鳥谷敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥谷 敬
阪神タイガース #1
HT-Takashi-Toritani.jpg
2008年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都東村山市
生年月日 (1981-06-26) 1981年6月26日(35歳)
身長
体重
180 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手三塁手二塁手
プロ入り 2003年 自由獲得枠
初出場 2004年4月2日
年俸 4億円(2017年)
※2015年から5年契約[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2013年

鳥谷 敬(とりたに たかし、1981年6月26日 - )は、阪神タイガースに所属する東京都東村山市出身のプロ野球選手内野手)。

阪神への入団後には、2010年と2011年に選手会長、2012年・2016年に野手キャプテン、2013年から2015年までチームキャプテンを務めた[注釈 1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

3兄弟の長男として出生した後に、白梅女子短期大学付属幼稚園、東村山市立八坂小学校から羽村市へ移住。羽村市立小作台小学校に転校。小学生時は東村山ジュニアメッツ、小作台少年野球クラブに所属し、野球の他に柔道もやっていた。元々は左利き右利きに矯正されたため小学校の途中まで右打ちだったが、左手に箸を持ち弁当を食べていたのを見た監督から「左で打ったほうがいい」と言われたのがきっかけで左打ちに転向した。羽村第一中学校時代は西東京支部の瑞穂シニアに所属。

聖望学園高校では3年夏に遊撃手兼投手として第81回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の日田林工高校戦ではリリーフとして登板し、最速143 km/hを計測したが敗退した。

高校卒業後は早稲田大学人間科学部スポーツ科学科)に進学し、遊撃手に専念。後藤武敏と並んで東京六大学野球連盟史上最速タイとなる2年春での三冠王を達成し、4年春には当時のリーグ記録となる19四死球を記録。4年秋には2度目の首位打者を獲得し、ベストナインにも通算5度選出された。主に3番を打ち、同期の青木宣親比嘉寿光由田慎太郎らと共に中心選手としてリーグ戦4連覇に貢献。大学通算96試合出場、345打数115安打打率.333, 11本塁打、71打点。卒業論文テーマは『打撃動作における下肢の筋電図解析』[3]

2003年ドラフト会議において自由獲得枠で阪神に入団。この時読売ジャイアンツ(巨人)・西武ライオンズ横浜ベイスターズも鳥谷の獲得を目指していたが、天然芝でのプレーを望んでいた鳥谷は「お金で自分の将来を決めたくない。そんな人間だと思われるのが一番嫌だ」と語り[4]、阪神を選んだ。

プロ入り後[編集]

2004年

大物新人選手としてキャンプオープン戦から注目され、藤本敦士とポジションを争った。7番遊撃手で開幕先発出場し、プロ初安打を記録したが、その後は結果を出せず、開幕5試合でスタメンを外れ、6試合目からは藤本に正遊撃手を譲った。シーズン前半は主に代打三塁手に出場機会が限られ、77打数13安打・打率.169とプロの壁に苦しんだ。藤本がアテネオリンピック野球日本代表としてチームを離れた8月と藤本が不振に陥った9月中旬からシーズン終了までは再び遊撃手として先発出場する機会を得て、シーズン後半は158打数46安打・打率.291と持ち直し、最終的に打率.251, 3本塁打、17打点に終わった。

2005年

藤本が二塁手コンバートされ、開幕から遊撃手として全試合出場。2番を打っていた藤本と関本健太郎の打撃不振によりセ・パ交流戦以降は2番打者に定着。打率.278, 9本塁打、52打点の成績を残し、サヨナラ本塁打を2本放つなどチームの優勝に貢献。自身初のオールスターゲームにも出場し、千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズにも出場した。オフには高校の1年先輩で野球部マネージャーだった女性と結婚。

2006年

シーズン前半は主に7番遊撃手、シーズン後半は6番遊撃手として全試合フルイニング出場。6月1日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で愛敬尚史から逆転2ラン本塁打、2日の対福岡ソフトバンクホークス戦では斉藤和巳からソロ本塁打とタイムリー二塁打、3日の対ソフトバンク戦では藤岡好明からサヨナラ安打を放ち、3日連続でヒーローインタビューに立った。ファン投票選出で2年連続でオールスターゲームに出場。9月前半まで打率3割台を維持したが、シーズン最終盤に成績を落とし、最終成績は打率.289, 15本塁打、58打点だった。9月に長男が誕生。

2007年

赤星憲広に代わり主に1番打者として全試合出場したが好不調の差が激しく、打率.273, 10本塁打、43打点と打撃成績が前年よりも落ち込んだ。7月24日の対中日ドラゴンズ戦で遊撃手として340試合連続フルイニング出場のプロ野球記録を樹立し、9月28日の398試合まで記録を伸ばしたが、25日の試合で受けた死球の影響で翌29日に途中交代した。同年オフにレーシック手術を受け視力が回復した[5]

