この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

鳥谷敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥谷 敬
千葉ロッテマリーンズ #00
HT-Takashi-Toritani.jpg
阪神タイガース時代の鳥谷(2008年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都東村山市
生年月日 (1981-06-26) 1981年6月26日(39歳)
身長
体重
180 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2003年 自由獲得枠
初出場 2004年4月2日
年俸 1,600万円(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2013年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

鳥谷 敬(とりたに たかし、1981年6月26日 - )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手内野手、右投左打)。千葉ロッテマリーンズ所属。

ロッテ移籍前は2004年 - 2019年にかけて阪神タイガースで16年間プレーし、日本野球機構(NPB)の一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試合出場(いずれも歴代2位)、史上50人目の公式戦2000本安打および、史上15人目の1000四球を達成した。遊撃手としては、NPB公式戦シーズン最多打点記録(104打点)および、歴代最長のフルイニング出場記録(667試合)、セ・リーグのシーズン最多補殺記録(490補殺)を保持している。

阪神への入団後には、2010年と2011年に選手会長、2012年から2016年まで主将を務めた(2012年、2016年は野手キャプテン[注 1])。

経歴

プロ入り前

小学生の時には「東村山ジュニアメッツ」(東村山市立八坂小学校時代)や「小作台少年野球クラブ」(羽村市立小作台小学校時代)に所属。羽村市立羽村第一中学校時代は「瑞穂シニア」でプレーした。しかし、中学2年生の冬の頃から両膝の成長痛で苦しんだことから、中学卒業を機に野球を辞める予定だった(後述)。高校入学から野球部の入部が遅れたのもそれによる影響である。

聖望学園高校へ進学後、前述の経緯などもありしばらくは練習を見るという形のみに留めていたが、懸念材料であった成長痛の痛みが改善したことから、1年秋に野球部へ入部。まもなく正二塁手の座を確保し、3年夏には、遊撃手兼投手としてチームを初の甲子園大会出場へ導いた。この年、チームは埼玉県大会にて3試合連続で逆転サヨナラ勝利を挙げている。本大会では、日田林工高校との初戦で2安打2打点をマーク。投手としてリリーフ登板すると、ストレートで最速143km/hを計測したが、チームは初戦で敗退した。その後、プロ志望届を提出したものの指名を受けなかったため、早稲田大学野球部のセレクションを受験。野村徹監督(当時)から高評価を受け、この年から同大学が設けたスポーツ推薦入学枠の第1号として合格した。ちなみに、鳥谷が入団を希望していた西武ライオンズには、3年夏の選手権埼玉大会で対戦した埼玉栄高校大島裕行がドラフト3位で指名。対外試合通算86本塁打(当時の高校最多記録)の実績を背景に、入団へ至っている[2]

早稲田大学では、1年春の入学直後の時点から正遊撃手に抜擢。主に3番打者を任され、2年春には、後藤武敏に並ぶリーグ史上最速タイで三冠王を獲得。同期の青木宣親比嘉寿光由田慎太郎などと共に、3年春から4年秋までチームのリーグ戦4連覇に貢献。4年春には当時のリーグ最多四死球(19)を記録すると、秋には2度目の首位打者を獲得した。リーグ通算96試合に出場、在学中の全試合にスタメン起用され、打率.333(345打数115安打)、11本塁打、71打点を記録。遊撃手として5度のベストナインに選ばれた。通算115安打は、2017年の春季リーグ終了時点で早稲田大学の選手として歴代2位に当たる。4年時には、第32回日米大学野球の日本代表メンバーとして、アメリカへの遠征も経験した[3]。1学年上に和田毅、1学年下に田中浩康、2学年下に越智大祐武内晋一がいる。

2003年のNPBドラフト会議で、自由獲得枠を通じて、契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)という最高条件で阪神タイガースに入団した。背番号は1。担当スカウトは菊地敏幸で、「日本一の遊撃手を獲得する」という球団の強い意向から、前述した日米大学野球のアメリカ遠征にも同行していた[4]

この会議に際しては、阪神の他にも、かつて入団を希望していた西武をはじめ、和田を前年(2002年)に自由獲得枠で獲得していた福岡ダイエーホークス[4]読売ジャイアンツ(巨人)横浜ベイスターズも鳥谷の獲得を目指していた。特に巨人は当時正遊撃手であった二岡智宏コンバートも視野に鳥谷獲得を目指していたという[5]。しかし、内野手として土のグラウンドでのプレーを望んでいた鳥谷は[2]、「お金で自分の将来を決めたくない。そんな人間だと思われるのが一番嫌だ」とコメント[6]。大学4年時の東京六大学秋季リーグ戦の前に、上記の球団で唯一、本拠地の内野グラウンドに土を使用する阪神への入団を決意した[4]

阪神時代

2004年 キャンプオープン戦から注目されながら、前年の正遊撃手だった藤本敦士とポジションを争った末に、レギュラーシーズンの開幕戦である4月2日の対巨人戦(東京ドーム)に「7番・遊撃手」としてスタメン出場を果たした。しかし、開幕6試合目で藤本にスタメンを明け渡すと、一時は一軍に帯同しながらウエスタン・リーグの公式戦にも出場。シーズン通算では、一軍公式戦101試合の出場で打率.251、3本塁打、17打点という成績にとどまった。その一方で、7月9日に大阪ドームで催されたフレッシュオールスターゲームには、ウエスタン・リーグ選抜の「3番・遊撃手」として3打数1安打1盗塁を記録[7]。シーズン中に藤本が野球日本代表としてアテネオリンピックに派遣されてからは、オリンピック終了後に藤本が打撃不振に見舞われたことも相まって、スタメン出場の機会を増やした。

2005年 藤本の二塁コンバートを背景に、レギュラーシーズンの開幕から、正遊撃手として一軍公式戦全146試合に出場。開幕当初は下位打線に組み込まれていたが、2番打者を任されていた藤本と関本健太郎が相次いで打撃不振に陥ったことから、セ・パ交流戦以降は2番打者に定着した。レギュラーシーズン全体では、打率.278、9本塁打、52打点という成績を残すとともに、サヨナラ本塁打を2本放つなどチームの優勝に貢献。オールスターゲームに同リーグ遊撃手部門のファン投票1位で初出場を果たすとともに、千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズにも出場した。シーズン終了後には、高校の1年先輩で、野球部のマネージャーだった一般人女性と結婚している。

2006年 シーズン前半は主に「7番・遊撃手」、シーズン後半は「6番・遊撃手」として、一軍公式戦全146試合にフルイニング出場。6月1日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で愛敬尚史から逆転2点本塁打、2日の対福岡ソフトバンクホークス戦では斉藤和巳からソロ本塁打とタイムリー二塁打、3日の対ソフトバンク戦では藤岡好明からサヨナラ安打を放ち、3日連続でヒーローインタビューに立った。ファン投票選出で2年連続でオールスターゲームに出場。9月前半まで打率3割台を維持したが、シーズン最終盤に成績を落とし、最終成績は打率.289、15本塁打、58打点だった。9月に長男が誕生。

2007年 主に1番打者として、一軍公式戦全144試合に出場。打撃面では好不調の差が激しく、通算成績は打率.273、10本塁打、43打点と、前年を軒並み下回った。7月24日の対中日ドラゴンズ戦で、一軍公式戦340試合連続フルイニング出場のNPB遊撃手最多記録を樹立。9月28日の398試合まで記録を伸ばしたが、25日の試合で受けた死球の影響で翌29日に途中交代した。同年オフにレーシック手術を受け視力が回復した[8]

2008年 レギュラーシーズンの開幕から「6番・遊撃手」に起用されると、一軍公式戦全144試合に出場。シーズン前半は3割を超える打率で、勝負強さも見せた。夏場に新井貴浩が離脱した際には3番や5番に入ったが調子を落とした。不調だった今岡誠が9月に復帰した後は再び6番に戻り、打率.281、13本塁打、自己最多の80打点を記録。10月19日のクライマックスシリーズ対中日戦では1試合2本塁打を放った。守備では簡易RF5.13を記録したが、ゴールデングラブ賞受賞はならなかった[9]。同年は自身2度目の全試合フルイニング出場も達成してベストナインを初受賞。9月13日に次男が誕生。

2009年 レギュラーシーズンの開幕戦で「3番・遊撃手」に起用されたことを皮切りに、一軍公式戦全144試合に出場。4月終了時点で90打数30安打14打点と好調だったが、5月に不調に陥り、打順も7番に降格し、チャンスで代打を送られるなど苦しんだ。シーズン後半は完全復調して打順も3番に戻り、打率.288、自身初の20本塁打、75打点を記録。安打、得点、打率、長打率OPSはチーム1位。守備でも遊撃手としてリーグトップの守備率.990を記録した。これは平田勝男1986年に記録した.988を上回る球団記録でもあった。11月26日、引退した赤星の後継としてチーム選手会長に就任した。

2010年 前年に続いて、レギュラーシーズンの開幕から「3番・遊撃手」として、一軍公式戦全144試合に出場。5月にマット・マートンと交錯し腰椎を骨折した後、成績を落とし、4試合スタメン離脱。6月から7月まで1番打者を務め、3番に戻った8月から一気に調子を上げ、赤星の持っていた球団月間安打記録を更新する43安打を放つなど、月間打率.422、OPS 1.151の活躍で月間MVPを初受賞した。また、7月20日の対広島東洋カープ戦で球団史上初となる延長戦での逆転サヨナラ本塁打を放った。10月2日の対広島戦で、遊撃手としてプロ野球史上初となるシーズン100打点を記録。10月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ通算1000本安打を達成。シーズンを通して打率.301、19本塁打、104打点と自己最高の成績を残し、リーグトップの得点圏打率.360、満塁打率.500を記録するなど勝負強さも見せて2年ぶり2度目のベストナインを受賞。この年に記録した104打点は遊撃手としてのシーズン最多打点のプロ野球記録である。7月2日に長女が誕生した。

