エイドリアン・ベルトレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はベルトレ第二姓(母方の)はペレスです。
エイドリアン・ベルトレ
Adrián Beltré
テキサス・レンジャーズ #29
Adrián Beltré in 2017 (35197724614).jpg
2017年
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1979-04-07) 1979年4月7日(38歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1994年
初出場 1998年6月24日 エンゼルス
年俸 $18,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2006年2017年

エイドリアン・ベルトレ・ペレスAdrián Beltré Pérez , 1979年4月7日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手(三塁手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズに所属。

ドミニカ共和国人選手では史上2番目に安打が多く[注 1]、2017年にドミニカ共和国出身の選手としては初の通算3000本安打を達成した[3]

愛称はエル・コハ[4]

経歴[編集]

プロ入りとドジャース時代[編集]

1994年ロサンゼルス・ドジャースと契約、ドミニカリーグで18歳にして二冠王になるなど早々にその才能を示す。その後もマイナーリーグで攻守にわたり活躍を見せた。

1998年ボビー・ボニーヤの故障によりAA級からメジャーへ昇格し、6月24日に19歳でメジャーデビューを果たす。トミー・ラソーダGM代行が無理に昇格させたため、まだ早過ぎるという声もあった[5]。メジャー1年目の成績は77試合の出場で打率.215・7本塁打・22打点・13失策守備率.925というものであった。

シーズン終了後にドミニカのウィンターリーグに参加しMVPになる活躍を見せ、スプリング・トレーニングでは打率.453(チーム1位)を記録し、1999年は開幕からドジャースの三塁を定位置として確保することになる[5]。152試合に出場し、打率.275・15本塁打・67打点で、守備では29失策と不安定なものに終わった。シーズン終了後には1978年生まれではなく、実際は1979年生まれのため契約解禁年齢の16歳を前に契約したことが発覚[6]

2000年は打率.290・20本塁打・85打点と昨年を上回る成績を残した。

2001年はケガに見舞われたこともあってか打率.265・13本塁打・60打点に終わる。

2002年は、打率.257・21本塁打・75打点の成績だった。

2003年は打率.240・23本塁打・80打点の成績を残した。

2004年4月6日のサンディエゴ・パドレス戦、アントニオ・オスーナから本塁打を放ち、史上36人目の25歳以下での100号本塁打を達成し、年間で7度の複数本塁打、3本の満塁本塁打(ドジャースの球団タイ記録)、インターリーグ1位タイの7本塁打、8月だけで13本塁打を打ち月間MVPに選出され、打率.334・48本塁打・121打点の活躍でドジャースの地区優勝に貢献した。ベルトレが記録した48本塁打は、三塁手としては1980年のマイク・シュミットに並ぶメジャータイ記録であった(2007年にアレックス・ロドリゲスによって更新された)。また守備も安定し、ゴールドグラブ賞受賞はならなかったが、メジャー屈指の守備を誇る三塁手でこの年のゴールドグラブ賞受賞者であるスコット・ローレンカージナルス)を上回る守備率を記録した。MVP投票ではバリー・ボンズに次ぐ2位であった。オフにFAとなった。

マリナーズ時代[編集]

2004年12月17日に5年契約総額6,400万ドルでシアトル・マリナーズへ移籍[7]。デビュー以来、背番号はずっと「29」であったが、マリナーズ1年目だけはブレット・ブーンがその番号をつけていたため、この年だけ背番号「5」をつけた。

2005年は156試合で打率.255・19本塁打と2003年以前の水準に逆戻り、チームも2年連続の最下位に終わった。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[8]。同大会では、三塁手のベストナインに選出された。

シーズンでは開幕時点では5番であったが、開幕から15試合連続で打点が、24試合連続で本塁打を記録できずに打撃不振に陥ってしまう[9]。同じくリッチー・セクソンも打撃不振に陥っていたため、3番・6番と渡り歩き、最終的に2番に落ち着いた。オールスター後の68試合で、18本塁打・54打点と完全復調。結局、シーズントータルでは、3年連続の156試合に出場し、打率.268・25本塁打・89打点と前年を上回る成績をマーク。走塁面でもドジャース在籍時の 2001年以来、5年ぶりの2桁盗塁となる11盗塁をマーク。この年、1試合(1イニング)だけ、メジャー昇格後、初めて二塁手としてプレーしているが、打球処理はしていない。