2008年

開幕から「6番・遊撃手」として一軍公式戦に出場。シーズン前半は3割を超える打率で、勝負強さも見せた。夏場に新井貴浩が離脱した際には3番や5番に入ったが調子を落とした。不調だった今岡誠が9月に復帰した後は再び6番に戻り、打率.281, 13本塁打、自己最多の80打点を記録。10月19日のクライマックスシリーズ対中日戦では1試合2本塁打を放った。守備では簡易RF5.13を記録したが、ゴールデングラブ賞受賞はならなかった[6]。同年は自身2度目の全試合フルイニング出場も達成してベストナインを初受賞。9月13日に次男が誕生。

2009年

開幕から「3番・遊撃手」として一軍公式戦に出場。4月終了時点で90打数30安打14打点と好調だったが、5月に不調に陥り、打順も7番に降格し、チャンスで代打を送られるなど苦しんだ。シーズン後半は完全復調して打順も3番に戻り、打率.288, 自身初の20本塁打、75打点を記録。安打、得点、打率、長打率OPSはチーム1位。守備でも遊撃手としてリーグトップの守備率.990を記録した。これは平田勝男1986年に記録した.988を上回る球団記録でもあった。11月26日、引退した赤星の後継としてチーム選手会長に就任した。

2010年

前年に続いて、開幕から「3番・遊撃手」として一軍公式戦に出場。5月にマット・マートンと交錯し腰椎を骨折した後、成績を落とし、4試合スタメン離脱。6月から7月まで1番打者を務め、3番に戻った8月から一気に調子を上げ、赤星の持っていた球団月間安打記録を更新する43安打を放つなど、月間打率.422, OPS 1.151の活躍で月間MVPを初受賞した。また、7月20日の対広島東洋カープ戦で球団史上初となる延長戦での逆転サヨナラ本塁打を放った。10月2日の対広島戦で、遊撃手としてプロ野球史上初となるシーズン100打点を記録。10月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ通算1,000本安打を達成。シーズンを通して打率.301, 19本塁打、104打点と自己最高の成績を残し、リーグトップの得点圏打率.360, 満塁打率.500を記録するなど勝負強さも見せて2年ぶり2度目のベストナインを受賞。7月2日に長女が誕生。

2011年

開幕から「3番・遊撃手」に定着。5月15日の対中日戦で打球処理の際に右手人さし指の爪を裂傷し途中交代。翌週から始まったセ・パ交流戦では遊撃守備を上本博紀に譲り、5月28日に守備復帰するまで指名打者や代打で出場した。5月22日の対西武戦で通算1,000試合出場を達成。この年に導入された統一球の影響もあり本塁打・打点は前年の半分以下に落ちたものの、2年連続の打率3割越え(打率.300・リーグ4位)を記録し、OPSはリーグ3位、RC27はリーグ2位をマーク。RCWINでは自己最高の数値を記録するなど、傑出度では過去最高の成績だった。また三塁打7・四球78・出塁率.395はいずれもリーグトップで、自身初のタイトルとなる最高出塁率を獲得した。上述の怪我で守備ができない時期もあったが、3年連続失策一桁台、自身の持つ球団記録を更新する守備率.991を記録して、ゴールデングラブ賞を初受賞、2年連続3度目となるベストナインも受賞した。9月3日に国内フリーエージェント (FA) 権を取得したが行使せず残留した。

2012年

チームがキャプテン制を導入したのに伴い、投手キャプテンの藤川球児と並んで野手キャプテンに選ばれた。シーズンでは阪神で唯一全試合出場を果たし、成績は打率.262, 8本塁打、59打点と昨年より大きく打率を落としたが、自身最高の94四球を記録し高出塁率は維持した。8月には海外FA権を取得。「メジャーへの思いはあります」とメジャーリーグ挑戦志向があることを公言し、「メジャーか残留かは正直、五分五分」とまで話した[7]が、前年と同じくFA権を行使せずに残留を表明。「いろんな可能性を残して、自分を奮い立たせてやりたい」と年俸2億8,000万円の単年契約で契約更改した[8]。オフの12月4日に発表された第3回WBC日本代表候補選手34人に入った[9]

