ホルヘ・ソーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホルヘ・ソーサ
Jorge Sosa
フリーエージェント(FA)
20130406 Jorge Bolivar Sosa, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Meiji Jingu Stadium.JPG
横浜DeNAベイスターズ時代
(2013年4月6日、明治神宮野球場にて)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 1977年4月28日(38歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 アマチュア・フリーエージェントとしてコロラド・ロッキーズと契約
初出場 MLB / 2002年4月4日
NPB / 2012年4月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2006年

ホルヘ・ボリバル・ソーサJorge Bolivar Sosa , 1977年4月28日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

ロッキーズ傘下時代[編集]

1995年6月23日にコロラド・ロッキーズと契約。最初の5年間はマイナーリーグ外野手としてプレーしていたが、肩の強さを見込まれて投手にコンバートされた。

マリナーズ傘下・ブルワーズ傘下時代[編集]

2000年12月11日にMiLBドラフトでシアトル・マリナーズへ移籍。

2001年はA-級エバレット・アクアソックス、A級ウィスコンシン・ティンバーラトラーズでプレー。12月13日にルール・ファイブ・ドラフトでミルウォーキー・ブルワーズへ移籍。

レイズ時代[編集]

2002年3月18日にウェーバーでタンパベイ・デビルレイズに移籍すると、4月4日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。9点リードの9回表から3番手として登板し1回を投げたが、ジェイコブ・クルーズマイク・リベラからそれぞれソロ本塁打を打たれ2失点した。

ブレーブス時代[編集]

2005年3月31日にニック・グリーンとのトレードでアトランタ・ブレーブスに移籍。開幕当初はブルペンの一角を担う存在と見なされていたが、6月にティム・ハドソンマイク・ハンプトンらエース級の先発投手が次々に故障者リスト入りするという不測の事態が訪れる。そのため、6月から先発ローテーションに定着し、13勝3敗(ビジターでは8勝0敗)、防御率2.55という好成績を残した。

2006年は、第1回WBCドミニカ共和国代表として出場した。シーズンでは、開幕当初から先発を務め期待されたものの、2勝9敗と不調でリリーフに降格した。

カージナルス時代[編集]

2006年7月31日にマイナー投手とのトレードでセントルイス・カージナルスに放出された。カージナルスでも防御率5.28と不調でポストシーズンのロースターに入ることができず、その年ワールドシリーズを制したカージナルスの優勝メンバーになれなかった。オフの12月12日にFAとなった。

メッツ時代[編集]

ニューヨーク・メッツ時代

2007年1月16日にニューヨーク・メッツと契約。AAA級ニューオーリンズで開幕を迎えたが、ケガをした先発の一角オルランド・ヘルナンデスに代わって5月にメジャー昇格。ヘルナンデス復帰後もチームに残り先発を務めていたが、7月末にリリーフに回った。

2008年は、リリーフに専念するも防御率7.06と不調に終わった。8月22日に禁止薬物のアンフェタミンを使用していたとして50試合の出場停止処分を受けた。オフの11月3日にFAとなった。

ナショナルズ時代[編集]

2008年12月18日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。

2009年はAAA級シラキュース・チーフスでプレー。20試合に登板し1勝2敗3セーブ、防御率2.79だった。8月にメジャー昇格。28試合に登板し2勝1敗2セーブ、防御率6.45だった。9月8日に放出された。

レッドソックス傘下・マーリンズ時代[編集]

2010年1月13日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。出場のないまま4月16日に放出され、4月16日にフロリダ・マーリンズと契約。AAA級ニューオーリンズでプレー。7月21日にメジャーへ昇格し、22試合に登板した。11月1日にFAとなった。

メキシカンリーグ時代[編集]

2011年は、メキシカンリーグユカタン・ライオンズでプレー。10試合に先発として登板し5勝4敗、防御率3.69だった[1]

中日時代[編集]

2012年1月28日から中日ドラゴンズの入団テストを受け[2]、同年2月5日に契約合意[3]。シーズンでは序盤からリリーフとして好調を維持し、粘り強いピッチングで浅尾拓也岩瀬仁紀の穴を埋める活躍をした。オフに残留交渉が難航し、保留選手名簿から外れ、11月30日に自由契約公示された。

DeNA時代[編集]

2012年12月26日に横浜DeNAベイスターズが2年契約に合意した事を発表した[4]。DeNAにはすでに同じく中日の外国人選手であるトニ・ブランコエンジェルベルト・ソトが移籍しており、3人の外国人選手が同一球団から同時に特定の球団に移籍するという史上初めての事態となった[5]2013年シーズン序盤はセットアッパーを務めたが、山口俊の不調もあって間もなく抑えに転換、新守護神として3勝4敗19セーブの成績を挙げた。

