フェルナンド・エイバッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • フェルナンド・アバド[1][2]
  • フェルナンド・アバッド[3]
  • フェルナンド・エイバド[4]
フェルナンド・エイバッド[5]
Fernando Abad
ボストン・レッドソックス #58
Fernando Abad on August 16, 2016.jpg
2016年8月16日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国[6]
出身地 ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ[6]
生年月日 1985年12月17日[6]
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手[6]
プロ入り 2002年 アマチュア・FAとしてヒューストン・アストロズと契約[6]
初出場 2010年7月28日[6]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗ドミニカ共和国
WBC 2017年[7]

フェルナンド・アントニオ・エイバッド (Fernando Antonio Abad, 1985年12月17日 - ) は、ドミニカ共和国ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ出身のプロ野球選手 (投手) [6]。左投左打[6]MLBボストン・レッドソックスに所属[8]

日本ではフェルナンド・アバッドと表記される傾向にある[9][10]。愛称はナンディット[11]

経歴[編集]

プロ入りとアストロズ時代 (2002 - 2012)[編集]

2002年12月12日ヒューストン・アストロズと契約[6]

2006年までは、メジャー・マイナーともに登板機会がなかった[6][12]。同年は、ルーキー級のドミニカン・サマーリーグで15試合に登板、うち11試合で先発を務め、防御率1.32・5勝2敗・WHIP0.93という成績を記録した[12]

2007年は、引き続きルーキー級のアパラチアンリーググリーンビル・アストロズ英語版と、A-級のトリシティ・バレーキャッツ英語版でプレー[12]。合計で19試合 (うち4試合が先発登板) に登板し、53.0イニングを投げたが、防御率4.25・WHIP1.19等の数字は、前年に比べると悪化した[12]

2008年は、A級のレキシントン・レジェンズで、全てリリーフとしてチーム最多の45試合に登板し、防御率3.30・WHIP1.19を記録したが、2勝7敗と負け越した[13]

2009年は、A+級のランカスター・ジェットホークスで、41試合・82.2イニングにリリーフ登板し、防御率4.14を記録[12]。与四球が8だった為、チームの平均WHIP1.61に対して、エイバッドはWHIP1.04だった[14]。また、AA級のコーパスクリスティ・フックスに昇格し、先発として3試合に登板して防御率3.21・WHIP1.07を記録した[12]。うち9月2日フリスコ・ラフライダーズ戦では、6.0イニングを被安打1・与四球1・無失点に抑えるピッチングを見せた[15]

2010年は、AA級のコーパスクリスティで先発として4試合に登板し、全試合で5.0イニング以上を投げたが、勝ち星はつかなかった[16][17][18][19]。その後はリリーフに回り、7月には登板した4試合で連続して勝利投手となった時期もあった[20]

同年メジャーへ昇格し、7月28日シカゴ・カブス戦でメジャー初登板を果たした[6]。8対1とリードした9回表にマウンドに登り、先頭打者の福留孝介に死球を与えるなど、1アウト一・二塁のピンチを招いたが、最後は1回無失点に抑えて試合を締めくくった[21]。その後、一時期AAA級ラウンドロック・エクスプレスに降格した[12]が、8月20日フロリダ・マーリンズ戦でメジャー復帰した[22]。この試合では0対7とリードされた8回裏に登板し、5番打者のジャンカルロ・スタントンから初奪三振を記録したが、続くコディ・ロスヘクター・ルナに連続本塁打を浴び、初被本塁打と発失点も記録した[23]。続く8月24日フィラデルフィア・フィリーズ戦からは8試合連続で無失点[12]9月以降はチームが戦った30試合中17試合に登板して6ホールドを記録した[9]。シーズントータルでは、22試合の登板で防御率2.84・WHIP1.00という成績だった[6]。ちなみに、同年のマイナーでの成績は、コーパスクリスティとラウンドロックで計19試合に登板し、防御率2.35・4勝3敗・WHIP1.33だった[12]

メジャー2年目の2011年は、開幕ロースター入りを果たした[4]。同年は失点を喫するケースが重なり、5月16日アトランタ・ブレーブス戦で4敗目を喫した[24]。その後、AAA級のオクラホマシティ・レッドホークスへと降格し[12]6月16日ピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャー復帰を果たした[24]。しかし、7月2日ボストン・レッドソックス戦で1.0イニングを4安打1本塁打4失点と打ち込まれて防御率7.32となり、これが同年のメジャー最終登板となった[24]。同年のメジャー成績は、29試合のリリーフ登板で防御率7.32・1勝4敗・WHIP1.88・FIP6.33だった[6]

