1977年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1977年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
カンザスシティ・ロイヤルズ 2
シリーズ情報
試合日程 10月5日 - 10月9日
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ビリー・マーティン
シーズン成績 100勝62敗(東地区優勝)
カンザスシティ・ロイヤルズ(KC)
監督 ホワイティ・ハーゾグ
シーズン成績 102勝60敗(西地区優勝)

 < 1976
ALCS
1977

1978 > 

 < 1976
NLCS
1977

1978 > 
1977ワールドシリーズ

1977年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1977 American League Championship Series, ALCS)は、1977年10月5日から10月9日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1977年の対戦は、東地区ニューヨーク・ヤンキースと、西地区カンザスシティ・ロイヤルズとの対戦となった。結果は、3勝2敗でニューヨーク・ヤンキースが2年連続31回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月5日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 2 2 2 0 0 0 0 1 0 7 9 0
ヤンキース 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 9 0
  1. : ポール・スプリットオフ (1–0)  : ドン・ガレット (0–1)  
  2. :  KC – ハル・マクレー1号2ラン(1回ガレット)、ジョン・メイベリー1号2ラン(3回ティドロー)、アル・コーウェンス1号ソロ(8回ティドロー)  NYY – サーマン・マンソン1号2ラン(3回スプリットオフ)
  3. 観客動員数: 54,930人 試合時間: 2時間40分
ロイヤルズは初回、先頭のフレディ・パテックが歩くと続くマクレーが左中間に2ランを叩き込み先制。続く2回に2死1、2塁からパテックが左翼に2塁打を放ち2点を追加すると、3回には先発ガレットに代わりこの回から登板のディック・ティドローからメイベリーが2ランを放ち6-0とする。ヤンキースはその裏にマンソンの2ランで2点を返すが、ロイヤルズは8回、ロングリリーフのティドローからコーウェンスがソロを放ち5点差。ロイヤルズ先発のスプリットオフは9回、先頭のクリス・チャンブリスに四球を与え降板、リリーフしたダグ・バードが後続を抑え、ロイヤルズが先勝。

第2試合 10月6日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2 3 1
ヤンキース 0 0 0 0 2 3 0 1 X 6 10 1
  1. : ロン・ギドリー (1–0)  : アンディ・ハスラー (0–1)  
  2. :  NYY – クリフ・ジョンソン1号ソロ(5回ハスラー)
  3. 観客動員数: 56,230人 試合時間: 2時間58分
ロイヤルズは3回にヤンキース先発ギドリーを攻め無死1、3塁からパテックの犠飛で1点を先制。一方ヤンキースは5回、ジョンソンのソロで追いつくと、なおもウィリー・ランドルフの左前打とハスラーのボークで2死2塁からバッキー・デントの適時打で勝ち越し。直後の6回にロイヤルズは1死1、2塁からジョージ・ブレットの3ゴロを3塁手グレイグ・ネトルズが2塁に送球、2塁はアウトになるが1塁走者マクレーが2塁手ランドルフを猛烈なスライディングで吹っ飛ばす間にパテックが2塁から一気に生還し追いつくが、その裏ヤンキースは2死1、3塁とすると、この回途中ハスラーをリリーフしたマーク・リテルからジョンソンが2塁打を放ち勝ち越し、なおも2死満塁から3塁手ブレットの失策で2点を追加。8回にもランドルフの適時打で4点差としたヤンキースは、ギドリーが9回も抑え完投、ヤンキースが1勝目。

第3試合 10月7日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 4 1
ロイヤルズ 0 1 1 0 1 2 1 0 X 6 12 1
  1. : デニス・レナード (1–0)  : マイク・トーレス (0–1)  
  2. 観客動員数: 41,285人 試合時間: 2時間19分
ロイヤルズは2回にパテックの適時打で先制、3回にも無死1、3塁からコーウェンスの1ゴロの間に1点を追加。ヤンキースは5回にルー・ピネラの2塁打で1点を返すが、その裏1死3塁からコーウェンスの3ゴロで再び2点差とすると、6回には先発トーレスをリリーフしたライルから代打エイモス・オーティスが2点適時2塁打を放ち、さらに7回にもメイベリーの2塁打で5点差とする。ロイヤルズ先発レナードは9回に1塁手メイベリーの失策で1点を失うも完投し、ロイヤルズが初優勝へ王手をかけた。

第4試合 10月8日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 1 2 1 1 0 0 0 0 1 6 13 0
ロイヤルズ 0 0 2 2 0 0 0 0 0 4 8 2
  1. : スパーキー・ライル (1–0)  : ラリー・グーラ (0–1)  
  2. 観客動員数: 41,135人 試合時間: 3時間08分
後がないヤンキースは初回に無死1、3塁からマンソンの3ゴロの間に1点、続く2回にはデントとミッキー・リヴァースの連続適時打で2点、さらに3回にはピネラの適時打で4-0としロイヤルズ先発グーラをKO。一方ロイヤルズはその裏、フランク・ホワイトの犠飛とブレットの3塁打で2点を返す。ヤンキースは直後の4回にネトルズの適時打で再び3点差とするが、その裏ロイヤルズはパテックの2塁打で再び2点差としヤンキース先発エド・フィゲロアを引きずり下ろすと、代わったティドローからもホワイトが2塁打で続き1点差。そのまま迎えた9回、ヤンキースは1死3塁からマンソンの犠飛で再び2点差とすると、その裏、4回からロングリリーフのライルが3者凡退に抑え、ヤンキースがタイに持ち込んだ。

第5試合 10月9日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 1 0 0 0 0 1 3 5 10 0
ロイヤルズ 2 0 1 0 0 0 0 0 0 3 10 1
  1. : スパーキー・ライル (2–0)  : デニス・レナード (1–1)  
  2. 観客動員数: 41,133人 試合時間: 3時間04分
前年の雪辱とリーグ初優勝に燃えるロイヤルズは初回、1死1塁からブレットが中越えの3塁打を放ち先制するが、3塁に滑り込んだ際に3塁手ネトルズが蹴りを入れたとして怒ったブレットがネトルズを殴打し乱闘となる。結局退場者なしで再開直後、4番コーウェンスの3ゴロでブレットが生還し2-0。ヤンキースは3回にマンソンの右前適時打で1点を返すが、その裏ロイヤルズはコーウェンスの左前適時打で再び2点差としヤンキース先発ギドリーをKO。ロイヤルズ先発スプリットオフは4回以降ヤンキース打線を抑えてきたが8回、先頭のランドルフに中前打を打たれたところで降板。ヤンキースはその後1死1、3塁としたところでこのシリーズここまでわずか1安打と不振のレジー・ジャクソンが代打で登場し、中前適時打を放ち1点差。そして迎えた9回、逃げ切りを図るロイヤルズは第3戦完投勝利のレナードを中1日で投入するが、先頭ポール・ブレアに中前打、続く代打ロイ・ホワイトを四球で歩かせ、レナードは1死も取れずに降板。ロイヤルズは前日先発のグーラをマウンドに送るが、ヤンキースはリヴァースの右前打で同点とすると、さらに代わったリテルからランドルフが犠飛を放ち逆転、さらに2死後ピネラの3ゴロをブレットが悪送球し5-3。その裏、前の回から登板の3番手ライルは1死からホワイトに中前打を打たれるも、続くパテックを3ゴロ併殺打に打ち取りゲームセット。先に王手をかけられたヤンキースが底力を見せリーグ連覇を達成した。

参考文献[編集]