2013年

シーズン前に開かれたWBCの日本代表に選出[10][11][12]。日本代表の強化試合およびWBCの本選では、本職である遊撃手以外の内野手の層が薄いチーム編成の下で、公式戦での経験がほとんどない二塁手や三塁手としても多く起用された。2次ラウンドの対チャイニーズタイペイ戦(東京ドーム)で1点ビハインドの9回表1死から四球で出塁すると、2死後に打者・井端弘和の場面で二盗に成功。直後に井端の適時打で同点のホームを踏み、延長10回・4対3で日本代表が勝利したのに貢献した。翌日の対オランダ戦には、それまでの本選で無安打だったにもかかわらず、出塁率の高さや前述の盗塁を買われてリードオフマンとして先発出場。初回に先頭打者本塁打を右翼に放った。この一打をきっかけに、チームはWBC1試合最多記録タイの17安打・6本塁打の猛打を見せ、16-4で大会規定による7回コールド勝ち。3大会連続の決勝ラウンド進出を決めた。決勝ラウンド準決勝の対プエルトリコ戦(サンフランシスコAT&Tパーク)では、1番二塁手として8回裏の打席で三塁打を放つと、次打者・井端の適時打で日本代表唯一の得点を挙げたが、チームは1対3で敗退した。

レギュラーシーズンでは、藤川のメジャーリーグ移籍に伴いチームキャプテンに選ばれ、3番遊撃手として公式戦への出場を継続。7月7日の対広島戦(マツダスタジアム)で、2004年9月9日の対ヤクルト戦(甲子園)からの連続試合出場記録がNPB歴代単独3位の1,251試合に達した[13]。また、オールスターゲームには、セントラル・リーグのファン投票・遊撃手部門で選出[14]。同ゲーム前最後のリーグ戦であった7月17日の対巨人戦(甲子園)[15]から9月16日の対ヤクルト戦(神宮)までは、球団史上最長・リーグ歴代3位タイの47試合連続出塁を記録した[16]。8月30日の対広島戦(甲子園)で、自身初にして、阪神の遊撃手では1980年の真弓明信以来33年振りに4番で起用された[17]。10月以降は3番に戻ったものの、公式戦ではリーグ最多および球団新記録の104四球を記録し、2年連続フルイニング出場を達成した[18]。2011年以来2度目となるゴールデングラブ賞を両リーグ最多投票で受賞[19]、通算4度目となるベストナインも受賞し、DELTA算出のUZRで遊撃手1位の26.4, 1,000イニングあたりのUZR/1000では2位の20.4を記録[20]、同社算出の選手総合評価指標WARでは両リーグ1位の8.0を記録した[21]。シーズンオフには「優勝できなかったということがあるし、チームの方に必要とされた」と話し、年俸3億円の単年契約で契約更改した[22]

2014年

背中の張りを訴えてオープン戦を数試合欠場[23]したが、開幕戦であった3月28日の対巨人戦(東京ドーム)では、公式戦では2007年以来7年振りに「1番・遊撃手」としてスタメンに起用[24]。4月には、30日の対広島戦(甲子園)2回裏に適時打で出塁すると、マウロ・ゴメスの本塁打によるホームインで月間30得点の球団新記録を達成した[25]。5月29日の対西武戦(甲子園)では、現役選手では最も若い32歳11か月で、一軍公式戦通算1,500本安打を記録[26]。レギュラーシーズン全体では、自己最高の打率.313、出塁率.406という成績を残した。また、NPBの遊撃手としては初めて、公式戦3年連続フルイニング出場を達成。藤村富美男と並ぶ球団タイ記録および、NPB史上4位に相当する10年連続全試合出場も成し遂げた[27]

なお、シーズン終了後には、海外FA権を行使することを宣言[28]。代理人にスコット・ボラスを立てたうえで、MLB球団への移籍を目指した。宣言後の交渉では、複数の球団が獲得に興味を示した。しかし、条件面で折り合いがつかなかったため、阪神への残留を表明した[29]

2015年

春季キャンプ直前の1月22日に、推定年俸4億円(1億円増)という条件で5年契約を締結した[30]。レギュラーシーズンでは、9月3日の対広島戦(甲子園)で、球団歴代3位の通算1740安打を達成[31]。4年連続の公式戦全試合フルイニング出場を達成するとともに、シーズン終了後には、3年連続6度目のベストナインを受賞した。通算6度目のベストナイン選出は、藤田平に並ぶ球団2位の記録である[32]

その一方で、シーズン終了後には、2012年までのチームメイトだった金本知憲が一軍監督に就任。金本からゴメス・福留孝介と並んでレギュラー野手の座を早々に確約される[33]一方で、「数字(成績)、実績、年齢、年数をすべて考えても、(金本自身が把握する限りでの鳥谷の能力に比べれば)物足りない。お前が変わらないと、チームも変わらない」という表現を通じて、打撃フォームの改造や長打力をあげるための体重増、意識改革を求められた[34]

