コロラド・ロッキーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コロラド・ロッキーズ
Colorado Rockies
1993創設
所属リーグ
チーム名
  • コロラド・ロッキーズ (1993年 - )
本拠地
1993-現在の位置(アメリカ合衆国内)
1993-現在
1993-現在
Coors field 1.JPG
永久欠番
獲得タイトル(獲得年)
ワールドシリーズ優勝(0回)
リーグ優勝(1回)
地区優勝(0回)
ワイルドカード(5回)
  • 1995
  • 2007
  • 2009
  • 2017
  • 2018
球団組織
オーナー モンフォート・ブラザーズ英語版
GM ジェフ・ブリディッチ
監督 バド・ブラック

コロラド・ロッキーズ英語: Colorado Rockies、略称: COL)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はコロラド州デンバーにあるクアーズ・フィールド。チーム名の由来はロッキー山脈

球団の歴史[編集]

1990年代[編集]

1991年に発足し、1992年のMLBエクスパンションドラフトを経て、1993年から参加で同年観客動員が4,483,350人でこれは大リーグ記録である。以降も、1998年まではメジャーでもトップの観客動員を記録し、2001年まではシーズン観客動員が300万人を超えるメジャー屈指の人気球団であった。1995年に現在の本拠地のクアーズ・フィールドが開場。FAで獲得したラリー・ウォーカーやMVP級のダンテ・ビシェットなどの活躍で同年には初のポストシーズン進出も成し遂げている。1997年8月にトッド・ヘルトンがメジャーデビューを果たした。

2000年代[編集]

2005年MLBドラフト1巡目でトロイ・トゥロウィツキーを獲得した。

2006年は8月30日にトゥロウィツキーがメジャーデビューを果たした。

2007年は1995年以来のポストシーズン進出を果たす。ディビジョンシリーズを勝ち抜いてナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ(NLCS)に進出、10月15日に地元デンバーにてアリゾナ・ダイヤモンドバックスにシリーズ4連勝でナショナルリーグを初優勝を果たし、球団創設以来、初めてとなるワールドシリーズ進出を決めた。現制度下でのプレーオフの7連勝はこれが初めて(ポストシーズン7連勝は1976年シンシナティ・レッズ以来31年ぶり)。しかし、ボストン・レッドソックスとのワールドシリーズではに4連敗を喫して敗退した。

2008年MLBドラフト2巡目でチャーリー・ブラックモンを獲得した。

2009年MLBドラフト2巡目でノーラン・アレナドを獲得した。ワイルドカードで3度目のポストシーズン進出を果たすが、ディビジョンシリーズフィラデルフィア・フィリーズに1勝3敗で敗退した。オフの11月にマット・ホリデイとのトレードでカルロス・ゴンザレスヒューストン・ストリートを獲得した。

2010年代[編集]

2010年オフの11月、トロイ・トゥロウィツキーと10年1億6000年万ドルで契約延長[1]。2011年1月、カルロス・ゴンザレスと7年8000万ドルで契約延長[2]

2011年MLBドラフト1巡目でトレバー・ストーリーを獲得した。6月7日にはブラックモンがメジャーデビューを果たした。最終的に4位だった。

2012年は最下位だった。

2013年は4月28日にアレナドがメジャーデビューを果たした。トッド・ヘルトンが引退した。

2015年はフランチャイズプレイヤーだったトゥロウィツキーをブルージェイズへトレードした。最終的にチームからアレナドが本塁打王、打点王を獲得した。

2016年は4月4日の開幕戦でストーリーがメジャーデビューを果たした。最終的に2010年以来6年ぶりの3位に浮上。ワイルドカード争い6位につけるなど善戦したが、勝率は6年連続で5割を切った。チームからがアレナドが2年連続で本塁打王、打点王を獲得した。オフの12月にテキサス・レンジャーズからFAのイアン・デズモンドを5年総額7000万ドルで獲得した。

