ネルソン・クルーズ (外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Spain.svg この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はクルーズ第二姓(母方の)はマルティネスです。
ネルソン・クルーズ
Nelson Cruz
シアトル・マリナーズ #23
Nelson Cruz on May 19, 2015.jpg
2015年5月19日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 モンテ・クリスティ州モンテ・クリスティ
生年月日 1980年7月1日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 1998年 アマチュア・フリーエージェントとしてニューヨーク・メッツと契約
初出場 2005年9月17日 ヒューストン・アストロズ
年俸 $14,250,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2009年2013年

ネルソン・ラモン・クルーズ・マルティネスNelson Ramón Cruz Martinez Sr., 1980年7月1日 - )は、ドミニカ共和国モンテ・クリスティ州モンテ・クリスティ出身のプロ野球選手外野手指名打者)。右投右打。現在はMLBシアトル・マリナーズに所属している。

アマウリ・リーバス従弟である[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ティーンエイジャーのころはバスケットボールをプレーしており、野球を始めたのは16歳[3]。当時は強打の右打者モイゼス・アルーに憧れていた[4]

プロ入りとメッツ傘下時代[編集]

1998年2月17日ニューヨーク・メッツと契約し、ドミニカン・サマーリーグで3年間を過ごす。

アスレチックス傘下時代[編集]

2000年8月30日ホルヘ・ベランディアとのトレードオークランド・アスレチックスへ移籍した。

2001年はルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスで23試合に出場し、打率.250・3本塁打・16打点・6盗塁だった。

2002年はA-級バンクーバー・カナディアンズで63試合に出場し、打率.276・4本塁打・25打点・12盗塁だった。

2003年はA級ケーンカウンティ・クーガーズで119試合に出場し、打率.238・20本塁打・85打点・10盗塁だった。

2004年はA+級モデスト・ナッツとAA級ミッドランド・ロックハウンズ、AAA級サクラメント・リバーキャッツでプレー。AA級ミッドランドでは67試合に出場し、打率.313・14本塁打・46打点・8盗塁だった。オフの10月15日にアスレチックスとメジャー契約を結び[5]40人枠入りを果たした。

ブルワーズ時代[編集]

2004年12月15日キース・ジンターとのトレードでジャスティン・レアーとともにミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[6]

2005年2月10日にブルワーズと1年契約に合意[7]。この年はAA級ハンツビル・スターズとAAA級ナッシュビル・サウンズの2クラスで計128試合に出場して打率.289・27本塁打・81打点・OPS.923・19盗塁を記録、9月にメジャー昇格を果たす。メジャー初出場は17日のヒューストン・アストロズ戦で、8回裏の守備から登場し、9回表の初打席ではエセキエル・アスタシオに中飛に打ち取られた[8]。7試合目の出場となった28日のシンシナティ・レッズ戦で、アーロン・ハラングからメジャー初安打となる二塁打を放つ[9]

2006年3月25日にブルワーズと1年契約に合意。同日にAAA級ナッシュビルへ配属され[10]、開幕を迎えた。この年はAAA級ナッシュビルで104試合に出場し、打率.302・20本塁打・73打点・17盗塁、だった。

レンジャーズ時代[編集]

2006年7月28日にブルワーズの主砲カルロス・リーとともに、フランシスコ・コルデロら4選手との交換でテキサス・レンジャーズへ移籍することになった[11]。ブルワーズは抑え投手のデリック・ターンボウが不振に陥っていたため、レンジャーズから新たな抑えとしてコルデロを獲得することに成功。一方のレンジャーズはこの時点で既に28本塁打しているリーを獲得し打線を強化した。ただこのトレードにおいては、クルーズが交換要員に含まれるかどうかがトレード成立の鍵となっており、レンジャーズGMジョン・ダニエルズは「交換相手にネルソンが入っていなかったら交渉は合意に達してなかっただろうね」と、クルーズを高く評価していた[3]。移籍したクルーズはメジャーへ昇格し、8月16日ロサンゼルス・エンゼルス戦では自身初の満塁本塁打を放った[12]。さらに9月4日のアスレチックス戦ではランニング本塁打も記録している[13]