2016年

投手・野手別のキャプテン制度が4年振りに復活したことから、チームキャプテンから野手キャプテンに変更(投手キャプテンには福原忍が就任)[2]。金本監督による構想の下で、「6番・遊撃手」として公式戦をスタート[35]。4月24日の対広島戦(マツダスタジアム)で、NPB一軍公式戦600試合連続フルイニング出場を達成した。この記録は、NPBの野手では史上4人目、遊撃手のみで公式戦に出場した選手としては初めてであった[36]。しかし前半戦では、プロ入り後自己ワーストの28打席連続無安打に陥ったり[37]、4番と9番以外の全打順でスタメン出場を経験したりする[35]など総じて不振。4年振りにオールスターゲームへの出場を逃した。後半最初の試合であった7月18日の対巨人戦(甲子園)では、NPB一軍公式戦通算1102三振を喫するとともに、阪神の選手による一軍公式戦での通算最多三振記録を更新[38]。結局、シーズンの通算打率は、プロ入り後最低の.236にとどまった。本塁打数(7本)や盗塁数(13)は例年とほぼ同じ水準だったものの、通算打点は36で、入団1年目に次ぐ少なさだった。

さらに、7月24日の対広島戦(マツダスタジアム)では、2011年10月24日の同カード以来5シーズン振りにスタメンを外れた。一軍公式戦への連続フルイニング出場は667試合で途切れた[39]が、この試合から8試合にわたって、途中出場[40]ながら連続試合出場の記録を継続。8月3日の対DeNA戦(横浜)に「3番・遊撃手」としていったんスタメンへ復帰した[41]が、以降の試合でも、代打からの途中出場が相次いだ。

自身の連続フルイニング出場ストップを機に、北條史也が遊撃手として頭角を現したことから、9月3日の対横浜戦(甲子園)では「6番・三塁手」としてスタメンに起用された。三塁手としての一軍公式戦出場は2004年9月11日の同カード(横浜)、スタメンでの起用は同年6月20日の対巨人戦(東京ドーム)以来12年振り[42]。この試合を境に、鳥谷を三塁手、北條を遊撃手としてスタメンで起用するパターンが定着した。

なお、スタメンを外れた9月30日の対巨人戦(甲子園)では、出場機会のないまま7回裏2死から強い降雨で試合が中断。試合自体は5回裏終了の時点で成立していたため、雨天コールドゲームへ至った場合には、自身の連続試合出場記録が1750試合で途切れる可能性があった。しかし、11分間の中断を経て試合が再開されると、8回表から三塁手として出場[43]。チームのレギュラーシーズン最終戦であった翌10月1日の同カードでは、「6番・三塁手」としてのフル出場によって、上記の記録を1752試合にまで伸ばしている。

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

打球を広角に打ち分ける技術を持ち[要出典]、2009年は20本塁打のうち左方向へ3本、中方向が1本だったが、2010年は19本塁打のうち左方向へ7本、中方向が3本と左中間で半分以上を占めた[44]。2006年から2010年までの通算の対右打率.300に対し対左打率.262と左投手を苦手とし、特に左投手の落ちる球を苦手としていた[45]。しかし2011年からは通算の対左打率.280を記録している。

2013年に両リーグ最低のボール球スイング率[46]、リーグ最多の78四球で最高出塁率のタイトルを獲得した2011年以降3年連続でリーグ最多四球を記録している。2013年には、球団記録の104四球を達成した。

守備・走塁[編集]

新人合同自主トレにて行った100メートル走では12秒台だったが、50メートル走では5秒75を記録した[注釈 2]。しかし走塁面では一塁到達は4.17秒と左打者としては平均的で[44]、また2004年から2009年までの6年間では合計盗塁数は30であり、盗塁成功率は51.7%にとどまったが、2010年から2013年現在までの4年合計59盗塁(4年とも2ケタ盗塁以上)、盗塁成功率は77.7%を記録した。

守備では遊撃手として起用され、2013年のWBCでは二塁手や三塁手としても起用された。高校時代には投手として140 km/h台を記録し、プロ入り後初めてブルペンで投げた2012年の春季キャンプでは134 km/hを記録した[48]。三遊間の打球に強い[49]レンジファクター[6] は、2008年では高い数値を記録した[50]が、2011年ではリーグ最低だった[51]。 2009年から守備コーチを務めた久慈照嘉の指導の下、安定性を増して守備率も向上させ[52]、2006年には490補殺でセ・リーグのシーズン最多補殺記録、2008年にはリーグ16年ぶりの5点台となる簡易RF5.13を記録し、2010年には両リーグ2位のUZR11.7を記録[53]。2012年にも守備イニング1,000以上の遊撃手で両リーグ4位のUZR10.4を記録[54]。また2013年にはDELTA社算出のUZRで遊撃手両リーグ1位の28.9を記録している[20]。2014年はDELTA社算出のUZRは遊撃手として-8.1[55]、データスタジアム社算出のUZRは400イニング以上出場した遊撃手としてはリーグワースト2位のUZR-5.3を記録[56]。2015年シーズン中には守備で足を引っ張るプレーが散見され[57]、UZRでは最終的に-20.4を記録した(遊撃手としての数値)[58]

