パシフィック・コーストリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パシフィック・コーストリーグ
競技 プロ野球
会長 ブランチ・リッキー・3世
開始年 1903年
参加チーム 16
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前回優勝 タコマ・レイニアーズ

パシフィック・コーストリーグPacific Coast League)は、アメリカ合衆国西部のマイナーリーグ野球リーグである。創設は1903年。現在は大リーグの1つ下のAAA級である。会長はブランチ・リッキーの曾孫であるブランチ・リッキー・3世

打者天国[編集]

リノ・エーシズの本拠地エーシズ・ボールパーク。標高1300m超の乾燥地帯に位置し、北米有数の打者天国として知られる。

標高の高いロッキー山脈周辺地域や乾燥地帯に本拠地を置いている球団が多いため、極めて打者有利(hitter friendly)のリーグとして知られる[1]。特に、リノラスベガスコロラドスプリングスアルバカーキソルトレークシティの5球場は顕著な打者天国として有名である[2]

2011年のリーグ平均打率は.286、OPSは.807で、防御率は5.13だった[3]。東海岸のAAA級リーグであるインターナショナルリーグが平均打率.260、OPS.729、防御率4.03でメジャーリーグと同程度の水準にあるのに対し[4]、パシフィック・コーストリーグの打者優位は明らかである[5]

米国の関係者やファンの間では、パシフィック・コーストリーグでの打撃成績はある程度割引いて考慮すべきという見方が一般的になっている[6]

所属チーム一覧[編集]

現在16チームで構成されており、各チームは二つのカンファレンスに別れて、各カンファレンスの下にそれぞれ4チームずつ所属している二つの地区がある。

カンファレンス 地区 チーム メジャーリーグチーム
アメリカン 北地区 コロラドスプリングス・スカイソックスColorado Springs Sky Sox ミルウォーキー・ブルワーズ
アイオワ・カブスIowa Cubs シカゴ・カブス
オクラホマシティ・ドジャースOklahoma City Dodgers ロサンゼルス・ドジャース
オマハ・ストームチェイサーズOmaha Storm Chasers カンザスシティ・ロイヤルズ
南地区 ニューオーリンズ・ゼファーズNew Orleans Zephyrs マイアミ・マーリンズ
ラウンドロック・エクスプレスRound Rock Express テキサス・レンジャーズ
メンフィス・レッドバーズMemphis Red Birds セントルイス・カージナルス
ナッシュビル・サウンズNashiville Sounds オークランド・アスレチックス
パシフィック 北地区 リノ・エーシズReno Aces アリゾナ・ダイヤモンドバックス
フレズノ・グリズリーズFresno Grizzlies ヒューストン・アストロズ
サクラメント・リバーキャッツSacramento River Cats サンフランシスコ・ジャイアンツ
タコマ・レイニアーズTacoma Rainiers シアトル・マリナーズ
南地区 アルバカーキ・アイソトープスAlbuquerque Isotopes コロラド・ロッキーズ
ラスベガス・フィフティワンズLas Vegas 51s ニューヨーク・メッツ
ソルトレイク・ビーズSalt Lake Bees ロサンゼルス・エンゼルス
エル・パソ・チワワズEl Paso Chihuahuas サンディエゴ・パドレス

歴代優勝チーム[編集]

