ライフ・イズ・ベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライフ・イズ・ベースボール
Game 6
監督 マイケル・ホフマン
脚本 ドン・デリーロ
製作 グリフィン・ダン
エイミー・ロビンソン英語版
レスリー・アーダング
製作総指揮 マイケル・ノジック
デヴィッド・スキナー
ブライアン・アイラー
クリスティーナ・ヴァイス・ルーリー
出演者 マイケル・キートン
グリフィン・ダン
シャローム・ハーロウ
ロバート・ダウニー・Jr
音楽 ヨ・ラ・テンゴ
撮影 デヴィッド・M・ダンラップ
編集 カミーラ・トニオロ
配給 アメリカ合衆国の旗 カインドレッド・メディア・グループ
日本の旗 デジタルサイト
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年1月サンダンス映画祭
アメリカ合衆国の旗 2006年3月10日
日本の旗 2007年4月28日
上映時間 83分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $129,664[1]
テンプレートを表示

ライフ・イズ・ベースボール』(Game 6)は、マイケル・ホフマン監督による2005年のアメリカ合衆国の映画である。2005年1月にサンダンス映画祭で上映され、翌2006年に一般公開された。1986年のワールドシリーズ第6試合の日を背景とし、マイケル・キートン演じるレッドソックスファンの作家のニック・ローガンが描かれる。

キャスト[編集]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは39件のレビューで支持率は59%、平均点は5.9/10となった[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Game 6” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年1月31日閲覧。
  2. ^ Game 6 (2005)”. Rotten Tomatoes. 2013年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]