2007年は5月に痛めた左手親指のじん帯が切れたまま出場を続けた[10]。5月28日のロサンゼルス・エンゼルス戦、ヘクター・カラスコから通算200号本塁打を達成した。三塁手としてリーグ最多タイの18失策を記録したにもかかわらず、守備範囲・肩の強さ、打球への反応が評価され、初のゴールドグラブ賞を受賞[11]。打撃面では自己最多の41二塁打を記録し、打率.276・26本塁打・99打点はマリナーズ移籍後最高となった。

2008年も痛みを抱えたまま出場を続け、9月1日にはサイクル安打を記録し、球団史上初めて1試合5安打・5得点を達成[12]。9月14日の出場を最後にシーズンを終え、「痛みを抱えてキャンプを迎えるのはナンセンス」という声を聞き入れ、手術をすることになった[10]

2009年はメジャーデビューを果たした1998年以来11年ぶりに規定打席到達を逃すなど、レギュラー定着後では自己最低のシーズンとなった。120安打、50打点、20四球を超えなかったのは、いずれも1998年以来の事であり、2006年から3年連続で25本以上放っていた本塁打数も、約3分の1となる8本に留まった。オフに、FAとなった。

レッドソックス時代[編集]

2009年オフにボストン・レッドソックスと900万ドルの1年契約を結んだ。契約が1年だったのは、代理人のスコット・ボラスが、マリナーズ最終年に残した成績が低レベルだったので、1年間どこかでプレイしてレベルの高い成績を残し、改めてFA市場で大型契約をゲットしようという目論見があったからである[13]

2010年は打率.321・28本塁打・102打点(いずれも自身の中で2番目に高い数字)というものだった。特に打率はリーグ4位の成績で、その他の部門でも二塁打49本(リーグ1位)・OPS0.919(リーグ5位)と、多くの部門でリーグ上位に位置した。

レンジャーズ時代[編集]

2011年1月5日にテキサス・レンジャーズと5年8000万ドル(6年目は1600万ドルの球団オプション)という大型契約を結ぶ事が出来た[13]

シーズンでは開幕戦に4番サードで先発出場。オールスターに選出され、6番サードでスタメン出場した。9月11日のオークランド・アスレチックス戦、ジョシュ・アウトマンから通算300号本塁打を達成した。9月には月間MVPに選ばれた。オフに、3年振りとなるゴールドグラブ賞とこの年から創設されたプラチナ・ゴールド・グラブを受賞した。打撃面でも調子を維持し、自身がアーチキングを獲得した2004年以来、実に7シーズンぶりとなる30本塁打以上 (32本塁打) を放った。

2012年も引き続きサードのレギュラーとして出場。8月22日、1試合3本塁打を打ち、史上5人目となる、レギュラーシーズン・ポストシーズンの両方での1試合3本塁打を達成した。8月24日には、2回目のサイクル安打を記録。2008年に達成したサイクル安打と同じ球場(レンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントン)で、前回はビジター(シアトル・マリナーズ)、今回はホーム(テキサス・レンジャーズ)の選手として達成した。同一球場においてホーム及びビジターの選手としてそれぞれサイクル安打を記録したのは、今回のベルトレがメジャーリーグ史上初であった[14]。この2試合を含んだ8月20日から26日にかけて、7試合で30打数13安打(打率.433)、4本塁打、9打点などの活躍により週間MVPを受賞した。オフに、2年連続となるゴールドグラブ賞とプラチナ・ゴールド・グラブを受賞した。バッティング面では、打率.321を記録し、ホームランと打点はそれぞれ2年連続で30本塁打・100打点のラインをクリアして、大砲としてチームを牽引した。MVP投票ではミゲル・カブレラマイク・トラウトに次ぐ3位であった。

