2011年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2011年の野球(2011ねんのやきゅう)では、2011年野球界における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 2月9日 - 【独立】関西独立リーグは今季から新規参入し、神戸市と淡路島に活動拠点を置く新球団の名称が『神戸サンズ』に決定したことを発表[17]
  • 2月16日 - 【日本】日本学生野球協会はプロ野球とアマチュアの交流戦について、大学は3月と8月に練習試合が行えることを承認[18]
  • 2月16日 - 【社会人】JABAは都市対抗野球大会について、2012年より7月に開催することを決定。都市対抗及び日本選手権大会で延長11回から適用されていたタイブレークを12回からの適用に変更することも決定した[19]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月1日 - 【独立】BCリーグの新潟の高津臣吾が対群馬戦で初セーブを挙げ、NPB、MLB、韓国、台湾につぐ5リーグ目でのセーブを記録[40]
  • 5月3日 - 【高校】東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県宮城県福島県では初の高校野球の公式戦となる春季岩手県大会地区予選が始まった、宮城と福島の同春季大会は中止となっている[41]
  • 5月4日 - 【KBO】韓国野球委員会のコミッショナーの兪栄九が同月2日に辞表を提出していたことが聯合ニュースが伝えた。同コミッショナーが理事長を務める学校法人の運営に関して、政府関係者に賄賂を贈っていたとされ、検察当局に身柄を拘束された[42]
  • 5月8日 - 【大学】静岡学生野球春季リーグ静岡理大富士常葉大に3対2で勝利し、2004年の対東海大海洋戦で勝利して以降の連敗を172でストップ[43]
  • 5月13日 - 【高校】常総学院高の監督の木内幸男が2011年夏を最後に退任[44]
  • 5月13日 - 【高校】日本学生野球協会の審査室会議で、高校2件に対する処分を決定。部員の喫煙で東筑紫学園高4月28日から5月27日までの対外試合禁止処分。部員に対する暴力行為で菊川南陵高の監督を4月20日から10月19日まで謹慎処分とした[45]
  • 5月16日 - 【大学】関西六大学野球春季リーグは龍谷大京産大に1対0で勝利し、2季連続27度目の優勝達成[46]
  • 5月16日 - 【独立】四国アイランドリーグplusの三重スリーアローズは監督の長冨浩志が成績不振で辞任することを発表し、コーチの古屋剛が監督代行に就任[47]
  • 5月18日 - 【国際】アジアシリーズ実行委員会が開かれ、3年ぶりに開かれることになったこの年の台湾でのアジアシリーズが東日本大震災の影響で当初より2週間遅れて11月25日に開幕、同29日に決勝戦を行うことを発表。中国が不参加となり、オーストラリアが初参加となる[48]
  • 5月19日 - 【社会人】日本野球連盟は東日本大震災の影響で延期となった第82回都市対抗野球大会を10月22日から京セラドームで行うことを発表、東京以外での開催は初[49]
  • 5月19日 - 【独立】四国アイランドリーグplusの三重は元巨人の野口茂樹との入団交渉が合意したことを発表[50]
  • 5月21日 - 【大学】福岡六大学リーグ九州共立大学九州産業大学に4対0で勝利し、2季ぶり36度目の優勝達成[51]
  • 5月22日 - 【大学】九州六大学リーグ福岡大学九州国際大学に7対4で勝利し、2季ぶり49度目の優勝達成[52]
  • 5月25日 - 【大学】東都大学野球リーグは青山学院大学中央大学に敗れたため、勝ち点で並んでいた東洋大学2季ぶり16度目の優勝達成[53]
  • 5月27日 - 【高校】日本高野連は特待生制度について、各学年5人以内までとすることや入学金や授業料以外の寮費などの生活費支援などを認めないことを柱とした野球特待生制度を決定した。来年度より施行[54]
  • 5月30日 - 【大学】東京六大学野球春季リーグは全日程が終了。慶應大学早稲田大学に4対3で勝利し、2季ぶり33度目の優勝達成。全カードから勝ち点を挙げる完全優勝は1992年以来37季ぶり[55]
  • 5月30日 - 【大学】東都大学野球リーグは日程の消化が遅れ、58年ぶりに神宮球場(第2を含む)以外での試合となる東洋大球場で試合が行われ、この日も雨天で1試合のみ消化で、残り1試合を31日に府中市民球場で行うことになった[56]
  • 5月31日 - 【大学】東京新大学野球リーグ東京国際大学杏林大学に11対2で7回コールド勝利で初優勝達成[57]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月1日 - 【高校】第93回全国高校野球選手権大会の地方大会が終了、全49代表校が決定。初出場は7校、最多出場は北海道の北海の通算35度目[82]
  • 8月1日 - 【高校】春夏甲子園通算5度出場の長野県の佐久長聖が、今年5月に下級生に対するいじめがあったとして秋季大会の出場を辞退することが分かった。監督の中村良隆は7月23日に地方大会準決勝敗退後に辞表を提出[83]
  • 8月2日 - 【高校】全国高校野球選手権大会に出場が決まってる三重県の伊勢工業高校の2年生部員が学校近くの商店で万引を行っていたことが発覚、選手権大会には1年と3年生だけで出場。同校は秋季大会は出場辞退を申し入れ、県高野連はこれを了承。日本高野連は同校に厳重注意処分[84]
  • 8月16日 - 【高校】全国高校野球選手権大会(甲子園)の3回戦、広島県の如水館が秋田県の能代商に延長10回、3対2でサヨナラ勝利。今大会通算8度目の延長戦は大会史上タイ記録。また如水館の3試合連続延長戦は春夏通じて史上初、同一校の同一大会3度の延長戦は夏では史上初、春を合わせると3度目のタイ記録[85]
  • 8月20日 - 【高校】第93回全国高等学校野球選手権大会の決勝戦(阪神甲子園球場)は、西東京の日大三高が11対0で、青森県の光星学院に勝利し、10年ぶり2度目の優勝達成。全試合2桁安打での優勝は史上4校目。1大会で4度の2桁得点は史上2校目[86]
  • 8月22日 - 【高校】第93回全国高等学校野球選手権大会で準優勝の光星学院(青森)の野球部員3人が2010年12月に飲酒をしていたことが発覚。同日、同校が発表、謝罪した[87]。これにより、同校では8月23日以降に予定されていた青森県庁八戸市役所などへの表敬訪問を中止、また同市役所では準優勝を称える看板の設置を取りやめた[88]
  • 8月26日 - 【社会人】日本野球連盟が臨時理事会を開き、2012年第83回都市対抗野球大会を7月中旬に東京ドームで開催することを決定[89]
  • 8月26日 - 【高校】日本高野連は今年の全国高等学校野球選手権大会の準優勝校の光星学院の野球部員が飲酒をしていた問題で、厳重注意処分。秋季大会への参加は認めた。また同校からの10月の国体への出場辞退を受理、佐賀県の唐津商が代わりに出場となった[90]
  • 8月29日 - 【高校】第56回全国高等学校軟式野球選手権大会決勝戦(明石トーカロ球場)が行なわれ、岐阜県の中京が延長11回に2対1で栃木県の作新学院に延長11回、2対1の逆転サヨナラ勝利で12年ぶり5度目の優勝達成[91]

