ブルース・ハースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・ハースト
Bruce Hurst
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ユタ州セントジョージ
生年月日 1958年3月24日(56歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト1巡目
初出場 1980年4月12日
最終出場 1994年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブルース・ハーストBruce Vee Hurst , 1958年3月24日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した投手。左投左打。 アメリカ合衆国ユタ州セントジョージ出身。

人物・来歴[編集]

絶妙のコントロールの持ち主で、右打者の内角をえぐる速球にカーブスライダーフォークボールを得意球としていた。

1980年4月12日にレッドソックスでメジャーデビュー。1983年に先発ローテーションに定着し、12勝をあげる。レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークは、「グリーン・モンスター」があるとはいえ左翼が狭く、左投手には不利な球場だが、それでも好成績をあげ、1986年からの3年間で46勝27敗の好成績をマーク。 1986年には13勝8敗、防御率2.99でチームのワールドシリーズ出場に貢献。 ニューヨーク・メッツとのワールドシリーズではエース格で、第1戦、第5戦に先発し、いずれも勝利投手となった。第5戦に勝って3勝2敗とリード。そのままレッドソックスが勝てばシリーズMVPも濃厚であったが、第6戦ではメッツがビル・バックナーのトンネルエラーで勝利を収め、雨天で1日順延となった第7戦にハーストが中3日で先発。5回を終わって3-0とリードも、6回に捕まり同点に追いつかれ降板。その後メッツが逆転勝利を収め、レッドソックスの68年ぶりのワールドチャンピオンはならなかった。

15勝をマークした1987年にはキャリア唯一のオールスター出場を果たす。自己最多の18勝をマークした1988年オフにフリーエージェント(FA)でサンディエゴ・パドレスに移籍。

パドレス移籍後も活躍し、1989年1991年はいずれも15勝を挙げる。1992年5月18日にはメッツのドワイト・グッデンと投げ合い、1安打完封勝利をおさめた。このシーズンも14勝をあげたが、シーズン終盤に肩の故障を発症。以後は精彩を欠き、1993年7月にその年拡張されたコロラド・ロッキーズに移籍。 翌1994年テキサス・レンジャーズに移籍するが6月18日の登板を最後に現役を引退した。

公式戦の成績は下記の通りだが、ポストシーズンでは7試合に登板し、3勝2敗、防御率2.29の成績を収めた。

2006年に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシックでは、ジム・ラフィーバー監督(元ロッテ)の下、中国ナショナルチームの投手コーチを務めた。

受賞歴・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 BOS 12 7 0 0 0 2 2 0 -- .500 147 30.2 39 4 16 0 2 16 4 2 33 31 9.10 1.79
1981 5 5 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 104 23.0 23 1 12 2 1 11 2 0 11 11 4.30 1.52
1982 28 19 0 0 0 3 7 0 -- .300 535 117.0 161 16 40 2 3 53 5 0 87 75 5.77 1.72
1983 33 32 6 2 1 12 12 0 -- .500 903 211.1 241 22 62 5 3 115 1 2 102 96 4.09 1.43
1984 33 33 9 2 1 12 12 0 -- .500 958 218.0 232 25 88 3 6 136 1 1 106 95 3.92 1.47
1985 35 31 6 1 0 11 13 0 -- .458 973 229.1 243 31 70 4 3 189 3 4 123 115 4.51 1.36
1986 25 25 11 4 4 13 8 0 -- .619 721 174.1 169 18 50 2 3 167 6 0 63 58 2.99 1.26
1987 33 33 15 3 1 15 13 0 -- .536 1001 238.2 239 35 76 5 1 190 3 1 124 117 4.41 1.32
1988 33 32 7 1 2 18 6 0 -- .750 922 216.2 222 21 65 1 2 166 5 3 98 88 3.66 1.32
1989 SD 33 33 10 2 1 15 11 0 -- .577 990 244.2 214 16 66 7 0 179 8 0 84 73 2.69 1.14
1990 33 33 9 4 1 11 9 0 -- .550 903 223.2 188 21 63 5 1 162 7 1 85 78 3.14 1.12
1991 31 31 4 0 0 15 8 0 -- .652 909 221.2 201 17 59 3 3 141 5 1 89 81 3.29 1.17
1992 32 32 6 4 1 14 9 0 -- .609 902 217.1 223 22 51 3 0 131 4 3 96 93 3.85 1.26
1993 2 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 26 4.1 9 0 3 0 0 3 0 0 7 6 12.46 2.77
COR 3 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 34 8.2 6 1 3 0 0 6 1 1 5 5 5.19 1.04
'93計 5 5 0 0 0 0 2 0 -- .000 60 13.0 15 1 6 0 0 9 1 1 12 11 7.62 1.62
1994 TEX 8 8 0 0 0 2 1 0 -- .667 176 38.0 53 8 16 0 0 24 1 0 30 30 7.11 1.82
通算:15年 379 359 83 23 12 145 113 0 -- .562 10204 2417.1 2463 258 740 42 28 1689 56 19 1143 1052 3.92 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

エピソード[編集]

外部リンク[編集]