パインタール事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

パインタール事件Pine Tar Incident)は、1983年7月24日にヤンキー・スタジアムで行われたメジャーリーグベースボール(MLB)のカンザスシティ・ロイヤルズニューヨーク・ヤンキース戦で発生し、物議を醸した事件である。

3-4とヤンキース1点リードで迎えた9回表二死一塁から、ロイヤルズ主砲のジョージ・ブレットがヤンキースのクローザーリッチ・ゴセージから逆転2点本塁打を放った。ここでヤンキース監督ビリー・マーチンが、ブレットのバットには滑り止めのための松ヤニ(パインタール)がMLBの公認野球規則で許容される範囲を超えて塗られており、違反バットであると抗議した。球審がこの抗議を認め、違反バットを使用する反則を犯したとしてブレットにアウトを宣告し、ヤンキースの勝利で試合が終了した。ロイヤルズ側は猛抗議するも覆らなかった。

試合後にロイヤルズはこの裁定についてアメリカンリーグ提訴した。リーグ会長のリー・マクフェイルはロイヤルズ側の主張を支持し、ブレットの本塁打は有効であると裁定して5-4の9回表の二死からの試合再開を命じた[1]。25日後の8月18日に行われた再開試合は10分足らずで終了し、ロイヤルズが5-4で正式に勝利した。

ジョージ・ブレットが事件時に使用していたバット
ジョージ・ブレット(1990年)
映像外部リンク
1983年7月24日
パインタール事件発生の打席(MLB.comによる動画)

事件の発生[編集]

事件は1983年7月24日にヤンキー・スタジアムで行われたメジャーリーグベースボール(MLB)のニューヨーク・ヤンキースカンザスシティ・ロイヤルズの試合で起こった。9回表二死、3-4のロイヤルズ1点ビハインドという場面で、U.L.ワシントンを一塁に置いてロイヤルズ主砲のジョージ・ブレットクローザーリッチ・ゴセージから逆転2点本塁打を放った。

この直後、ヤンキース監督ビリー・マーチン球審ティム・マクレランドに対して、ブレットのバットに塗られた滑り止めの松ヤニ(パインタール)が、MLBの公認野球規則(当時の規則1.10(b)[2]、現在の規則3.02(c)に相当)で規定された「グリップの端から18インチ以内」という範囲を超過して塗られている疑いがあるとして、ブレットの使用したバットを検査するように要求した。以前からマーチンやヤンキースの選手達はブレットのバットに塗られたパインタールが野球規則に違反していることに気付いていたが、すぐには指摘せず、いざという時に指摘しようと決めていた[3]

マクレランドをはじめとする審判団ホームプレートの長さ17インチ(約43cm)を用いてブレットのバットに塗られたパインタールを計測し、タールが規定の18インチを超えて塗られていると判断した。先ほどの本塁打は規則1.10(b)[1](現在の規則3.02(c)に相当)に違反したバットを使用した「反則打球」であったとして、規則6.06(d)[1](コルクバットなどを使用した場合と同様の処分、現在の規則6.03(a)(5)に相当)によりブレットにアウトが宣告され、得点も取り消された。ブレットのアウトが3アウト目であるため試合終了がコールされ、ヤンキースの勝利となった。

ダッグアウトで成り行きを見守っていたブレットは激怒してグラウンドに飛び出し、球審のマクレランドに掴み掛かろうとしてチームメイトや塁審に制止された。ロイヤルズのディック・ハウザー監督も猛烈に抗議したが、判定は覆らなかった。ブレットの一打は「決勝本塁打」ならぬ「決敗本塁打(game-losing home run)」と評された[4]

試合の再開[編集]

ロイヤルズは判定の見直しを求めてアメリカンリーグに提訴した。アメリカンリーグ会長のリー・マクフェイルは、MLB公認野球規則1.10(b)の「松ヤニを塗ってよいのは18インチまで」という規制は、「松ヤニを塗ることで打球飛距離を向上させることができるから禁止する」という意味で設けられているのではなく、「松ヤニが広範囲に塗られていると、ボールに松ヤニが頻繁に付着してボール交換回数が増えてしまうから禁止する」という、単に経済的な理由で定められたものであると説明した。従ってブレットは、打球を有利にしようと考えてバットに松ヤニを多量に塗っていたわけではなく、そのバットを用いた打球もルールの精神には違反せず、規則6.06(d)の定める反則打球には該当しない。マクフェイルはこのように結論づけて、ロイヤルズ側の提訴を支持して本塁打は有効と裁定し、5-4の9回表二死からの試合再開を命じた。[2][1]

ヤンキース側は、当初は試合の再開に反対していたが、のちにこの裁定を受け入れた。主催側であるヤンキースは、残り4アウトの試合の入場料を通常の試合と同額にすると発表した。追加料金は違法だというファンによる訴えが2件正式に受理された。最終的にジョセフ・サリバンニューヨーク最高裁上訴部判事が下した「プレイボール」という短い文句の判決により、割安料金で9回表二死から試合を再開することとなった[5]

両チームのオフ予定日だった8月18日にブレットの本塁打後の場面から試合が再開された。ヤンキースは7月24日の試合の半券を所持している場合には無料で入場出来る事を発表せず、集まった観客は1,200人のみだった。ブレットは再開試合には出場せずに翌19日からボルチモア・オリオールズとのダブルヘッダーを含めた4連戦が行われるメリーランド州ボルチモアへ向かった。マーチン監督はマクフェイル会長の裁定を不服として、左投げで本来は一塁手ドン・マッティングリーを再開試合の二塁手にあえて起用した。MLBの公式試合で左投げ野手が二塁の守備についた最後の事例となっている[6]

再開試合は9回裏にヤンキースが三者凡退に倒れ、ロイヤルズが5-4で勝利した。

現在の野球規則[編集]

「バットに滑り止めを塗ってよいのは端から18インチまで」との文言は、現在のMLBの公認野球規則3.02(c)にも存在する[7]。しかし現在の規則3.02(c)には、「プレー後にこの違反を指摘してプレーを取り消すことはできない」という意味の但し書きがあり[7]、パインタール事件の再発を防いでいる。日本の公認野球規則の規則3.02(c)にも同様の但し書きがある[8]

脚注[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

外部リンク[編集]