9月[編集]

  • 9月4日 - 【大学】東都大学野球の亜細亜大東浜巨が対日本大学戦で3対0で完封で勝利投手となり、リーグ史上タイ記録の通算15完封[92]
  • 9月5日 - 【高校】全国高校野球大会に春夏12度出場の滋賀県の比叡山高校が今年6月に部内で2年生部員が1年生部員に対し暴力事件を起こしたとして、秋季大会の出場を辞退。9月1日付で部長を解任、監督は辞任[93]
  • 9月9日 - 【BFJ】全日本アマチュア野球連盟は、10月1日からパナマで開催の第39回IBAFワールドカップ日本代表チームを発表[94]
  • 9月11日 - 【社会人】第36回全日本クラブ野球選手権大会の準決勝(西武ドーム)が行われ、横浜金港クラブが対関西メディカルスポーツ学院戦に2対0で勝利し、横浜金港クラブの高塩将樹が大会史上初のノーヒットノーラン達成[95]
  • 9月12日 - 【社会人】第36回全日本クラブ野球選手権大会の決勝戦(西武ドーム)が行われ、大和高田クラブ新日鐵大分ベースボールクラブ10対9(延長10回タイブレーク)で勝利し、9年ぶり3度目の優勝達成[96]
  • 9月14日 - 【社会人】東日本大震災の影響で10月22日から京セラドーム大阪で開催されることになった、第82回都市対抗野球大会の出場全32チームが決定。初出場は無く、最多出場は日本生命の35度[97]
  • 9月23日 - 【独立】四国アイランドリーグplusは香川が対三重戦に3対0で勝利し、2年連続4度目の後期優勝達成[98]
  • 9月24日 - 【独立】四国アイランドリーグplusは2012年度の公式戦を四国4チームで実施し、三重は公式戦に参加せずリーグから脱退することが発表された[99]
  • 9月25日 - 【大学】京滋大学野球リーグの大谷大学京都教育大学戦で、教育大が9対7の2点リードで迎えた8回に代走を送った際に、教育大の選手が登録と違う背番号で出場し、大谷大側から指摘があったため没収試合となり、9対0で大谷大の勝利となっている[100]
  • 9月25日 - 【独立】BCリーグの福井が対石川戦に5対0で勝利し、北陸地区後期優勝達成[101]
  • 9月26日 - 【独立】BCリーグの新潟が対群馬戦に10対0で勝利し、上信越地区後期優勝達成[102]
  • 9月27日 - 【大学】東都大学野球リーグ戦で亜大の東浜巨が対駒大戦で5対0で完封勝利し、同リーグ新記録の通算16完封[103]
  • 9月30日 - 【大学】京滋大学野球連盟は没収試合とした9月25日の大谷大学対京都教育大学戦を取り消し、10月5日に再試合をおこなうことを発表[104]
  • 9月30日 - 【独立】関西独立リーグは兵庫ブルーサンダーズが紀州レンジャーズに勝利し、初の後期優勝[105]

10月[編集]