2012年は、アストロズとAAA級オクラホマシティの間で、昇格と降格を繰り返した[8]。この年も専らリリーフとして登板していたが、8月にはメジャーで自身初の先発登板を果たした[25]。この時期、8月25日から9月24日にかけて6試合に先発登板したが、5.0回を投げ切ったのは1試合だけ、且つ全ての試合で敗戦投手となった[25]。同年、メジャーでは37試合の登板で、防御率5.09・0勝6敗・WHIP1.65だった[6]

オフの11月1日FAとなった[6]

ナショナルズ時代 (2013)[編集]

2012年11月19日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[26][6]

2013年は、AAA級のシラキュース・チーフスで、5月にかけて17試合・17.0イニングに登板し、防御率1.06・WHIP1.12を記録[12]5月25日フィラデルフィア・フィリーズ戦でシーズン初登板を果たすと、10試合連続で無失点に抑え、7月終了時点では26試合・24.1イニングで防御率1.48を記録していた。[27]。その後は失点が増えた[27]が、シーズン全体では自己最多 (当時) の39試合に登板し、防御率3.35・WHIP1.38と、過去2年と比べると成績が改善された[6]

アスレチックス時代 (2014 - 2015)[編集]

2013年11月25日に、ジョン・ウッテンとのトレードで、オークランド・アスレチックスに移籍した[28]

2014年は、3月31日開幕戦で登板して無失点に抑えると、そこから14試合連続無失点を記録し、その間は13.1イニングで被安打2・被打率.047・15奪三振だった[29]。5月から6月にかけては防御率が2.00を超えた時期があったが、その後は失点が減り、7月から9月にかけては18試合連続無失点も記録した[29]。最終的に、この年は69試合にリリーフ登板し、チームのリリーフ陣ではトップとなる防御率1.57をマーク[30]。ピンチに強いリリーバーとして、ブレークした[3]

2015年は、2年連続60試合以上となる62試合にリリーフ登板し、通算250試合登板に達した[6]。この年は47.2イニングで11本のホームランを浴びて防御率4.15と、前年より成績が落ちた[6]。シーズンオフの11月20日DFAとなり[31]12月3日にFAとなった[6]

ツインズ時代 (2016)[編集]

2015年12月17日ミネソタ・ツインズと契約を結び[6]2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[32]。ツインズでは39試合にリリーフ登板し、防御率2.65・1勝4敗1セーブ・WHIP1.21という成績を記録、セーブを挙げたのはメジャー初だった[6]

レッドソックス時代 (2016 - )[編集]

2016年8月1日に、パット・ライトとのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[33]。レッドソックス加入後は18試合に登板したが、防御率6.39・WHIP1.66とツインズ時代よりも成績が悪化、2チーム計では57試合の登板で防御率3.66・1勝6敗1セーブ・WHIP1.33を記録した[6]

2017年、開幕前の2月8日に氏名投手枠で第4回WBCドミニカ共和国代表に選出された[7]後、代表に合流した[34]。同年、レギュラーシーズンでは48試合に登板し、これはここ4シーズンで最少だったものの、防御率3.30・WHIP1.24は、いずれも同4シーズンで上から2番目に良い成績だった[6]

選手としての特徴[編集]

持ち球は、140キロ台半ばから150キロ前後のツーシームフォーシーム、120キロ台のナックルカーブチェンジアップがあり[3][2]、ナックルカーブは空振りを奪える武器である[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[6][8][編集]





















