2011年 レギュラーシーズンの開幕から「3番・遊撃手」に定着すると、一軍公式戦全144試合に出場。5月15日の対中日戦で打球処理の際に右手人さし指の爪を裂傷し途中交代。翌週から始まったセ・パ交流戦では遊撃守備を上本博紀に譲り、5月28日に守備復帰するまで指名打者や代打で出場した。5月22日の対西武戦で通算1000試合出場を達成。この年に導入された統一球の影響もあり本塁打・打点は前年の半分以下に落ちたものの、2年連続の打率3割越え(打率.300・リーグ4位)を記録し、OPSはリーグ3位、RC27はリーグ2位をマーク。RCWINでは自己最高の数値を記録するなど、傑出度では過去最高の成績だった。また三塁打7・四球78・出塁率.395はいずれもリーグトップで、自身初のタイトルとなる最高出塁率を獲得した。上述の怪我で守備ができない時期もあったが、3年連続失策一桁台、自身の持つ球団記録を更新する守備率.991を記録して、ゴールデングラブ賞を初受賞、2年連続3度目となるベストナインも受賞した。9月3日に国内フリーエージェント (FA) 権を取得したが行使せず残留した。

2012年 チームがキャプテン制を導入したのに伴い、野手キャプテンに選ばれた。レギュラーシーズンでは、阪神の選手でただ1人、全144試合に出場。通算成績は打率.262、8本塁打、59打点で、打率が前年を大きく下回ったものの、自己最高の94四球を記録したことで高い出塁率を維持した。8月には海外FA権を取得。「メジャーへの思いはあります」とメジャーリーグ挑戦志向があることを公言し、「メジャーか残留かは正直、五分五分」とまで話した[10]が、前年と同じくFA権を行使せずに残留を表明。「いろんな可能性を残して、自分を奮い立たせてやりたい」と年俸2億8,000万円の単年契約で契約更改した[11]

2013年  レギュラーシーズン前に開かれたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に、日本代表として出場[12][13][14]。日本代表の強化試合およびWBCの本選では、本職である遊撃手以外の内野手の層が薄いチーム編成の下で、公式戦での経験がほとんどない二塁手や三塁手としても多く起用された。2次ラウンドの対チャイニーズタイペイ戦(東京ドーム)で1点ビハインドの9回表1死から四球で出塁すると、2死後に打者・井端弘和の場面で二盗に成功。直後に井端の適時打で同点のホームを踏み、延長10回・4対3で日本代表が勝利したのに貢献した。翌日の対オランダ戦には、それまでの本選で無安打だったにもかかわらず、出塁率の高さや前述の盗塁を買われてリードオフマンとして先発出場。初回に先頭打者本塁打を右翼に放った。この一打をきっかけに、チームはWBC1試合最多記録タイの17安打・6本塁打の猛打を見せ、16-4で大会規定による7回コールド勝ち。3大会連続の決勝ラウンド進出を決めた。決勝ラウンド準決勝の対プエルトリコ戦(サンフランシスコAT&Tパーク)では、1番二塁手として8回裏の打席で三塁打を放つと、次打者・井端の適時打で日本代表唯一の得点を挙げたが、チームは1対3で敗退した。

レギュラーシーズンでは藤川球児のメジャーリーグ移籍に伴いチームキャプテンに選ばれ、「3番・遊撃手」として公式戦への出場を継続。7月7日の対広島戦(マツダスタジアム)で、2004年9月9日の対ヤクルト戦(甲子園)からの連続試合出場記録がNPB歴代単独3位の1251試合に達した[15]。また、オールスターゲームには、セントラル・リーグのファン投票・遊撃手部門で選出[16]。同ゲーム前最後のリーグ戦であった7月17日の対巨人戦(甲子園)[17]から9月16日の対ヤクルト戦(神宮)までは、球団史上最長・リーグ歴代3位タイの47試合連続出塁を記録した[18]。8月30日の対広島戦(甲子園)で、自身初にして、阪神の遊撃手では1980年の真弓明信以来33年振りに4番で起用された[19]。10月以降は3番に戻ったものの、公式戦ではリーグ最多および球団新記録の104四球を記録し、2年連続フルイニング出場を達成した[20]。2011年以来2度目となるゴールデングラブ賞を両リーグ最多投票で受賞[21]、通算4度目となるベストナインも受賞し、DELTA算出のUZRで遊撃手1位の26.4、1000イニングあたりのUZR/1000では2位の20.4を記録[22]、同社算出の選手総合評価指標WARでは両リーグ1位の8.0を記録した[23]。シーズンオフには「優勝できなかったということがあるし、チームの方に必要とされた」と話し、年俸3億円の単年契約で契約更改した[24]

2014年 レギュラーシーズンの開幕前に背中の張りを訴えてオープン戦を数試合欠場[25]したが、開幕戦であった3月28日の対巨人戦(東京ドーム)では、公式戦では2007年以来7年振りに「1番・遊撃手」としてスタメンに起用[26]。4月には、30日の対広島戦(甲子園)2回裏に適時打で出塁すると、マウロ・ゴメスの本塁打によるホームインで月間30得点の球団新記録を達成した[27]。5月29日の対西武戦(甲子園)では、現役選手では最も若い32歳11か月で、公式戦通算1500本安打を記録[28]。レギュラーシーズン全体では、自己最高の打率.313、出塁率.406という成績を残した。また、NPBの遊撃手としては初めて、公式戦3年連続フルイニング出場を達成。藤村富美男と並ぶ球団タイ記録および、NPB史上4位に相当する10年連続全試合出場も成し遂げた[29]

なお、シーズン終了後には、海外FA権を行使することを宣言[30]。代理人にスコット・ボラスを立てたうえで、MLB球団への移籍を目指した。宣言後の交渉では、複数の球団が獲得に興味を示した。しかし、条件面で折り合いがつかなかったため、阪神への残留を表明した[31]

2015年 春季キャンプ直前の1月22日に、推定年俸4億円(前年から1億円増)という条件で5年契約を締結した[32]。鳥谷はこれに関して「阪神で終われたら」と、公の場で初めて「生涯虎」を誓った[33]。レギュラーシーズンでは、9月3日の対広島戦(甲子園)で、球団歴代3位の通算1740安打を達成[34]。4年連続の公式戦全試合フルイニング出場を達成するとともに、シーズン終了後には、3年連続6度目のベストナインを受賞した。通算6度目のベストナイン選出は、藤田平に並ぶ球団2位の記録である[35]

その一方で、シーズン終了後には、2012年までのチームメイトだった金本知憲が一軍監督に就任。金本からゴメス・福留孝介と並んでレギュラー野手の座を早々に確約される[36]一方で、「数字(成績)、実績、年齢、年数をすべて考えても、(金本自身が把握する限りでの鳥谷の能力に比べれば)物足りない。お前が変わらないと、チームも変わらない」という表現を通じて、打撃フォームの改造や長打力をあげるための体重増、意識改革を求められた[37]

2016年 投手・野手別のキャプテン制度が4年振りに復活したことから、チームキャプテンから野手キャプテンに変更[1]。金本監督による構想の下で、「6番・遊撃手」として公式戦をスタート[38]。4月24日の対広島戦(マツダスタジアム)で、NPB公式戦600試合連続フルイニング出場を達成した。この記録は、NPBの野手では史上4人目、遊撃手のみで公式戦に出場した選手としては初めてであった[39]。しかし前半戦では、プロ入り後自己ワーストの28打席連続無安打に陥ったり[40]、4番と9番以外の全打順でスタメン出場を経験したりする[38]など総じて不振。4年振りにオールスターゲームへの出場を逃した。後半最初の試合であった7月18日の対巨人戦(甲子園)では、NPB公式戦通算1102三振を喫するとともに、阪神の選手による公式戦での通算最多三振記録を更新[41]。結局、シーズンの通算打率は、プロ入り後最低の.236にとどまった。本塁打数(7本)や盗塁数(13)は例年とほぼ同じ水準だったものの、通算打点は36で、入団1年目に次ぐ少なさだった。

また、7月24日の対広島戦(マツダスタジアム)でスタメンを外れたことによって、2011年10月24日の同カードから始まった公式戦での連続試合フルイニング出場記録は667試合で途切れた[42]。この試合以降、代打からの途中出場が相次いだが連続試合出場は継続した。北條史也が遊撃手として頭角を現したことから、9月3日の対横浜戦(甲子園)では「6番・三塁手」としてスタメンに起用された。三塁手としての公式戦出場は2004年9月11日の同カード(横浜)、スタメンでの起用は同年6月20日の対巨人戦(東京ドーム)以来12年振り[43]。この試合を境に、鳥谷を三塁手、北條を遊撃手としてスタメンで起用するパターンが定着した。鳥谷自身は、シーズン終了後に、2017年から遊撃一本で北條と再び競い合うことを金本に直訴している[44]

9月30日の対巨人戦(甲子園)では、出場機会のないまま7回裏二死から強い降雨で試合が中断。試合自体は5回裏終了の時点で成立していたため、雨天コールドゲームへ至った場合には、自身の連続試合出場記録が1750試合で途切れる可能性があった。しかし、11分間の中断を経て試合が再開されると、8回表から三塁手として出場[45]。チームのレギュラーシーズン最終戦であった翌10月1日の同カードでは、「6番・三塁手」としてのフル出場によって、上記の記録を1752試合にまで伸ばしている。

