フューチャーズリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フューチャーズリーグ
競技 野球
開始年 1990年
参加チーム 13(公式参加は12)
韓国の旗 韓国

KBOフューチャーズリーグ(KBO Futures League、韓国語: KBO 퓨처스 리그)は、大韓民国プロ野球二軍リーグ。参加球団は13チーム(公式参加は12チーム、2015年より)

概要[編集]

韓国のプロ野球における二軍のリーグ戦は1990年に始まり、2008年より2014年まで「フューチャーズリーグ」の名称で、2015年より「KBOフューチャーズリーグ」の名称で行われる。

リーグは北部・中部・南部地区の3ディビジョン制(2014年までは2ディビジョン制)で行なわれるが、ファーム日本選手権のようなグランドチャンピオン大会は行なわれない。また毎年7月にはオールスターゲームが開催されている。リーグ戦は年102試合で、同じグループと18回総当たり(ホーム・アンド・アウェー9回ずつ、計54試合)と、他組との6回総当たり(同3回ずつ、計48試合)からなる。

2012年シーズンより新規加入のNCダイノスが参入(2013年からは一軍リーグ加入、以降NCは二軍を設置して引き続き参戦)し、同じく高陽ワンダーズ(他球団を戦力外となった選手やドラフト指名漏れとなった選手で構成)が非公式ながら参入(2014年まで)。この動きとは別に、日本福岡ソフトバンクホークスの三軍は同リーグとの交流試合を組み[1]、韓国に遠征して尚武フェニックス警察野球団以外のチーム(高陽とは2013年から対戦)と対戦している。

なおソフトバンク三軍(と、2014年までの高陽ワンダーズ)はオープン参加であり、このチームとの対戦を行なう場合はエキシビション扱いとなるため、個人成績などは公式記録にはならない[2]。(参考:日本シリウス」・「イースタン・リーグ チャレンジ・マッチ」(フューチャーズ))また2014年には新球団KTウィズ水原市を本拠地とする)が参入(この新球団も2015年より一軍リーグに参入する)。

試合開始時刻は一軍の公式戦とは異なり、全カード全試合11:00もしくは13:00に行われる。

参加チーム(2015年)[編集]

南部地区[編集]

チーム名 縁故都市 本拠地 備考
起亜タイガース 全羅南道咸平郡 咸平起亜チャレンジャーズフィールド
三星ライオンズ 慶尚北道慶山市 三星ライオンズボールパーク
ロッテ・ジャイアンツ 慶尚南道金海市 上東野球場
尚武フェニックス 慶尚北道聞慶市 尚武野球場 [3]

中部地区[編集]

チーム名 縁故都市 本拠地 備考
高陽ダイノス 京畿道高陽市 高陽国家代表グラウンド [4]
SKワイバーンズ 仁川広域市 SKフューチャーズパーク [5]
華城ヒーローズ 京畿道華城市 華城ヒーローズベースボールパーク [6]
ハンファ・イーグルス 忠清南道瑞山市 瑞山野球場 [7]

北部地区[編集]

チーム名 縁故都市 本拠地 備考
斗山ベアーズ 京畿道利川市 ベアーズフィールド
LGツインズ LGチャンピオンズパーク
KTウィズ 京畿道水原市 成均館大学校野球場 [8]
警察野球団 京畿道高陽市 警察野球団球場 [3]

賞典外参加(オープン参加)[編集]

チーム名 縁故都市 本拠地 備考
日本の旗福岡ソフトバンクホークス(三軍) - - [9]

過去の参加チーム[編集]

チーム名 縁故都市 備考
サンバンウル・レイダース 全羅北道全州市 [10]
現代ユニコーンズ 仁川広域市
ソウル特別市京畿道水原市
[11]
高陽ワンダーズ 京畿道高陽市 [12]

脚注[編集]

  1. ^ 3軍来季 韓国プロ野球と交流戦へ 敵地を訪れ20試合前後 - 西日本スポーツ、2011年10月25日
  2. ^ プロ野球2軍リーグ 13チームで熱戦へ - KBS WORLD、2012年2月7日(日本語)
  3. ^ a b フューチャーズリーグのみ参加
  4. ^ 2012年度はフューチャーズリーグのみ参加。2013年より正式加盟。2015年からダイノス球団の二軍チームは一軍チーム(NCダイノス)と名称を異にしている。
  5. ^ 2000年正式加盟(サンバンウル解散に伴う)
  6. ^ 2008年正式加盟(SK解散に伴う)2014年からヒーローズ球団の二軍チームは一軍チーム(ネクセン・ヒーローズ)と名称を異にしている。
  7. ^ 1985年正式加盟
  8. ^ 2014年はフューチャーズリーグのみ参加。2015年より正式加盟
  9. ^ 福岡ソフトバンクホークスの三軍はフューチャーズリーグでホームチームとしては試合を戦わない。
  10. ^ 1990年はフューチャーズリーグのみ参加、1991年から正式加盟。1999年解散
  11. ^ 1982年の創設から1999年まで仁川、2000年からは名目上ソウルだが、実際には水原を本拠地としていた。2007年解散
  12. ^ 2012年-2014年まで、賞典外参加(オープン参加)として出場。2014年で解散も、事実上はNCダイノスに統合、その施設もそのまま利用したうえで2軍チームは「高陽ダイノス」を名乗っている