1976年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1976年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
カンザスシティ・ロイヤルズ 2
シリーズ情報
試合日程 10月9日 - 10月14日
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ビリー・マーティン
シーズン成績 97勝62敗(東地区優勝)
カンザスシティ・ロイヤルズ(KC)
監督 ホワイティ・ハーゾグ
シーズン成績 90勝72敗(西地区優勝)

 < 1975
ALCS
1976

1977 > 

 < 1975
NLCS
1976

1977 > 
1976ワールドシリーズ

1976年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1976 American League Championship Series, ALCS)は、1976年10月9日から10月14日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1976年の対戦は、東地区ニューヨーク・ヤンキースと、西地区カンザスシティ・ロイヤルズとの対戦となった。結果は、3勝2敗でニューヨーク・ヤンキースが12年ぶり30回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月9日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 2 0 0 0 0 0 0 0 2 4 12 0
ロイヤルズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5 2
  1. : キャットフィッシュ・ハンター (1–0)  : ラリー・グーラ (0–1)  
  2. 観客動員数: 41,077人 試合時間: 2時間09分

第2試合 10月10日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 1 2 0 0 0 0 0 0 3 12 5
ロイヤルズ 2 0 0 0 0 2 0 3 X 7 9 0
  1. : ポール・スプリトーフ (1–0)  : エド・フィゲロア (0–1)  
  2. 観客動員数: 41,091人 試合時間: 2時間45分

第3試合 10月12日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 6 0
ヤンキース 0 0 0 2 0 3 0 0 X 5 9 0
  1. : ドク・エリス (1–0)  : アンディ・ハスラー (0–1)  S: スパーキー・ライル (1)  
  2. :  NYY – クリス・チャンブリス (1)
  3. 観客動員数: 56,808人 試合時間: 3時間00分

第4試合 10月13日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 0 3 0 2 0 1 0 1 0 7 9 1
ヤンキース 0 2 0 0 0 0 1 0 1 4 11 0
  1. : ダグ・バード (1–0)  : キャットフィッシュ・ハンター (1–1)  S: スティーブ・ミンゴリ (1)  
  2. :  NYY – グレイグ・ネトルズ 2 (2)
  3. 観客動員数: 56,355人 試合時間: 2時間50分

第5試合 10月14日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 2 1 0 0 0 0 0 3 0 6 11 1
ヤンキース 2 0 2 0 0 2 0 0 1 7 11 1
  1. : ディック・ティドロー (1–0)  : マーク・リッテル (0–1)  
  2. :  KC – ジョン・メイベリー (1) ジョージ・ブレット (1)  NYY – クリス・チャンブリス (2)
  3. 観客動員数: 56,821人 試合時間: 3時間13分

参考文献[編集]