ジョー・クローニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョー・クローニン
Joe Cronin
Joe Cronin 1937 cropped.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1906年10月12日
没年月日 (1984-09-07) 1984年9月7日(77歳没)
身長
体重
5' 11.5" =約181.6 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1925年
初出場 1926年4月29日
最終出場 1945年4月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1956年
得票率 78.76%
選出方法 BBWAA選出

ジョー・クローニン(Joseph Edward Cronin, 1906年10月12日 - 1984年9月7日) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身のプロ野球選手遊撃手)、プロ野球監督アメリカンリーグ会長。右投げ右打ち。

経歴[編集]

1926年にパイレーツからデビュー。ピッツバーグ・パイレーツには2年在籍したが目立った活躍はできず、1928年のシーズン直前にマイナーのカンザスシティ球団を経てワシントン・セネタースに移籍する。1929年にショートのレギュラーに定着、翌1930年打率.346、203安打、126打点を挙げ、その年のスポーティングニュース誌の年間最優秀選手となる(正式な最優秀選手表彰が始まったのは、この翌年の1931年のことである)。クローニンはこの年から5年連続で100打点を記録する。

1933年にはセネタースの監督を兼任、同年チームをワールドシリーズ出場に導いたが、翌年オフに、セネタースのオーナーだったクラーク・グリフィスの意向によりボストン・レッドソックストレードされる。レッドソックスでは選手兼任監督として1945年まで試合に出場した。監督兼任時代の1943年6月17日のダブルヘッダーでは、両方の試合で代打本塁打を放った記録がある。

レッドソックスの監督は1947年まで勤めたが、成績はリーグ2位が最高、というシーズンが続く。当時レッドソックスのゼネラルマネージャーだったエディ・コリンズの補強が功を奏し、アメリカンリーグを制することができたのは監督就任12年目の1946年のことになる。その後1958年まで、コリンズの後をついで球団のゼネラルマネージャーをしていた。

1956年、記者投票によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出される。その後1959年から1973年まで、ウィル・ハリッジの後をついでアメリカンリーグの第4代会長を務めた。

1984年にマサチューセッツ州にて死去。同年、レッドソックスは彼の背番号4』を永久欠番に指定した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1926 PIT 38 92 83 9 22 2 2 0 28 11 0 -- 3 -- 6 -- 0 15 -- .265 .315 .337 .652
1927 12 24 22 2 5 1 0 0 6 3 0 -- 0 -- 2 -- 0 3 -- .227 .292 .273 .564
1928 WS2 63 259 227 23 55 10 4 0 73 25 4 0 10 -- 22 -- 0 27 -- .242 .309 .322 .631
1929 145 601 494 72 139 29 8 8 208 61 5 9 21 -- 85 -- 1 37 -- .281 .388 .421 .809
1930 154 686 587 127 203 41 9 13 301 126 17 10 22 -- 72 -- 5 36 -- .346 .422 .513 .934
1931 156 700 611 103 187 44 13 12 293 126 10 9 4 -- 81 -- 4 52 -- .306 .391 .480 .870
1932 143 629 557 95 177 43 18 6 274 116 7 5 3 -- 66 -- 3 45 -- .318 .393 .492 .885
1933 152 697 602 89 186 45 11 5 268 118 5 4 5 -- 87 -- 2 49 -- .309 .398 .445 .843
1934 127 568 504 68 143 30 9 7 212 101 8 0 9 -- 53 -- 1 28 -- .284 .353 .421 .774
1935 BOS 144 630 556 70 164 37 14 9 256 95 3 3 8 -- 63 -- 3 40 -- .295 .370 .460 .830
1936 81 334 295 36 83 22 4 2 119 43 1 3 6 -- 32 -- 1 21 -- .281 .354 .403 .757
1937 148 671 570 102 175 40 4 18 277 110 5 3 11 -- 84 -- 6 73 -- .307 .402 .486 .887
1938 143 637 530 98 172 51 5 17 284 94 7 5 11 -- 91 -- 5 60 -- .325 .428 .536 .964
1939 143 627 520 97 160 33 3 19 256 107 6 6 20 -- 87 -- 0 48 18 .308 .407 .492 .899
1940 149 645 548 104 156 35 6 24 275 111 7 5 13 -- 83 -- 1 65 6 .285 .380 .502 .882
1941 143 615 518 98 161 38 8 16 263 95 1 4 14 -- 82 -- 1 55 20 .311 .406 .508 .914
1942 45 95 79 7 24 3 0 4 39 24 0 1 1 -- 15 -- 0 21 3 .304 .415 .494 .909
1943 59 88 77 8 24 4 0 5 43 29 0 0 0 -- 11 -- 0 4 3 .312 .398 .558 .956
1944 76 231 191 24 46 7 0 5 68 28 1 4 5 -- 34 -- 1 19 7 .241 .358 .356 .714
1945 3 11 8 1 3 0 0 0 3 1 0 0 0 -- 3 -- 0 2 0 .375 .545 .375 .920
MLB:20年 2124 8840 7579 1233 2285 515 118 170 3546 1424 87 *71 166 -- 1059 -- 34 700 57 .301 .390 .468 .857
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は不明年度がある事を示す

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位



















1933 WS2 AL 153 99 53 .651 1位
1934 155 66 86 .434 7位 ASG出場
1935 BOS 154 78 75 .510 4位
1936 155 74 80 .481 6位
1937 154 80 72 .526 5位
1938 150 88 61 .591 2位
1939 152 89 62 .589 2位
1940 154 82 72 .532 4位 ASG出場
1941 155 84 70 .545 2位
1942 152 93 59 .612 2位
1943 155 68 84 .447 7位
1944 156 77 77 .500 4位
1945 157 71 83 .461 7位
1946 156 104 50 .675 1位
1947 157 83 71 .539 3位 ASG出場
通算成績 2315 1236 1055 .540

出典・外部リンク[編集]