2014年も抑えとしてスタートしたが振るわず二軍に落とされ、再昇格後は主に新守護神に任された三上の前のセットアッパーとして起用されていが、WHIP 2.07が示すように走者を出して失点のピンチを招くような投球が続き、2度目の二軍降格。以降は一軍での登板は無かった。 10月27日に球団から戦力外通告を受けた[6]。12月2日、自由契約公示された[7]

プレースタイル・人物[編集]

ホルヘ・ソーサの投球フォーム(2014年3月9日)

平均球速約149km/h[8]、日本での最速157km/hの速球(フォーシーム、ツーシームスライダーを武器とする。

以前は野手だったこともあり、打撃を得意としている。メジャーでも通算3本塁打を記録しており、中日移籍後のキャンプのフリー打撃では140m弾を放った[9]

同じ姓であるサミー・ソーサとは親戚関係にあることを自称している[10]

料理が得意な一面があり、試合がない日などはチームメイトであるトニ・ブランコエンジェルベルト・ソトらとともにソーサの自宅で集まって料理をふるまっている。この様子は2013年4月27日放送のめざましテレビで紹介されている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 TB 31 14 0 0 0 2 7 0 1 .222 434 99.1 88 16 54 0 2 48 5 0 63 61 5.53 1.43
2003 29 19 1 1 0 5 12 0 0 .294 566 128.2 137 14 60 4 4 72 8 1 71 66 4.62 1.53
2004 43 8 0 0 0 4 7 1 5 .364 447 99.1 100 17 54 3 1 94 2 0 67 61 5.53 1.55
2005 ATL 44 20 0 0 0 13 3 0 4 .813 577 134.0 122 12 64 8 0 85 3 0 42 38 2.55 1.39
2006 26 13 0 0 0 3 10 3 0 .231 394 87.1 105 20 32 5 1 58 2 0 61 53 5.46 1.57
STL 19 0 0 0 0 0 1 1 0 .000 130 30.2 33 10 8 1 0 17 0 0 18 18 5.28 1.34
'06計 45 13 0 0 0 3 11 4 0 .214 524 118.0 138 30 40 6 1 75 2 0 79 71 5.42 1.51
2007 NYM 42 14 0 0 0 9 8 0 9 .529 481 112.2 109 10 41 2 0 69 0 0 58 56 4.47 1.33
2008 20 0 0 0 0 4 1 0 1 .800 107 21.2 30 4 11 4 0 12 2 0 23 17 7.06 1.89
2009 WSH 18 0 0 0 0 2 1 2 3 .667 103 22.1 28 5 12 2 0 17 2 0 16 16 6.45 1.79
2010 FLA 22 2 0 0 0 2 3 0 0 .400 165 36.2 39 4 18 4 0 19 2 0 22 19 4.66 1.55
2012 中日 53 0 0 0 0 5 1 4 22 .833 260 63.1 54 1 19 4 1 50 1 0 17 13 1.85 1.15
2013 DeNA 55 0 0 0 0 3 4 19 11 .429 249 60.1 51 2 21 0 0 54 3 0 20 12 1.79 1.19
2014 27 0 0 0 0 0 3 3 12 .000 118 23.2 35 2 14 1 1 14 2 0 15 13 4.94 2.07
MLB:9年 294 90 1 1 0 44 53 7 24 .454 3404 772.2 791 112 354 33 8 491 26 1 441 405 4.72 1.48
NPB:3年 135 0 0 0 0 8 8 26 45 .500 627 147.1 140 5 54 6 2 118 6 0 52 38 2.32 1.32
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 59 (2002年 - 2003年)
  • 36 (2004年)
  • 34 (2005年 - 2006年、2010年)
  • 31 (2006年)
  • 29 (2007年 - 2009年)
  • 65 (2012年)
  • 53 (2013年 - 2014年)

登場曲[編集]

  • Omega 「Tu Si Quieres, Tu No Quieres」

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Leones de Yucatan Stats MiLB.com
  2. ^ 中日、メジャー44勝のソーサ投手をテスト”. デイリースポーツonline (2012年1月27日). 2012年1月28日閲覧。
  3. ^ ソーサ投手の入団が内定 - 中日ドラゴンズ公式サイト、2012年2月5日
  4. ^ ホルヘ・ソーサ選手獲得のお知らせ横浜DeNAベイスターズ公式サイト
  5. ^ “DeNA 守護神候補ソーサを獲得 初の3外国人同一球団移籍”. スポーツニッポン. (2012年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/26/kiji/K20121226004854950.html 2012年12月27日閲覧。 
  6. ^ 2015年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2014年10月27日配信
  7. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  8. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、174頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  9. ^ 打ってもスゴい!新助っ投ソーサ、140メートル弾!”. スポニチ Sponichi Annex (2012年2月16日). 2012年3月17日閲覧。
  10. ^ 中日:テスト生右腕はサミー・ソーサの親戚!?”. 毎日.jp (2012年1月29日). 2012年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]