2017年 春季一軍キャンプから北條との間で正遊撃手争いを展開したが、金本監督は北條をキャンプの「筆頭MVP」に選出する[46]一方で、鳥谷には「北條に7対3で勝っても遊撃のレギュラー(として起用すること)はない」と通告[47]。鳥谷は、オープン戦で二塁手や三塁手にも起用された後に、プロ14年目で初めて公式戦の開幕を三塁手として迎えた[48]

レギュラーシーズンでは、開幕戦から三塁手として公式戦へのスタメン出場を続けた結果、4月19日の対中日戦(ナゴヤドーム)で連続出場試合数が1767試合に到達。金本が現役時代に達成した1766試合連続出場記録を上回るとともに、公式戦における連続出場試合数で、衣笠祥雄の2215試合に次ぐ単独2位に浮上した[49]

5月24日の対巨人戦(甲子園)に「6番・三塁手」としてスタメンで出場したことによって、連続試合出場記録が1794試合にまで到達した。しかし5回裏の第2打席で、吉川光夫が投じた144km/hのストレートが顔面の右側付近を直撃した影響で昏倒。丹波幸一球審がこの投球を危険球と宣告したため、吉川が退場処分を受けたほか、鳥谷も鼻からの出血が止まらないままグラウンドを後にした[50]。試合後の診察で鼻の骨が折れていることが判明した[51]が、翌25日の同カード[52]以降の試合にも、フェイスガードをつけながら代打や三塁手として出場を継続。セ・パ交流戦では、6月6日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)3回表の打席で金子千尋からシーズン2号本塁打(3点本塁打)を放ったことによって、交流戦通算350安打(NPBの一軍交流戦における個人最多安打記録)を達成した[53]。さらに、球団からのノミネート選手としてセ・リーグの三塁手部門に名を連ねたオールスターゲームのファン投票では、リーグ全部門で最も(パ・リーグ全部門を含めれば3番目に)多い471,327票を獲得。三塁手としては初めての出場を果たした[54]

9月8日の対DeNA戦(甲子園)で、2回裏に1死1塁で迎えた第1打席で井納翔一から右中間へ適時二塁打を放ち、NPB史上50人目の公式戦通算2000安打を達成した[55]。達成までに要した出場試合数は1956試合で、NPB実働14年目での達成は、ドラフト制度導入後の1965年以降に新人扱いでNPBの球団と契約した日本人選手における最速記録[56]。新人時代から一貫して阪神に在籍した生え抜き野手では、1983年に後楽園球場の対巨人戦で記録した藤田平以来2人目だが、本拠地・甲子園球場での達成は球団史上初めてである[57]。翌9日の対DeNA戦(甲子園)では、第4打席まで凡退したものの、延長12回裏に2死満塁で迎えた第5打席で通算2001本目の安打をサヨナラ安打で記録した[58]。レギュラーシーズンの最終戦であった10月10日の対中日戦(甲子園)で4打数4安打以上の記録を残せば、シーズンの最終打率が3年振りに3割へ達する可能性があった[59]が、実際には4打数無安打で終了(最終打率は.293)。その一方で、NPB史上15人目の公式戦通算1000四球を達成した[60]。レギュラーシーズン全体では、公式戦全143試合に出場。打率.293、4本塁打、41打点、143安打、出塁率.390、OPS.767など、前年を大きく上回る成績で復活を果たした。さらに、シーズン終了後には、セ・リーグの三塁手部門でゴールデングラブ賞に選ばれた。遊撃手部門では過去に4回受賞しているが、三塁手部門での選出は初めてである。

2018年 春季一軍キャンプの途中から、二塁守備の練習を本格的に始めた[61]。メインポジションが一塁であるウィリン・ロサリオが4番打者候補として入団したことを機に、前年に新人ながらレギュラーシーズン後半から主に一塁手として長打力を発揮していた大山悠輔を、本来のポジションである三塁へ回したことによる。オープン戦でも主に二塁を守ると、3月30日には、巨人との開幕戦(東京ドーム)に「2番・二塁手」としてスタメンで出場。開幕当初から打撃が振るわず、前年までの正二塁手である上本や西岡剛などとの併用策の下でスタメン起用の機会が限られていたが、試合途中からの出場を繰り返しながら連続試合出場記録を更新していた。5月18日の対中日戦(ナゴヤドーム)では、9回表に代打へ起用されたことによって、一軍公式戦における通算出場試合数の球団記録(2011試合)を達成。この時に、公式戦では初めて、代打で犠打を記録した[62]。セ・パ公流戦の初戦となる5月29日の対ソフトバンク戦(甲子園)もベンチへ入っていたが、最後まで出場の機会がなかったため、連続試合出場記録は1939試合、シーズン全試合出場記録は13シーズン(いずれもNPB歴代2位)で途絶えた[63]

ただし、以降のシーズンも、一軍に帯同したまま公式戦へ随時出場。三塁手へ再び転向した6月には、月間打率が.300を超えた[64]。8月18日の対ヤクルト戦(神宮)では、マット・カラシティーからシーズン1号本塁打を放ったことによって、入団1年目からの一軍公式戦15年連続本塁打を記録[65][66]。9月下旬以降の試合では、シーズン途中から正遊撃手の座を奪い返していた北條の故障離脱などを背景に、遊撃手としての出場を再開した[64]。10月4日の対ヤクルト戦(甲子園)では、5回裏に代打で星知弥から適時打を放ったことによって、藤田平が保持していた一軍公式戦における球団歴代最多安打記録(2064安打)を更新[67][68]。シーズン通算では121試合に出場したが、入団1年目以来14年振りにセ・リーグの最終規定打席へ到達せず、本塁打数は入団後最少の1本、打率は入団後最低の.232にとどまった。

シーズン終了後には、金本に代わって一軍監督へ就任した矢野燿大に対して、北條などとの間で正遊撃手の座を再び争うことを直訴。阪神との5年契約が翌2019年シーズンで満了することから、推定年俸4億円(現状維持)という条件で契約を更改した直後には、「野球を続けられるのか、辞めなきゃいけないのか、(2019年は自分にとって)大事な1年になる」という表現で、同年の結果によっては現役引退を覚悟していることを示唆した[69]

2019年  春季キャンプから、北條や新人の木浪聖也との間で正遊撃手争いを展開。オープン戦では14試合の出場で打率.308と好調だったが、木浪がチームのオープン戦新人最多安打記録(通算22安打)を達成するなど好成績を残したことから、3月29日のレギュラーシーズン開幕戦(京セラドーム大阪での対ヤクルト戦)では木浪に遊撃スタメンの座を明け渡した。一軍開幕戦でのベンチスタートは、阪神への入団16年目で初めての経験だったが、延長11回裏に代打へ起用されると三塁打を記録。チームのサヨナラ勝利および、一軍監督としての矢野の公式戦初勝利につなげた[70]。以降のシーズンは、木浪と北條が揃って不振だった時期に遊撃手としてスタメンに起用された程度で、主に代打として出場。例年どおり一軍へ帯同しながら調整を続けたが、前年来の打撃不振は深刻で、出場62試合(93打席)の時点までは打点すら挙げられなかった[71]。この年で5年契約が満了することから、8月29日には、翌2020年の去就をめぐって球団の幹部と会談[72]。その席上で、翌年の戦力構想から外れていること(事実上の引退勧告)を伝えられた。鳥谷自身も8月31日に、去就への明言を避けながら、この年限りで阪神を退団することを表明した[73]。同時に二軍での調整を首脳陣へ申し出たが、「(この時点でセ・リーグ優勝の可能性が消滅していたチームが)クライマックスシリーズへ進出するためには必要な戦力」として矢野が慰留したため、引き続き一軍へ帯同[74]。9月12日の対ヤクルト戦(甲子園)8回裏1死1塁から代打で適時二塁打を放ったことによって、シーズン初打点を記録した[71]。その後は同月15日の対巨人戦(東京ドーム)で代打で2点適時打、22日の対DeNA戦でも代打で先制適時打を放つなどの活躍を見せたが、出場試合数はプロ入り最低の74試合に留まり、本塁打も初めて1本も打てず、打率.207、打点4、出塁率.298はいずれも自身最低を記録するなど、ほとんどの指標でプロ入り最低の成績であった。シーズン最終戦となった対中日戦ではベンチスタートであったが、7回裏に先頭岩崎優の代打で出るとそのまま遊撃手の守備に就き、試合終了まで出場し阪神の鳥谷としてのレギュラーシーズンを終え、チームも逆転でCS進出を決めた試合となった。

ロッテ時代

2020年  前年シーズンオフに事実上の戦力外通告を受けて阪神タイガースを退団し、年明けから春季キャンプまで去就が未定な状況が続いていたが、3月に入って千葉ロッテマリーンズが獲得の意向を示し、鳥谷と入団で合意したと報じられる[75][76]。その後ロッテ入団が決定し、2020年3月11日付で日本野球機構(NPB)からロッテの選手(背番号00)として支配下選手登録公示された[77][78]

7月18日の札幌ドームでの対北海道日本ハムファイターズ第5回戦で9回表ツーアウトランナー無しで吉田侑樹から移籍後初ヒットを放つ[79]と、7月23日のメットライフドームでの対埼玉西武ライオンズ第8回戦では7番サードで移籍後初スタメン出場を果たす[80]