2013年、戦線離脱することなく自己ベストの161試合に出場し、打率.315・30本塁打・92打点という好成績をマーク。打率は2年連続.300以上、本塁打は3年連続30本以上、打点は4年連続90打点以上となった。199安打は、ア・リーグ1位だった。一方守備では、14失策・守備率.959・DRS - 5という成績に終わり、守備のレベルが高いベルトレとしては、低調な内容だった。

2014年5月7日、レンジャーズ移籍後100号本塁打を放ち、史上5人目となる3球団それぞれでの100本塁打を達成した。9月18日、通算2591本目のヒットを打ち、ブラディミール・ゲレーロを抜いて、ドミニカ共和国出身の選手としての通算最多安打記録を更新した。この年は148試合に出場し、3年連続打率.300超えとなる.324 (リーグ4位) を記録したが、ホームランは19本、打点は77打点に終わるなど、それまで連続で記録していた30本塁打・90打点の連続記録が途絶えた。

2015年は開幕直後から不振で、4月末まで打率1割台だった。5月15日の対クリーブランド・インディアンズ戦では、ブルース・チェンから通算400号本塁打を達成したが、5月31日の試合で走塁の際に左手親指を負傷し、裂傷と捻挫と診断され故障者リストに入った。その後は復調し、8月3日は史上4人目となる3度目のサイクル安打を達成し、9月以降は32試合で打率.344、5本塁打、38打点、OPS.957とチームを牽引し、特に最終週については打率.448、2本塁打、13打点、OPS1.277で週間MVPを受賞し、チームの地区優勝に大きく貢献した。最終的には143試合に出場して規定打席に達した。打率.287・18本塁打・83打点という成績を記録し、守備では17失策を犯したものの、DRS + 18と全盛期の好守を取り戻した。トロント・ブルージェイズとのディビジョンシリーズでは怪我を抱えながらも3試合に出場して打率.444と奮闘したがチームは敗退した。シーズンオフ、MVP投票では7位にランクインした[15]

2016年4月15日に2年3600万ドルで契約を延長した[16]。シーズンではここ数年下降気味だった長打力が蘇り、自身3度目の「3割・30本・100打点」をクリア。リーグ2位の得点力を誇る強力打線の屋台骨を担った。守備でも守備防御点 + 15とハイレベルな成績を記録し、37歳のシーズンを迎えてもなお攻守共に衰えを感じさせなかった。この年は通算1500打点を達成したほか、翌シーズンのマイルストーン達成へ向けての足掛かりも、1500得点 (あと72) ・3000安打 (あと58) ・600二塁打 (あと9) ・450本塁打 (あと5) と、多数整えた恰好となった。

2017年開幕前の2月8日第4回WBCドミニカ共和国代表に選出され、3大会ぶり2度目の選出を果たした[17]

シーズンは怪我の影響で開幕を故障者リストで迎えた。5月29日にシーズン初出場。7月7日のエンゼルス戦でリッキー・ノラスコから通算5000塁打を達成した[18]。7月30日のオリオールズ戦でウェイド・マイリーからレフトへの二塁打を記録し、史上31人目の通算3000本安打を達成した[3]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

最大の魅力は長打力で、マリナーズ在籍時には「打者の墓場」とも形容されるセーフコ・フィールドを本拠地としながらも、2006年から3年連続で25本以上の本塁打を放ち、2007年には二塁打41本(リーグ10位)を記録した。レッドソックスへの移籍以降は確実性も向上し、2012年には打率.321(リーグ3位)を記録している。本人曰く、「シアトル(・マリナーズ)時代は大型契約に応えようと力んで大振りして、広いセーフコ(・フィールド)のレフトに外野フライばかり上げてたことに気づいたんだ」とのこと。

フルスイングでどんな球でも打ちにいく傾向にあり、四球数が少ない。ただ、その傾向が顕著になり始めたのは2001年頃からで、本塁打王を獲った2004年だけは例外である。その2004年だけ成績が伸びた事についてステロイド剤ドーピング)の助けを借りたものではないかという疑惑も浮上した。ベルトレ本人は「同年には既に薬物使用を取り締まる動きが加速していた」と主張し、マリナーズの監督であるマイク・ハーグローヴ(当時)も、ベルトレの薬物使用疑惑は否定した。