2007年2月26日にレンジャーズと1年契約に合意[14]。正右翼手としての期待がかかっていた[3][15]。開幕ロースター入りしたものの6月3日まで43試合で打率.188・3本塁打・OPS.551と低迷し、AAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ降格される。オクラホマでは44試合で打率.352・15本塁打・45打点・OPS 1.125と活躍し、7月下旬にメジャーへ再昇格すると53試合で打率.276・6本塁打・OPS.778と復調の兆しを見せた。

レンジャーズ時代

2008年2月15日にレンジャーズと1年契約に合意した[16]が、3月25日DFAとなった。4月3日にAAA級オクラホマシティへ降格し、開幕を迎えた。なかなかメジャーに定着することができないため「AAA級では活躍できるのに、メジャーへ上がると力を発揮することができなくなる」という意味で「典型的なAAAA級の選手」と揶揄されることもあった[17]。AAA級オクラホマシティで103試合に出場して打率.342・37本塁打・99打点・OPS 1.124・24盗塁の好成績を収め、パシフィック・コーストリーグのMVPを受賞[18]8月25日にレンジャーズとメジャー契約を結び、31試合で7本塁打と、年間36本ペースで本塁打を量産しシーズンを終えた。この活躍によって、2001年以降右翼手がなかなか固定できなかったレンジャーズにおいて、クルーズは翌2009年のレギュラー候補筆頭となった[15]

2009年のオールスターゲーム前日、本塁打競争に出場

2009年2月20日にレンジャーズと1年契約に合意[19]。開幕前の3月に第2回WBCドミニカ共和国代表に選出された[20]。一次ラウンドのパナマ戦ではマニー・コーパスからソロ本塁打を放っている[21]。ドミニカ共和国はこのパナマ戦には9-0で圧勝したが、オランダに連敗して一次ラウンド敗退となった。

シーズンでは、4月6日クリーブランド・インディアンスとのMLBシーズン開幕戦には4番・右翼として先発出場。その後も正右翼手として出場を続け、6月終了時点で76試合中72試合に出場、打率.262・19本塁打・47打点・OPS.862・12盗塁を記録し、前年のリーグ打点王ジョシュ・ハミルトンが故障で長期欠場した穴を補う活躍を見せた[22]オールスターには故障したトリー・ハンターの代役として初選出され[23]、試合にこそ出場しなかったが、前日に開催された本塁打競争では準優勝した。シーズン通算ではチーム最多・リーグ8位の33本塁打を放ち、盗塁数も20に達している。

2010年3月4日にレンジャーズと1年契約に合意[24]。開幕後は左右のハムストリングを痛め3度にわたり故障者リスト入りし[25]、出場数は108試合にとどまる。それでも2年連続の20本塁打・70打点は達成し、打率やOPSは前年の.260/.856から.318/.950へと上昇させた。また延長戦で5本塁打(うち3本はサヨナラ本塁打)を放っており、シーズン最多記録に並ぶ勝負強さを見せている[26]。レンジャーズはこの年のアメリカンリーグ西地区で優勝し、11年ぶりにポストシーズン進出。タンパベイ・レイズとの地区シリーズを3勝2敗で、ヤンキースとのリーグ優勝決定戦を4勝2敗で、それぞれ制して球団史上初のリーグ優勝とワールドシリーズ進出を決めた。この2シリーズ11試合でクルーズは5本塁打・5二塁打・8打点を挙げ、また地区シリーズの最終第5戦では同点の場面から三盗を敢行して敵失を誘い決勝のホームを踏むなど[27]、打撃だけでなく走塁でもチームの勝利を呼び込んだ。ただサンフランシスコ・ジャイアンツとのワールドシリーズは、チームは1勝4敗で敗れ世界一はならず。結果的に最終戦となった第5戦では、クルーズは3点ビハインドの7回裏にティム・リンスカムからソロ本塁打を放つも、9回裏二死の場面ではブライアン・ウィルソンの前に空振り三振を喫し、シリーズ最後の打者となった[28]

