ポロ・グラウンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポロ・グラウンズIV
Polo Grounds IV
No Known Restrictions Polo Grounds during World Series Game, 1913 from the Bain Collection (LOC) (434431507).jpg
施設データ
所在地 Manhattan , New York
開場 1891年4月22日
閉場 1963年12月8日
取り壊し 1964年4月10日
所有者 ニューヨーク・ジャイアンツ
グラウンド 天然芝
建設費 30万ドル
設計者 オズボーン・エンジニアリング
使用チーム • 開催試合
ニューヨーク・ジャイアンツ(MLB、開場~1957年)
ニューヨーク・ヤンキース(1913年~1922年)
ニューヨーク・ジャイアンツNFL、1925年~1955年)
ニューヨーク・タイタンズ(1960年~1963年)
ニューヨーク・メッツ(1962年~1963年)
収容能力
54,500人 (閉場時)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 279 ft (約85.0 m)
左中間 - 455 ft (約138.7 m)
中堅 - 483 ft (約147.2 m)
右中間 - 449 ft (約136.9 m)
右翼 - 257.67 ft (約78.5 m)
バックネット - 65 ft (約19.8 m)
フェンス 左翼 - 16.81 ft (約5.1 m)
左中間 - 18 ft (約5.5 m)
中堅 - 30.5 ft (約9.3 m)
右中間 - 12 ft (約3.7 m)
右翼 - 10.64 ft (約3.2 m)

ポロ・グラウンズPolo Grounds)は、アメリカニューヨーク州にかつてあったスタジアム野球場としてはMLBニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)が1883年から1957年まで、ニューヨーク・ヤンキースが1913年から1922年まで、ニューヨーク・メッツが1962年から1963年まで本拠地として使用していた。アメフトでは、NFLニューヨーク・ジャイアンツが1925年から1955年まで、AFL(現在のNFL・AFC)のニューヨーク・ジェッツが1960年から1963年までホーム球場としていた。

球場の歴史[編集]

1889年と1890年の2年間、「ニューヨーク・ジャイアンツ」という野球チームは二つ存在していた。プレイヤーズ・リーグのジャイアンツはブラザーフッド・パークを、ナショナル・リーグのジャイアンツはポロ・グラウンズを本拠地にしていた。しかしプレイヤーズ・リーグのジャイアンツがシーズン終了後解散に追い込まれてしまう。

ナショナル・リーグのジャイアンツは1891年シーズンからブラザーフッド・パークに移転、球場名をポロ・グラウンズに改称した。しかしこの球場は椅子が木製だったため、1911年4月14日に火事が発生し全焼してしまった。

その後、ジャイアンツは、ニューヨーク・ハイランダーズ(現ニューヨーク・ヤンキース)の本拠地球場ヒルトップ・パークを借りていたが、同年6月28日、まだ完成していないにもかかわらず、新ポロ・グラウンズに移転した。1913年にはヤンキースもポロ・グラウンズに移転した。

ポロ・グラウンズのフィールドは特殊な形状(その名の通り、本来はポロ競技用)をしていて、センターまでが異様に長いが、両ポールまでは短くなっており、ポップフライでもポール際なら本塁打になることが多かった。この恩恵を受けたのがベーブ・ルースで、1920年シーズンにヤンキースに移籍すると54本塁打を放つ大活躍。ルースの人気を受けヤンキースもメジャー史上初の年間観客動員100万人を突破した。

ジャイアンツのジョン・マグロー監督はこれに腹を立て、ヤンキースに「1921年以降、ポロ・グラウンズの使用を禁じる」と通告した。これに対してヤンキースはブロンクス地区に右翼までの距離が極端に短いヤンキー・スタジアムを建設し、ルースはさらにホームランを量産した。

その後1925年にはNFLのニューヨーク・ジャイアンツがこの球場を本拠地にし、ポロ・グラウンズは野球とアメフトの兼用となった(1955年まで)。

しかし50年代に入ると野球のジャイアンツは成績、観客動員ともに落ち込み、球団幹部はニューヨークからの脱出を考えるようになる。そこにドジャースから「西海岸に一緒に移転しないか」と誘いがかかった。ドジャースは西海岸に移転する際、自分たちだけが移転したら移動が大変だと考え、もう1球団と一緒に西海岸へ移転する構想を持っていた。ジャイアンツはこの計画に乗り、サンフランシスコへの移転を決断。1957年を最後にポロ・グラウンズを去った。