選手としての特徴

打撃

卓越した選球眼を誇る[81]。最高出塁率のタイトルを獲得した2011年以降、3年連続でリーグ最多四球を記録した他、2013年には両リーグ最低のボール球スイング率を記録すると同時に[82]、球団記録となる104四球を達成。2013年から2017年まで5年連続で両リーグ最高のボール球見極め率(規定打席到達者中)を記録していた[83][84][85][86][87]。また、2017年にはNPB史上15人目となる通算1000四球を達成したが、鳥谷は歴代達成者の中で通算本塁打が最少である。また、敬遠もわずか24個と少ない方である。

広角に打球を打ち分ける巧みなバットコントロールの持ち主でもあり[88][89][90]、特に左方向への打球が多いことが特徴[91]。2010年は19本塁打のうち左方向へ7本、中方向が3本と左中間で半分以上を占めた[92]。 2006年から2010年までの通算の対右打率.300に対し対左打率.262と左投手を苦手とし、特に左投手の落ちる球を苦手としていた[93]

守備・走塁

2004年の阪神入団から2016年の途中まで遊撃、2016年途中から2017年の序盤までは主に二塁や三塁、2017年の中盤以降は再び遊撃を守っている。入団直後の新人合同自主トレーニングでは、100メートル走で12秒台、50メートル走で5秒75というタイムを記録した[注 2]

かつては、スローイングの正確さや三遊間の打球への対応力の高さを武器に堅守の遊撃手として活躍[95][96]、長年に渡って阪神の正遊撃手を務めた。2006年には490補殺でセ・リーグのシーズン最多補殺記録、2008年にはリーグ16年ぶりの5点台となる簡易RF5.13を記録するなど元々守備の評価は低くなかったものの、2009年シーズンから守備コーチに就任した久慈照嘉の指導の下で守備率を向上させるなどさらに安定感が増し[97]、2010年には両リーグ2位のUZR11.7を記録[98]、2011年には自身初のゴールデングラブ賞を獲得した。2012年にも守備イニング1,000以上の遊撃手で両リーグ4位のUZR10.4を記録した他[99]、2013年にはDELTA社算出のUZRで遊撃手両リーグ1位の28.9を記録[22]

しかし、2014年はDELTA社算出のUZRは遊撃手として-8.1[100]、データスタジアム社算出のUZRは400イニング以上出場した遊撃手としてはリーグワースト2位のUZR-5.3を記録[101]。2015年は守備で足を引っ張るプレーが散見されるようになり[102]、UZRでは最終的に-20.4を記録した(遊撃手としての数値)[103]

2017年からは三塁手へ本格的に転向[104]。三塁手としては自身初のゴールデングラブ賞を受賞した[104]が、UZRでは-13.4にとどまった[105]。さらに、2018年のシーズン序盤には、前述したチーム事情を背景に二塁を守った。ちなみに、鳥谷はWBCで二塁の守備を経験しているが、NPBの公式戦では2017年まで二塁手に起用されたことがなかった。

なお、公式戦通算2000本安打を達成した際には、特定の方向の打球が見えにくくなっていることを告白。2016年のオフシーズンに病院で診察を受けたところ、ストレスが原因であることが判明したため、以降のトレーニングでは身体全般の動きに意味を持たせることを心掛けているという[106]

高校時代には遊撃手兼投手として活躍。当時は、ストレートで最速140km/h台を記録していた。阪神への入団後初めてブルペンで投げた2012年の春季キャンプでは、最速で134 km/hを計測した[107]

評価

2013年には野球選手の総合評価指標WARにおいて阿部慎之助に次ぐ2位を記録する[108]。またベストナインを6回、ゴールデングラブ賞を5回(遊撃手として4回、三塁手として1回)獲得している。

連続試合出場

2004年9月6日の対ヤクルト戦から、2018年5月27日の対巨人戦(いずれも甲子園球場で代打に起用)まで、NPB歴代2位の公式戦1939試合連続出場を記録。その間には、2012年から2016年まで、NPB歴代4位(遊撃手としては歴代1位)の667試合連続フルイニング出場を記録した。このような記録を達成できるほど身体が強いイメージを持たれていることから[109]、現役選手時代に連続試合フルイニング出場の世界記録を樹立した金本と同じく、「鉄人」とも称される[110]

ただし実際には、腰椎、肋骨、背骨、鼻骨を骨折するなど、多数の故障を経験[111][112][51]。このような故障を押して出場を続けていることから、親しい選手や関係者からは、「痛みに強い」と評価されている[113][114][109]

鳥谷自身は、連続試合出場に対するモチベーションとして、「その日しか来られないファンもいるから出続ける」という金本の言葉[115]や、欠場によってポジションを失いかねないことへの恐怖感を挙げており[116]、また、「連続試合出場自体が野球へのモチベーションになっている」とも語っていた[117]

なお、NPB歴代1位の2215試合連続出場の記録保持者である衣笠祥雄が2018年4月22日に71歳で死去した直後には、「記録を意識したことはないが、毎年のキャンプなどで声を掛けていただいたことや、挨拶した時に話をしていただいたことはある」とのコメントを残した[118]。しかし、およそ1ヶ月後(5月29日)の対ソフトバンク戦への出場を見合わせたことによって、自身の連続試合出場記録を歴代2位の1939試合で終えた[119]

代打中心の起用へ移行した2019年には、慶応大学の学生時代に投手として東京六大学野球のリーグ戦で鳥谷と対戦していた田中大貴からの取材に対して、「僕は、1試合、1カード、1カ月、1シーズンというトータルで(プレーを)見てもらった時に意味を為す選手で、日々(試合に)起用してもらってきたからこそ結果が出た。でも、『代打としての1打席や、1度の守備機会や走塁機会で結果を残すにはどうしたらいいか』『(代打要員としての)自分とどう向き合えばいいか』といった課題に対する答えはまだ出ていない。正直なところ、野球生活で初めて、『どうしたらいいのか分からない』という状況に陥っている」「これまでは(常時)試合に出ていたので、身体の状態を確認できた。また、(試合への出場を続けるにつれて)課題が生まれたので、試合前後の調整法や心の向け方を考えることもできた。今年(2019年)も身体は元気だが、『試合に(常時)出ない状況で自分(のコンディション)をどう整えるか』ということを考えると、毎日(の過ごし方)が難しい」と告白している[120]

人物・エピソード

2人の弟も、自身と同じ聖望学園高校へ進学すると野球部に所属。長弟のも内野手で、東京農業大学を経て、ヤマハ硬式野球部社会人野球日本選手権大会出場を経験した。2011年限りで現役を引退してからは、同部のマネジャーを3年間務めた後に、社業へ専念している[121]。末弟の捕手[122]、鳥谷が早稲田大学の3年生だった2002年にネフローゼ症候群を患った影響で、選手生活を断念した[123]。現在は病を克服し、パーソナルトレーナーとして活動している。

小学生時代は柔道でも活躍。得意技は背負い投げ体落とし大外刈りで、東村山市の大会で優勝したり、東京都大会でベスト8に入るなどの好成績を修めていた。

元々は左利きだが、柔道の組み手が右手だったことから、「右手だけでできないことが左手だけでできるはずがない」という実父の考えで右利きに矯正。小学生時代には、野球でも右打席で打っていたが、左利きの癖が抜けていなかった。左手で箸を持ちながら弁当を食べている姿[124]を見た当時の監督から、「左で打ったほうが良い」と言われたことをきっかけに、左打ちの練習を開始。中学への進学を機に野球へ専念するとともに、野球界で活躍している打者の多くが左打ちであることを踏まえて、1年時から本格的に左打ちへ転向した[125]。もっとも当時は、地元球団である西武ライオンズのファンで、右打者の秋山幸二に憧れていたという。

中学時代は両膝の成長痛に苦しみ、中学卒業を機に野球を辞める予定であった。実父からの説得を受けて後に翻意したが、聖望学園高校へ進学してからも、1年夏頃までは野球部の練習を見学するだけにとどめていた[4]

聖望学園高校時代の同級生に、ファッションモデルフォトグラファーとして活動するアルナ(成松阿留奈)がいる。阪神入団後の2016年には、成松が連載を担当する「MENS+ LIFE(雑誌『MENS CLUB』のオンライン版)の企画で、成松との対談が実現した[123]

大学時代には、当時の監督だった野村が1度も怒ったことがないほど、練習や食事の管理へ熱心に取り組んでいた[2]。野村によれば、同大学における6年間の監督生活で、1年生からリーグ戦の全試合に出場させた選手は鳥谷だけという[2]。2年時には、東京六大学野球の春季リーグ戦で三冠王を獲得したものの、秋季リーグ戦では不振を極めた。自身や弟の学費を捻出するために両親が共働きを強いられていたこともあって、将来のMLB挑戦を視野に、NPBの球団で野球を続けることを本格的に意識。当時住んでいた野球部合宿所の自室から、テレビをはじめ、野球に必要のない私物をすべて排除したという[126][127]。このような姿勢から、他の野球部員からは、「筋肉ファンタジー」というニックネームを付けられていた[128]。また、1学年上の和田毅ソフトバンク)にはサインを考案してもらったことがあり、鳥谷は今でも和田が考案したサインを使い続けている。人間科学部スポーツ科学科に在籍し、『打撃動作における下肢の筋電図解析』というテーマで卒業論文を執筆した[129]

阪神入団後も食事に関する自己管理を徹底。入団当初に居住していた選手寮「虎風荘」のスタッフによれば、鳥谷は在寮中にカップラーメン白砂糖を使用した缶コーヒーの類は口にしたことがないと言っていたことを明かしている[130]。一時はグルテンフリー(小麦由来の飲食物を摂取しない食事法)を徹底させていたが、2016年にプロ入り以来最大の不振に陥ったことから、2017年以降は食事に関する制限を緩和している[131]。シーズンオフには毎年ファスティング(断食)で体をリセットしている[132]

