ミッキー・マントル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミッキー・マントル
Mickey Mantle
Mickey Mantle.jpg
 ミッキー・マントル(1962年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州スパビナウ
生年月日 1931年10月20日
没年月日 (1995-08-13) 1995年8月13日(63歳没)
身長
体重
180㎝ cm
89kg kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1949年
初出場 1951年4月17日
最終出場 1968年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1974年
得票率 88.22%
選出方法 BBWAA[:en]選出
1988年、サイン会にて

ミッキー・マントルMickey Mantle、本名:ミッキー・チャールズ・マントルMickey Charles Mantle1931年10月20日 - 1995年8月13日)は、アメリカ合衆国オクラホマ州スパビナウ出身の元メジャーリーガー外野手)。

1950年代から1960年代にかけてニューヨーク・ヤンキース の主砲として活躍し、左右両打席で本塁打を通算536本打って、スイッチヒッターとしてはMLB史上最多の本塁打数である。1960年代初めにはロジャー・マリスとのコンビでMM砲と呼ばれ、1961年にはともにベーブ・ルースのシーズン最多本塁打数60本に挑戦したスラッガーである。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカ合衆国オクラホマ州スパビナウにて1931年10月20日生まれ。父はチャールズ・エルヴィン・マントルで通称マット・マントルで炭鉱夫であった。母はラヴェル・マントル。父マットはまたセミプロの投手でもあり、この年3連覇を果たしたフィラデルフィア・アスレチックスの捕手ミッキー・カクレーンの大ファンであったことで生まれた男子にミッキーと名付けた。"Mickey"は"Michael"の愛称であることがほとんどだが、マントルの場合はそのままミッキーとしたが、実はミッキー・カクレーンの本名はゴードンであったことを父マットは知らなかったことで、後にミッキー・マントルはこのことを知り安心したという。なおミッキー・マントルには双子の弟がいたが、素質はあったもののメジャーリーガーになれなかった。

8歳で野球を始めたミッキーに父マットはスイッチヒッターとしての英才教育を施した。祖父は左利き、父は右利きであった。当時メジャーリーグで左右打ちのスイッチヒッターは珍しく、ジャイアンツとカージナルスで活躍したフランキー・フリッシュぐらいしかいなかった時代であり、この父マットの先見の明で、後にヤンキースに入団した頃のステンゲル監督が方針としたプラトーン・システム(左投手なら右打者を並べ、右投手なら左打者ばかりを並べるオーダーをとる作戦)でも常時出場できる素地を作った。子供時代はホィズ・キッズというチームでプレーし、ショートを守っていた。

プロ入りとヤンキース時代[編集]

ヤンキースのスカウト、トム・グリーンウェイドが見に来ていた試合で、右打席で2本、左打席で1本ホームランを打った。そしてニューヨーク・ヤンキースに入団するまではミシシッピ川の東に渡ったことも無かったという[1]

デビューした頃のマントル(1951年)

この頃、ニューヨーク・ヤンキースは戦後の第3期黄金時代を迎えていたが、中心打者でベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグの後を受け継いだジョー・ディマジオが兵役から帰還後の成績が振るわず、全盛期の力を取り戻せないことで、ヤンキースはその後継者として強力なスラッガーでありスタープレーヤーになりうる人材を探していた。その有望株として注目したのが、ミッキー・マントルであった。

ヤンキースGMのジョージ・ワイスはドジャースのスカウトであったトム・グリーンウェイドを迎え入れて全米のスカウト網を駆使してポスト・ディマジオを探し求めた。トム・グリーンウェイドは元のドジャーズでジャッキー・ロビンソンの入団に功績のあった人物であった。そして1949年春にオクラホマ州コマースのセミプロチームでプレーしていたマントルの情報を聞きつけてグリンウェイドは自ら足を運び、ちょうどマントルの高校の卒業式の夜にナイトゲームに出場した試合を見に行き、マントルが小柄な体躯からは想像もつかない火の出るような当たりを連発するところを見て、即契約金1,100ドル、マイナーリーグ参加報酬400ドルで入団契約を結んだ。

