沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
Okinawa Prefectural Nanbu Medical Center & Childrens Medical Center.jpg
情報
前身 琉球政府立那覇病院
沖縄県立那覇病院
標榜診療科 内科、外科、心臓血管外科、循環器科、整形外科、脳神経外科、形成外科、泌尿器科、皮膚科、産婦人科、耳鼻いんこう科、精神科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科、眼科、歯科口腔外科、小児科、小児外科
許可病床数

434床
一般病床:423床
精神病床:5床


感染症病床:6床
職員数 616人[1]
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 沖縄県
管理者 大久保和明(病院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 2006年4月1日
所在地
901-1193
位置 北緯26度12分21秒
東経127度43分26秒
二次医療圏 南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沖縄県立南部医療センター・こども医療センターは、沖縄県島尻郡南風原町にある県立の医療機関である。救命救急センター沖縄県災害拠点病院の指定を受けている。その名称からこども専門病院とみられがちだが、成人部門が非常に充実しており、風邪といったプライマリ疾患の診療から人工心臓などの高度専門医療まで幅広く行っている。また、マッチ率上位の沖縄県において数少ない完結型の研修指定病院としての側面ももち、その高水準の研修内容には定評がある。

沿革[編集]

診療科目[編集]

南部医療センター(成人部門)[編集]

こども医療センター(小児部門)[編集]

  • 小児科
    • 小児腎臓内科
    • 小児神経内科
    • 小児循環器内科
    • 小児血液腫瘍科
    • 新生児内科
  • 小児外科
    • 小児心臓血管外科
    • 小児形成外科
    • 小児整形外科
    • 小児脳神経外科
    • 小児麻酔科
  • 歯科口腔外科

救命救急センター(成人・小児)[編集]

完全ER型の救急医療を行っている。救急外来には年間約40,000人が受診、そのうちの約10%にあたる約4,000件が救急車で搬送されている。

臨床研修[編集]

初期研修[編集]

  • 1年次15名、2年次15名で多彩な診療科をローテートする。総合内科と救急部を中心に診療の基本を学ぶ。
  • 沖縄県立中部病院出身の指導医が多く、同研修システムにアレンジを加えた独自の研修を行っている。

後期研修[編集]

  • 3年間、内科コース、外科コース、ERコース、小児科コース、産婦人科コースなどに属する。
  • 独自のプログラムであるプライマリコース選択者は、3年次に各科ローテーションし、4年次に下記の離島診療所に赴任する。

附属診療所[編集]

主な指定医療機関[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 平成20年度版 沖縄県立病院年報(PDF)
  2. ^ 琉球新報 一般外来診療スタート

外部リンク[編集]