W
H
I
P
2010 HOU 22 0 0 0 0 0 1 0 6 .000 76 19.0 14 3 5 0 0 12 0 0 6 6 2.84 1.00
2011 29 0 0 0 0 1 4 0 7 .200 99 19.2 28 5 9 0 1 15 0 0 18 16 7.32 1.88
2012 37 6 0 0 0 0 6 0 3 .000 208 46.0 57 6 19 1 3 38 4 0 27 26 5.09 1.65
2013 WSN 39 0 0 0 0 0 3 0 2 .000 166 37.2 42 3 10 0 1 32 0 0 14 14 3.35 1.38
2014 OAK 69 0 0 0 0 2 4 0 9 .333 216 57.1 34 4 15 3 4 51 0 0 11 10 1.57 0.86
2015 62 0 0 0 0 2 2 0 1 .500 205 47.2 45 11 19 3 1 45 4 0 23 22 4.15 1.34
2016 MIN 39 0 0 0 0 1 4 1 6 .200 138 34.0 27 2 14 2 0 29 0 1 11 10 2.65 1.21
BOS 18 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 60 12.2 13 2 8 0 1 12 1 0 9 9 6.39 1.66
'16計 57 0 0 0 0 1 6 1 8 .143 198 46.2 40 4 22 2 1 41 1 1 20 19 3.66 1.33
2017 48 0 0 0 0 2 1 1 2 .667 182 43.2 40 4 14 1 1 37 0 1 18 16 3.30 1.24
MLB:8年 363 6 0 0 0 8 27 2 38 .229 1350 317.2 300 40 113 10 12 271 9 2 137 129 3.65 1.30
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[6][編集]

  • 58 (2010年 - 2013年、2016年 - 同年途中)
  • 56 (2014年 - 2015年)
  • 43 (2016年途中 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、185頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  2. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2017』 廣済堂出版、2017年、36頁。ISBN 978-4-331-52084-0
  3. ^ a b c d 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、201頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  4. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、367頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  5. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』 廣済堂出版、2012年、397頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa Fernando Abad Stats - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  7. ^ a b c Joe Trezza (2017年2月15日). “DR aims to defend title as WBC '17 roster set” (英語). MLB.com. 2017年10月6日閲覧。
  8. ^ a b c Fernando Abad Stats, Fantasy & News - MLB.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  9. ^ a b 月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社2011年2月24日、 64頁、 雑誌 15509-2。
  10. ^ 『月刊スラッガー』2011年4月号、日本スポーツ企画出版社、2011年4月24日、 52頁、 雑誌 15509-4。
  11. ^ Ian Browne (2017年8月24日). “Red Sox Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2017年9月6日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k Fernando Abad Minor Stats - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  13. ^ 2008 Lexington Legends Statistics - Team Pitching - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  14. ^ 2009 Lancaster JetHawks Statistics - Team Pitching - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  15. ^ Corpus Christi vs. Frisco - September 2, 2009 - MiLB.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  16. ^ Corpus Christi vs. Tulsa - April 10, 2010 - MiLB.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  17. ^ NW Arkansas vs. Corpus Christi - April 18, 2010 - MiLB.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  18. ^ Corpus Christi vs. Frisco April 23, 2010 - MiLB.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  19. ^ Midland vs. Corpus Christi - MiLB.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  20. ^ Corpus Christi Hooks Game-by-game Results 2010 - MiLB.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  21. ^ CHC vs. HOU July 28, 2010 - Play by Play - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  22. ^ Fernando Abad 2010 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  23. ^ HOU vs. FLA August 20, 2010 - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  24. ^ a b c Fernando Abad 2011 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  25. ^ a b Fernando Abad 2012 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  26. ^ Mike Axisa (2012年11月21日). “Minor Moves: Athletics, Nationals, Dodgers” (英語). MLB Trade Rumors. 2015年11月23日閲覧。
  27. ^ a b Fernando Abad 2013 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  28. ^ A's acquire Fernando Abad from Nats” (英語). ESPN (2013年11月26日). 2015年11月23日閲覧。
  29. ^ a b Fernando Abad 2014 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  30. ^ 2014 Oakland Athlethics Statistics - Team Pitching - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月7日閲覧。
  31. ^ “A's add Rich Hill, designate A.J. Griffin, Abad, Gentry” (英語). SFGate (Hearst Communications Inc.). (2015年11月20日). http://www.sfgate.com/athletics/article/A-s-add-Rich-Hill-designate-A-J-Griffin-6646846.php 2015年11月23日閲覧。 
  32. ^ Rhett Bollinger (2015年12月17日). “Berrios headlines Twins' non-roster invitees” (英語). MLB.com. 2015年12月21日閲覧。
  33. ^ Chris Cotillo (2016年8月1日). “Red Sox acquire Fernando Abad from Twins” (英語). MLB Trade Rumors and Signings. 2017年10月7日閲覧。
  34. ^ Ian Browne (2017年3月4日). “Abad leaves camp to join DR for WBC '17” (英語). MLB.com. 2017年10月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]