1949年夏にヤンキースに入団し、当時ファームの最下級であるD級のカンザス・オクラホマ・ミズーリリーグのインディペンデンスでプレーし、翌1950年にC級のウエスタン・アソシエーションのジョブリンに上がった。そしてこの年にこのジョブリンで打率3割8分3厘、本塁打26本、136打点の成績で俄然注目されたマントルは、翌1951年にアリゾナのヤンキースのキャンプに呼ばれた。ジョブリンでの好成績でオールマイティな打者としてヤンキースで活躍するであろうと予感させるものであった。

この時にヤンキースのケーシー・ステンゲル監督から守備のコンバートを命じられて、それまで遊撃手だったが外野手に転向した。実はマイナー時代に89試合で47失策を演じ遊撃手としては守りのセンスが無いと監督は判断していたのだが、しかし外野手としては俊足を生かした広い守備範囲と肩の強さに注目していた。そしてその年1951年の開幕とともに、マントルはヤンキースの一員としてメジャーデビューを果たした。マントルはいきなり1番ライトで起用され、この時の背番号は「6」で翌年に「7」に変更になった。打線の4番はセンターのジョー・ディマジオでこの年が最後のシーズンとなり、新旧のスター交代の年となった。

マントルのデビュー当時の大きな特徴は球界随一の快速と言われるその足の速さであった。左打席から打って一塁までの到達タイムは3秒1で当時のメジャーリーガーの中でも最高と言われるほどで、しばしばドラッグバントで内野安打を稼いだりした。やがてケーシー・ステンゲル監督に「フィノメナル」(驚異的)と言われたことから「フィノム」と呼ばれるようになるマントルであったが、デビュー当初は実力の壁にぶつかり、また「ディマジオの後継者」としてのプレッシャーに押しつぶされて大スランプとなり、ステンゲル監督からマイナー落ちを命じられて、AAAのアメリカン・アソシエーションのカンザスシティに降格となった。

そのカンザスシティでの最初の試合でいきなり得意のドラッグバントで内野安打を決めて意気揚々とベンチに戻ると、待っていたのはマイナーリーグ監督ジョージ・セルカークからの叱責であった。「いいか、お前はバントをするためにここへ来たんじゃない。チームはお前に選球眼と自信を取り戻させるためにここへ送り込んだのだ。どでかい当たりを俺の前で見せてみろ。」このジョージ・セルカークは戦前にゲーリッグやディマジオとともにヤンキース打線の中心として黄金時代を築いた人間であり、ミッキー・マントルに次世代の主人公として期待していたので、シングルヒットを稼ぐ打者でなく、もっと大きな打者になれと鼓舞したのだった。しかしこのマイナーのカンザスシティでも22打席ノーヒットのどん底を味わい、一時は野球に対する情熱を失いかけた。カンザスシティから父に相談の電話をすると、父はオクラホマ州から150マイルの距離を駆けつけた。そして「お前にそれほど根性が無いのなら荷物をまとめてオクラホマに帰れ。そうしたら俺のように炭鉱で汗まみれでクタクタになるまで働け。もう2度とヤンキースで稼げる大金を手にすることはない。それでもいいか」と迫った。ミッキーは父を説得し、野球を続ける決心をした。そしてこの年AAAアメリカン・アソシエーションで3割6分1厘、11本塁打、50打点を打ち、シーズン後半にカンザスシティからヤンキースに戻った。


1951年後半にヤンキースに戻されたマントルは、この年メジャーで計96試合出場して打率2割6分7厘、本塁打13本、打点65であった。同じ年に同じニューヨークを本拠地とするニューヨーク・ジャイアンツにウィリー・メイズがデビューして本塁打20本、打点68でナショナル・リーグ新人王を獲得している。そしてワールドシリーズに出場し、ヤンキースとジャイアンツのニューヨーク対決となった。そしてこの年のシリーズ第2戦で、外野守備でジャイアンツのウイリー・メイズのセンターフライの打球を追うディマジオのバックアップをしていた時にスプリンクラーの溝に足をひっかけて転倒して膝を痛め、残りのシリーズを欠場した。マントルは終生この膝の故障に悩まされた。

1952年にディマジオの引退でマントルは外野で中堅を守り、文字通りディマジオの後継者となった。142試合出場で3割1分1厘、本塁打23本、打点87の成績でまだ中心打者としては物足りないもののワールドシリーズで本塁打2本で打率3割4分5厘を記録した。1953年には打率2割9分5厘、本塁打21本、打点92でワールドシリーズでは低打率だったが満塁本塁打を含む本塁打2本、打点7でヤンキース5連覇に花を添えて存在感をアピールした。1954年に本塁打27本と伸びてきたが、続く1955年にマントルにとって転機が訪れた。