早大の先輩であり、また鳥谷の阪神入団時から5年間監督として接した岡田彰布は「チームリーダーというタイプではない。彼は自分のことを黙々とやる選手」と評している。同大学4年のときもキャプテン就任を断ったという[133]

時間や場所を問わずトレーニングに励むことでも有名[134]で、最新の理論を反映させながらトレーニングを続けている[135]。かつてのチームメイトであった赤星が練習量を尋ねたところ、「練習は歯磨きと同じく毎日続けるもので、練習しないと気持ちが悪い」と返答したという[136]。このような姿勢は他のプロ野球選手にも影響を与えており、他球団では特に坂本勇人[137]京田陽太[138]らは鳥谷への敬意を公言している。

阪神3年目の2006年4月からは、打率3割の達成を目標に掲げながら、プロ野球シーズン中に『日刊スポーツ』(大阪本社発行版)で「ロード to 3割」というモノローグ形式のコラムを月に1回のペースで独占的に連載。自身の打撃について月単位で解説する企画で、2010年シーズンに初めて3割を達成してからも、タイトルを「3番道」「向上心」と変えながら続いている。

前述したように、2017年5月24日の対巨人戦で顔面付近に死球を受けたが、鼻と頬骨を黒色のフェースガードを覆いながら翌25日の試合前練習に参加。さらに、金本に対して、スタメンでの出場を直訴した。現役選手時代の2004年に死球で右手首を骨折しながら翌日以降も試合へ出場した経験を持つ金本は、鳥谷の鼻が骨折の影響で大きく腫れていることなどを考慮したうえで、鳥谷からの直訴を形式上は却下した上で[139]結局、同日の巨人戦と翌26日の対DeNA戦(甲子園)には、鳥谷にフェースガードを着用させたうえで代打に起用した[52][140]

社会奉仕活動

2009年にチーム全体で取り組んだ、ペットボトル飲料のキャップ(エコキャップ)を800個集めることでポリオワクチン1本と交換できる福祉活動の一環として、鳥谷自らエコキャップ数千個を持参し、芦屋市内の幼稚園に寄付した[141]

2010年、2011年、2013年のシーズンオフに大阪市立大学付属病院の小児科を慰問しており、その後の訪問にも意欲を見せている[142]

2011年から2018年まで8年連続で計10回、沖縄県立南部医療センター・こども医療センターを訪れ、入院生活を送る子どもたちを激励している[143][144]

2015年4月には、フィリピンなどの貧しい子どもたちに靴を送る活動を行う一般社団法人「レッドバード」の創設に関わった。2014年12月に野球教室を開くためグラブ100個を持参してマニラを訪れた[145][146]ところ、現地の子どもたちの多くが裸足だったのを見て「必要なのはグラブではなく靴だ」と感じたことがきっかけであった。自らも「レッドバード」に理事として参加している。 この活動により、社会のためにスポーツマンシップを発揮した選手やチームを表彰し、アスリートの社会貢献活動を促進させるアワードであるHEROs AWARD 2017を受賞した[147]

2018年10月には、西日本豪雨災害の被災地である広島県坂町の仮設住宅を訪問し、避難生活を続ける被災者との交流を行った[148]

阪神球団も、以上の活動を高く評価。2015年には、球団から第5回若林忠志賞を授与された[149]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2004 阪神 101 261 235 28 59 13 0 3 81 17 2 2 2 0 21 1 3 66 6 .251 .320 .345 .665
2005 146 646 572 82 159 27 1 9 215 52 5 5 10 4 53 3 6 115 11 .278 .343 .376 .719
2006 146 609 543 65 157 28 2 15 234 58 5 3 4 0 60 1 2 111 10 .289 .362 .431 .793
2007 144 642 565 67 154 19 4 10 211 43 7 4 8 1 63 2 5 106 8 .273 .350 .373 .724
2008 144 605 523 66 147 17 6 13 215 80 4 7 5 5 68 2 4 85 10 .281 .365 .411 .776
2009 144 617 538 84 155 31 2 20 250 75 7 7 5 4 65 0 5 83 13 .288 .368 .465 .833
2010 144 651 575 98 173 31 6 19 273 104 13 3 2 5 66 1 3 93 14 .301 .373 .475 .848
2011 144 590 500 71 150 28 7 5 207 51 16 3 3 5 78 0 4 72 10 .300 .395 .414 .809
2012 144 624 515 62 135 22 6 8 193 59 15 4 5 8 94 2 2 91 12 .262 .373 .375 .748
2013 144 643 532 74 150 30 4 10 218 65 15 7 1 2 104 1 4 65 12 .282 .402 .410 .812
2014 144 644 550 96 172 28 2 8 228 73 10 6 1 4 87 3 2 80 14 .313 .406 .415 .821
2015 143 646 551 69 155 21 4 6 202 42 9 6 2 3 89 2 1 77 8 .281 .380 .367 .747
2016 143 533 449 49 106 16 1 7 145 36 13 3 1 6 75 0 2 80 12 .236 .344 .323 .667
2017 143 570 488 57 143 23 3 4 184 41 8 7 1 2 77 3 2 62 13 .293 .390 .377 .767
2018 121 261 220 15 51 11 0 1 65 22 1 1 3 3 34 3 1 37 6 .232 .333 .295 .629
2019 74 105 92 9 19 3 1 0 24 4 1 0 1 0 12 0 0 16 2 .207 .298 .261 .559
NPB:16年 2169 8647 7448 992 2085 348 49 138 2945 822 131 68 54 52 1046 24 46 1239 161 .280 .370 .395 .765
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位























2004 23 セ・リーグ - - - - - - - -
2005 24 - - 9位 - - - - -
2006 25 - - 9位 - - - - 9位
2007 26 - 10位 - 3位 - - - 8位
2008 27 - - - 3位 - 7位 - 4位
2009 28 - - 7位 - - - 8位 6位
2010 29 - 6位 9位 3位 - 4位 - 4位
2011 30 4位 7位 2位 1位 - - 1位 1位
2012 31 - 9位 - 2位 - 10位 5位 1位
2013 32 9位 5位 3位 2位 - 9位 4位 1位
2014 33 7位 7位 - 10位 - 9位 3位 2位
2015 34 7位 4位 - 4位 - - 4位 2位
2016 35 - - - - - - - 6位
2017 36 8位 - - 8位 - - 4位 5位
2018 37 - - - - - - - -
2019 38 - - - - - - - -
  • -は10位未満(打率、出塁率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

WBCでの打撃成績

















































O
P
S
2013 日本 7 22 15 4 4 1 1 1 13 2 1 0 2 1 4 0 0 2 0 .267 .400 .667 1.067

年度別守備成績



二塁 三塁 遊撃




































2004 阪神 - 30 13 34 0 1 1.000 52 69 101 4 16 .977
2005 - - 146 201 477 10 86 .985
2006 - - 146 213 490 21 100 .971
2007 - - 144 196 446 11 81 .983
2008 - - 144 263 476 15 107 .980
2009 - - 144 204 467 7 80 .990
2010 - - 140 205 443 7 98 .989
2011 - - 136 192 389 5 66 .991
2012 - - 144 215 468 12 77 .983
2013 - - 144 213 476 4 98 .994
2014 - - 144 208 363 5 77 .991
2015 - - 143 207 380 14 63 .977
2016 - 17 8 36 2 1 .957 118 156 286 10 42 .978
2017 - 138 80 190 9 10 .968 -
2018 28 33 35 2 7 .971 32 18 37 3 6 .948 2 1 2 0 0 1.000
2019 - - 14 12 28 1 11 .976
通算 28 33 35 2 7 .971 217 119 297 14 18 .967 1761 2555 5292 126 1002 .984

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
  • 1000本安打:2010年10月5日、対東京ヤクルトスワローズ24回戦(明治神宮野球場)、3回表に橋本義隆から中越適時二塁打 ※史上262人目
  • 1000試合出場:2011年5月22日、対埼玉西武ライオンズ1回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に代打で出場 ※史上442人目
  • 100本塁打:2012年9月15日、対読売ジャイアンツ23回戦(東京ドーム)、4回表にD.J.ホールトンから右越ソロ ※史上266人目
  • 1500本安打:2014年5月29日、対埼玉西武ライオンズ2回戦(阪神甲子園球場)、5回裏に菊池雄星から左前安打 ※史上115人目
  • 1500試合出場:2014年8月9日、対広島東洋カープ15回戦(京セラドーム大阪)、3番・遊撃手で先発出場 ※史上183人目
  • 1000三振:2015年6月13日、対オリックス・バファローズ2回戦(京セラドーム大阪)、3回表に金子千尋の前に見逃し三振 ※史上59人目
  • 300二塁打:2016年5月14日、対横浜DeNAベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、9回表に山﨑康晃から右越二塁打 ※史上66人目
  • 2000本安打:2017年9月8日、対横浜DeNAベイスターズ18回戦(阪神甲子園球場)、2回裏に井納翔一から右中間適時二塁打 ※史上50人目
  • 1000四球:2017年10月10日、対中日ドラゴンズ25回戦(阪神甲子園球場)、5回裏に三ツ間卓也から ※史上15人目
  • 2000試合出場:2018年5月4日、対中日ドラゴンズ6回戦(阪神甲子園球場)、7回裏にディエゴ・モレノの代打で出場 ※史上51人目
その他の記録
  • 連続試合出場:1939試合(2004年9月9日 - 2018年5月27日、歴代2位)[156] ※2017年4月19日の対中日ドラゴンズ2回戦(ナゴヤドーム)で1767試合連続試合出場を達成したことによって、歴代2位に浮上。
  • 連続試合フルイニング出場:667試合(2012年3月30日 - 2016年7月23日) ※歴代4位記録、遊撃手としては日本記録
  • 遊撃手シーズン最多打点:104(2010年) ※日本記録
  • 遊撃手シーズン最多補殺:490(2006年) ※セ・リーグ記録
  • シーズン100四球(2013年) ※史上21人目
  • シーズン四球:104(2013年) ※球団記録
  • 月間安打:43(2010年8月) ※球団記録
  • 連続試合出塁:47(2013年7月 - 9月) ※球団記録およびセ・リーグ歴代3位タイ記録
  • 月間得点:30(2014年4月) ※球団記録
  • オールスターゲーム出場:7回(2005年、2006年、2012年 - 2015年、2017年)
  • 13年連続シーズン100安打(2005年 - 2017年) ※球団記録