評価[編集]

2013年には野球選手の総合評価指標WARにおいて阿部慎之助に次ぐ2位を記録する[59]。またベストナインを6回、ゴールデングラブ賞を4回獲得した。  

人物[編集]

選手寮の施設スタッフによると、鳥谷は寮にいた頃からカップラーメンや白砂糖を使用した缶コーヒー等の類は口にしたことがないという[60]

社会奉仕活動[編集]

2009年にチーム全体で取り組んだ、ペットボトル飲料のキャップ(エコキャップ)を800個集めることでポリオワクチン1本と交換できる福祉活動の一環として、鳥谷自らエコキャップ数千個を持参し、芦屋市内の幼稚園に寄付した[61]

2010年、2011年、2013年のシーズンオフに大阪市立大学付属病院の小児科を慰問しており、その後の訪問にも意欲を見せている[62]

2015年4月には、フィリピンなどの貧しい子どもたちに靴を送る活動を行う一般社団法人「レッドバード」の創設に関わった。2014年12月に野球教室を開くためグラブ100個を持参してマニラを訪れた[63][64]ところ、現地の子どもたちの多くが裸足だったのを見て「必要なのはグラブではなく靴だ」と感じたことがきっかけであった。自らも「レッドバード」に理事として参加している。

阪神球団も、以上の活動を高く評価。2015年には、球団から第5回若林忠志賞を授与された[65]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 阪神 101 261 235 28 59 13 0 3 81 17 2 2 2 0 21 1 3 66 6 .251 .320 .345 .665
2005 146 646 572 82 159 27 1 9 215 52 5 5 10 4 53 3 6 115 11 .278 .343 .376 .719
2006 146 609 543 65 157 28 2 15 234 58 5 3 4 0 60 1 2 111 10 .289 .362 .431 .793
2007 144 642 565 67 154 19 4 10 211 43 7 4 8 1 63 2 5 106 8 .273 .350 .373 .724
2008 144 605 523 66 147 17 6 13 215 80 4 7 5 5 68 2 4 85 10 .281 .365 .411 .776
2009 144 617 538 84 155 31 2 20 250 75 7 7 5 4 65 0 5 83 13 .288 .368 .465 .833
2010 144 651 575 98 173 31 6 19 273 104 13 3 2 5 66 1 3 93 14 .301 .373 .475 .848
2011 144 590 500 71 150 28 7 5 207 51 16 3 3 5 78 0 4 72 10 .300 .395 .414 .809
2012 144 624 515 62 135 22 6 8 193 59 15 4 5 8 94 2 2 91 12 .262 .373 .375 .748
2013 144 643 532 74 150 30 4 10 218 65 15 7 1 2 104 1 4 65 12 .282 .402 .410 .812
2014 144 644 550 96 172 28 2 8 228 73 10 6 1 4 87 3 2 80 14 .313 .406 .415 .821
2015 143 646 551 69 155 21 4 6 202 42 9 6 2 3 89 2 1 77 8 .281 .380 .367 .747
2016 143 533 449 49 106 16 1 7 145 36 13 3 1 6 75 0 2 80 12 .236 .344 .323 .667
通算:13年 1831 7711 6648 911 1872 311 45 133 2672 755 121 60 49 47 923 18 43 1122 140 .282 .373 .402 .775
  • 2016年シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]























O
P
S
2004 23 セ・リーグ - - - - - - - - -
2005 24 - - 9位 - - - - - -
2006 25 - - 9位 - - - - 9位 -
2007 26 - 10位 - 3位 - - - 8位 -
2008 27 - - - 3位 - 7位 - 4位 -
2009 28 - - 7位 - - - 8位 6位 8位
2010 29 - 6位 9位 3位 - 4位 - 4位 -
2011 30 4位 7位 2位 1位 - - 1位 1位 3位
2012 31 - 9位 - 2位 - 10位 5位 1位 8位
2013 32 9位 5位 3位 2位 - 9位 4位 1位 8位
2014 33 7位 7位 - 10位 - 9位 3位 2位 -
2015 34 7位 4位 - 4位 - - 4位 2位 -
2016 35 - - - - - - - - -
  • -は10位未満(打率、出塁率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

