バック・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バック・マルティネス
Back Martinez
Buck Martinez speaking at SABR convention 2014.jpg
2014年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州レディング
生年月日 1948年11月7日(67歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1967年 ドラフト2巡目
初出場 1969年6月18日
最終出場 1986年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • トロント・ブルージェイズ(2001 - 2002)

バック・マルティネスJohn Albert "Buck" Martinez , 1948年11月7日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州レディング出身の元プロ野球選手捕手)、プロ野球監督。右投右打。

現在はRogers Sportsnetが中継するトロント・ブルージェイズの試合の実況アナウンサーを務めている。

経歴[編集]

1967年フィラデルフィア・フィリーズからドラフト2巡目で指名され契約。

1968年ルール・ファイブ・ドラフトヒューストン・アストロズから指名され、すぐにカンザスシティ・ロイヤルズにトレードされた。

1969年6月18日にメジャーデビュー。

1977年12月8日マット・リトルとともに、アル・ルーボスキーとの2対1のトレードでセントルイス・カージナルスに移籍。同日、このトレード成立直後、今度はジョージ・フレイジアーとの交換トレードでミルウォーキー・ブルワーズに移籍した。

1980年トロント・ブルージェイズに移籍。

1985年7月9日キングドームで行われたシアトル・マリナーズ戦で、フィル・ブラッドリーとホームプレート上で衝突し足を骨折。翌1986年に引退した。引退後はラジオなどで解説者を務めた。

2001年にコーチやマイナーでの監督などを経験せずにブルージェイズの監督に就任し、80勝82敗で3位。しかし2002年は開幕から20勝33敗と大きく負け越し、シーズン途中で解任された。2006年ワールド・ベースボール・クラシックではアメリカ代表チームの監督を務めた。現役・監督時代を通じて背番号13を付けていたが、WBCではアレックス・ロドリゲスに13を譲り、自身は31を付けた。

2014年オフ、ブルージェイズが海外FA権を行使してメジャー移籍を目指していた阪神タイガース鳥谷敬の獲得を狙っているとの報道を受けて、地元紙トロント・スターにて「日本の内野手は、外野手やピッチャーと同じ成功を収めていないようだ。ミドル・インフィルダー(二塁手、遊撃手)にとって適応は厳しく、大きなリスクかも知れない」と発言した[1]。鳥谷は結局、阪神に残留している。

詳細情報[編集]

通算成績[編集]

1049試合 2743打数618安打 58本塁打 321打点 5盗塁 打率.225

脚注[編集]

外部リンク[編集]