2011年1月18日にレンジャーズと365万ドル+出来高15万ドルの1年契約に合意[29][30]4月1日ボストン・レッドソックスとのシーズン開幕戦で本塁打を放つと[31]、これを皮切りに4日のシアトル・マリナーズ戦まで4試合連続本塁打。ウィリー・メイズ1971年)とマーク・マグワイア1998年)に次いで史上3人目となる、開幕戦からの4試合連続本塁打を達成した。クルーズ本人は「理由はわからない。正しいアプローチができていて、勝負どころで打つべき球を打っているということなんだろうね」と話している[32]。しかしその後は前年同様に足の故障に悩まされ、5月には右大腿四頭筋痛で、8月には左ハムストリング痛で、それぞれ故障者リスト入り[33]。チームは地区2連覇を達成したものの、クルーズ自身は9月の月間打率が.190と不振の状態でポストシーズンへ突入した[34]。前年と同じ顔合わせとなったレイズとの地区シリーズを3勝1敗で突破し、迎えたデトロイト・タイガースとのリーグ優勝決定戦でクルーズは一転して好調となり、ポストシーズン史上最多の1シリーズ6本塁打・13打点をたたき出す。特に第2戦では7回裏に同点のソロ本塁打を放つと、延長11回にはポストシーズン史上初となるサヨナラ満塁本塁打。レンジャーズは4勝2敗でタイガースを下して2年連続リーグ優勝を成し遂げ、クルーズはシリーズMVPを受賞した[35]

2013年開幕前の3月に第3回WBCのドミニカ共和国代表に選出され[36]、2大会連続2度目の選出を果たした。同大会でドミニカ共和国は優勝を果たした。ベストナインにも選出された。

シーズンでは、4年ぶりにオールスターに選ばれた。しかし、バイオジェネシス・スキャンダルによって禁止薬物購入が発覚し、同年8月5日に50試合の出場停止処分を受けた[37]10月31日FAとなった。

オリオールズ時代[編集]

2014年2月24日ボルチモア・オリオールズと800万ドルの1年契約を結んだ[38][39]。この年は指名打者や左翼手として起用され、前半戦はリーグ2位の28本塁打を記録した。7月にはオールスターにファン投票の指名打者部門で選出された。本塁打を最終的に40まで伸ばし、初の打撃タイトルを獲得した。ポストシーズンでも好調を維持し、リーグチャンピオンシップシリーズの第2戦では、ポストシーズン史上初となる5試合連続複数安打を記録した。オフの10月30日にFAとなった。

マリナーズ時代[編集]

2014年12月4日にマリナーズと総額5800万ドルの4年契約を結んだ[40][41]

2015年、春先から好調を維持し、4月だけで10本塁打を放って打率.322・OPS1.096を記録[42]。その後もバットの勢いは衰えず、オール・スターまでに87試合に出場し、打率.308・21本塁打・53打点という好成績をマーク[42]。3年連続でオール・スターのメンバーに選出された。試合には「4番・DH」でスタメン出場したが、ヒットは放てなかった[43]。後半戦もコンスタントにアーチを生産し、最終的には自己ベスト且つア・リーグ2位の44本塁打を放った。2013年から2014年にかけて、2年連続40本塁打以上放ったのは、クルーズが唯一である。また、打率は自身3度目の.300以上となる.302をマークしたが、規定打席をクリアしたシーズンとして.300を超えたのは、初めてである。他方、44本中31本がソロ本塁打だった事[44]もあって打点が伸びず、100を超えずに93 (自己2位) に留まった。その他の打撃部門では、安打・得点・塁打の各部門でも自己ベストを更新した。守備については、DHとしての出場が多く72試合であり、ライトの守りに就いたのは80試合だった。内容は、4失策守備率.975・DRS - 8という成績に終わり、良いとは言えなかった。