  • 10月1日 - 【大学】福岡六大学のリーグ戦は九共大が対日経大戦に5対0で勝利し、2季連続37度目の優勝達成[106]
  • 10月1日 - 【女子プロ野球】日本女子プロ野球リーグはで前期優勝の兵庫が対京都戦に5対0で勝ち、4期連続4度目の後期優勝と2年連続2度目の年間優勝達成[107]
  • 10月1日 - 【大学】首都大学野球のリーグ戦で東海大の菅野智之が対帝京大戦に6対0で完封勝利し、リーグ新記録の通算14完封[108]
  • 10月2日 - 【大学】東京六大学の早大が対東大戦(神宮)でリーグタイ記録の1試合26安打を放ち、23対0で勝利した[109]
  • 10月2日 - 【独立】BCリーグの地区チャンピオンシップの第2戦が行われ、北陸地区では石川が福井に6対4で勝利し、上信越地区では新潟が群馬に8対0で勝利し、それぞれ2連勝で地区優勝達成[110]
  • 10月2日 - 【独立】四国アイランドリーグplusのリーグチャンピオンシップで前期優勝の徳島が後期優勝の香川に2対1で勝利し、3勝1敗でチーム創設以来初の年間総合優勝を達成[111]
  • 10月5日 - 【高校】山口国体の高校野球硬式競技の決勝戦が行われ、今夏の全国高校野球選手権大会で優勝した東京の日大三高が千葉県の習志野高に4対3でサヨナラ勝利し、初優勝達成[112]
  • 10月6日 - 【高校】日本高野連は学生野球憲章違反を犯した島根県出雲北陵高が不祥事を理由に、10月3日付で島根県高校野球連盟を脱退したことを審査室会議で明らかにした。不祥事による高野連脱退は史上初[113]
  • 10月6日 - 【大学】東都大学野球の秋季リーグ戦で青学大の杉本裕太郎が対日大戦(神宮)で、リーグ史上6人目のサイクル安打を達成[114]
  • 10月8日 - 【大学】九州六大学野球の九州国際大の堀拓也が対久留米大戦でリーグ史上26人目28度目のノーヒットノーラン達成[115]
  • 10月11日 - 【大学】東都大学野球の東洋大が亜大に5対1で勝利し、高橋昭雄がリーグ史上2人目の監督として通算500勝。この試合で東洋大の藤岡貴裕と亜大の東浜巨が、ともに通算300奪三振[116]
  • 10月12日 - 【独立】関西独立リーグのリーグチャンピオンシップ第5戦は兵庫ブルーサンダーズが神戸サンズに5対3で勝利し、対戦成績を3勝2敗として年間優勝を達成[117]
  • 10月14日 - 【大学】首都大学野球の東海大の2年生部員が自身のブログで、NPB読売ジャイアンツのトレーナーから技術指導を受けている、と書きこんでることがこの日に判明。日本学生野球憲章に抵触する疑いになったが、巨人側はこの事実を否定[118]。全日本大学野球連盟はこの問題で、持ち回りの審議委員会で東海大に注意とすることを決定。学生がプロ野球の選手、コーチからの指導を禁じる学生野球憲章には違反してなかったことを確認[119]
  • 10月15日 - 【国際】パナマで開催されていたワールドカップの決勝戦で、オランダがキューバに2対1で勝利し初優勝達成[120]
  • 10月16日 - 【独立】BCリーグのチャンピオンシップの第4戦(石川県立野球場)が行われ、石川が新潟に7対6でサヨナラ勝利し3勝1敗として、2年連続で年間優勝達成[121]
  • 10月16日 - 【大学】首都大学野球は東海大が大東大に2対0で勝利し、2季ぶりリーグ優勝達成[122]
  • 10月19日 - 【独立】BCリーグの富山は新監督に元NPB横浜ベイスターズなどの進藤達哉の就任を発表[123]
  • 10月20日 - 【大学】関西六大学野球は神院大が大経大に8対2で勝利し、龍谷大が京産大に2対3で敗れたため、神院大が28季ぶり2度目の優勝達成[124]
  • 10月24日 - 【社会人】第82回都市対抗野球大会(京セラドーム大阪)でJR東日本東北森内壽春が4対0で三菱重工横浜に大会史上2人目の完全試合を達成[125]
  • 10月24日 - 【大学】東京六大学野球は2位の法大が立大に延長10回に2対3でサヨナラ負けしたことで、明大が4季ぶり34度目の優勝が決定[126]
  • 10月25日 - 【大学】東都大学野球リーグ戦(神宮)で東洋大が青学大に6対1で勝利し、高橋昭雄がリーグ新記録の監督通算502勝[127]
  • 10月29日 - 【独立】グランドチャンピオンシップに3対1でBCリーグの石川が四国アイランドリーグplusの徳島に勝利し、3勝0敗として初優勝。BCリーグ勢としても初制覇[128]

11月[編集]

  • 11月1日 - 【社会人】第82回都市対抗野球大会の決勝戦(京セラドーム)が行われ、史上初の東京都同士の対決となった試合はJR東日本NTT東日本に延長11回に2対1でサヨナラ勝利で、初優勝達成。JR東日本はこの年中止となった、社会人日本選手権の優勝チームと見なされる[129]橋戸賞(最優秀選手賞)は、JR東日本の松本晃が受賞[130]
  • 11月2日 - 【大学】東都大学野球の5年ぶりの優勝決定戦が神宮球場で行われ、亜大が青学大に2対1で勝利し10季ぶり18度目の優勝達成[131]
  • 11月10日 - 【独立】今季は四国アイランドリーグplusに参加し、9月に同リーグを脱退した三重スリーアローズの解散が正式発表された[132]
  • 11月11日 - 【独立】BCリーグの群馬は新監督に、前NPB福岡ソフトバンクホークスの二軍外野守備走塁コーチの五十嵐章人に決まったことを発表[133]
  • 11月27日 - 【高校・大学】明治神宮野球大会の決勝戦(神宮)が行われ、高校は光星学院が愛工大名電に6対5で勝利し初優勝。大学は明大が愛知学院大に2対0で勝利し、大会史上単独最多の5度目の優勝[134]
  • 11月29日 - 【国際】アジアシリーズの決勝戦は行われ、韓国の三星ライオンズが日本の福岡ソフトバンクホークスに5対3で勝利し、初優勝。ソフトバンクは日本のチームとして初めて優勝を逃した[135]
  • 11月29日 - 【KBO】この日までに斗山ベアーズのヘッドコーチにNPB前埼玉西武ライオンズ監督の伊東勤が就任することが決まった[136]
  • 11月30日 - 【大学】札幌学生野球連盟の北翔大学は新監督に元中日で同球団元コーチなどの谷木恭平が2012年1月より就任することを発表[137]