優勝チーム
1903年 ロサンゼルス・エンゼルス
1904年 タコマ・タイガース
1905年 ロサンゼルス・エンゼルス
1906年 ポートランド・ビーバーズ
1907年 ロサンゼルス・エンゼルス
1908年 ロサンゼルス・エンゼルス
1909年 サンフランシスコ・シールズ
1910年 ポートランド・ビーバーズ
1911年 ポートランド・ビーバーズ
1912年 オークランド・オークス
1913年 ポートランド・ビーバーズ
1914年 ポートランド・ビーバーズ
1915年 オークランド・オークス
1916年 ロサンゼルス・エンゼルス
1917年 サンフランシスコ・シールズ
1918年 ロサンゼルス・エンゼルス
1919年 ヴァーノン・タイガース
1920年 ヴァーノン・タイガース
1921年 ロサンゼルス・エンゼルス
1922年 サンフランシスコ・シールズ
1923年 サンフランシスコ・シールズ
1924年 シアトル・インディアンス
1925年 サンフランシスコ・シールズ
1926年 ロサンゼルス・エンゼルス
1927年 オークランド・オークス
1928年 サンフランシスコ・シールズ
1929年 ハリウッド・スターズ
1930年 ハリウッド・スターズ
1931年 サンフランシスコ・シールズ
1932年 ポートランド・ビーバーズ
1933年 ロサンゼルス・エンゼルス
1934年 ロサンゼルス・エンゼルス
1935年 サンフランシスコ・シールズ
1936年 ポートランド・ビーバーズ
1937年 サンディエゴ・パドレス
1938年 サクラメント・ソロンズ
1939年 サクラメント・ソロンズ
1940年 シアトル・レイニアーズ
1941年 シアトル・レイニアーズ
1942年 シアトル・レイニアーズ
1943年 サンフランシスコ・シールズ
1944年 サンフランシスコ・シールズ
1945年 サンフランシスコ・シールズ
1946年 サンフランシスコ・シールズ
1947年 ロサンゼルス・エンゼルス
1948年 オークランド・オークス
1949年 ハリウッド・スターズ
1950年[7] オークランド・オークス
1951年 シアトル・レイニアーズ
1952年[7] ハリウッド・スターズ
1953年[7] ハリウッド・スターズ
1954年 オークランド・オークス
1955年 シアトル・レイニアーズ
1956年 ロサンゼルス・エンゼルス
1957年 サンフランシスコ・シールズ
1958年 フェニックス・ファイアバーズ
1959年 ソルトレイクシティ・ビーズ
1960年 スポケーン・インディアンス
1961年 タコマ・タイガース
1962年 サンディエゴ・パドレス
1963年 オクラホマシティ・エイティナイナーズ
1964年 サンディエゴ・パドレス
1965年 オクラホマシティ・エイティナイナーズ
1966年 シアトル・エンゼルス
1967年 サンディエゴ・パドレス
1968年 タルサ・オイラーズ
1969年 ソルトレイクシティ・ビーズ
1970年 スポケーン・インディアンス
1971年 ソルトレイク・ビーズ
1972年 アルバカーキ・デュークス
1973年 スポケーン・インディアンス
1974年 スポケーン・インディアンス
1975年 ハワイ・アイランダーズ
1976年 ハワイ・アイランダーズ
1977年 フェニックス・ファイアバーズ
1978年[8] アルバカーキ・デュークス
タコマ・タイガース
1979年 ソルトレイク・ビーズ
1980年 アルバカーキ・デュークス
1981年 アルバカーキ・デュークス
1982年 アルバカーキ・デュークス
1983年 ポートランド・ビーバーズ
1984年 エドモントン・トラッパーズ
1985年 バンクーバー・カナディアンズ
1986年 ラスベガス・フィフティワンズ
1987年 アルバカーキ・デュークス
1988年 ラスベガス・フィフティワンズ
1989年 バンクーバー・カナディアンズ
1990年 アルバカーキ・デュークス
1991年 ツーソン・トロズ
1992年 コロラドスプリングス・スカイソックス
1993年 ツーソン・トロズ
1994年 アルバカーキ・デュークス
1995年 コロラドスプリングス・スカイソックス
1996年 エドモントン・トラッパーズ
1997年 エドモントン・トラッパーズ
1998年 ニューオーリンズ・ゼファーズ
1999年 バンクーバー・カナディアンズ
2000年 メンフィス・レッドバーズ
2001年[9] ニューオーリンズ・ゼファーズ
タコマ・レイニアーズ
2002年 エドモントン・トラッパーズ
2003年 サクラメント・リバーキャッツ
2004年 サクラメント・リバーキャッツ
2005年 ナッシュビル・サウンズ
2006年 ツーソン・サイドウィンダーズ
2007年 サクラメント・リバーキャッツ
2008年 サクラメント・リバーキャッツ
2009年 メンフィス・レッドバーズ
2010年 タコマ・レイニアーズ
2011年 オマハ・ストームチェイサーズ
2012年 リノ・エーシズ
2013年 オマハ・ストームチェイサーズ
2014年 オマハ・ストームチェイサーズ
2015年 フレズノ・グリズリーズ
2016年 エル・パソ・チワワズ

脚注[編集]

  1. ^ Payne, Matt(2011-07-13). Pitching dominates Triple-A All-Star Game. Desert News(英語). 2011年11月27日閲覧
  2. ^ Smith, Stephen C(2011-03-09). Mark Trumbo Steps Up to the Plate. FutureAngels.com(英語). 2011年11月27日閲覧
  3. ^ 2011 Pacific Coast League Statistics. Baseball-Reference.com(英語). 2011年11月27日閲覧
  4. ^ 2011年のア・リーグは平均打率.258、平均OPS.730。ナ・リーグは平均打率.253、OPS.710。
  5. ^ 2011 Minor League Baseball League Encyclopedia. Baseball-Reference.com(英語). 2011年11月27日閲覧
  6. ^ Sheehan, Joe(2011-05-30). Minor leaguers, but these five will be major contributors. SI Vault(英語). 2011年11月27日閲覧
  7. ^ a b c 資金難を理由にチャンピオンシップシリーズ中止
  8. ^ チャンピオンシップシリーズが雨天中止のため同率優勝となった。
  9. ^ 9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が発生したためチャンピオンシップシリーズが中止となり、同率優勝となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]