背番号

  • 1 (2004年 - 2019年):2013年シーズンをもって、阪神の歴代選手の中で一番長くこの番号を背負った選手となった。
  • 00 (2020年 - )

登場曲

代表歴

関連情報

出演

CM
2008年12月 - 「上新電機2009賀正・今年もJoshin・初売り」に出演
2009年12月 - 「上新電機平成二十二年虎年・虎夢セール・元旦から」に出演
2010年1月 - 「上新電機平成二十二年虎年・虎夢セール・開催中」に出演
2011年1月 - 「上新電機『企業』今年もJoshin・初売・元旦から営業」    
「上新電機『企業』今年もJoshin・お年玉セール・開催中」に出演 
2011年12月 - 「上新電機『企業』今年もJoshin・初売・最新家電・元旦から営業」に出演
2012年1月 - 「上新電機『企業』今年もJoshin・お年玉セール・最新家電・開催中」に出演
テレビ
「伝統の巨人-阪神戦SP」に出演。先攻の阪神側・後攻の巨人側が交互に深イイ話を紹介し深イイの数で勝敗を競うという特別ルールの下、阪神側が勝利した。掛布雅之江川卓と共演
桧山進次郎浅井良と共演。「タイガースの選手なら知ってて当たり前クイズ」にて全問不正解を記録し、罰ゲームとして2010年シーズン1回目のヒーローインタビューの時、最後に「あとジャイケルマクソンもよろしく」と言うことを約束させられ、4月30日のヒーローインタビューにて実行した。
「にらめっこバトル」にて3名のお笑い芸人相手に一回も笑わず、涌井秀章に対し勝利を収めた。
「猛虎がMLBを語る」に出演。金本知憲新井貴浩と共演・対談
濱中治関本賢太郎と共演・対談
  • 熱血!!タイガース党(サンテレビ)系:2012年12月07日
  • WBC三連覇へ日本の誇り (TBS)系:2013年3月7日
  • カワスポ (毎日放送):2013年3月30日
アナウンサー・河田直也と対談
「アニキの部屋」に出演。 金本知憲と共演・対談
スペシャルゲストとして生出演
  • THE GOLDEN BATTLE 2013 絶対にありえない究極のスペシャルマッチ(フジテレビ)系:2013年12月24日
「プロ野球VSソフトボール上野」に出演。自身は上野由岐子相手に番組史上初のマルチ安打を記録するも敗北。中田翔糸井嘉男と共演
  • 熱血!!タイガース党(サンテレビ)系:2014年2月7日
福本豊湯浅明彦と対談
  • 虎バン(朝日放送):2014年2月16日
「鉄人対談」にて金本知憲と対談
赤星憲広と対談
  • 虎バン(朝日放送):2015年3月21日
「Cross over」にて阪神タイガースファンで俳優佐藤隆太と対談
  • 鳥谷敬×青木宣親~同級生 初めて本音で話しました~(NHK BS1):2017年12月31日
早稲田大学時代のチームメイト・青木宣親と対談
小籔千豊本田望結こいで(シャンプーハット)と対談

出版物

著書

  • キャプテンシー角川書店、2016年3月。ISBN 978-4040820682

その他

  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2011年(株式会社ハゴロモ):2010年12月
  • 鳥谷敬 BASEBALL LOG BOOK 1981-2011(株式会社パムズ):2011年8月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2012年(株式会社ハゴロモ):2011年12月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2013年(株式会社ハゴロモ):2012年12月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2014年(株式会社ハゴロモ):2013年12月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2015年(株式会社ハゴロモ):2014年12月

漫画

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 阪神では、2012年と2016年に、投手・野手別のキャプテン制度を敷いていた。しかし、鳥谷は、2016年限りで野手キャプテンを勇退。同年の投手キャプテンだった福原忍も現役を引退したことから、2017年にはこの制度を再び廃止する代わりに、2013年〜2015年に採用していたチームキャプテン制度を復活させた(参照)。[1]
  2. ^ 鳥谷は「50メートルはこれまで6秒台。なにかの間違い」と語っている。また5秒75は日本記録であるが、鳥谷のタイムは非公式の手動計時である[94]