12月[編集]

  • 12月7日 - 【大学】東都大学野球の駒大は、同大学の監督の小椋正博が2009年6月に沖縄県で酒気帯び運転で逮捕され2年間の免許停止になっていたことを明らかにした。東都大学野球連盟は11月まで報告がなかったとして、小椋に厳重注意処分を科した[138]。同月16日、同3日付での辞任を申し出、受理されたことが発表[139]
  • 12月13日 - 【女子プロ野球】日本女子プロ野球機構は新球団の大阪ブレイビーハニーズの設立と、初代監督に元NPB阪神タイガース福間納が就任することを発表[140]
  • 12月26日 - 【社会人】NTT西日本は新監督に打撃コーチの佐々木誠が1月1日付で就任することが発表[141]

競技結果[編集]

国際大会[編集]

アジアシリーズ[編集]

順位 球団
優勝 三星ライオンズ
2位 福岡ソフトバンクホークス
3位 統一セブンイレブン・ライオンズ
4位 パース・ヒート

メジャーリーグ (MLB)[編集]

ディビジョンシリーズ[編集]

チャンピオンシップシリーズ[編集]

ワールドシリーズ[編集]

MLBオールスター[編集]

チェイス・フィールド、7月12日(現地時間))

ナリーグ 5-1 アリーグ

韓国プロ野球 (KBO)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

順位 球団 勝率
1 三星ライオンズ 79 50 4 0.612 0
2 ロッテ・ジャイアンツ 72 56 5 0.563 6.5
3 SKワイバーンズ 71 59 3 0.546 8.5
4 起亜タイガース 70 63 0 0.526 11.0
5 斗山ベアーズ 61 70 2 0.466 19.0
6 LGツインズ 59 72 2 0.450 21.0
6 ハンファ・イーグルス 59 72 2 0.450 21.0
8 ネクセン・ヒーローズ 51 80 2 0.389 29.0
  • 引き分けは試合数に含まずに計算。
  • プレーオフの結果次第では最終順位が変動する可能性あり。

台湾プロ野球 (CPBL)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

前期 後期 年間
順位 球団 勝率 順位 球団 勝率 順位 球団 勝率
優勝 統一セブンイレブン・ライオンズ 37 22 1 .627 - 優勝 Lamigo 33 26 1 .559 - 1位 Lamigo 66 52 2 .559 -
2位 Lamigoモンキーズ 33 21 6 .559 4 2位 兄弟 32 28 0 .533 1.5 2位 統一 65 52 3 .556 0.5
3位 兄弟エレファンツ 28 32 0 .467 9.5 3位 統一 28 30 2 .483 4.5 3位 兄弟 60 60 0 .500 7
4位 興農ブルズ 20 38 2 .345 16.5 4位 興農 25 34 1 .424 8 4位 興農 45 72 3 .385 20.5

台湾シリーズ[編集]

日付 ホーム 結果 ビジター 球場
第1戦 10月15日 Lamigo 2-3 統一 桃園
第2戦 10月16日 Lamigo 7-8 統一 桃園
第3戦 10月18日 統一 1-4 Lamigo 台南
第4戦 10月19日 統一 3-2 Lamigo 台南
第5戦 10月20日 統一 10-6 Lamigo 台南

中国プロ野球 (CBL)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

順位 球団 勝ち点
1位 天津ライオンズ 14 4 28
2位 広東レオパーズ 12 6 24
3位 江蘇ホープスターズ 10 8 20
4位 四川ドラゴンズ 9 9 18
5位 北京タイガース 8 10 16
6位 河南エレファンツ 7 11 14
7位 上海ゴールデンイーグルス 3 15 6

勝ち点は1勝につき2点。上位2チームが優勝決定戦(プレーオフ)進出。

プレーオフ[編集]

5戦3勝制。

日付 結果
第1戦 7月15日 広東 6-3 天津
第2戦 7月16日 広東 1-3 天津
第3戦 7月22日 天津 9-0 広東
第4戦 7月23日 天津 10-3 広東

独立リーグ(日本)[編集]

四国アイランドリーグplus[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 徳島インディゴソックス 22 8 2 .733 - 香川オリーブガイナーズ 19 9 4 .679 -
2位 愛媛マンダリンパイレーツ 18 10 4 .643 3.0 徳島インディゴソックス 18 11 3 .621 1.5
3位 香川オリーブガイナーズ 13 17 2 .433 6.0 愛媛マンダリンパイレーツ 15 14 3 .517 3.0
4位 高知ファイティングドッグス 12 16 4 .429 0 高知ファイティングドッグス 11 19 2 .367 4.5
5位 三重スリーアローズ 8 22 2 .267 5.0 三重スリーアローズ 9 19 4 .321 1.0
チャンピオンシップ[編集]
第1戦 香川 5 - 0 徳島
第2戦 徳島 8 - 2 香川
第3戦 徳島 5 - 3 香川
第4戦 徳島 2 - 1 香川
(徳島は初の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