打席でハーフスイングをしたとき、ストライクになるかどうかを自ら一塁線審を指差しして確認を求める風変わりなクセを持つ。敵チームの捕手や球審よりも早く線審を指差すことも珍しくない。このクセについて、本人は「相手捕手への先制パンチなのさ。(捕手よりも早く)自分から積極的にチェックを求めれば、審判がつられて有利な判定をしてくれるはずなんだ」と語っている[19]

守備[編集]

ポジションは主に三塁手だが、二塁手遊撃手としての出場経験がある。かつては三塁手としての評価は低かったが、経験を積むにつれ飛躍的に守備が上達した。特に肩の強さを活かした送球が素晴らしく、2007年にはゴールドグラブ賞を獲得。翌2008年も同賞に選出された。2007年の「ベースボールアメリカ」誌によるアリーグ選手部門別ランキングでは「守備の上手い三塁手」で2位、「肩の強い内野手」では1位の評価を受けた[20]

人物[編集]

一見すると強面だが、気さくで面倒見がいい性格なので人望がある[21]

チームメートのエルビス・アンドラスと見せる「怒り」のパフォーマンスが人気[22][21]。もちろん、本気で怒っているのではなく、ファンに見せるエンターテインメントである。ベルトレは頭を触られることを嫌う為、それを逆手に取ったアンドラスがベルトレの頭を触り、ベルトレが怒るようにしてアンドラスを追跡する、というのが恒例である[22][21]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 LAD 77 214 195 18 42 9 0 7 72 22 3 1 2 0 14 0 3 37 4 .215 .278 .369 .648
1999 152 614 538 84 148 27 5 15 230 67 18 7 4 5 61 12 6 105 4 .275 .352 .428 .780
2000 138 575 510 71 148 30 2 20 242 85 12 5 3 4 56 2 2 80 13 .290 .360 .475 .835
2001 126 515 475 59 126 22 4 13 195 60 13 4 2 5 28 1 5 82 9 .265 .310 .411 .720
2002 159 635 587 70 151 26 5 21 250 75 7 5 1 6 37 4 4 96 17 .257 .303 .426 .729
2003 158 608 559 50 134 30 2 23 237 80 2 2 1 6 37 4 5 103 13 .240 .290 .424 .714
2004 156 657 598 104 200 32 0 48 376 121 7 2 0 4 53 9 2 87 15 .334 .388 .629 1.017
2005 SEA 156 650 603 69 154 36 1 19 249 87 3 1 0 4 38 6 5 108 15 .255 .303 .413 .716
2006 156 681 620 88 166 39 4 25 288 89 11 5 1 3 47 4 10 118 15 .268 .328 .465 .792
2007 149 639 595 87 164 41 2 26 287 99 14 2 0 4 38 2 2 104 18 .276 .319 .482 .802
2008 143 612 556 74 148 29 1 25 254 77 8 2 0 4 50 10 2 90 11 .266 .327 .457 .784
2009 111 477 449 54 119 27 0 8 170 44 13 2 0 2 19 1 7 74 19 .265 .304 .379 .683
2010 BOS 154 641 589 84 189 49 2 28 326 102 2 1 0 7 40 10 5 82 25 .321 .365 .553 .919
2011 TEX 124 525 487 82 144 33 0 32 273 105 1 1 0 8 25 0 5 53 13 .296 .331 .561 .892
2012 156 654 604 95 194 33 2 36 339 102 1 0 0 9 36 8 5 82 8 .321 .359 .561 .921
2013 161 690 631 88 199 32 0 30 321 92 1 0 0 2 50 12 7 78 17 .315 .371 .509 .880
2014 148 614 549 79 178 33 1 19 270 77 1 1 0 5 57 13 3 74 15 .324 .388 .492 .879
2015 143 619 567 83 163 32 4 18 257 83 1 0 0 8 41 4 3 65 18 .287 .334 .453 .788
2016 153 640 583 89 175 31 1 32 304 104 1 1 0 3 48 6 6 66 10 .300 .358 .521 .879
2017 94 389 340 47 106 22 1 17 181 71 1 0 0 6 39 2 4 52 7 .312 .383 .532 .915
MLB:20年 2814 11649 10635 1475 3048 613 37 462 5121 1642 120 42 14 95 814 110 91 1636 266 .287 .340 .482 .821
  • 2017年度シーズン終了時。
  • 太字はリーグ1位。