1960年から、AFLのニューヨーク・タイタンズ(1963年からジェッツにチーム名変更)がここを本拠地にした(1963年まで)。

1962年には、MLBでニューヨークに新球団メッツが誕生。62年と63年はポロ・グラウンズを本拠地にし、90万人近い観客動員を記録した。

1925年に誕生した阪神甲子園球場のモデルにもなっている。

主要な出来事[編集]

野球[編集]

  • 1911年6月28日、ジャイアンツ - ブレーブス戦で開場(ジャイアンツ 3 - 0 ブレーブス)。
  • 1916年9月30日、ジャイアンツがブレーブスとのダブルヘッダー第2戦に 3 - 8 で敗れ、連勝が26でストップ。
  • 1920年8月16日、ヤンキース - インディアンスの試合で、インディアンスのレイ・チャップマンカール・メイズ投手から左側頭部に死球を受け、その日の夜に死亡する事故が発生した。
  • 1934年7月10日、オールスターゲーム開催(ア 9 - 7 ナ)。
  • 1942年7月7日、オールスターゲーム開催(ア 3 - 1 ナ)。
  • 1945年8月1日、メル・オットーが通算500本塁打を達成した。
  • ワールドシリーズ開催:1911年、1912年、1913年、1917年、1921年、1922年、1923年、1924年、1933年、1937年、1951年、1954年
    • 1954年9月29日、ジャイアンツとインディアンズとのシリーズ第1戦では、ジャイアンツのウィリー・メイズがセンターへの大飛球を後ろ向きでキャッチ。このプレーはワールドシリーズ史上に残る美技「ザ・キャッチThe Catch)」として今も語り継がれる。
  • 1963年9月18日、メッツ - フィリーズ戦をもって野球での使用を終了(フィリーズ 5 - 1 メッツ)。

出典[編集]

  • Benson, Michael. Ballparks of North America.
  • Bergin, Thomas G. The Game: The Harvard-Yale Football Rivalry. Yale Press, 1984.
  • Harper's Young People. "A Game of Base-Ball at the Polo Grounds, New York City, on Decoration Day — Yale vs. Princeton." , v. III (1882), p. 524.
  • Lowry, Philip J. Green Cathedrals.
  • Thornley, Stew. Land of the Giants: New York's Polo Grounds.
  • Ziegel, Vic (text), ニューヨーク・デイリーニューズ (photos), Guglberger, Claus (ed.) Summer in the City. pp. 8,71,126,184 provide good documentation of the distance-markers on the walls

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
前本拠地:
n/a
-
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地
1883 - 1957
次本拠地:
シールズ・スタジアム
1958 - 1959
前本拠地:
ヒルトップ・パーク
1903 - 1912
ニューヨーク・ヤンキースの本拠地
1913 - 1922
次本拠地:
ヤンキー・スタジアム
1923 - 2008
前本拠地:
n/a
-
ニューヨーク・ジャイアンツの本拠地
1925 - 1955
次本拠地:
ヤンキー・スタジアム
1956 - 1973
前本拠地:
n/a
-
ニューヨーク・ジェッツの本拠地
1960 - 1963
次本拠地:
シェイ・スタジアム
1964 - 1983
前本拠地:
n/a
-
ニューヨーク・メッツの本拠地
1962 - 1963
次本拠地:
シェイ・スタジアム
1964 - 2008
先代:
クローク・パーク
全アイルランドシニアフットボール選手権 
決勝会場

1947
次代:
クローク・パーク
先代:
コミスキー・パーク
1933年
MLBオールスターゲーム
開催場
第2回(1934年
次代:
ミュニシパル・スタジアム
1935年
先代:
ブリッグス・スタジアム
1941年
MLBオールスターゲーム
開催場
第10回(1942年
次代:
シャイブ・パーク
1943年