WBCでの成績[編集]

















































O
P
S
2013 日本 7 22 15 4 4 1 1 1 13 2 1 0 2 1 4 0 0 2 0 .267 .400 .667 1.067
出場:1回 7 22 15 4 4 1 1 1 13 2 1 0 2 1 4 0 0 2 0 .267 .400 .667 1.067

年度別守備成績[編集]


三塁 遊撃














2004 30 13 34 0 1 1.000 52 69 101 4 16 .977
2005 - 146 201 477 10 86 .985
2006 - 146 213 490 21 100 .971
2007 - 144 196 446 11 81 .983
2008 - 144 263 476 15 107 .980
2009 - 144 204 467 7 80 .990
2010 - 140 205 443 7 98 .989
2011 - 136 192 389 5 66 .991
2012 - 144 215 468 12 77 .983
2013 - 144 213 476 4 98 .994
2014 - 144 208 363 5 77 .991
2015 - 143 207 380 14 63 .977
2016 17 8 36 2 1 .957 118 156 286 10 42 .978
通算 47 21 70 2 3 .957 1693 2473 5161 121 975 .984
  • 2016年シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • 連続試合出場:1,752試合((2016年シーズン終了時点、歴代3位)[66]
  • 遊撃手連続フルイニング出場:398試合(2005年 - 2007年) ※日本記録
  • 連続フルイニング出場:667試合(2012年3月30日 - 2016年7月23日)※歴代4位記録
  • 遊撃手シーズン最多打点:104(2010年) ※日本記録
  • 遊撃手シーズン最多補殺:490(2006年) ※セ・リーグ記録
  • シーズン100四球(2013年) ※史上21人目
  • シーズン四球:104(2013年) ※球団記録
  • 月間安打:43(2010年8月) ※球団記録
  • 連続試合出塁:47(2013年7 - 9月)※球団記録およびセ・リーグ歴代3位タイ記録
  • 月間得点:30(2014年4月) ※球団記録
  • オールスターゲーム出場:6回(2005年、2006年、2012年 - 2015年)

背番号[編集]

  • 1 (2004年 - ):2013年シーズンをもって、阪神の歴代選手の中で一番長くこの番号を背負った選手となった。

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM
2008年12月 - 「上新電機2009賀正・今年もJoshin・初売り」に出演
2009年12月 - 「上新電機平成二十二年虎年・虎夢セール・元旦から」に出演
2010年1月 - 「上新電機平成二十二年虎年・虎夢セール・開催中」に出演
2011年1月 - 「上新電機『企業』今年もJoshin・初売・元旦から営業」    
「上新電機『企業』今年もJoshin・お年玉セール・開催中」に出演 
2011年12月 - 「上新電機『企業』今年もJoshin・初売・最新家電・元旦から営業」に出演
2012年1月 - 「上新電機『企業』今年もJoshin・お年玉セール・最新家電・開催中」に出演
テレビ
「伝統の巨人-阪神戦SP」に出演。先攻の阪神側・後攻の巨人側が交互に深イイ話を紹介し深イイの数で勝敗を競うという特別ルールの下、阪神側が勝利した。掛布雅之江川卓と共演
桧山進次郎浅井良と共演。「タイガースの選手なら知ってて当たり前クイズ」にて全問不正解を記録し、罰ゲームとして2010年シーズン1回目のヒーローインタビューの時、最後に「あとジャイケルマクソンもよろしく」と言うことを約束させられ、4月30日のヒーローインタビューにて実行した。
「にらめっこバトル」にて3名のお笑い芸人相手に一回も笑わず、涌井秀章に対し勝利を収めた。
「猛虎がMLBを語る」に出演。金本知憲新井貴浩と共演・対談
濱中治関本賢太郎と共演・対談
  • 熱血!!タイガース党(サンテレビ)系: 2012年12月07日
  • WBC三連覇へ日本の誇り (TBS)系: 2013年3月7日
  • カワスポ (毎日放送): 2013年3月30日
アナウンサー・河田直也と対談
「アニキの部屋」に出演。 金本知憲と共演・対談
スペシャルゲストとして生出演
  • THE GOLDEN BATTLE 2013 絶対にありえない究極のスペシャルマッチ(フジテレビ)系: 2013年12月24日
「プロ野球VSソフトボール上野」に出演。自身は上野由岐子相手に番組史上初のマルチ安打を記録するも敗北。中田翔糸井嘉男と共演
  • 熱血!!タイガース党(サンテレビ)系: 2014年2月7日
福本豊湯浅明彦と対談
  • 虎バン(朝日放送):2014年2月16日
「鉄人対談」にて金本知憲と対談
赤星憲広と対談
  • 虎バン(朝日放送):2015年3月21日
「Cross over」にて阪神タイガースファンで俳優佐藤隆太と対談