2017年は6月18日にアレナドがサイクル安打を達成した。最終的にブラックモンが首位打者を獲得し、OPS1.000を記録するなどMVP投票で5位に入る大活躍だった。1年契約で獲得したグレッグ・ホランドセーブ王を獲得した。チームとしては2010年以来7年ぶりの勝率5割以上で2009年以来8年ぶりのワイルドカードを決め、4度目のポストシーズン進出を果たす。しかし、ダイヤモンドバックスとのワイルドカードゲーム英語版に敗れて敗退した。オフにウェイド・デービスを3年5200万ドル、ブライアン・ショウを3年2700万ドルで獲得し、ブルペンを強化した。

2018年4月、チャーリー・ブラックモンと6年1億800万ドルで契約延長[3]。この年はアレナドが38本塁打で2年ぶり3度目の本塁打王を獲得し、3年目のトレバー・ストーリーが37本塁打などを記録。その他既存戦力のカルロス・ゴンザレス、ブラックモン、ルメイユなどが強力打線を支えた。投手陣ではカイル・フリーランドが球団史上2人目の2点台防御率かつ球団記録の2.85を記録し、リーグ4位タイの17勝を挙げた。14勝のヘルマン・マルケスは230奪三振で球団記録を更新し、12勝のジョン・グレイを加えて2桁勝利投手が3人生まれた。救援ではデービスが43セーブで球団記録を更新し、チームとしては2年連続、単独では初となる最多セーブを獲得した。チーム内最高打率がリーグ10位の.297(アレナド)で、3割打者が不在であったこともあり比較的投手力で戦い抜いたシーズンとなった。162試合終了時点でロサンゼルス・ドジャースと並んで地区首位だったため、163試合目としてタイブレーカー(en:2018 National League West tie-breaker game)を敵地で戦ったものの敗れ、2年連続ワイルドカードの地区2位となった。シカゴ・カブスとのワイルドカードゲーム英語版に勝利し、ディビジョンシリーズに進出した。しかし、ミルウォーキー・ブルワーズとのディビジョンシリーズに3連敗のスウィープで敗退した。オフの12月21日にカブスからFAとなっていたダニエル・マーフィーを獲得した。

2019年4月、ヘルマン・マルケスと5年4300万ドルで契約延長[4]。6月13日から16日に行われた対サンディエゴ・パドレス戦(クアーズ・フィールド)の4連戦で、第1戦は9-6、第3戦は14-8でロッキーズが勝利し、第2戦は12-16、そして第4戦は13-14でパドレスが勝利。ともに2勝2敗の五分で4試合を戦い終えたが、この4試合で両チーム合わせて叩き出した計92点は1929年5月に行われたフィリーズドジャースの88得点を抜き、MLBの歴史の中で4連戦で生まれた史上最多得点となった[5]。また、第1戦は共に13安打ずつの計26安打、第2戦は延長12回までもつれ、ロッキーズが18安打の計39安打、第3戦は19安打の計32安打、第4戦は19安打の計34安打。4試合連続で両チームともに2桁安打を記録し、計131安打が乱れ飛び、歴史に残る大乱打戦シリーズとなった[6][7]

2020年代[編集]

2020年はシーズン開幕前の1月17日にラリー・ウォーカーが現役時代に身につけた背番号「33」が永久欠番とされることが発表された[8]。1月21日にはウォーカーが球団史上初となるアメリカ野球殿堂入りを果たした[9]。シーズンではCOVID-19の影響で60試合の短縮シーズンとなり、開幕直前の7月、共に中継ぎで3年契約の最終年だったジェイク・マギーブライアン・ショウを放出した[10]。ストーリーが盗塁王を獲得した。

2021年はシーズン開幕前の2月1日にフランチャイズプレイヤーだったアレナドをカージナルスへトレードした。シーズンでは7月4日に地元開催のオールスターゲームながら選手間投票でヘルマン・マルケスが唯一チームから選出された[11]C.J.クロンが8月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスを受賞した[12]。シーズン終了直後の10月、アントニオ・センザテラと5年5050万ドル、C.J.クロンと2年1450万ドルでそれぞれ契約延長[13]。11月、エリアス・ディアス3年1450万ドルで契約延長[14]。デビュー以来攻守の要だったトレバー・ストーリーは残留の意思がほとんどなく[15]、FAでボストン・レッドソックスへ移籍した。