出典

  1. ^ a b 虎・金本監督、鳥谷を5年連続野手キャプテンに指名「自覚もって」SANSPO.COM 2015年12月7日、2016年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c d 鳥谷西武ファンも入団決め手は「土」/早大恩師寄稿 日刊スポーツ、2017年9月9日。
  3. ^ 第32回 日米大学野球選手権大会 オールジャパンメンバー全日本大学野球連盟
  4. ^ a b c d 阪神鳥谷獲得したスカウトがホレた「野球への姿勢」 日刊スポーツ、2017年9月9日。
  5. ^ 『二岡をコンバート』 鳥谷の思いを逆なでした巨人の約束
  6. ^ 楊枝秀基『阪神タイガースのすべらない話』フォレスト2545新書、2014年、46頁。
  7. ^ 2004年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果NPB日本野球機構
  8. ^ 鳥谷1号逆転V弾!止まらぬ勢い開幕5戦連続H スポーツニッポン、2010年6月30日閲覧。
  9. ^ ゴールデングラブ賞に異議アリ。鳥谷敬の守備力に正当な評価を!”. Number Web. 2009年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月5日閲覧。
  10. ^ 鳥谷 メジャーか残留かは「正直、五分五分」 スポーツニッポン、2012年10月11日
  11. ^ 阪神鳥谷9年目初ダウンも気合の一発更改 日刊スポーツ、2012年12月8日
  12. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  13. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト、2015年4月2日閲覧
  14. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表メンバー 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  15. ^ 【阪神】鳥谷が連続出場記録で単独3位 日刊スポーツ、2013年7月7日
  16. ^ 阪神鳥谷、球宴でも伝説の盗塁を再現 日刊スポーツ、2013年6月25日
  17. ^ 鳥谷4番の仕事!セ4位45戦連続出塁デイリースポーツ、2013年9月14日
  18. ^ 【阪神】鳥谷、連続試合出塁47で止まる 日刊スポーツ、2013年9月17日
  19. ^ 【阪神】鳥谷、真弓氏以来遊撃4番も不発 日刊スポーツ、2013年8月30日
  20. ^ 虎鳥谷2年連続フル出場&球団新104四球 日刊スポーツ、2013年10月9日
  21. ^ 2013年第42回ゴールデングラブ賞 結果・投票数
  22. ^ a b 『セイバーメトリクスマガジン2』デルタクリエイティブ、2013年11月7日、P.182
  23. ^ 『セイバーメトリクスマガジン2』デルタクリエイティブ、2013年11月7日、P.220
  24. ^ 阪神・鳥谷2000万増の3億円で単年契約 デイリースポーツ、2013年12月12日
  25. ^ 鳥谷、背中の張りで欠場 阪神ベストオーダー一度も試せず スポーツニッポン、2014年3月22日
  26. ^ 和田監督、開幕オーダー「決まった」1番鳥谷3番西岡 スポーツ報知、2014年3月20日
  27. ^ 阪神鳥谷4月30得点の球団新記録日刊スポーツ、2014年4月30日
  28. ^ 阪神鳥谷 現役最年少1500安打達成 日刊スポーツ、2014年5月30日
  29. ^ 鳥谷3年連続フルイニング出場達成 日刊スポーツ、2014年3月22日
  30. ^ 鳥谷の代理人に超敏腕ボラス氏決定 デイリースポーツ、2014年11月13日
  31. ^ 阪神、鳥谷残留が正式決定! 和田監督「いい結論を出してくれた」 サンケイスポーツ、2015年1月9日
  32. ^ 優勝したい気持ちより強く/鳥谷一問一答 nikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年1月23日
  33. ^ 日刊スポーツ 大阪版 2015年1月23日付1面
  34. ^ 阪神鳥谷が球団歴代3位1740安打!和田監督超えnikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年9月3日
  35. ^ 阪神福留、06年以来ベストナイン 鳥谷3年連続nikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年11月24日
  36. ^ 阪神・金本監督 納会で「鳥谷、福留、ゴメス以外ポジション空いてる」東京スポーツ、2015年11月24日
  37. ^ 阪神金本新監督、鳥谷よ変われ!全て物足りなさすぎnikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年10月21日
  38. ^ a b 阪神「不動」の遊撃・鳥谷 打順「浮動」の皮肉 産経WEST、2016年5月31日
  39. ^ 阪神鳥谷600試合連続フルイニング出場 遊撃手初 nikkansports.com(日刊スポーツ)、2016年4月25日
  40. ^ 鳥谷&ゴメス復活打 リーグ再開黒星発進も光明見えた スポーツニッポン、2016年6月25日
  41. ^ 阪神鳥谷最悪発進、致命的野選に球団史上最多三振日刊スポーツ、2016年7月19日
  42. ^ 阪神・鳥谷スタメン落ち 連続フルイニング出場667試合でストップ 東スポWeb 2016年7月24日
  43. ^ 阪神鳥谷12年ぶり三塁守備 6番三塁で先発 日刊スポーツ 2016年9月3日
  44. ^ 鳥谷、来季は遊撃で勝負!金本監督に直訴していた 将「同じなら若い方でいく」 デイリースポーツ 2016年12月7日
  45. ^ 鳥谷 降雨中断で連続試合出場途切れる危機も…サヨナラ勝ちに貢献スポーツニッポン 2016年9月30日
  46. ^ “金本監督絶賛!北條がキャンプ筆頭MVP「かなり完ぺき」”. スポーツニッポン. (2017年3月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/01/kiji/20170301s00001173112000c.html 2017年3月3日閲覧。 
  47. ^ “阪神・北條レギュラー内定 金本監督「使わないわけにはいかない」”. 東京スポーツ. (2017年3月1日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/657347/ 2017年3月9日閲覧。 
  48. ^ “鳥谷14年目で初の開幕サード 「恐ろしい」苦笑いも鮮やか守備”. デイリースポーツ. (2017年3月1日). https://www.daily.co.jp/tigers/2017/03/31/0010051107.shtml 2017年4月3日閲覧。 
  49. ^ “鳥谷 金本監督抜いた!歴代単独2位の1767試合連続出場達成”. スポーツニッポン. (2017年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/19/kiji/20170419s00001173276000c.html 2017年4月19日閲覧。 
  50. ^ “阪神鳥谷、歴代2位連続出場ピンチ 顔面付近に死球”. 日刊スポーツ. (2017年5月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1829057.html 2017年5月25日閲覧。 
  51. ^ a b “頭部死球の阪神鳥谷は鼻骨骨折 抹消せず練習参加”. 日刊スポーツ. (2017年5月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1829349.html 2017年5月25日閲覧。 
  52. ^ a b ““バットマン”鳥谷、六回に代打で登場 甲子園大歓声!連続出場記録も更新”. デイリースポーツ. (2017年5月25日). https://www.daily.co.jp/tigers/2017/05/25/0010223273.shtml 2017年5月25日閲覧。 
  53. ^ “阪神鳥谷、歴代2位連続出場ピンチ 顔面付近に死球”. 日刊スポーツ. (2017年6月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1836122.html 2017年6月7日閲覧。 
  54. ^ “マイナビオールスターゲーム2017 ファン投票結果”. 日本野球機構. (2017年6月26日). http://npb.jp/allstar/2017/ballotresult.html 2017年6月26日閲覧。 
  55. ^ 鳥谷2000安打達成 藤田平氏に次ぐ生え抜き2人目、甲子園での達成は虎史上初-タイガース-デイリースポーツ online
  56. ^ “阪神鳥谷14年目大台到達は日本人最速/データ”. 日刊スポーツ. (2017年9月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1885015.html 2017年9月9日閲覧。 
  57. ^ “阪神鳥谷2000安打!藤田平に次ぐ生え抜き2人目”. 日刊スポーツ. (2017年9月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1881773.html 2017年9月9日閲覧。 
  58. ^ “阪神鳥谷2001安打目サヨナラ「正直ホッとした」”. 日刊スポーツ. (2017年9月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1881773.html 2017年9月10日閲覧。 
  59. ^ “阪神鳥谷10日中日戦で4の4以上なら打率3割締め”. 日刊スポーツ. (2017年10月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710090000367.html 2017年10月16日閲覧。 
  60. ^ “阪神鳥谷が通算1000四球、史上15人目の偉業”. 日刊スポーツ. (2017年10月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710100000657.html 2017年10月11日閲覧。 
  61. ^ “阪神鳥谷が二塁で早出特守 今春からコンバート”. 日刊スポーツ. (2018年2月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802150000347.html 2018年2月16日閲覧。 
  62. ^ “阪神・鳥谷 球団歴代最多の2011試合出場達成”. スポーツニッポン. (2018年5月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/18/kiji/20180518s00001173273000c.html 2018年5月19日閲覧。 
  63. ^ “阪神鳥谷の連続出場ストップ 歴代2位1939試合”. 日刊スポーツ. (2018年5月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805240000481.html 2018年5月29日閲覧。 
  64. ^ a b “阪神鳥谷2年ぶり遊撃守備、球団最多安打は足踏み”. 日刊スポーツ. (2018年9月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809280000871.html 2018年10月5日閲覧。 
  65. ^ “阪神鳥谷15年連続本塁打「悲しいんだか」最遅苦笑”. 日刊スポーツ. (2018年8月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201808180000820.html 2018年10月5日閲覧。 
  66. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.49.
  67. ^ “阪神鳥谷が球団最多打「今まで積み重ねてきた結果」”. 日刊スポーツ. (2018年10月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810040000965.html 2018年10月5日閲覧。 
  68. ^ “鳥谷選手球団歴代最多安打記録を更新”. 阪神タイガース. (2018年10月4日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5839.html 2018年10月5日閲覧。 
  69. ^ “阪神・鳥谷、引退を覚悟!来季5年契約の最終年「若い選手に負けない」”. サンケイスポーツ. (2018年12月6日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181206/tig18120605040003-n1.html 2018年12月8日閲覧。 
  70. ^ “阪神鳥谷16年目で初の開幕先発落ちも意地の一撃”. 日刊スポーツ. (2019年3月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903290001393.html 2019年3月29日閲覧。 
  71. ^ a b “阪神鳥谷94打席目で今季初打点 退団表明後初安打”. 日刊スポーツ. (2019年9月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909110001221.html 2019年9月12日閲覧。 
  72. ^ “阪神・鳥谷と球団が進退について会談 今季は本塁打・打点ゼロ”. 毎日新聞. (2019年8月30日). https://mainichi.jp/articles/20190830/k00/00m/050/214000cl 2019年9月2日閲覧。 
  73. ^ “鳥谷が今季限りで阪神退団へ引退勧告、38歳の内野手”. デイリースポーツ. (2019年8月31日). https://www.daily.co.jp/baseball/2019/08/31/0012657406.shtml 2019年9月2日閲覧。 
  74. ^ “阪神、逆転CSへ一丸 シーズン最終戦は9・30に決定 一日でも長く鳥谷と…”. スポーツニッポン. (2019年9月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/10/kiji/20190910s00001173028000c.html 2019年9月12日閲覧。 
  75. ^ "【ロッテ】阪神退団の鳥谷敬を獲得へ…井口監督と師弟関係、大筋合意". スポーツ報知. 報知新聞社. 10 March 2020. p. 1. 2020年3月10日閲覧
  76. ^ 阪神退団の鳥谷 ロッテ入団へ NHK2020年3月10日
  77. ^ 新規支配下選手登録 2020年度公示” (日本語). NPB.jp. 日本野球機構 (2020年3月11日). 2020年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月11日閲覧。
