シティ・フィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シティ・フィールド
Citi Field
Citi Field Home Opener.JPG
施設データ
所在地 126th St. & Roosevelt Ave
Flushing, New York
起工 2006年11月13日
開場 2009年3月29日(大学野球)
2009年4月13日(MLB公式戦)
所有者 ニューヨーク市
グラウンド 天然芝
建設費 6億1,000万ドル
設計者 POPULOUS(旧HOK Sport
使用チーム • 開催試合
ニューヨーク・メッツMLB)(2009年 - )
収容能力
45,000人(41,800席、立ち見3,200席)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 335 ft (約103.1 m)
左中間 - 379 ft (約115.5 m)
中堅 - 408 ft (約125.4 m)
右中間 - 383 ft (約116.7 m)
右翼 - 330 ft (約100.6 m)
フェンス -

シティ・フィールド(Citi Field)はニューヨーク市クイーンズ区にある野球場。MLBニューヨーク・メッツのホーム球場である。フラッシング・メドウズ・コロナ・パークの北端に位置している。2009年完成。

概要[編集]

シティ・フィールドは、ニューヨークが開催都市に立候補していた2012年の夏季五輪の会場の一部として建設が予定されていたが、ニューヨークが落選したため、用途を老朽化したシェイ・スタジアムの代替に変更、シェイ・スタジアムに隣接する駐車場に建設された。

アメリカ金融大手のシティグループが20年、総額4億ドル(1年あたり2000万ドル)で命名権を取得し、シティ・フィールドと名付けられた。

球場の外観は、かつてニューヨークにあったブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)の本拠地球場エベッツ・フィールドを模したデザインとなっている。

2009年4月13日、ニューヨーク・メッツ対サンディエゴ・パドレス戦で初のMLB公式戦開催。かつてメッツでプレーしたトム・シーバーマイク・ピアッツァ始球式を行った。パドレスの先頭打者ジョディ・ゲルートがメッツの先発マイク・ペルフリーから本塁打を打ち、メジャー史上初の「新球場先頭打者本塁打」を記録。パドレスが6-5で勝利し、エドワード・ムヒカが最初の勝利投手となった[1]

2010年オフ、サンディエゴ・パドレスがブルペンの位置に対して不満を訴えていたため、ブルペン部分を改装。また、ホームランを増やすため、16フィート(4.9メートル)から8フィート(2.4メートル)に改装した。

主な出来事[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

前本拠地:
シェイ・スタジアム
1964 - 2008
ニューヨーク・メッツの本拠地
2009 - 現在
次本拠地:

-
先代:
カウフマン・スタジアム
MLBオールスターゲーム開催場
第84回(2013年
次代:
ターゲット・フィールド