コロラド・ロッキーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コロラド・ロッキーズ
Colorado Rockies
1993創設

Colorado Rockies Cap Insignia.svg
チームロゴ

所属リーグ
チーム名
  • コロラド・ロッキーズ (1993年 - )
本拠地
1993-現在の位置(アメリカ合衆国内)
1993-現在
1993-現在
Coors field 1.JPG
永久欠番
獲得タイトル(獲得年)
ワールドシリーズ優勝(0回)
リーグ優勝 (1回)
地区優勝 (0回)
ワイルドカード (3回)
  • 1995
  • 2007
  • 2009
球団組織
オーナー モンフォート・ブラザーズ
GM ジェフ・ブリディッチ
監督 ウォルト・ワイス

コロラド・ロッキーズ英語: Colorado Rockies、略称:COL)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はコロラド州デンバーにあるクアーズ・フィールド。チーム名はロッキー山脈から。

球団の歴史[編集]

チームのマスコット“ディンガー”。

1991年に発足、1993年から参加で同年観客動員が4,483,350人でこれは大リーグ記録である。以降も、1998年まではメジャーでもトップの観客動員を記録し、2001年まではシーズン観客動員が300万人を超えるメジャー屈指の人気球団であった。1995年に現在の本拠地のクアーズ・フィールドが開場。同年には初のポストシーズン進出も成し遂げている。選手の総年俸は$4,400万でナショナルリーグ西地区では最低(2006年シーズン開始時)。

プロスポーツチームとしてはかなり異色の存在で、チームとしてキリスト教信仰を重視しており、ロッカールームやトレーニングルームからは俗世的な雑誌は排され、スポーツ雑誌等の他に聖書が置かれている。壁には聖書からの引用文などが掲げられ、日曜日にはチームで礼拝も行われる(任意参加)[1]

標高1600mと高地にあり、打球の飛びやすいクアーズ・フィールドを本拠地としているため、極端な打高投低のチームといえる。アンドレス・ガララーガダンテ・ビシェットラリー・ウォーカービニー・カスティーヤによる「ブレイク・ストリート・ボーイズ」、近年ではトッド・ヘルトンマット・ホリデイトロイ・トゥロウィツキーカルロス・ゴンザレスマイケル・カダイアージャスティン・モルノーノーラン・アレナドといったタイトルホルダーや強打者が名を連ねており、1993年以来、首位打者9回、本塁打王4回、打点王8回をロッキーズの選手が受賞している(2015年シーズン終了時点)。その反面、チーム防御率は毎年のように5点台を記録するなど散々な状況であり、未だ投手部門での主要タイトルの受賞者は一人もいない。

1995年以来、しばらくの間ポストシーズンから遠ざかっており、毎年のように最下位争いを続けた。最大の要因はなんといっても投手陣にあり、球団側も本拠地のクアーズ・フィールドではボールに加湿処理を施すなどしてボールを飛びにくくし、投手陣の負担を軽減しようと努力している。その効果もあってか近年はチーム防御率が改善しており、2006年2007年には2年連続で4点台を記録している。

2007年には1995年以来のポストシーズン進出を果たす。ディビジョンシリーズを勝ち抜いてナショナルリーグチャンピオンシップシリーズに進出、10月15日(現地時間)に地元デンバーにてアリゾナ・ダイヤモンドバックスにシリーズ4連勝でナショナルリーグを初制覇し、球団創設以来、初めてとなるワールドシリーズ進出を決めた。現制度下でのプレーオフの7連勝はこれが初めて(ポストシーズン7連勝は1976年シンシナティ・レッズ以来31年ぶり)。しかしワールドシリーズではボストン・レッドソックスに4連敗を喫した。

