斗山ベアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斗山ベアーズ
創設 1982年
ロゴデザイン
Doosan Bears insignia.svg
所属リーグ

韓国野球委員会

歴代チーム名

  • OBベアーズ(1982年 - 1998年)斗山ベアーズ(1999年 - )
本拠地
蚕室総合運動場野球場
Jamsil Baseball Stadium.jpg
収容人員 30,500人
ソウル特別市
フランチャイズの遍歴

  • 大田広域市・忠清南道・忠清北道(1982年 - 1984年)ソウル特別市(1985年 - )
永久欠番

21・54

獲得タイトル
韓国チャンピオン(6回)

1982・1995・2001・2015・2016 • 2019

成績(タイトル以外)
韓国シリーズ出場(13回)(太字は勝利した年)

6勝7敗 19821995・2000・2001・2005・2007・2008・2013・20152016・2017・2018・2019

プレーオフ(14回)(太字は勝利した年)

8勝6敗 1986・1987・1999・20002001・2004・200520072008・2009・2010・201320152017

準プレーオフ(9回)(太字は勝利した年)

6勝3敗 1993・1998・2001200420092010・2012・20132015

Aクラス(21回)

1982・1984・1993・1995・1998-2001・2004-2005・2007-2010・2012-2013・2015-2019

Bクラス(17回)

1983・1985-1992・1994・1996-1997・2002-2003・2006・2011・2014

球団組織
運営母体 斗山
監督 金泰亨

斗山ベアーズ(トゥサン・ベアーズ、韓国語:두산 베어스、Doosan Bears)は、韓国プロ野球チームである。韓国プロ野球発足時の1982年から存在するチームのひとつ。

縁故地(ホームタウン)は当初は大田広域市にあったが、1986年に新参画したビンクレ・イーグルスが同市を本拠とした関係上、それ以後はソウル特別市を縁故地にする。本拠地は同市内の蚕室総合運動場野球場

チーム概要[編集]

親会社の斗山は韓国の財閥のひとつで、ソウル・東大門にある総合ファッションモールの通称である「DOOTA」の管理・運営も手がけている。日本では韓国焼酎の「鏡月GREEN」の製造元としても有名であったが、2009年1月に斗山の酒類事業を韓国ロッテに売却し現在は「ロッテ酒類」となっている。(日本国内での販売元はサントリー)。KBOの初代チャンピオンチームでもある。

ハンドボール部門もあり、同じく「斗山ベアーズ」のチーム名でハンドボール韓国リーグに参加している。

2005年からマシュー・ランデル(元読売ジャイアンツ)が在籍。かつては入来智(元読売ジャイアンツ)やタイロン・ウッズ(元横浜ベイスターズ中日ドラゴンズ)も在籍していた。

歴史[編集]

1982年OBベアーズとして発足(OBは斗山グループのビール会社)。当時の本拠地球場は大田ハンバッ運動場野球場。野球場の改修が間に合わなかったため、1982年4月4日、本拠地開幕戦は清州総合運動場野球場で開催された。大田での試合開催は同年5月15日からとなった。

1985年に縁故地をソウル特別市に移転、当初は東大門野球場を本拠地球場として使用、1986年以降は蚕室野球場を本拠地とした。

1999年にOBの斗山グループからの分離に伴い名称変更。斗山ベアーズになる。

2001年は金寅植監督に率いられ韓国シリーズを制覇。その後2002年5位、2003年は7位と低迷した。

2004年はゲーリー・ラス(2005年東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍)の最多勝をとる活躍などで優勝争いに残り、結局レギュラーシーズン3位で準プレーオフを勝ち抜きプレーオフに進出したが、サムスン・ライオンズに敗れた。

2005年はサムスン、SKワイバーンズと激しい首位争いを繰り広げ、レギュラーシーズン2位でプレーオフに進出しハンファ・イーグルスを破りサムスンとの韓国シリーズに臨んだが、4連敗を喫してしまった。

2006年は終盤起亜タイガースとの激しい4位争いに敗れ、5位に終わったが、観客動員数は増加し、同じ蚕室野球場を本拠地としているLGツインズが長く保ってきた1位の座を奪った。

2007年は観客動員数1位の座をLGに奪い返されたが、上位争いを続けレギュラーシーズン2位でプレーオフ進出し、韓国シリーズにも進出したが、SKに敗れた。

2008年は2年連続の公式戦2位となり、プレーオフではサムスンに勝利し韓国シリーズに進出したが、2年連続でSKに敗れた。

2009年はかつてないプロ野球人気の波に乗り、球団史上初めて観客動員数が100万人を突破した。レギュラーシーズンでは3位となり、ポストシーズンは準プレーオフから出場し、ロッテに勝ちプレーオフに進出したが、ポストシーズンで3年連続の対戦となったSKの前にプレーオフでまたも敗れ去った。

2010年もレギュラーシーズンでは2年連続3位で、準プレーオフではロッテ相手に第1,2戦と敗れたが、第3戦以降3連勝して4年連続プレーオフ進出を決めた。プレーオフではサムスンに2勝3敗で敗れた。

