶋茂雄も出席した。長嶋はスピーチで大島とのエピソードとして、自身の引退試合で対戦相手だった中日の選手代表で大島が真っ赤なバラの花束を贈ってくれたことを話し、大島はそれを覚えていてくれたことに大感激した。しかし、実際に大島が贈呈したのは白ユリだった。

日本ハム監督時代、投手交代をしにマウンドへ行くも集まった選手たちと談笑、すっかり気を良くした大島は投手交代を審判に告げずそのままベンチへ戻ってしまう(投手交代を告げる場合、フェアゾーンからファウルラインを超えてしまうと次の打者まで投手交代することができない)。ベンチのコーチから投手交代について問われ、交代を告げ忘れたことに気付いた大島は舌を出してとぼけた。そしてマウンドにいる高橋憲幸にベンチから「(そのまま)行けー!」と指示。結果高橋はランナー3塁の場面から二者連続三振に仕留めた。この一連のやり取りは珍プレーとして取りあげられ、特に勇者のスタジアムでは2年連続で放送された。

2006年第1回WBCで優勝した際に「昔からオリンピックに出場するのが夢だったんだ」と金メダルを首に掛けられた瞬間から人目を憚らず号泣していた。

2015年2月26日放送のフジテレビの番組「アウト×デラックス」に、息子でNSC大阪37期生(当時)の大島雅斗が出演した際、息子から電話で「NMB48のCDを借金して買っている」と告白されて「もし本当だったら殺すよ?」と激怒した。しかし3月5日放送分では大島自身も番組に出演して息子と話し合い、「(NMB48は)難波にAKB48の仲間みたいのがいて」と説明されると、「AKB48はお父さんも知ってるよ。あっちゃん可愛いよ」と前田敦子ファンであることを告白。自身が大島姓なのに(大島優子ではなく)前田推しであることでアウトを宣告された。さらに今現役選手だったらテーマソングは何にするかと聞かれ、「ヘビーローテーション」と答えようとして「バイブレーション」と答えている。

本人の公式ブログでは野球のことから家族のこと、ドラマの感想やファンであるSMAPの話題まで内容が幅広い。尚、ブログでの一人称は「大島」。

退場処分[編集]

現役時代・監督時代あわせて通算5回(中日1回、日本ハム1回、日本ハム監督3回)の退場処分の経験がある[8]