出版物[編集]

著書[編集]

その他[編集]

  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2011年(株式会社ハゴロモ):2010年12月
  • 鳥谷敬 BASEBALL LOG BOOK 1981-2011(株式会社パムズ):2011年8月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2012年(株式会社ハゴロモ):2011年12月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2013年(株式会社ハゴロモ):2012年12月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2014年(株式会社ハゴロモ):2013年12月
  • 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2015年(株式会社ハゴロモ):2014年12月

漫画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 阪神では、2012年と2016年に、投手・野手別のキャプテン制度を敷いていた。しかし、鳥谷は、2016年限りでキャプテンを勇退。同年の投手キャプテンだった福原も現役を引退したことから、2017年にはこの制度を再び廃止する代わりに、チームキャプテン制度を復活させる(参照)。[2]
  2. ^ 鳥谷は「50メートルはこれまで6秒台。なにかの間違い」と語っている。また5秒75は日本記録であるが、鳥谷のタイムは非公式の手動計時である[47]

出典[編集]

  1. ^ 阪神・鳥谷、レギュラー再奪取へ決意「ふがいないシーズン」振り返る/タイガース”. デイリースポーツオンライン (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 虎・金本監督、鳥谷を5年連続野手キャプテンに指名「自覚もって」SANSPO.COM 2015年12月7日、2016年9月7日閲覧。
  3. ^ 広島川口、早大先輩の鳥谷抑えたい!! 日刊スポーツ、2009年12月19日。
  4. ^ 楊枝秀基 『阪神タイガースのすべらない話』 フォレスト2545新書、2014年、46頁。
  5. ^ 鳥谷1号逆転V弾!止まらぬ勢い開幕5戦連続H スポーツニッポン、2010年6月30日閲覧。
  6. ^ a b ゴールデングラブ賞に異議アリ。鳥谷敬の守備力に正当な評価を!”. Number Web. 2009年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月5日閲覧。
  7. ^ 鳥谷 メジャーか残留かは「正直、五分五分」 スポーツニッポン、2012年10月11日
  8. ^ 阪神鳥谷9年目初ダウンも気合の一発更改 日刊スポーツ、2012年12月8日
  9. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表候補選手 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  10. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  11. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト、2015年4月2日閲覧
  12. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表メンバー 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  13. ^ 【阪神】鳥谷が連続出場記録で単独3位 日刊スポーツ、2013年7月7日
  14. ^ 阪神鳥谷、球宴でも伝説の盗塁を再現 日刊スポーツ、2013年6月25日
  15. ^ 鳥谷4番の仕事!セ4位45戦連続出塁デイリースポーツ、2013年9月14日
  16. ^ 【阪神】鳥谷、連続試合出塁47で止まる 日刊スポーツ、2013年9月17日
  17. ^ 【阪神】鳥谷、真弓氏以来遊撃4番も不発 日刊スポーツ、2013年8月30日
  18. ^ 虎鳥谷2年連続フル出場&球団新104四球 日刊スポーツ、2013年10月9日
  19. ^ 2013年第42回ゴールデングラブ賞 結果・投票数
  20. ^ a b 『セイバーメトリクスマガジン2』デルタクリエイティブ、2013年11月7日、P.182
  21. ^ 『セイバーメトリクスマガジン2』デルタクリエイティブ、2013年11月7日、P.220
  22. ^ 阪神・鳥谷2000万増の3億円で単年契約 デイリースポーツ、2013年12月12日
  23. ^ 鳥谷、背中の張りで欠場 阪神ベストオーダー一度も試せず スポーツニッポン、2014年3月22日
  24. ^ 和田監督、開幕オーダー「決まった」1番鳥谷3番西岡 スポーツ報知、2014年3月20日
  25. ^ 阪神鳥谷4月30得点の球団新記録日刊スポーツ、2014年4月30日
  26. ^ 阪神鳥谷 現役最年少1500安打達成 日刊スポーツ、2014年5月30日
  27. ^ 鳥谷3年連続フルイニング出場達成 日刊スポーツ、2014年3月22日
  28. ^ 鳥谷の代理人に超敏腕ボラス氏決定 デイリースポーツ、2014年11月13日
  29. ^ 阪神、鳥谷残留が正式決定! 和田監督「いい結論を出してくれた」 サンケイスポーツ、2015年1月9日
  30. ^ 優勝したい気持ちより強く/鳥谷一問一答 nikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年1月23日
  31. ^ 阪神鳥谷が球団歴代3位1740安打!和田監督超えnikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年9月3日
  32. ^ 阪神福留、06年以来ベストナイン 鳥谷3年連続nikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年11月24日
  33. ^ 阪神・金本監督 納会で「鳥谷、福留、ゴメス以外ポジション空いてる」東京スポーツ、2015年11月24日