それまで内角高めの速球に苦しめられたが、ようやく克服したこととこの年にオリオールズから移籍してきたボブ・ターリーから相手投手のクセを見破るテクニックを習得したことが大きかった。打率3割6厘、本塁打37本で初のホームラン王となった。そして翌年1956年には打率3割5分3厘、本塁打52本、打点130で三冠王を獲得しリーグMVPも獲得した。この1956年のマントルの三冠王はスイッチヒッターでは初の達成で現在でも唯一の記録であり、また52本塁打は三冠王を達成した打者の最多本塁打記録として現在も残っている。この年のワールドシリーズでは前年に敗れたブルックリン・ドジャーズと第7戦までもつれ込んだがヤンキースが勝って、5連覇した1953年以来3年ぶりにワールドチャンピオンとなり、マントルも本塁打3本を打った。1957年にはマントルの年俸は6万ドルに達し、打率は3割6分5厘と前年を上回ったがボストン・レッドソックスの最後の4割打者テッド・ウイリアムズが3割8分8厘で首位打者となった。惜しくもタイトルは取れなかったがリーグMVPに連続して選ばれた。そしてこの年の打率は結局彼の生涯最高の打率となった。

超特大ホームラン[編集]

ミッキー・マントルほどそのホームランの飛距離が話題になった選手はいない。1953年4月17日にワシントンのグリフィス・スタジアムでの対セネタース戦で、5回表にセネタース先発の左腕チャック・スタブスから打った打球は、左中間のフェンスまで119m(391フィート)、そこからスタンド最後部のフェンスまで21m(69フィート)、その最後部フェンスの高さが15m(50フィート)で、その最後部のフェンスの上に取り付けてあった1.5m(5フィート)のフットボールの上の部分に当たって見えなくなったという超特大の場外ホームランであった。ヤンキースの広報担当者レッド・パターソン(後のドジャーズ副会長)が巻き尺を持って左中間場外のボールが飛んでいったあたりに走って行き、ボールを持った少年に落下地点を聞き、巻き尺で測ったところ、171.8m(565フィート)であったという。以降に数々の特大ホームランを測定したものはなく、いまだに、これを超えるものは出ていない。これ以後に特大本塁打は、巻き尺で測れるくらいの大ホームランとして、「テープメジャーショット」と呼ばれるようになった。三冠王となった1956年のメモリアルデー(5月の最終月曜日)でヤンキー・スタジアムでの対セネタース戦で5回表に打ったホームランは、ライト3階席の屋根の場外まであと1~2フィート(30~60㎝)のところにぶち当たった。追い風であれば、場外まで飛んだと言われている。

1960年にタイガー・スタジアムでかっ飛ばした本塁打は195m(640フィート)あったとされて1995年度版ギネスブックに「史上最長本塁打」として掲載されている。

MM砲[編集]

この頃にはヤンキースで頭角を現したロジャー・マリスとのコンビがMM砲と呼ばれ始め、そして1961年にはマリスとマントルとも絶好調でホームランを量産し、両者ともベーブ・ルースのシーズン60本塁打の記録更新が注目された。しかし結局マントルは終盤に故障で54本に留まり、ロジャー・マリスが61本を打ってベーブ・ルースの記録を更新した。2人合わせて115本の本塁打数は現在までクーリーンアップの2人合計の本塁打数の最高記録として残っている。だがこのMM砲の時代は短いものであった。

1962年は3度目のリーグMVPに輝き、ワールドシリーズでも宿敵サンフランシスコ・ジャイアンツを4勝3敗で破り、シリーズ連覇したがマントルは両年とも本塁打は打てなかった。そして1963年に入るとマントルの年俸は10万ドルになった。しかし、この年にフェンスに身体をぶつけて左足を骨折し、右膝は入団当初の時に痛めて、それ以来丈夫であった左膝をこの時に痛めてしまった。そしてワールドシリーズでは、コーファックスとドライスデールの両エースを持つロサンゼルス・ドジャーズに0勝4敗でのストレート負けを喫した。この頃になると、かつてワールドシリーズを4連覇(1936~1939年)、5連覇(1948~1952年)した時期に比べて、絶対的な強さはとうにヤンキースから消えていた。それは入団当初は輝かしい存在であったミッキー・マントルがケガに悩まされて、次第に彼の肉体を蝕んでいく時期と符合を合すかのように進んでいった。

