中東直己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中東 直己
Nakahigashi20120224.JPG
日南キャンプにて(2012年2月24日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1981-10-05) 1981年10月5日(37歳)
身長
体重
168 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手捕手
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト5巡目
初出場 2007年4月14日
年俸 1,300万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中東 直己(なかひがし なおき、1981年10月5日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手外野手捕手)。2008年6月23日から2009年シーズンまでは、中東 直瑛(なかひがし なおてる)という登録名を用いていた。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

呉市立仁方小学校1年から軟式野球部に入るが、練習が週末にしかないことに不満を持ち、2年からはソフトボール部へ移った[1]。幼少期からカープのファンで、広島市民球場に通っていた[2]小早川毅彦江川卓から打ったサヨナラホームランは強烈な印象があるという。仁方中学校からふたたび軟式野球部に所属し外野を務めた[1]。進学した広島工高では右肩を痛め、満足なプレーができず、卒業したら野球をやめるつもりだった[1]。しかし知人の紹介で3年生の夏に東亜大学の練習に参加し、再び野球の面白さに気付いた[1]

東亜大学に進学し、大学4年時には捕手として神宮大会優勝。第32回日米大学野球日本代表にも選ばれ、打率.421を記録した[1]。プロを念頭にJR西日本に進み[1]、1年目からレギュラー捕手の座をつかんだが、2005年JR福知山線脱線事故により野球部は休部を余儀なくされ、ホンダ鈴鹿に移籍[1]。ホンダ鈴鹿では主に1番・センターで起用され、俊足に加え長打力のある切り込み隊長としてチームの都市対抗野球大会出場に貢献した[1]松本有史スカウトとは幼馴染。

2006年のドラフト5位で、広島東洋カープに入団[1]

広島時代[編集]

2007年は外野手登録ではあるが、オープン戦では捕手としても出場した。オープン戦で牽制で一塁に帰塁する際に右手の指を捻挫し、開幕一軍を逃すが、4月14日中日ドラゴンズ戦に代打で初出場。翌4月15日の試合で8回から捕手として守備に就く。4月17日巨人戦(スカイマークスタジアム)でプロ初スタメン。プロ初安打はならなかったが、プロ初打点を稼いだ。9回裏2死2塁の場面で李承燁のセンターフライを落球した(チームは勝利)。7月19日に行われたフレッシュオールスターでは初回先頭打者としてヒットで出塁。その後立て続けに二盗、三盗と決め、三盗時に捕手の悪送球でホームインし、MVPを獲得した。しかしその後の打席でファウルを打った際に骨折した。二軍では打率.394で、17試合で9盗塁を決めた。応援歌は2005年まで在籍したグレッグ・ラロッカのものが使われている。ラロッカのときにあった前奏がないことと、歌詞の名前の部分以外は同じものである。

2008年は開幕一軍入りを果たすもすぐに二軍降格。4月末に二軍の試合で右手の甲を痛めて戦線離脱。故障続きの為、心機一転、6月23日に登録名を中東直己から「中東直瑛」に改名した[1]。秋から層の厚い外野に対して、手薄な捕手を主体に行くこととなり本格的に捕手の練習を行った[3]

2009年も前年同様開幕一軍だったが、1試合の出場で降格。再昇格は無かった。

2010年は再び外野手登録となり、登録名も本名の「中東直己」に戻した[1]

2011年は背番号を「00」に変更。シーズン中盤以降守備・代走要員として一軍に定着し、自己最多となる64試合に出場した。8月14日の巨人戦(東京ドーム)では、4年ぶりに一軍の試合で捕手を務めた。代走として出場した8月30日のヤクルト戦では、勝ち越し点となる好走塁を見せた[4]

2012年は開幕一軍となり[5]、53試合に出場した。

2013年はシーズン初スタメン出場となる5月8日の横浜戦で走塁で勝利に貢献し、自身初となるヒーローインタビューを受けた[6]。その後5月12日の中日戦では途中出場して勝ち越し打を放ち[7]、さらに5月14日のソフトバンク戦ではプロ初本塁打を打ったことで、1週間の間に3回のヒーローインタビューを受けることになった[8]

2014年も主に守備・代走要員として一軍に定着し、2011年の64試合を上回る自己最多の86試合に出場した。12月12日には、広島HOMEテレビ『鯉のはなシアター』の「中東直己と赤き球場 〜時を越えた30年の想い〜 」に出演した。