  78. ^ ロッテが前阪神・鳥谷敬を年俸1600万円で獲得!背番号00…各球団発表、10日去就は?”. Full-Count. 2020年3月13日閲覧。
  79. ^ ロッテ鳥谷敬が移籍後初安打 直球をセンター前に”. 日刊スポーツ (2020年7月18日). 2020年7月22日閲覧。
  80. ^ ロッテ・鳥谷敬が移籍初スタメンも…無安打 井口監督の起用に応えられず”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2020年7月23日). 2020年7月27日閲覧。
  81. ^ 鳥谷、2000安打達成 努力の「鉄人」 打撃円熟 新人から主力、選球眼抜群 日本経済新聞 2017年9月9日
  82. ^ 『2014プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2014年、127頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  83. ^ 2013年度選球眼関連(ボール球見極め率&ストライクゾーンスイング率) データで楽しむプロ野球
  84. ^ 2014年度選球眼関連(ボール球見極め率&ストライクゾーンスイング率) データで楽しむプロ野球
  85. ^ 2015年度選球眼関連(ボール球見極め率&ストライクゾーンスイング率) データで楽しむプロ野球
  86. ^ 2016年度選球眼関連(ボール球見極め率&ストライクゾーンスイング率) データで楽しむプロ野球
  87. ^ 2017年度選球眼関連(ボール球見極め率&ストライクゾーンスイング率) データで楽しむプロ野球
  88. ^ お見事!虎・鳥谷、ミラクル弾ぶち込んだ「たまたまです」 SANSPO.COM 2014年5月19日
  89. ^ 鳥谷に“復活の兆し” 阪神OB「リーダーから解放され力みなくなった」 ZAKZAK 2017年4月7日
  90. ^ 阪神:自分に厳しい努力家 2000安打達成の鳥谷 毎日新聞 2017年9月8日
  91. ^ 金本監督が求める阪神鳥谷の長打力 新しい打撃アプローチは不振の要因か Full-count 2016年7月18日
  92. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰『プロ野球スカウティングレポート2011』廣済堂出版、2011年、306頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  93. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』白夜書房、2010年、55頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  94. ^ 赤星より速かった鳥谷、50メートル走5秒75”. サンスポ.com. 2005年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月28日閲覧。
  95. ^ 投高打低時代は守備を堪能する!?阪神・鳥谷敬が魅せるプロの技。 Number Web 2012年5月7日
  96. ^ Baseball Lab守備評価~Short Stop”. SMRベースボールLab. 2011年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月17日閲覧。
  97. ^ 久慈コーチ 鳥谷に「初の直接指導」守備力向上だ スポニチアネックス 2008年11月1日[リンク切れ]
  98. ^ 月刊スラッガー』2011年5月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-5、45頁。
  99. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy, 蛭川皓平、高多薪吾、Student, 水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』水曜社、2013年、55頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  100. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、市川博久、大南淳『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート4』水曜社、2015年、163頁。ISBN 978-4-88065-357-0
  101. ^ 『2015プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、25頁。ISBN 978-4-905411-26-0
  102. ^ “3度目やで!鳥谷のゆるい守備から虎投壊…10失点で4連敗”. SANSPO.COM(サンスポ): p. 3. (2015年6月15日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150615/tig15061505040010-n3.html 2015年10月8日閲覧。 
  103. ^ 問われる金本監督の手腕 遊撃・鳥谷の起用法が阪神の浮沈のカギに?”. フルカウント. p. 2 (2016年3月23日). 2016年5月12日閲覧。
  104. ^ a b 阪神・鳥谷、三塁ではGG初受賞「辞めるまでうまくなれる」(スポニチ)”. 毎日新聞 (2017年12月1日). 2017年12月2日閲覧。
  105. ^ 1.02 - Essence of Baseball”. DELTA Inc.. 2017年12月2日閲覧。
  106. ^ “鳥谷は不死鳥!天国の友に託された夢が不屈の闘志へ”. 日刊スポーツ: p. 2. (2017年9月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1885006-2.html 2017年9月10日閲覧。 
  107. ^ 鳥谷が134キロ&球児が柵越え2発…虎“交換”トレ スポーツニッポン、2012年2月4日
  108. ^ 岡田友輔、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート3』水曜社、2014年、109、115頁。ISBN 978-4-88065-340-2
  109. ^ a b とにかくケガに強いし痛みに強い」ロッテ・井口が語る阪神・鳥谷のストロングポイント スポーツ報知 2017年4月19日
  110. ^ 祝2000安打!鉄人・鳥谷が見せた“大丈夫だぁ魂” デイリースポーツ online 2017年9月9日
  111. ^ 阪神鳥谷 単独2位連続試合出場/主な故障メモ 日刊スポーツ2017年4月20日
  112. ^ 首位渡さん!阪神・鳥谷、決勝二塁打でVイヤー以来の竜戦7連勝 SANSPO.COM 2015年9月5日
  113. ^ 伊藤トレーナーが語る鳥谷の武器 痛みへの強さ、体の強さが超一流 スポニチアネックス 2017年9月8日
  114. ^ ソフトバンク和田、鳥谷を語る「骨折隠して試合に」 日刊スポーツ 2017年9月8日
  115. ^ 鳥谷 鉄人魂継承「それを胸に…」1169試合連続出場 スポニチアネックス 2012年9月24日
  116. ^ 阪神鳥谷、印象に残る1本はプロ初安打/一問一答 日刊スポーツ 2017年9月9日
  117. ^ 鳥谷 フルイニング出場をモチベーションに「怖さある」 スポニチアネックス 2016年1月26日
  118. ^ 阪神・鳥谷、衣笠氏へ感謝の大記録超えへ「調子上げていく」 サンケイスポーツ 2018年4月25日
  119. ^ 阪神・鳥谷 連続試合出場 歴代2位の1939試合でストップ「いつかは止まるもの」スポーツニッポン 2018年5月29日
  120. ^ 「どうしたらいいかわからない」阪神・鳥谷敬が吐露した弱音。NumberWeb 2019年9月2日
  121. ^ 阪神・鳥谷、兄の素顔 家族に明かした決意”. サンケイスポーツ (2017年9月9日). 2017年9月11日閲覧。
  122. ^ “【埼玉】聖望学園・田島一憲君 期待は甲子園の先へ”. asahicom. (2004年7月26日). https://www.asahi.com/koshien2004/nanboku/MYT200407260243.html 2020年3月25日閲覧。 
  123. ^ a b “阪神タイガース 鳥谷 敬選手、スペシャル同級生インタビュー(3)”. MENS CLUB. (2017年8月8日). http://www.mensclub.jp/lifestyle/sports/aruna17_0808/(page)/3/ 2017年11月21日閲覧。 
  124. ^ [1]
  125. ^ “【アルナ的ファッションポートレート】阪神タイガース 鳥谷 敬選手、スペシャル同級生インタビュー(1)”. エスクァイア. (2017年8月8日). https://www.esquire.com/jp/lifestyle/sports/a186826/lifestyle-sports-aruna17-0808/ 2019年4月5日閲覧。 
  126. ^ 『日刊スポーツ』大阪本社発行版2017年9月9日付最終面「TAKASHI TORITANI 向上心」特別手記
  127. ^ “早大同期の青木が鳥谷祝福「当時からストイック」不振の時テレビを…”. スポーツニッポン. (2017年9月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/09/kiji/20170908s00001173500000c.html 2017年9月10日閲覧。 
  128. ^ 【阪神】「鳥谷伝説」ストイックでおちゃめな背番号1 スポーツ報知 2017年9月9日
  129. ^ 広島川口、早大先輩の鳥谷抑えたい!! 日刊スポーツ、2009年12月19日。
  130. ^ 金本を超えるのはこの男だ!「新・鉄人」鳥谷伝説の行方は…”. ZAKZAK. 2011年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月13日閲覧。
  131. ^ “鳥谷“2000安打秘話” 早大時代の僚友が明かす「猛虎ヒットマン」知られざる一面”. 東京スポーツ. (2017年9月9日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000012-tospoweb-base 2017年9月9日閲覧。 
  132. ^ “【阪神】鳥谷を支えた玄米食と昨季の屈辱…足かけ14年で金本監督に並んだ1766試合連続出場”. スポーツ報知. (2017年4月19日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170419-OHT1T50002.html 2017年4月19日閲覧。 
  133. ^ 岡田彰布 (2014/3/7). そら、そうよ ~勝つ理由、負ける理由. 宝島社. ISBN 978-4800217967 p.p.169,173,174
  134. ^ 【弟・司さんインタビュー】阪神・鳥谷、兄の素顔 家族に明かした決意 SANSPO.COM 2017年9月9日
  135. ^ 阪神・鳥谷、努力と周到な準備が支えた2000安打 日本経済新聞 2017年9月12日
  136. ^ 2000本安打「鳥谷敬」練習は歯磨きと一緒のストイック男 Smart FLASH 2017年9月14日
  137. ^ 第2回 坂本勇人「鳥谷さんは尊敬できる存在」 週刊ベースボールONLINE 2014年11月20日
  138. ^ 中日京田「目がハートになる」愛貫く憧れ選手を即答 日刊スポーツ 2017年12月2日
  139. ^ “【阪神】金本監督「鳥谷は守ってやらないと」…一問一答”. スポーツ報知. (2017年5月26日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170525-OHT1T50241.html 2017年5月26日閲覧。 
  140. ^ “バットマン阪神鳥谷 連続出場伸ばすも悔し代打左飛”. 日刊スポーツ. (2017年5月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1830411.html 2017年5月27日閲覧。 
  141. ^ 阪神鳥谷がエコ“キャップ”テン 日刊スポーツ、2009年12月25日
  142. ^ 阪神、鳥谷、3度目の病院訪問「継続していきたい」 サンケイスポーツ、2014年1月28日
  143. ^ 「若林忠志賞」に鳥谷 沖縄の医療センター訪問で社会貢献 スポーツニッポン、2015年11月24日
  144. ^ 鳥谷選手 闘病の子励ます/南部医療センター 沖縄タイムス、2018年2月6日
  145. ^ 鳥谷「あしながおじさん」になる 恵まれない子へ靴 日刊スポーツ、2015年5月2日。
  146. ^ 「フィリピンの子に靴を」鳥谷選手ら沖縄拠点に支援団体 沖縄タイムス、2015年5月2日。
  147. ^ HEROsAWARD HEROsAWARD 
  148. ^ 今日から阪神ファン? 2018年10月18日
  149. ^ 「若林忠志賞」に鳥谷 沖縄の医療センター訪問で社会貢献 スポーツニッポン、2015年11月24日
  150. ^ “ヤナセ・プロ野球MVP賞、2010年度は4球団が対象”. e燃費. (2010年12月27日). https://e-nenpi.com/article/detail/149846 2018年2月28日閲覧。 
  151. ^ “虎・鳥谷、子供服プレゼントに大喜び「シーズンMVPも獲りたい」”. サンケイスポーツ. (2015年3月26日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20150326/tig15032605030004-n1.html 2019年4月11日閲覧。 
  152. ^ “宮本恒靖氏、阪神・鳥谷らが初代「HEROs AWARD」受賞 審査員に香取慎吾さんら”. THE ANSWER. (2017年12月12日). http://news.livedoor.com/article/detail/14018197/ 2018年10月20日閲覧。 
  153. ^ “公式戦通算2000試合出場達成の鳥谷敬選手を表彰”. 阪神タイガース公式サイト. (2018年5月16日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5568.html 2018年10月20日閲覧。 
  154. ^ “関西スポーツ賞に2団体7個人 柔道・阿部詩ら” (プレスリリース), 神戸新聞NEXT, (2018年1月9日), https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201801/0010883170.shtml 2018年1月16日閲覧。 
  155. ^ “阪神・鳥谷、ドレッサーアワードで逆襲誓う「来年はビリにならないように」”. デイリースポーツ|date=2018-12-8. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000090-dal-base 2018年12月8日閲覧。 
  156. ^ 金本監督 託した!来季も鳥谷キャプテン「グイグイ前に出て」 スポーツニッポン(2015年10月31日)2015年12月4日閲覧

関連項目

外部リンク