1964年にはワールドシリーズでセントルイス・カージナルスと対戦し、第6戦と第7戦でマントルは最後となったシリーズホームランを打ったが、カージナルスの攻勢に晒されて、結局3勝4敗で敗れた。これ以後、ヤンキースは長い低迷の時期に入り、マントルはそのようなチーム事情に自身の肉体的な衰えから引退の時期を見誤ることになった。

1968年に引退するまで怪我との戦いではあったが、ヤンキース一筋の野球人生を過ごした。背番号7」は引退した翌年の1969年にヤンキースの永久欠番に指定されている。1974年、資格取得1年目にアメリカ野球殿堂入り。

MM砲と呼ばれたコンビ。マントル(右)とマリス(左)(1961年)

通算の打点と安打数は後にエディ・マレーに破られたが、通算536本塁打は今もスイッチヒッターとしてはMLB史上最多で、MLB史上最高のスイッチヒッターとして名高い。また、ワールドシリーズにおける通算18本塁打、40打点はいずれもMLB記録である(2013年終了時点)[2]。なお、マントルは選手生活を1964年限りで止めればよかったと後に語っているが、これは通算打率が3割を切った事に非常にコンプレックスを持っていたためだという。

故障には始終悩まされていた。1951年のワールドシリーズ第2戦で、外野の守備でニューヨーク・ジャイアンツのウイリー・メイズの打球を追っていた時にスプリンクラーに足をひっかけて膝を痛め、終生この膝の故障に悩まされた。また1963年にはフェンスに激突して65試合にしか出場できなかった。それでも数々のタイトルを獲得しているので、同僚のエルストン・ハワードは「怪我がなければ史上最高の打者になっていただろう」「年間70本も夢じゃなかった」と言う。

本塁打の飛距離は伝説的なものがあり、球史に残る超特大の一発を何本もを記録している。その一つが1953年4月17日、ワシントン・セネタース(現:ミネソタ・ツインズ)の本拠地グリフィス・スタジアム(当時)で放った打球は、スタンドを飛び越えて遥か彼方の場外にまで飛び出して行った。球団広報が巻尺を用いてボールがあった地点までの飛距離を計測した結果、なんと約172メートルも飛んでいたことが分かり、正式に記録された打球としては、これが現在でもMLB史上最長弾となっている。この一件以降、大ホームランはテープメジャー・ショットと呼ばれるようになった。ただし、この約172メートルにはボールが落下してから転がって移動した距離も含まれており、正確な飛距離ではないとも言われている。

マントル本人が「私の野球人生の中で最も強烈な打球」と語っているのは、1963年5月22日にヤンキー・スタジアムでビル・フィッシャー(アスレチックス)のカーブをとらえたもので、ヤンキースタジアムのライト最上部の鉄傘に直撃して跳ね返り、もう少し打球が高ければ場外ホームランだったという驚愕のものである。この本塁打の飛距離については諸説あるが、いかにマントルの飛距離が人間離れしているかがよくわかる。監督のケーシー・ステンゲルはその天性のパワーがあれば全力で振らなくてもコンパクトなスイングをすれば確実性もあがるとマントルを幾度となく説得したが、マントルは耳を貸さなかったという。

また、マントルは左打席から一塁まで3.1秒で到達できた俊足で、ドラッグバントも得意としていた。チームの試合スタイルが変わっていたら、40-40(40本塁打40盗塁)どころか、50-50(50本塁打50盗塁)もできていたとも言われる。実際、ホセ・カンセコが40-40を達成したそのオフ、57歳になっていたミッキー・マントルはこう口にしたという。「あんなに大したことになるとわかっていれば、5度か6度はやっていた」[3]。他にも現役時代は指名打者制度がまだなかった(導入されたのは1974年から)ため、もし導入されていればもっと長く現役生活を続けられていただろうと言われている。

「王冠を賭けた恋」で有名なウィンザー公は彼のファンとしてマントルの現役時代にヤンキー・スタジアムのロッカールームを訪れている[1]