1974年5月14日のヤクルト戦で益川満育と乱闘で暴力行為で益川と共に退場、1991年8月6日には塁審の良川昌美に小突き退場となった[9]。2002年の3月31日のダイエー戦で一塁塁審の良川昌美に暴力行為を行ったとして退場処分となり2試合出場停止(4月3日、4日のオリックス戦[10])となった。監督代行は高代延博が務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 中日 74 266 241 25 49 4 1 7 76 22 11 3 3 0 21 0 1 80 5 .203 .270 .315 .585
1972 124 437 387 51 89 14 2 14 149 38 9 7 5 2 41 3 2 79 9 .230 .306 .385 .691
1973 117 368 316 42 76 11 0 13 126 42 10 10 7 1 43 1 1 72 5 .241 .332 .399 .731
1974 112 294 256 37 66 17 1 11 118 46 1 7 2 3 27 2 6 42 6 .258 .339 .461 .800
1975 91 183 162 22 45 8 1 4 67 23 1 2 2 2 17 1 0 45 2 .278 .343 .414 .756
1976 123 280 251 33 63 12 1 11 110 33 2 2 0 2 26 1 1 68 7 .251 .321 .438 .760
1977 126 491 433 64 144 15 1 27 242 71 6 11 2 1 52 3 3 74 12 .333 .407 .559 .966
1978 98 410 352 50 99 11 0 15 155 47 1 5 0 5 47 0 6 64 8 .281 .371 .440 .811
1979 130 559 501 95 159 33 1 36 302 103 1 7 0 7 46 4 5 87 12 .317 .376 .603 .978
1980 108 398 358 47 90 6 1 18 152 46 6 1 0 4 31 1 5 65 9 .251 .317 .425 .741
1981 130 548 468 69 141 22 2 23 236 81 7 1 0 4 68 9 8 71 11 .301 .396 .504 .900
1982 124 466 416 43 112 14 0 18 180 60 5 3 0 3 44 3 3 60 9 .269 .341 .433 .774
1983 130 543 473 69 137 13 1 36 260 94 7 1 2 3 64 5 1 69 12 .290 .373 .550 .923
1984 130 551 471 75 132 15 1 30 239 87 7 7 1 4 73 0 2 73 14 .280 .376 .507 .884
1985 101 396 339 48 90 15 0 23 174 56 2 3 1 5 49 2 2 66 9 .265 .357 .513 .870
1986 110 380 339 37 88 9 1 20 159 45 1 0 0 2 37 3 2 68 4 .260 .334 .469 .803
1987 111 313 283 31 76 12 1 15 135 49 0 0 2 2 25 1 1 46 9 .269 .328 .477 .805
1988 日本ハム 130 535 492 48 136 26 1 15 209 63 2 0 0 3 39 0 1 67 21 .276 .329 .425 .754
1989 130 540 461 52 122 26 0 18 202 59 5 4 1 7 69 4 2 66 18 .265 .358 .438 .796
1990 110 417 360 43 96 17 1 11 148 50 2 1 1 4 51 2 1 68 16 .267 .356 .411 .767
1991 120 463 403 35 101 18 1 10 151 61 1 0 0 8 51 0 1 62 15 .251 .330 .375 .705
1992 98 269 236 24 61 7 0 5 83 28 1 0 1 2 30 1 0 44 7 .258 .340 .352 .691
1993 47 47 42 0 11 4 0 0 15 8 0 0 0 0 5 0 0 8 3 .262 .340 .357 .698
1994 64 73 65 2 21 1 0 2 28 22 0 0 0 0 8 0 0 18 6 .323 .397 .431 .828
通算:24年 2638 9227 8105 1042 2204 330 18 382 3716 1234 88 75 30 74 964 46 54 1462 229 .272 .350 .458 .809
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2000年 日本ハム 3位 135 69 65 1 .515 4.5 177 .278 4.70 50歳
2001年 6位 140 53 84 3 .387 24.5 147 .256 4.79 51歳
2002年 5位 140 61 76 3 .445 28.0 146 .247 3.86 52歳
通算:3年 413 181 225 7 .446 Aクラス1回、Bクラス2回

※1 2000年は135試合制、2001年と2002年は140試合制。

※2 2002年、4月3,4日のオリックス戦の出場停止2試合(2勝0敗)は通算成績に含まない。監督代行は高代延博

タイトル[編集]