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 MIL 8 7 5 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 .200 .429 .400 .829
2006 TEX 41 138 130 15 29 3 0 6 50 22 1 0 0 1 7 0 0 32 1 .223 .261 .385 .645
2007 96 332 307 35 72 15 2 9 118 34 2 4 1 1 21 1 2 87 5 .235 .287 .384 .671
2008 31 133 115 19 38 9 1 7 70 26 3 1 0 0 17 2 1 28 1 .330 .421 .609 1.030
2009 128 515 462 75 120 21 1 33 242 76 20 4 0 2 49 6 2 118 9 .260 .332 .524 .856
2010 108 445 399 60 127 31 3 22 230 78 17 4 1 6 38 5 1 81 12 .318 .374 .576 .950
2011 124 513 475 64 125 28 1 29 242 87 9 5 0 3 33 1 2 116 8 .263 .312 .509 .821
2012 159 642 585 86 152 45 0 24 269 90 8 4 0 4 48 2 5 140 7 .260 .319 .460 .779
2013 109 456 413 49 110 18 0 27 209 76 5 1 0 4 35 2 4 109 14 .266 .327 .506 .833
2014 BAL 159 678 613 87 166 32 2 40 322 108 4 5 0 5 55 8 5 140 17 .271 .333 .525 .859
2015 SEA 152 655 590 90 178 22 1 44 334 93 3 2 0 1 59 9 5 164 6 .302 .369 .566 .936
通算:11年 1115 4515 4094 581 1118 225 11 241 2088 690 72 30 2 27 364 36 27 1015 80 .273 .334 .510 .844
  • 2015年度シーズン終了時。
  • 太字はリーグ1位。

タイトル[編集]

表彰[編集]

MLB
ドミニカ共和国代表

記録[編集]

背番号[編集]