しかし、私生活の面では暗い部分があり、祖父・父ともに早くして亡くなったため(ホジキン病による。2人ともオクラホマの鉱山技術者だったことも一因とされる。)に、早世の家系だと思い込んだマントルは、その恐怖を紛らわせるために飲酒に走り、選手生活の晩年には二日酔いの状態でバッターボックスに立つこともあったという。結局、その飲酒がマントルの現役生活や寿命を縮めたともされ、1994年肝臓癌と診断され、テキサス州ダラスベイラー大学メディカルセンターに入院。生体肝移植手術を受け、周囲を心配させる(もっともこの頃のマントルはさすがに酒をきっぱりと断っており、一時は周囲を安心させた)。

しかし、癌は全身に転移しており、翌1995年8月13日、63歳で亡くなった。死の1か月前の7月、入院先のベイラー大学メディカルセンターにて行った記者会見に臨んだマントルは、「私はいい手本だ。どうか私のようにはならないでほしい。(This is a role model, Don't be like me)」と言い残している。

ジョー・ディマジオがアーネスト・ヘミングウェイの『老人と海』をはじめ多くの作品で取り上げられていることは有名だが、マントルもまたスティーヴン・スピルバーグの映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のなかで、レオナルド・ディカプリオ演じる詐欺師の主人公が、「ヤンキースはなぜ強いのか知ってるかい?対戦相手がヤンキースの縦縞のユニフォームに見とれているからさ」と言うと、トム・ハンクス演じる刑事が「ヤンキースが強いのはミッキー・マントルがいるからであって縦縞に見とれているわけではない。」というやり取りにおいて取り上げられている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1951 NYY 96 386 341 61 91 11 5 13 151 65 8 7 2 -- 43 -- 0 74 3 .267 .349 .443 .792
1952 142 626 549 94 171 37 7 23 291 87 4 1 2 -- 75 -- 0 111 5 .311 .394 .530 .924
1953 127 540 461 105 136 24 3 21 229 92 8 4 0 -- 79 -- 0 90 2 .295 .398 .497 .895
1954 146 651 543 129 163 17 12 27 285 102 5 2 2 4 102 -- 0 107 3 .300 .408 .525 .933
1955 147 638 517 121 158 25 11 37 316 99 8 1 2 3 113 6 3 97 4 .306 .431 .611 1.042
1956 150 652 533 132 188 22 5 52 376 130 10 1 1 4 112 6 2 99 4 .353 .464 .705 1.169
1957 144 623 474 121 173 28 6 34 315 94 16 3 0 3 146 23 0 75 5 .365 .512 .665 1.177
1958 150 654 519 127 158 21 1 42 307 97 18 3 2 2 129 13 2 120 11 .304 .443 .592 1.035
1959 144 639 541 104 154 23 4 31 278 75 21 3 1 2 93 6 2 126 7 .285 .390 .514 .904
1960 153 644 527 119 145 17 6 40 294 94 14 3 0 5 111 6 1 125 11 .275 .399 .558 .957
1961 153 646 514 132 163 16 6 54 353 128 12 1 1 5 126 9 0 112 2 .317 .448 .687 1.135
1962 123 502 377 96 121 15 1 30 228 89 9 0 0 2 122 9 1 78 4 .321 .486 .605 1.091
1963 65 213 172 40 54 8 0 15 107 35 2 1 0 1 40 4 0 32 5 .314 .441 .622 1.063
1964 143 567 465 92 141 25 2 35 275 111 6 3 0 3 99 18 0 102 9 .303 .423 .591 1.015
1965 122 435 361 44 92 12 1 19 163 46 4 1 0 1 73 7 0 76 11 .255 .379 .452 .831
1966 108 393 333 40 96 12 1 23 179 56 1 1 0 3 57 5 0 76 9 .288 .389 .538 .927
1967 144 553 440 63 108 17 0 22 191 55 1 1 0 5 107 7 1 113 9 .245 .391 .434 .825
1968 144 547 435 57 103 14 1 18 173 54 6 2 1 4 106 7 1 97 9 .237 .385 .398 .782
通算:18年 2401 9909 8102 1677 2415 344 72 536 4511 1509 153 38 14 47 1733 126 13 1710 113 .298 .421 .557 .977
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]