ラリー・ルキーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラリー・ルキーノ(Larry Lucchino)ことローレンス・ルキーノLawrence Lucchino1945年9月6日 - )はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のメジャーリーグボストン・レッドソックスCEO。また、ジョン・W・ヘンリーが運営するグループ(2002年にレッドソックスを6.9億ドルで買収)の一員である。

プリンストン大学ではバスケットボールをしておりNBAのスター選手、アメリカ合衆国上院議員となったビル・ブラッドリーとチームメートで1965年のNCAAトーナメントではファイナル4に進出した。1967年に大学を卒業後は1971年イェール大学ロー・スクールイェール・ロー・スクール)を卒業した。

メジャーリーグボルチモア・オリオールズサンディエゴ・パドレスの社長兼CEOを歴任した。彼の在任中両チームとも新しい球場(オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズペトコ・パーク)を建設した。

ワールドシリーズのチャンピオンリングを1983年2004年2007年スーパーボウルリング第17回スーパーボウルで獲得している。

兄弟のフランク・ルキーノはペンシルベニア州の判事である。