2022年開幕前の3月、サンフランシスコ・ジャイアンツからFAのクリス・ブライアントを7年総額1億8200万ドルの大型契約で獲得した。ライアン・マクマホン6年総額7000万ドルで契約延長[16]。開幕後の4月、カイル・フリーランドと5年6450万ドルで契約延長[17]

チームの特徴[編集]

チームのマスコット“ディンガー”。

プロスポーツチームとしてはかなり異色の存在で、チームとしてキリスト教信仰を重視しており、ロッカールームやトレーニングルームからは俗世的な雑誌は排され、スポーツ雑誌などの他に聖書が置かれている。壁には聖書からの引用文などが掲げられ、日曜日にはチームで礼拝も行われる(任意参加)[1]

標高1600mと高地にあり、パークファクターの各指標値が高く、打球の飛びやすいクアーズ・フィールドを本拠地としているため、極端な打高投低のチームといえる。アンドレス・ガララーガダンテ・ビシェットラリー・ウォーカービニー・カスティーヤによる「ブレイク・ストリート・ボンバーズ(The Blake Street Bombers)」、トッド・ヘルトンマット・ホリデイトロイ・トゥロウィツキーカルロス・ゴンザレスマイケル・カダイアージャスティン・モルノーノーラン・アレナドDJ・ルメイユチャーリー・ブラックモンクリス・ブライアントなどの強打者が多く、1993年以来、首位打者11回、本塁打王6回、打点王9回をロッキーズの選手が受賞している(2018年シーズン終了時点)。シルバースラッガー賞の受賞者も多い。その反面、チーム防御率は毎年のように5点台を記録するなど散々な状況であり、投手部門での主要タイトルの受賞者は2016年まで一人もいない状況が続いていたが、2017年にはグレッグ・ホランドセーブ王を獲得した。

選手名鑑[編集]

現役選手・監督・コーチ[編集]

コロラド・ロッキーズ ロースター
40人ロースター 監督・コーチ/他

投手

捕手

内野手

外野手


監督

コーチ

60日故障者リスト


* アクティブ・ロースター外

2022年9月29日更新   
公式サイト(英語)より:アクティブ・ロースター, 40人ロースター, コーチ, 選手の移籍・故障情報, 予想オーダー

ロースター一覧

殿堂入り選手[編集]

永久欠番[編集]

番号 選手 ポジション 備考
17 トッド・ヘルトン (Todd Helton) 外野手 2014年指定
33 ラリー・ウォーカー (Larry Walker) 投手 2021年指定
42 ジャッキー・ロビンソン(Jackie Robinson) 二塁手 全球団共通の永久欠番
KSM ケリー • マクレガー (Keri McGregor) 球団社長 2010年指定

意図的に使用されていない番号

歴代監督[編集]

監督 期間 試合 勝利 敗戦 勝率 PS NL WS
1 ドン・ベイラー 1993-98 909 440 469 .484 1 0 0
2 ジム・リーランド 1999 162 72 90 .444 0 0 0
3 バディ・ベル 2000-02 346 161 185 .465 0 0 0
4 クリント・ハードル 2002-09 1159 534 625 .461 1 1 0
5 ジム・トレーシー 2009-12 602 294 308 .488 1 0 0
6 ウォルト・ワイス 2013-16 648 283 365 .437 0 0 0
7 バド・ブラック 2017- 547 275 272 .502 2 0 0
監督 期間 試合 勝利 敗戦 勝率 PS NL WS

PSはポストシーズン進出、NLはナショナルリーグ制覇、WSはワールドシリーズ制覇。

(数字は2020年シーズン終了時)

歴代所属日本人選手[編集]

チーム記録[編集]

通算記録[編集]

※2019年シーズン終了時点。

シーズン記録[編集]

※2019年シーズン終了時点

傘下マイナーチーム[編集]