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • MLBオールスターゲーム選出 4回:2010年2011年2012年2014年
  • サイクル安打 3回:2008年9月1日、2012年8月24日、2015年8月3日 ※3回達成は史上4人目
  • 異なる3球団でそれぞれ100本塁打:史上5人目
  • ドミニカ共和国出身選手としての最多記録
    • 通算出場試合:2814(2017年度シーズン終了時)
    • 通算安打:3048(2017年度シーズン終了時)

背番号[編集]

  • 29 (1998 - 2004年、2006年 - )
  • 5 (2005年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ドミニカ人の史上最多は、アメリカ合衆国ニューヨーク出生・ニューヨーク出身ながら両親がドミニカ共和国人でアメリカ合衆国・ドミニカ共和国の二重国籍を取得しているアレックス・ロドリゲス[2]

出展[編集]

  1. ^ Adrian Beltre Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月18日閲覧。
  2. ^ イチローに続いて3000安打に到達するのは誰? 史上31人目と32人目は決まり。そして33人目は (2016年1月4日) 2016年3月17日閲覧
  3. ^ a b Beltre vaults into history books with hit No. 3K MLB.com (英語) (2017年7月30日) 2017年8月3日閲覧
  4. ^ Explaining Rangers Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月31日閲覧
  5. ^ a b 「30球団マンスリー・リポート ロサンゼルス・ドジャース / 昨年の苦い経験を糧にして飛躍 三塁の定位置確保したベルトレイ」『月刊メジャー・リーグ』1999年6月号、ベースボールマガジン社、1999年、雑誌 08625-6、81頁。
  6. ^ Lyons, Alexis. “The Ballplayers - Adrian Beltre” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年3月5日閲覧。
  7. ^ Associated Press (2004年12月17日). “Third baseman passes physical” (英語). ESPN.com. 2009年3月5日閲覧。
  8. ^ 2006 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  9. ^ Adrian Beltre 2006 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年3月5日閲覧。
  10. ^ a b 小林信行 「MLB30球団最新レポート&全選手個人成績 シアトル・マリナーズ/SEA 痛みを抱えたままサイクルヒットを達成」『スラッガー』2008年11月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-11、80頁。
  11. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、215頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  12. ^ Street, Jim (2008年9月2日). “Beltre hits for cycle against Rangers Mariners third baseman has five hits, scores five times” (英語). Mariners.com. 2009年3月5日閲覧。
  13. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、192頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  14. ^ “大リーグ史上初!A・ベルトレ 2度目のサイクル安打「この球場大好きだよ」”. スポーツニッポン. (2012年8月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/25/kiji/K20120825003973810.html 2012年8月25日閲覧。 
  15. ^ 2015 Awards Voting - AL MVP Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年11月26日閲覧。
  16. ^ “レンジャーズ、ベルトレと39億円で2年の契約延長”. サンケイスポーツ. (2016年4月16日). http://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20160416/mlb16041615410011-s.html 2016年10月13日閲覧。 
  17. ^ DR aims to defend title as WBC '17 roster set MLB.com (英語) (2017年2月15日) 2017年3月16日閲覧
  18. ^ Beltre in elite company with 5,000 total bases MLB.com (英語) (2017年7月7日) 2017年8月3日閲覧
  19. ^ Street, Jim. “[http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20070506&content_id=1949012&vkey=news_sea&fext=.jsp&c_id=sea Notes: Beltre walks to own beat Unique approach to check swings adds levity to clubhouse]” (英語). MLB.com. 2009年3月5日閲覧。
  20. ^ Notes: American League Best Tools” (英語). baseballamerica.com. 2007年8月1日閲覧。
  21. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、248頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  22. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、210頁。ISBN 978-4-331-51809-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]