上信越地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 21 9 6 .700 - 新潟アルビレックスBC 21 12 3 .636 -
2位 信濃グランセローズ 15 13 8 .536 5.0 信濃グランセローズ 18 12 6 .600 1.5
3位 新潟アルビレックスBC 14 14 8 .500 1.0 群馬ダイヤモンドペガサス 14 18 4 .438 5.0
北陸地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 石川ミリオンスターズ 14 16 6 .467 - 福井ミラクルエレファンツ 18 16 2 .529 -
2位 富山サンダーバーズ 15 18 3 .455 0.5 石川ミリオンスターズ 15 17 4 .469 2.0
3位 福井ミラクルエレファンツ 11 20 5 .355 3.0 富山サンダーバーズ 10 21 5 .323 4.5
プレーオフシリーズ[編集]
第1戦 新潟 3 - 1 群馬
第2戦 新潟 8 - 0 群馬
第1戦 石川 5 - 2 福井
第2戦 石川 6 - 4 福井
第1戦 新潟 7 - 1 石川
第2戦 石川 6 - 0 新潟
第3戦 石川 6 - 5 新潟
第4戦 石川 7 - 6 新潟

グランドチャンピオンシップ[編集]

第1戦 石川 6 - 2 徳島(10月22日、石川県立)
第2戦 石川 6 - 1 徳島(10月23日、石川県立)
第3戦 石川 3 - 1 徳島(10月29日、JAバンク徳島)
  • (石川は初優勝)

関西独立リーグ[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 神戸サンズ 15 8 1 .652 - 兵庫ブルーサンダーズ 17 5 2 .773 -
2位 紀州レンジャーズ 12 9 3 .541 2.0 紀州レンジャーズ 17 6 1 .739 0.5
3位 兵庫ブルーサンダーズ 12 11 1 .522 1.0 ソウル・ヘチ 9 14 1 .391 8.0
4位 ソウル・ヘチ 10 12 2 .455 1.5 神戸サンズ 7 15 2 .318 1.5
5位 大阪ホークスドリーム 7 16 1 .304 3.5 大阪ホークスドリーム 5 15 4 .250 1.0
年間チャンピオンシップ[編集]
第1戦 神戸 3 - 2 兵庫
第2戦 神戸 6 - 5 兵庫
第3戦 兵庫 7 - 2 神戸
第4戦 兵庫 11 - 4 神戸
第5戦 兵庫 5 - 3神戸
(兵庫は初の総合優勝)

日本女子プロ野球機構[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 兵庫スイングスマイリーズ 11 9 0 .550 - 兵庫スイングスマイリーズ 10 8 2 .556 -
2位 京都アストドリームス 9 11 0 .450 2.0 京都アストドリームス 8 10 2 .444 2.0
  • 兵庫が前後期優勝したため総合優勝決定戦は行わず、兵庫が2年連続2度目の年間優勝

社会人野球[編集]

東日本大震災の影響により中止
東日本大震災の影響により中止

大学野球[編集]

決勝 東洋大東都) 3X-1 慶大東京六大学)(延長10回)
(東洋大は2年連続4回目の優勝)
決勝 明大(東京六大学) 2-0 愛知学院大愛知
(明大は15年ぶり5回目の優勝)

高校野球[編集]