2015年はわずか9試合の出場に終わり、3打数無安打だった。

2016年には、一軍公式戦への出場機会がないまま、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[9]。12月2日、自由契約公示された[10]

広島退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していたため、2016年11月12日には、甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。シートバッティング形式の対戦では、5人の投手を相手に5打数2安打という結果を残した。また、他の対戦中には、本職の捕手としてマスクを被った[11]

獲得の意思を示す球団がなかったことから、現役を引退。2017年2月からは広島県内の一般企業に勤務することを本人がtwitter上で公表した[12]

2017年には勤務先でもある株式会社大和興産のテレビコマーシャルに出演し、ウルトラマン(初代)同シリーズの怪獣とも共演した他、同社の公式ブログにも社員として寄稿することがある[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 広島 31 74 70 7 14 2 0 0 16 2 4 0 0 0 4 0 0 18 0 .200 .243 .229 .472
2008 5 2 2 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
2009 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2010 15 11 9 5 0 0 0 0 0 1 3 0 0 1 1 0 0 3 0 .000 .091 .000 .091
2011 64 34 34 7 7 1 0 0 8 1 3 4 0 0 0 0 0 4 0 .206 .206 .235 .441
2012 53 33 29 10 9 0 0 0 9 1 1 1 2 0 2 0 0 5 0 .310 .355 .310 .665
2013 51 87 77 12 21 3 0 1 27 4 3 2 3 0 7 1 0 13 0 .273 .333 .351 .684
2014 86 87 80 10 19 2 0 1 24 7 4 2 1 1 4 0 1 9 1 .238 .279 .300 .579
2015 9 4 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
NPB:9年 315 333 305 54 71 8 0 2 85 16 19 9 7 2 18 1 1 54 1 .233 .276 .279 .556
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


外野 捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2007 16 25 1 1 0 .963 2 5 0 0 1 0 1.000 0 0 0 -
2008 1 1 0 0 0 1.000 -
2009 1 0 0 0 0 .000 -
2010 7 5 1 0 1 1.000 -
2011 40 17 0 1 0 .944 1 0 0 0 0 0 ---- 0 0 0 -
2012 34 16 1 0 0 1.000 1 1 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2013 34 22 1 0 0 1.000 1 3 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2014 62 25 3 0 1 1.000 1 3 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
通算 195 111 7 2 2 .983 6 12 0 0 1 0 1.000 0 0 0 -
  • 2014年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2007年 - 2010年)
  • 00 (2011年 - 2016年)

登録名[編集]

  • 中東 直己 (なかひがし なおき、2007年 - 2008年6月22日、2010年 - )
  • 中東 直瑛 (なかひがし なおてる、2008年6月23日 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 野球浪漫 中東直己『週刊ベースボール』2012年4月16日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌20443-4/16, 48-51頁。
  2. ^ “外野・捕手挑む二刀流 曲折経て夢を実現した俊足強肩 中東直己”. 中国新聞. (2007年1月15日). http://www1.chugoku-np.co.jp/Carp/07kikaku/rookie/070115.html 2014年4月12日閲覧。 
  3. ^ 木村雅俊 (2008年2月16日). “「捕手・中東」猛アピール 初の紅白戦、岩本が二塁打”. 中国新聞. http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cw200902160070.html 
  4. ^ “中東 勝ち越し点もたらす好走塁!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年8月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/30/kiji/K20110830001520320.html 2011年5月20日閲覧。 
  5. ^ “広島 外国人投手は3人 前田智も1軍スタート”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/28/kiji/K20120328002925140.html 2013年5月15日閲覧。 
  6. ^ “広島 中東 足で連敗脱出演出 初のお立ち台に歓喜「立ちたかった」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年5月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/08/kiji/K20130508005764490.html 2013年5月15日閲覧。 
  7. ^ “中東が勝ち越し打!1週間で2度目のお立ち台に笑顔”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年5月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/12/kiji/K20130512005789780.html 2013年5月15日閲覧。 
  8. ^ “中東がプロ初本塁打 7年目での一発「入ると思ってなかった」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/14/kiji/K20130514005804020.html 2013年5月15日閲覧。 
  9. ^ 来季の選手契約について広島東洋カープニュース2016年10月3日
  10. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  11. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  12. ^ “中東直己 on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/nakahigashi00/status/836721181558394880 2018年5月1日閲覧。 
  13. ^ 新生活 部屋探し 大和興産 - 株式会社大和興産ブログ、2018年1月8日。中東の寄稿。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]