  • 8 (2005年 - 2006年途中)
  • 17 (2006年途中 - 2013年)
  • 23 (2014年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nelson Cruz Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月26日閲覧。
  2. ^ 【中日】新外国人・リーバスいとこは昨季米本塁打王クルーズ スポーツ報知 (2015年1月25日) 2015年1月25日閲覧
  3. ^ a b c Jorge L. Ortiz, USA TODAY, "Dominican prospects Cruz, Capellan develop slower but still have much to give," USATODAY.com, February 7, 2007. 2009年7月25日閲覧。
  4. ^ "Get to know: Rangers' Cruz swings to Latin beat," USATODAY.com, May 10, 2009. 2009年7月25日閲覧。
  5. ^ A's decline options on Dye and Hammond”. MLB.com A's Press Release (2004年12月15日). 2014年12月14日閲覧。
  6. ^ Brewers acquire righthanded pitcher Justin Lehr and outfielder Nelson Cruz from Oakland in exchange for infielder Keith Ginter”. MLB.com Brewers Press Release (2004年12月15日). 2014年12月14日閲覧。
  7. ^ Brewers sign five to one-year deals”. MLB.com Brewers Press Release (2005年2月10日). 2014年12月14日閲覧。
  8. ^ "Sep 17, 2005, Brewers at Astros Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2011年10月18日閲覧。
  9. ^ "Sep 28, 2005, Reds at Brewers Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2011年10月18日閲覧。
  10. ^ Brewers send six to Minor League camp”. MLB.com Brewers Press Release (2006年3月25日). 2014年12月14日閲覧。
  11. ^ Texas Rangers acquire two-time All-Star Carlos Lee”. MLB.com Rangers Press Release (2006年7月28日). 2014年12月14日閲覧。
  12. ^ "Aug 16, 2006, Angels at Rangers Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2011年10月18日閲覧。
  13. ^ "Sep 4, 2006, Rangers at Athletics Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2011年10月18日閲覧。
  14. ^ Texas Rangers sign six to 2007 contracts”. MLB.com Rangers Press Release (2007年2月26日). 2014年12月14日閲覧。
  15. ^ a b T.R. Sullivan / MLB.com, "Cruz's job safe while he attends Classic / Manager Washington insists he will be Texas' starting right fielder," texasrangers.com, February 27, 2009. 2009年7月25日閲覧。
  16. ^ Rangers sign 14 players to 2008 contracts”. MLB.com Rangers Press Release (2008年2月15日). 2014年12月14日閲覧。
  17. ^ Matt Patterson, Staff Writer, "Former RedHawk Nelson Cruz turns career around / Cruz has had himself a remarkable 12 months," NewsOK.com, July 14, 2009. 2009年7月25日閲覧。
  18. ^ Pacific Coast League, "Cruz crowned Pacific Coast MVP / Outifelder ranks among the league leaders in homers, batting and RBIs," Official Web Site of the Pacific Coast League, August 28, 2008. 2009年7月25日閲覧。
  19. ^ Rangers sign 16 players to 2009 contracts”. MLB.com Rangers Press Release (2009年2月20日). 2014年12月14日閲覧。
  20. ^ 2009 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  21. ^ "Dominican Rep. 9, Panama 0," MLB.com. 2010年10月10日閲覧。
  22. ^ 小林信行 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 テキサス・レンジャーズ/TEX ハミルトン不在の打線で存在感を示す」 『月刊スラッガー』2009年8月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-8、71頁。
  23. ^ Christian Caple / MLB.com, "Star turn: Cruz added to AL team / Rangers outfielder replaces injured Angels standout Hunter," texasrangers.com, July 10, 2009. 2009年7月25日閲覧。
  24. ^ Rangers sign 14 players to 2010 contracts; All players under contract”. MLB.com Rangers Press Release (2010年3月4日). 2014年12月14日閲覧。
  25. ^ Chris Girandola / Special to MLB.com, "Rangers lose Cruz to disabled list / Left hamstring strain shelves outfielder; Arias activated," texasrangers.com, August 16, 2010. 2010年10月10日閲覧。
  26. ^ T.R. Sullivan / MLB.com, "Slugger Cruz is Rangers' unsung hero," texasrangers.com, February 22, 2011. 2011年10月18日閲覧。
  27. ^ "Oct 12, 2010, Rangers at Devil Rays Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2011年10月18日閲覧。
  28. ^ "Nov 1, 2010, Giants at Rangers Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2011年10月18日閲覧。
  29. ^ Rangers agree to terms with Cruz and Wilson on 2011 contracts”. MLB.com Rangers Press Release (2011年1月18日). 2014年12月14日閲覧。
  30. ^ T.R. Sullivan (2011年1月19日). “Rangers reach deals with Wilson, Cruz”. MLB.com. 2014年12月14日閲覧。
  31. ^ "Apr 1, 2011, Red Sox at Rangers Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2011年10月18日閲覧。
  32. ^ 小林信行 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 テキサス・レンジャーズ/TEX メイズとマグワイアに肩を並べる大爆発」 『月刊スラッガー』2011年6月号、日本スポーツ企画出版社、2011年、雑誌15509-6、73頁。
  33. ^ Richard Durrett, "Nelson Cruz expected out 3 weeks," ESPN Dallas, August 30, 2011. 2011年10月18日閲覧。
  34. ^ T.R. Sullivan / MLB.com, "Cruz's timing takes hit as he works to find form / Without rehab for hamstring, Texas slugger struggles in ALDS," texasrangers.com, October 6, 2011. 2011年10月18日閲覧。
  35. ^ Greg Johns / MLB.com, "Cruz's six homers net ALCS MVP honors," texasrangers.com, October 16, 2011. 2011年10月18日閲覧。
  36. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  37. ^ Alex Rodriguez and 12 other players suspended in Biogenesis PEDs scandal” (英語). Theguardian.com. 2013年9月10日閲覧。
  38. ^ Orioles Sign Free Agent OF Nelson Cruz to a One-year Contract”. MLB.com Orioles Press Release (2014年2月24日). 2014年2月25日閲覧。
  39. ^ Orioles, Cruz agree to one-year, $8 million deal
  40. ^ Mariners sign free agent outfielder Nelson Cruz to 4-year deal”. MLB.com Mariners Press Release (2014年12月5日). 2014年12月14日閲覧。
  41. ^ Greg Johns (2014年12月5日). “'I'm here to win,' Cruz says of joining Mariners”. MLB.com. 2014年12月14日閲覧。
  42. ^ a b Nelson Cruz 2015 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月31日閲覧。
  43. ^ July 14, 2015 All-Star Game Play-By-Play and Box Score - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月31日閲覧。
  44. ^ Nelson Cruz 2015 Batting Splits - Bases Occupied - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]