死去[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐々木誠氏 NTT西日本の打撃コーチ就任スポーツニッポン2011年1月5日配信
  2. ^ 関西独立リーグ 2チーム新規参加スポーツニッポン2011年1月9日配信
  3. ^ 日本学生野球協会 表彰選手 第43回・平成22年度:大学
  4. ^ 日本学生野球協会 表彰選手 第43回・平成22年度:高校
  5. ^ 野球規則委員会、バットの最大直径細く改正 デイリースポーツ、2011年1月14日
  6. ^ 日本野球連盟2011年スローガン (PDF)
  7. ^ 大学日本代表監督に法大・金光監督が内定スポーツニッポン2011年1月18日配信
  8. ^ 女子プロ京都新監督に元近鉄のヨッシャー!佐々木氏スポーツニッポン2011年1月20日配信
  9. ^ 前NPB事務局長の長谷川氏が女子協会会長にスポーツニッポン2011年1月21日配信
  10. ^ 中学硬式野球の協議会発足 日本代表監督に鹿取氏スポーツニッポン2011年1月22日配信
  11. ^ 高津 栄光の「22」で4年ぶり日本復帰へスポーツニッポン2011年1月25日配信
  12. ^ 関西独立リーグ マック鈴木が新球団で選手兼任監督スポーツニッポン2011年1月27日配信
  13. ^ リーグ名称を「四国アイランドリーグplus」に変更」スポーツニッポン2011年1月27日配信
  14. ^ センバツ32校決定 21世紀枠は佐渡、城南、大館鳳鳴スポーツニッポン2011年1月28日配信
  15. ^ 春夏通じて初の“珍事” 出場校に「商業」ゼロスポーツニッポン2011年1月28日配信
  16. ^ 財政危機の国際野球連盟をMLBが3年間支援 スポーツニッポン2011年1月30日配信
  17. ^ マック鈴木氏率いる新球団 チーム名は「神戸サンズ」スポーツニッポン2011年2月9日配信
  18. ^ 3月と8月限定で大学野球はプロと試合可能スポーツニッポン2011年2月16日配信
  19. ^ 都市対抗 来年から2年間7月中旬開催へスポーツニッポン2011年2月16日配信
  20. ^ プロアマ交流試合 巨人3-3中大 (3月1日 宮崎・ひむかスタジアム) スポーツニッポン2011年3月2日配信
  21. ^ 部員の暴力など4校対外試合禁止 学生野球協会処分 スポーツニッポン2011年3月5日配信
  22. ^ 女子日本代表監督 元ハム・新谷コーチが昇格 スポーツニッポン2011年3月8日配信
  23. ^ [ ]スポーツニッポン2013年11月日配信
  24. ^ ノーラン・ライアン社長がCEO兼務 スポーツニッポン、2011年3月12日
  25. ^ センバツ 東北は大垣日大、光星学院は水城と対戦スポーツニッポン2011年3月15日配信
  26. ^ “幻のカード”実現!日大三と明徳義塾が初戦で激突スポーツニッポン2011年3月16日配信
  27. ^ センバツ開催決定 予定通り23日からスポーツニッポン2011年3月18日配信
  28. ^ 4校が不参加では…高校女子選抜野球が中止スポーツニッポン2013年11月日配信
  29. ^ 選抜高校野球開幕「仲間に支えられ大きな困難を乗り越えると信じている」スポーツニッポン2011年3月23日配信
  30. ^ あのPL学園超えた!九州国際大付 新記録の3発スポーツニッポン2011年3月23日配信
  31. ^ 都市対抗野球 電力事情考慮し秋開催、日本選手権中止スポーツニッポン2011年3月25日配信
  32. ^ 東都大学野球 併用日9時試合開始 困難時は「初めて神宮を離れるかも」スポーツニッポン2011年3月31日配信
  33. ^ 元阪神・金村が独立リーグ信濃入りスポーツニッポン2011年4月2日配信
  34. ^ 72年ぶり大会新74安打…東海大相模“感謝のV”スポーツニッポン2011年4月4日配信
  35. ^ 九国大付・高城、大会タイ8打数連続安打も…スポーツニッポン2011年4月4日配信
  36. ^ 元日本ハム・正田がBCリーグ新潟入りスポーツニッポン2011年4月8日配信
  37. ^ 震災に原発…春季東北大会の初の中止に 宮城、福島は県大会もスポーツニッポン2011年4月9日配信
  38. ^ 第39回IBAFワールドカップ全日本代表選手選考合宿開催について 平成23年7月、全日本アマチュア野球連盟事務局 (PDF)
  39. ^ 史上初!1年生で開幕戦ノーヒットノーラン 高校時代は控え投手スポーツニッポン2011年5月1日配信
  40. ^ 高津がBCリーグで初セーブ…日本では4年ぶりスポーツニッポン2011年5月2日配信
  41. ^ 震災後初の高校野球 岩手で公式戦!スポーツニッポン2011年5月4日配信
  42. ^ 韓国プロ野球 コミッショナーが辞任、贈賄かスポーツニッポン2011年5月4日配信
  43. ^ 0―30なんて試合もあった 静岡理大 連敗172で止まるスポーツニッポン2011年5月9日配信
  44. ^ 常総学院の木内監督が今夏最後に退任 ニッカンスポーツ2011年5月13日配信
  45. ^ 東筑紫学園の対外試合禁止…部員喫煙で5・27まで スポーツニッポン2011年5月14日配信
  46. ^ 龍谷大が27度目の優勝 関西六大学スポーツニッポン2011年5月16日配信
  47. ^ 独立リーグ 三重 元広島投手の監督が辞任 代行に元西武内野手スポーツニッポン2011年5月17日配信
  48. ^ 豪州が初参加!11月25日から台湾でアジアS開催スポーツニッポン2011年5月18日配信
  49. ^ 都市対抗は10・22開幕 CSと重なれば一時中断スポーツニッポン2011年5月19日配信
  50. ^ 元中日左腕の野口 独立リーグ三重入団で合意スポーツニッポン2011年5月20日配信
  51. ^ 福岡六大学リーグ 九共大が2季ぶり36度目Vスポーツニッポン2011年5月21日配信
  52. ^ 福岡大が2季ぶり49度目V 九州六大学野球リーグスポーツニッポン2011年5月22日配信