  • 本塁打王:1回 (1983年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1979年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1978年9月27日、対阪神タイガース26回戦(ナゴヤ球場)、4回裏に宮田典計から左中間へソロ ※史上98人目
  • 1000試合出場:1980年4月12日、対ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、4番・一塁手で先発出場 ※史上214人目
  • 150本塁打:1980年8月30日、対阪神タイガース19回戦(ナゴヤ球場)、9回裏に小林繁から右中間へ同点2ラン ※史上59人目
  • 1000安打:1981年9月11日、対広島東洋カープ23回戦(広島市民球場)、3回表に北別府学から ※史上121人目
  • 200本塁打:1983年4月29日、対ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、6回表に宮城弘明からソロ ※史上39人目
  • 1500試合出場:1984年4月22日、対読売ジャイアンツ6回戦(後楽園球場)、4番・左翼手で先発出場 ※史上77人目
  • 250本塁打:1984年6月21日、対ヤクルトスワローズ13回戦(ナゴヤ球場)、5回裏に梶間健一から左越2ラン ※史上22人目
  • 1000三振:1985年10月2日、対ヤクルトスワローズ25回戦(ナゴヤ球場)、1回裏に荒木大輔から ※史上10人目
  • 1500安打:1986年4月16日、対読売ジャイアンツ4回戦(後楽園球場)、4回表に加藤初から ※史上50人目
  • 300本塁打:1986年8月15日、対阪神タイガース20回戦(ナゴヤ球場)、6回裏に中西清起から3ラン ※史上18人目
  • 2000試合出場:1988年6月28日、対近鉄バファローズ11回戦(東京ドーム)、5番・一塁手で先発出場 ※史上25人目
  • 3000塁打:1988年7月21日、対阪急ブレーブス15回戦(阪急西宮球場)、5回表に佐藤義則から左中間へ2点適時二塁打 ※史上29人目
  • 1000打点:1988年9月23日、対ロッテオリオンズ24回戦(東京ドーム)、4回裏に園川一美から右越ソロ ※史上20人目
  • 350本塁打:1989年8月13日、対近鉄バファローズ21回戦(東京ドーム)、3回裏に佐々木修から左越ソロ ※史上13人目
  • 2000安打:1990年8月21日、対オリックス・ブレーブス19回戦(阪急西宮球場)、6回表に佐藤義則から中前安打 ※史上25人目
  • 300二塁打:1990年9月9日、対近鉄バファローズ26回戦(宇都宮清原球場)、6回裏に藤王康晴の代打で出場、石本貴昭から右中間適時二塁打 ※史上29人目
  • 1000得点:1991年5月28日、対ロッテオリオンズ9回戦(川崎球場)、1回表にマット・ウィンタースの2ランで生還 ※史上22人目
  • 3500塁打:1991年6月1日、対近鉄バファローズ4回戦(水戸市民球場)、1回裏に小野和義から左前安打 ※史上17人目
  • 2500試合出場:1992年8月20日、対西武ライオンズ18回戦(東京ドーム)、7番・一塁手で先発出場 ※史上6人目
その他の記録
  • 1イニング2本塁打[11]:2回  ※史上7人目(複数回達成は史上初)
    • 1972年8月2日、対ヤクルトアトムズ18回戦(明治神宮野球場)、2回表先頭で渡辺孝博から左越ソロ、2死満塁で井原慎一朗から中越満塁本塁打 ※史上7度目
    • 1977年8月9日、対読売ジャイアンツ15回戦(ナゴヤ球場)、6回裏先頭でクライド・ライトから右中間ソロ、2死満塁で小俣進から左中間へ満塁本塁打 ※史上8度目
  • 5試合連続本塁打 (1979年10月8日 - 10月17日)
  • シーズン最多代打本塁打:7 (1976年)
  • 最年長満塁本塁打:43歳6ヶ月 (1994年5月4日)
  • オールスターゲーム選出:4回 (1977年、1979年、1983年、1984年)

背番号[編集]

  • 40 (1969年 - 1976年)
  • 5 (1977年 - 1987年)
  • 11 (1988年 - 1994年)
  • 77 (2000年 - 2002年)
  • 87 (2006年WBC

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「スポーツカードマガジン」[出典無効]のインタビューによると「若い頃は遊びの方が楽しく4打席立つと集中力が続かなかった」という理由だった
  2. ^ これは当時の西武が、田淵幸一山崎裕之の引退により右の主軸を務められる打者を欠いていたためであり、実際、前年限り日本ハムで引退しコーチとして西武に移籍していた元チームメイトの井上弘昭が現役復帰している。なお、中日と西武の間では後日田尾安志大石友好杉本正とのトレードがまとまっている。
  3. ^ 星野仙一著、ハードプレイ・ハード 勝利への道、2000年、文藝春秋、P84
  4. ^ 【8月21日】1990年(平2) プロ22年生大島康徳 最長2290試合目の2000本安打 - Sponichi Annex
  5. ^ 俺たちの東京日本ハムファイターズ、2014年、P64、ベースボール・マガジン社
  6. ^ “元日本ハム監督・大島康徳氏 大腸がん告白「肝臓に転移があり ステージは4です」”. 東京スポーツ. (2017年2月7日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/649096/ 2017年2月7日閲覧。 
  7. ^ “芸人の大島雅斗 がん告白した父・大島康徳氏を「支えたい」 お笑いが大好きな親父”. デイリースポーツ. (2017年2月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/07/0009896230.shtml 2017年2月7日閲覧。 
  8. ^ 日本プロ野球事件史―1934ー2013、ベースボール・マガジン社、2013年、P113
  9. ^ 日本プロ野球事件史―1934ー2013 (B・B MOOK 889 スポーツシリーズ NO. 759)、ベースボール・マガジン社、2013年、P110-P112
  10. ^ 本来は退場日の次の試合となる4月2日から出場停止になるが、4月2日はチームの本拠地開幕戦だったため、出場停止日を1日ずつ繰り下げることで特別にベンチ入りが認められた。
  11. ^ この記録に関する出典は、講談社宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」410ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]