クラス チーム 参加リーグ 提携 本拠地
AAA アルバカーキ・アイソトープス
Albuquerque Isotopes
パシフィックコーストリーグ
Triple-A West
2015年 アメリカ合衆国の旗ニューメキシコ州アルバカーキ
アイソトープス・パーク
AA ハートフォード・ヤードゴーツ
Hartford Yard Goats
イースタンリーグ
Double-A Northeast
2015年 アメリカ合衆国の旗コネチカット州ハートフォード
ダンキンドーナツ・パーク
High-A スポケーン・インディアンス
Spokane Indians
ノースウェストリーグ
High-A West
2021年 アメリカ合衆国の旗ワシントン州スポケーンバレー
アビスタ・スタジアム
Low-A フレズノ・グリズリーズ

Fresno Grizzlies

カリフォルニアリーグ

Low-A West

2021年 アメリカ合衆国の旗カリフォルニア州フレズノ
グリズリーズ・スタジアム
Rookie アリゾナコンプレックスリーグ・ロッキーズ
Grand Junction Rockies
アリゾナコンプレックスリーグ
Arizona Complex League
2021年 アメリカ合衆国の旗アリゾナ州スコッツデール

ソルト・リバー・フィールズ・アット・トーキング・スティック

ドミニカン・サマーリーグ・ロッキーズ
Dominican Summer League Rockies
ドミニカン・サマーリーグ
Dominican Summer League
1997年 ドミニカ共和国の旗ドミニカ共和国
ラス・アメリカス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ トゥロウィツキー10年128億円ロッキーズ”. 日刊スポーツ (2010年12月1日). 2022年5月1日閲覧。
  2. ^ ゴンザレスがロ軍契約延長へ 7年64億円”. 日刊スポーツ (2011年1月4日). 2022年5月1日閲覧。
  3. ^ ブラックモン、ロッキーズと6年115億円に合意”. 日刊スポーツ (2018年4月6日). 2022年5月1日閲覧。
  4. ^ ロッキーズ、右腕マルケスと5年48億円で延長合意”. 日刊スポーツ (2019年4月3日). 2022年5月1日閲覧。
  5. ^ パドレスとロッキーズ、4連戦で驚異の92得点”. 日刊スポーツ. 2019年6月17日閲覧。
  6. ^ 史上最多の4試合計92得点 計131安打が乱れ飛ぶ歴史的大乱打戦シリーズが…”. Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2019年6月17日閲覧。
  7. ^ ロッキーズ対パドレス、4連戦で両チーム合計92得点のMLB記録 ブラックモンは4戦15安打”. ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年6月17日閲覧。
  8. ^ 'No bigger honor': Rox to retire Walker's No. 33” (英語). MLB.com. 2020年1月18日閲覧。
  9. ^ Walker elected to Hall of Fame in final year” (英語). MLB.com. 2020年1月22日閲覧。
  10. ^ Press release: Colorado Rockies release pitchers Jake McGee and Bryan Shaw”. MLB.com (2020年7月18日). 2022年5月1日閲覧。
  11. ^ Sarah Langs, Thomas Harrigan (2021年7月11日). “Your 2021 MLB All-Stars by position” (英語). MLB.com. July 13, 2021閲覧。
  12. ^ Michael Guzman (2021年9月2日). “Abreu, Cron named top players for August” (英語). MLB.com. 2021年9月3日閲覧。
  13. ^ ロッキーズ、チーム本塁打トップのクロンらと複数年契約”. 日刊スポーツ (2021年10月6日). 2022年5月1日閲覧。
  14. ^ ロッキーズ、ディアスと3年契約延長 盗塁阻止率で今季ナ・リーグ首位”. 日刊スポーツ (2021年11月19日). 2022年5月1日閲覧。
  15. ^ Tired Of Losing, Trevor Story Won’t Stay With The Colorado Rockies”. フォーブス (2021年6月8日). 2022年5月1日閲覧。
  16. ^ ロッキーズ、マクマーンと27年まで契約 26年シーズン終了後にオプトアウト可能”. 日刊スポーツ (2022年3月22日). 2022年5月1日閲覧。
  17. ^ ロッキーズ、生え抜き左腕フリーランドと5年77億円超で契約延長 年俸調停を回避”. 日刊スポーツ (2022年4月20日). 2022年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]