  53. ^ 藤岡まさかのKOで敗戦も…東洋大2季ぶりVスポーツニッポン2011年5月26日配信
  54. ^ 特待生は各学年5人以内…高野連、違反には“脱退勧告”もスポーツニッポン2011年5月27日配信
  55. ^ 慶大 37季ぶりの完全V 伊藤 由伸以来の三冠王逃すスポーツニッポン2011年5月30日配信
  56. ^ 東都、雨で苦しい日程…神宮以外で試合消化スポーツニッポン2011年5月31日配信
  57. ^ 元広島・古葉監督が全国の舞台へ!東京国際大、リーグ戦初制覇スポーツニッポン2011年5月31日配信
  58. ^ 16チーム参加 来年秋に第3回WBC予選スポーツニッポン2011年6月2日配信
  59. ^ 高校10校に対外試合禁止など処分 ニッカンスポーツ2011年6月3日配信
  60. ^ 一場以来7年ぶり…近大工学部・久保田がノーヒットノーランスポーツニッポン2011年6月8日配信
  61. ^ 元プロ指揮官対決は慶大・江藤監督に軍配スポーツニッポン2011年6月12日配信
  62. ^ 劇的サヨナラ本塁打!東洋大 史上5校目の2連覇スポーツニッポン2011年6月12日配信
  63. ^ 元西武・土肥 米独立リーグ・ランカスターと正式契約 スポーツニッポン、2011年6月18日
  64. ^ 群馬ダイヤモンドペガサスが前期優勝高崎新聞2011年6月22日配信
  65. ^ 大阪 田中監督を解任!門田総監督が監督にスポーツニッポン2011年6月23日配信
  66. ^ BCリーグ北陸地区 石川が前期優勝スポーツニッポン2011年6月26日配信
  67. ^ 徳島が前期優勝 四国アイランドLスポーツニッポン2011年6月29日配信
  68. ^ 新球団・神戸が初優勝 〜関西独立リーグ〜 - SPORTS COMMUNICATIONS(2011年6月30日)
  69. ^ 三重の監督に古屋代行が昇格 ニッカンスポーツ2011年7月1日配信
  70. ^ 日本女子プロ野球は兵庫が前期優勝スポーツニッポン2011年7月2日配信
  71. ^ JR北海道が都市対抗予選を辞退…脱線事故など不祥事受けスポーツニッポン2011年7月5日配信
  72. ^ 高野連が調査結果発表 高校球児減少…加盟校も25校減 スポーツニッポン2011年7月8日配信
  73. ^ バス事故の大分・森野球部 悲劇乗り越え大会出場へスポーツニッポン2011年7月11日配信
  74. ^ フランス連盟が吉田義男元阪神監督を表彰スポーツニッポン2011年7月22日配信
  75. ^ 来年は学校統合…天王寺商 夏39連敗で歴史に幕スポーツニッポン2011年7月23日配信
  76. ^ WBC不参加も辞さず!選手会 条件改善求めるスポーツニッポン2011年7月23日配信
  77. ^ 北海 夏最多タイの35度目の出場スポーツニッポン2011年7月25日配信
  78. ^ 毎週7000円持ってこい!関西独立リーグ選手を恐喝容疑で逮捕スポーツニッポン2011年7月25日配信
  79. ^ 木内監督 最後の夏終わる 常総学院準決勝敗退スポーツニッポン2011年7月27日配信
  80. ^ 兵庫は延長15回両校譲らず 引き分け再試合スポーツニッポン2011年7月29日配信
  81. ^ 再試合の軍配は東洋大姫路 愛知は新顔 智弁和歌山貫禄の7連覇スポーツニッポン2011年7月日配信
  82. ^ 夢舞台へ 甲子園49代表校が出そろう スポーツニッポン2011年8月1日配信
  83. ^ 佐久長聖 いじめ発覚で秋季大会を辞退スポーツニッポン2011年8月2日配信
  84. ^ 伊勢工2年生部員が万引 甲子園は出場、秋の県大会は辞退スポーツニッポン2011年8月2日配信
  85. ^ 延長の如水館だ!史上初3戦連続延長制し8強決めた!スポーツニッポン2011年8月17日配信
  86. ^ 日大三、圧倒V!史上4校目の全試合2桁安打で日本一スポーツニッポン2013年8月21日配信
  87. ^ 光星学院 野球部員3人の飲酒発覚 スポーツニッポン2011年8月23日配信
  88. ^ 数時間でしぼんだ祝賀ムード 光星学院 行事も看板も中止 スポーツニッポン2011年8月23日配信
  89. ^ 来年度の都市対抗は7月に東京Dで開催スポーツニッポン2011年8月27日配信
  90. ^ 光星 秋季大会OKも「ルール違反の意識ないのが問題」スポーツニッポン2011年8月27日配信
  91. ^ 延長11回逆転サヨナラ!中京12年ぶりVスポーツニッポン2011年8月29日配信
  92. ^ 東浜 通算15完封!リーグ記録に並ぶも「最悪」スポーツニッポン2011年9月4日配信
  93. ^ 比叡山 部員間暴行で秋季大会辞退…監督も辞任スポーツニッポン2011年9月6日配信
  94. ^ W杯日本代表に元阪神の的場ら24人を発表 スポーツニッポン2011年9月9日配信
  95. ^ 全日本クラブ選手権 大会史上初の無安打無得点スポーツニッポン2011年9月11日配信
  96. ^ “サイクル超え”中須賀MVP 大和高田クラブV3スポーツニッポン2011年9月13日配信
  97. ^ 都市対抗野球 出場32チーム出そろうスポーツニッポン2011年9月14日配信
  98. ^ 四国アイランドL 香川が後期優勝スポーツニッポン2011年9月24日配信
  99. ^ 2012年度シーズン アイランドリーグ参加球団について 四国アイランドリーグplusニュースリリース2011年9月24日配信
  100. ^ 京教大 違う背番号で出場し没収試合スポーツニッポン2011年9月25日配信
  101. ^ 福井がBCリーグ後期優勝スポーツニッポン2011年9月25日配信
  102. ^ BCリーグ上信越地区 新潟が後期優勝スポーツニッポン2011年9月27日配信
  103. ^ 3年でリーグ新記録!東浜“松沼弟超え”16完封スポーツニッポン2011年9月27日配信
  104. ^ 没収試合を取り消し再試合 京滋大学野球連盟スポーツニッポン2011年9月30日配信
  105. ^ 兵庫、最終戦で逆転V 〜関西独立リーグ〜 - SPORTS COMMUNICATIONS(2011年9月30日)