2009年ワイルドカードで3度目のポストシーズン進出を果たすが、ディビジョンシリーズフィラデルフィア・フィリーズに1勝3敗で敗退した。

その後2010年は3位に後退し、2011年は4位、2012年は最下位と1つずつ順位を下げていき、2011年から5年連続で勝率5割を割り込むなど再び低迷している。

日本人メジャーリーガーでは、吉井理人マック鈴木松井稼頭央が過去に在籍していた。
吉井は2000年ニューヨーク・メッツからトレードで入団し、投手ながら日本人2人目の本塁打や同初の盗塁を決めシーズン6勝を挙げた。マック鈴木は2001年途中にカンザスシティ・ロイヤルズから入団したが、入団後約1か月でミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した為僅か3試合の登板で終わった。NPB在籍経験なしでMLBチームに入団した初の日本人選手で知られる。松井は2006年途中に吉井と同じくニューヨーク・メッツからトレードで入団し、フィラデルフィア・フィリーズとのディビジョンシリーズ第2戦で逆転満塁本塁打を放つなど前述の2007年の快進撃に貢献した。内野手初の日本人メジャーリーガーでも知られる。
また、松井は同年のワールドシリーズでボストン・レッドソックスの岡島秀樹とワールドシリーズ史上初の日本人対決を記録している(結果は空振り三振)。ちなみにその年のレッドソックスには元チームメートの松坂大輔も在籍しており、第3戦に対決している。

選手名鑑[編集]

現役選手・監督・コーチ[編集]

コロラド・ロッキーズ ロースター
40人ロースター 監督・コーチ/他

投手

捕手

内野手

外野手


監督

コーチ

60日故障者リスト


殿堂入り選手[編集]

なし

歴代監督[編集]

監督 期間 試合 勝利 敗戦 勝率 PS NL WS
1 ドン・ベイラー 1993-98 909 440 469 .484 1 0 0
2 ジム・リーランド 1999 162 72 90 .444 0 0 0
3 バディ・ベル 2000-02 346 161 185 .465 0 0 0
4 クリント・ハードル 2002-09 1159 534 625 .461 1 1 0
5 ジム・トレーシー 2009-12 602 294 308 .488 1 0 0
6 ウォルト・ワイス 2013-
監督 期間 試合 勝利 敗戦 勝率 PS NL WS

PSはポストシーズン進出、NLはナショナルリーグ制覇、WSはワールドシリーズ制覇。

(数字は2012年シーズン終了時)

永久欠番[編集]

チーム記録[編集]

通算記録[編集]

※2015年シーズン終了時点。

シーズン記録[編集]

  • 打率: .379 (1999年)、ラリー・ウォーカー (Larry Walker)
  • 本塁打: 49 (2001年)、トッド・ヘルトン (Todd Helton)
  • 打点: 150 (1996年)、アンドレス・ガララーガ (Andrés Galarraga)
  • 盗塁: 68 (2008年)、ウィリー・タベラス (Willy Taveras)
  • 勝利: 19 (2010年)、ウバルド・ヒメネス (Ubaldo Jiménez)
  • 奪三振: 214 (2010年)、ウバルド・ヒメネス (Ubaldo Jiménez)
  • 防御率: 2.88 (2010年)、ウバルド・ヒメネス (Ubaldo Jiménez)
  • セーブ: 41 (2002年)、ホセ・ヒメネス (José Jiménez)

※2015年シーズン終了時点

傘下マイナーチーム[編集]

クラス チーム 参加リーグ 提携 本拠地
AAA アルバカーキ・アイソトープス
Albuquerque Isotopes
パシフィック・コーストリーグ
Pacific Coast League
2015年 アメリカ合衆国の旗ニューメキシコ州アルバカーキ
アイソトープス・パーク
AA ハートフォード・ヤードゴーツ
Hartford Yard Goats
イースタンリーグ
Eastern League
2015年 アメリカ合衆国の旗コネチカット州ハートフォード
ダンキンドーナツ・パーク
A+ モデスト・ナッツ
Modesto Nuts
カリフォルニアリーグ
California League
2005年 アメリカ合衆国の旗カリフォルニア州モデスト
ジョン・サーマン・フィールド
A アッシュビル・ツーリスツ
Asheville Tourists
サウス・アトランティックリーグ
South Atlantic League
1994年 アメリカ合衆国の旗ノースカロライナ州アシュビル
マコーミック・フィールド
A- ボイシ・ホークス
Boise Hawks
ノースウェストリーグ
Northwest League
2015年 アメリカ合衆国の旗アイダホ州ボイシ
メモリアル・スタジアム
Rookie+ グランドジャンクション・ロッキーズ
Grand Junction Rockies
パイオニアリーグ
Pioneer League
2001年 アメリカ合衆国の旗コロラド州グランドジャンクション
スプリジオ・フィールド
Rookie ドミニカン・サマーリーグ・ロッキーズ
Dominican Summer League Rockies
ドミニカン・サマーリーグ
Dominican Summer League
1997年 ドミニカ共和国の旗ドミニカ共和国
ラス・アメリカス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]