中村壽博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 壽博
日本文理大学硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-07-24) 1974年7月24日(48歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ・監督歴

中村 壽博(なかむら としひろ、1974年7月24日 - )は、福岡県出身[1]の日本のアマチュア野球指導者、元アマチュア野球選手。西日本短期大学附属高等学校卒業、早稲田大学卒業。息子はプロ野球選手中村宜聖[2]

人物[編集]

1992年第74回全国高等学校野球選手権大会で捕手、一塁手として活躍し、チームを優勝に導く。卒業後は早稲田大学に進学し、同じく野球部に入部。三塁手として1年次からレギュラーを務め、4年時には主将を務めた。リーグ通算86試合に出場、302打数76安打、打率.252、6本塁打、31打点。首位打者1回、ベストナイン2回。1998年に早稲田大学の助監督を務めた後、1999年日本文理大学硬式野球部の監督に就任。2003年に日本文理大学硬式野球部を全日本大学野球選手権で初優勝に導いた。[1]

監督就任後は教え子の脇谷亮太吉川輝昭古川秀一小野淳平をプロ野球に送り出している。日本文理大学初のプロ野球選手となった星山忠弘は中村と同学年である。

経歴[編集]

  • 1990年 西日本短期大学附属高等学校
  • 1993年 早稲田大学
  • 1998年 早稲田大学野球部 助監督
  • 1999年 日本文理大学硬式野球部 監督

実績[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 安倍昌彦 (2013), 若者が育つということ 監督と大学野球, 日刊スポーツ出版社, ISBN 9784817203014 
  2. ^ 26年前、父が頂点に立った甲子園へ プロの注目度も上昇中の西短付・中村 高校野球福岡大会7日開幕”. 西日本新聞 (2018年7月3日). 2019年3月20日閲覧。
  3. ^ www.kubu.jp/topics/index.php?133964714166562 第26回ハーレムベースボールウィーク出場のための選抜チーム。

外部リンク[編集]