  106. ^ 九共大が2季連続37度目V 福岡六大学スポーツニッポン2011年10月1日配信
  107. ^ 兵庫が2年連続総合優勝 日本女子プロ野球リーグスポーツニッポン2011年10月1日配信
  108. ^ 菅野、新球シュートで12K!リーグ新14完封」スポーツニッポン2011年10月1日配信
  109. ^ 早大 最多安打タイで爆勝23点!スポーツニッポン2011年10月2日配信
  110. ^ BCリーグ 石川、新潟が地区優勝スポーツニッポン2011年10月2日配信
  111. ^ 徳島が初V!チャンピオンシップ制す 四国ILスポーツニッポン2011年10月3日配信
  112. ^ 日大三 習志野に逆転サヨナラ勝ちで“全国3冠”達成!スポーツニッポン2011年10月5日配信
  113. ^ 前代未聞!出雲北陵が県高野連脱退 部内暴力めぐり指導に従わずスポーツニッポン2011年10月6日配信
  114. ^ リーグ6人目の快挙だ!青学大・杉本がサイクル達成スポーツニッポン2011年10月日配信
  115. ^ 九州国際大・堀が無安打無得点試合スポーツニッポン2011年10月8日配信
  116. ^ 東洋大・高橋監督が通算500勝 「目標」太田氏へあと1スポーツニッポン2011年10月11日配信
  117. ^ 兵庫、2連敗からの3連勝でV 〜関西独立リーグチャンピオンシップ〜 - SPORTS COMMUICATIONS(2011年10月12日)
  118. ^ 東海大部員ブログ問題 報告書差し戻し、再提出へスポーツニッポン2011年10月15日配信
  119. ^ ブログ問題で連盟 東海大野球部に「注意」スポーツニッポン2011年10月18日配信
  120. ^ W杯でオランダがキューバ下し初優勝スポーツニッポン2011年10月日配信
  121. ^ 石川がBCリーグ連覇 徳島とのグランドCへスポーツニッポン2011年10月16日配信
  122. ^ 東海大2季ぶりリーグV 菅野は人生初胴上げに笑顔スポーツニッポン2011年10月17日配信
  123. ^ BCリーグ富山 新監督に元横浜の名手スポーツニッポン2011年10月19日配信
  124. ^ 神院大 関西六大学野球28季ぶり優勝スポーツニッポン2011年10月20日配信
  125. ^ 被災地のエース54年ぶり快挙「本当にうれしい」スポーツニッポン2011年10月24日配信
  126. ^ 明大 4季ぶり34度目の優勝スポーツニッポン2011年10月24日配信
  127. ^ 東洋大・高橋監督 東都大学リーグ新の通算502勝スポーツニッポン2011年10月26日配信
  128. ^ 石川が3連勝で初優勝 野球独立リーグスポーツニッポン2011年10月29日配信
  129. ^ 松本が決めた!JR東日本 延長制し都市対抗初制覇スポーツニッポン2011年11月1日配信
  130. ^ 橋戸賞はJR東の松本 完全試合の森内は小野賞スポーツニッポン2011年11月1日配信
  131. ^ 亜大10季ぶり18度目V!東浜06年春の雪辱果たすスポーツニッポン2011年11月3日配信
  132. ^ 運営厳しい 独立Lの三重が解散スポーツニッポン2011年11月10日配信
  133. ^ BCリーグ 群馬 来季の監督に五十嵐氏スポーツニッポン2011年11月11日配信
  134. ^ 明大最多5度目V!光星学院は逆転で初優勝スポーツニッポン2011年11月27日配信
  135. ^ サムスンが初優勝 柳仲逸監督「やっと日本に追い付いた」スポーツニッポン2011年11月29日配信
  136. ^ 前西武監督・伊東氏が韓国斗山ヘッドコーチ就任スポーツニッポン2011年11月29日配信
  137. ^ おでん店主から転身…元中日外野手が大学監督にスポーツニッポン2011年11月30日配信
  138. ^ 駒大小椋監督 酒気帯びで免停 東都連盟は厳重注意にスポーツニッポン2011年12月7日配信
  139. ^ 駒大野球部監督が辞任 2年前の飲酒運転でスポーツニッポン2011年12月16日配信
  140. ^ 女子プロ野球 第3のチームは大阪…福間納氏が監督スポーツニッポン2011年12月13日配信
  141. ^ NTT西日本 元ダイエー佐々木コーチが監督昇格スポーツニッポン2011年12月26日配信
  142. ^ 東日本大震災の為リーグ戦無し、全日本大学野球選手権出場校決定戦を1部校間で実施。
  143. ^ “直球は160キロ台 往年の抑え右腕が死去”. スポーツニッポン. (1月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/01/08/kiji/K20110108000011620.html 
  144. ^ “通算237発 往年の強打者が死去”. スポーツニッポン. (1月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/01/23/kiji/K20110123000106910.html 
  145. ^ “パイレーツ黄金期の名将死去”. スポーツニッポン. (2月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/02/12/kiji/K20110212000231040.html 
  146. ^ “ロイヤルズで通算166勝 スプリットオフ氏が死去”. スポーツニッポン. (5月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/26/kiji/K20110526000895930.html 
  147. ^ “今宮ショック…明豊を8強に導いた大悟法氏死去”. スポーツニッポン. (8月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/31/kiji/K20110831001518360.html 
  148. ^ 画家、智弁学園高初代監督の山本集氏死去 サンケイスポーツ 2011年12月17日[リンク切れ]