姜建銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
姜 建銘 (ジャン・チェンミン)
Chien-Ming Chiang
崇越ファルコンズ #7
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国
出身地 台湾省台北県
生年月日 (1985-05-27) 1985年5月27日(33歳)
身長
体重
175 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年
初出場 NPB / 2006年6月14日
CPBL / 2009年4月2日
最終出場 NPB / 2007年8月11日
CPBL / 2010年8月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
WBC 2006年
姜建銘
プロフィール
出生: (1985-05-27) 1985年5月27日(33歳)
出身地: 台湾
職業: 野球選手投手
各種表記
繁体字 姜建銘
簡体字 姜建銘
発音転記: ジャン・チェンミン
英語名 Chien-Ming Chiang
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2006

姜 建銘(ジャン・チェンミン、Chien-Ming Chiang, 1985年5月27日[1] - )は、台湾台北県(現:新北市)出身の[1]プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

最速148km/hの豪腕投手として高校時代から活躍し、国立体育学院に進学[1]陳偉殷と同級生だった。

2005年5月に宮崎県で行われたアジア選手権の台湾代表に選ばれ、勝利投手になるなど活躍した。その際に巨人のスカウトの目に止まり、6月に入団テストを受け、まだ学生ながら入団が決定。7月初旬に訪日した。

巨人には、シアトル・マリナーズの誘いを断って入団した。理由は、プロ入り後も在学するつもりであった大学に関するサポートや学費等の支援が巨人の方が充実していたため。巨人入団後も国立体育学院に籍を置き、オフシーズン中に通学して単位を取得することになっていた。

プロ入りとジャイアンツ時代[編集]

入団後の2005年は二軍で基礎から育成された。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された。

シーズンでは一軍デビューを果たし、しばらくは中継ぎでの起用だったが、8月22日の対横浜戦で先発し、7回1失点(自責点0)で初先発初勝利を挙げ、以後は先発ローテーションの一角として定着する。初登板から28イニング連続無四球を記録し(初めての四球は敬遠)、9月3日の対中日戦では初完封勝利を無四球で飾った。被本塁打は59.2イニングで2本に抑え、先発に定着後は若手ながらエース顔負けの活躍をみせ、防御率1.81という好成績を残した。同年オフの契約更改では、球団の年俸アップの提示に対し、「私はまだ一流ではない」とこれを固辞した。

オフの12月に開催されたドーハアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では優勝を果たした。

2007年は開幕時から先発ローテーションに名を連ねたが、フォームを崩したためか打ち込まれるようになり、走者を背負った場面で本塁打を浴びることが多かった。途中からリリーフに配置転換され一軍と二軍を行き来するシーズンとなった。

2008年、自身が通っていたトレーニングジムの職員で同じ台湾出身の女性と婚約。1月2日に台北市で婚約式を行った。同年10月1日、巨人から戦力外通告を受けた。その後12球団合同トライアウトに参加した。獲得を名乗り出る球団はなかった。

台湾球界時代[編集]

2008年12月31日に行われた中華職業棒球大聯盟(CPBL)のドラフトでは最下2位指名ながら興農ブルズの指名を受けた。

2010年シーズンからアンダースローに挑戦していたが、同年シーズン終了後に興農から戦力外通告を受け現役を引退。その後は、台北市の貿易会社に就職する[2]。その後、2012年10月に社会人野球チームの崇越科技棒球隊に内野手として入団、プロ復帰を目指している[3]

選手としての特徴[編集]

テイクバックの小さな変則フォームからボールをテンポ良く投げ込み、手元で動く癖球とスライダーカーブチェンジアップなどの多彩な変化球で打たせて取るタイプ。そのマウンド度胸も武器の一つ。

四球を出すことを特に嫌っている。球数が増え、体力を浪費するため、フォアボールを出すくらいならヒットを打たれた方がいいと語っている[4]

打撃も上手く、二軍では三塁打を放ったこともある。また、台湾時代は遊撃手で起用された経験もあるように、フィールディングも高レベルにある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 巨人 10 8 1 1 1 3 2 0 0 .600 229 59.2 48 2 7 2 1 31 2 1 13 12 1.81 0.92
2007 17 5 0 0 0 2 4 0 0 .333 182 41.2 45 6 13 0 0 30 1 0 27 24 5.18 1.39
2009 興農 9 1 0 0 0 0 0 1 0 ---- 48 9.2 16 0 4 0 0 4 0 0 8 7 6.52 2.07
2010 18 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 133 27.0 38 0 6 0 7 9 0 0 20 12 4.00 1.63
NPB:2年 27 13 1 1 1 5 6 0 0 .455 411 101.1 93 8 20 2 1 61 3 1 40 36 3.20 1.12
CPBL:2年 27 1 0 0 0 0 0 1 0 ---- 181 36.2 54 0 10 0 7 13 0 0 28 19 4.66 1.75

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号[編集]

  • 97 (2005年 - 2006年)
  • 17 (2007年 - 2008年)
  • 28 (2009年 - 2010年)

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『プロ野球カラー名鑑 2008』 ベースボール・マガジン社2008年、11頁。ISBN 978-4-583-61526-4
  2. ^ 25歲姜建銘 棄棒球轉戰珠寶界 運動大聯盟
  3. ^ 協會盃成棒/棄投從打敲4安 姜建銘還有職棒夢 ETtoday體育新聞
  4. ^ 2006年9月3日 対中日戦でのヒーローインタビューにて

関連項目[編集]

外部リンク[編集]