  34. ^ 阪神金本新監督、鳥谷よ変われ!全て物足りなさすぎnikkansports.com(日刊スポーツ)、2015年10月21日
  35. ^ a b 阪神「不動」の遊撃・鳥谷 打順「浮動」の皮肉 産経WEST、2016年5月31日
  36. ^ 阪神鳥谷600試合連続フルイニング出場 遊撃手初 nikkansports.com(日刊スポーツ)、2016年4月25日
  37. ^ 鳥谷&ゴメス復活打 リーグ再開黒星発進も光明見えた スポーツニッポン、2016年6月25日
  38. ^ 阪神鳥谷最悪発進、致命的野選に球団史上最多三振日刊スポーツ、2016年7月19日
  39. ^ 阪神・鳥谷スタメン落ち 連続フルイニング出場667試合でストップ 東スポWeb 2016年7月24日
  40. ^ スタメン外れた阪神・鳥谷が代打で適時内野安打「いいところに飛んでくれました」デイリースポーツ、2016年7月19日
  41. ^ 阪神鳥谷9戦ぶりスタメン復帰 3番・遊撃で先発 日刊スポーツ 2016年8月3日
  42. ^ 阪神鳥谷12年ぶり三塁守備 6番三塁で先発 日刊スポーツ 2016年9月3日
  43. ^ 鳥谷 降雨中断で連続試合出場途切れる危機も…サヨナラ勝ちに貢献スポーツニッポン 2016年9月30日
  44. ^ a b 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、306頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  45. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、55頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  46. ^ 『2014プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、127頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  47. ^ 赤星より速かった鳥谷、50メートル走5秒75”. サンスポ.com. 2005年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月28日閲覧。
  48. ^ 鳥谷が134キロ&球児が柵越え2発…虎“交換”トレ スポーツニッポン、2012年2月4日
  49. ^ Baseball Lab守備評価~Short Stop”. SMRベースボールLab. 2011年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月17日閲覧。
  50. ^ “守備の華”遊撃手で最高の選手は?20年間の数字から見えた、ある真実。 ベースボール・ダンディ - プロ野球コラム - Number Web
  51. ^ ポジション別守備下手選手に金本、新井、鳥谷――MLB指標
  52. ^ 久慈コーチ 鳥谷に「初の直接指導」守備力向上だ スポニチアネックス 2008年11月1日
  53. ^ 月刊スラッガー』2011年5月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-5、45頁。
  54. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy, 蛭川皓平、高多薪吾、Student, 水島仁 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』 水曜社、2013年、55頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  55. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、市川博久、大南淳 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート4』 水曜社、2015年、163頁。ISBN 978-4-88065-357-0
  56. ^ 『2015プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2015年、25頁。ISBN 978-4-905411-26-0
  57. ^ “3度目やで!鳥谷のゆるい守備から虎投壊…10失点で4連敗”. SANSPO.COM(サンスポ): p. 3. (2015年6月15日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150615/tig15061505040010-n3.html 2015年10月8日閲覧。 
  58. ^ 問われる金本監督の手腕 遊撃・鳥谷の起用法が阪神の浮沈のカギに?”. フルカウント. p. 2 (2016年3月23日). 2016年5月12日閲覧。
  59. ^ 岡田友輔、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート3』 水曜社、2014年、109、115頁。ISBN 978-4-88065-340-2
  60. ^ 金本を超えるのはこの男だ!「新・鉄人」鳥谷伝説の行方は…”. ZAKZAK. 2011年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月13日閲覧。
  61. ^ 阪神鳥谷がエコ“キャップ”テン 日刊スポーツ、2009年12月25日
  62. ^ 阪神、鳥谷、3度目の病院訪問「継続していきたい」 サンケイスポーツ、2014年1月28日
  63. ^ 鳥谷「あしながおじさん」になる 恵まれない子へ靴 日刊スポーツ、2015年5月2日。
  64. ^ 「フィリピンの子に靴を」鳥谷選手ら沖縄拠点に支援団体 沖縄タイムス、2015年5月2日。
  65. ^ 「若林忠志賞」に鳥谷 沖縄の医療センター訪問で社会貢献 スポーツニッポン、2015年11月24日
  66. ^ 金本監督 託した!来季も鳥谷キャプテン「グイグイ前に出て」 スポーツニッポン(2015年10月31日)2015年12月4日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]