2004年から斗山を率いた金卿文(キム・ギョンムン)監督は、2007年3月に北京五輪・野球韓国代表監督に選任され、同国史上初めての五輪野球金メダル獲得に成功した。だが2011年6月、成績不振によりシーズン途中で監督を辞任し、金光洙コーチが監督代行に就任した。同年は5位に終わり、5年ぶりにポストシーズン進出に失敗した。2011年オフ、1軍バッテリーコーチだった金鎮旭が監督に就任し、ヘッドコーチにはNPB西武の元監督で野球評論家の伊東勤が就任した(2012年限りで退任)。

2012年はレギュラーシーズン3位で2年ぶりにポストシーズンへ進出し、準プレーオフでロッテに敗れた。

2013年はレギュラーシーズン4位で2年連続ポストシーズン・準プレーオフへ出場、ネクセンに勝利しプレーオフへ、そしてLGをやぶり韓国シリーズへ進出したが、サムスンに敗れた。同年11月金鎮旭監督が解任され、在日韓国人の石山一秀(韓国名:宋一秀、ソン・イルス)が監督に就任した。

2014年は6位で3年ぶりにポストシーズン進出に失敗し石山一秀も監督を退任した。

2015年より金泰亨監督が指揮を執り、レギュラーシーズンでは3位だったもののポストシーズンでは準プレーオフでネクセン・ヒーローズ、プレーオフでNCダイノス、韓国シリーズでサムスンを倒し、14年ぶりの年間総合優勝となった。

2016年は前身のOBベアーズ時代の1995年以来21年ぶりのレギュラーシーズン優勝を達成し、韓国シリーズでNCを4勝0敗で下し、チーム史上初の同シリーズ2連覇を達成した。

2017年はレギュラーシーズン2位でポストシーズンへ進出、プレーオフでNCをやぶり3年連続で韓国シリーズに進出したが起亜タイガースに敗れた。

2018年はレギュラーシーズンで優勝するも韓国シリーズでSKに敗れ、年間2位で終わった。

2019年は最終戦でSKに勝率で並び直接対決で勝ち越していたためレギュラーシーズン優勝となり、5年連続出場となった韓国シリーズでキウムに4連勝し3年ぶり6度目となる総合優勝を達成した。

主な在籍選手[編集]

投手[編集]

捕手[編集]

内野手[編集]

外野手[編集]

主な退団・引退選手[編集]

他球団所属韓国人選手[編集]

引退・無所属・現役外の韓国人選手[編集]

  • 金泰亨(キム・テヒョン)現在、斗山の一軍監督。
  • 李到炯(イ・ドヒョン)現在、斗山の一軍打撃コーチ。
  • 金尚珍(キム・サンジン)現在、斗山の一軍投手コーチ。
  • 鄭載勳(チョン・ジェフン)現在、斗山の一軍ブルペンコーチ。
  • 高永民(コ・ヨンミン)現在、斗山の一軍走塁コーチ。
  • 姜東佑(カン・ドンウ)現在、斗山の二軍打撃コーチ。
  • 崔京煥(チェ・ギョンファン)現在、斗山の二軍打撃コーチ。
  • 裵英洙(ペ・ヨンス)現在、斗山の二軍投手コーチ。
  • 金卿文(キム・ギョンムン)
  • 曺凡鉉(チョ・ボムヒョン)
  • 朴哲淳(パク・チョルスン)
  • 柳澤鉉(リュ・テクヒョン)
  • 陳甲龍(ジン・ガビョン)
  • 沈正洙(シム・ジョンス)
  • 金元燮(キム・ウォンソプ)
  • 車明珠(チャ・ミョンジュ)
  • 鄭守根(チョン・スグン)
  • 文東煥(ブン・ドンファン)
  • 朴明桓(パク・ミョンファン)
  • 蔡相秉(チェ・サンビョン)
  • 池承珉(チ・スンミン)
  • 朴廷培(パク・チョンベ)
  • 高昌成(コ・チャンソン)
  • 崔俊蓆(チェ・ジュンソク)
  • 孫時憲(ソン・ジホン)
  • 李鍾旭(イ・ジョンウク)
  • 林載哲(イム・ジェチョル)
  • 金善宇(キム・ソンウ)
  • 李恵践(イ・へチョン)
  • 金東柱(キム・ドンジュ)
  • 張珉碩(チャン・ミンソク)
  • 李在雨(イ・ジェウ)
  • 林泰勳(イム・テフン)
  • 金剛(キム・ガン)
  • 洪性炘(ホン・ソンフン)
  • 高源浚(コ・ウォンジュン)
  • 金成培(キム・ソンべ)

外国人選手[編集]

関連項目[編集]

  • ミスターGO! - 2013年の韓国・中国共同制作の映画作品(日本国内では2014年公開)。ベアーズに入団した代打専門のゴリラを描くコメディ作。

外部リンク[編集]