2015年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2015年 | 2015年のスポーツ

2015年の野球(2015ねんのやきゅう)では、2015年野球界における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月23日 - 【大学】東京六大学野球春季リーグ戦で、東大法大に6対4(延長10回)で勝利し、2010年秋から継続していたリーグ戦連敗記録(2引き分けを含む)を94でストップした[17]
  • 5月25日 - 【独立・ルートインBCリーグ】富山GRNサンダーバーズは、元オリックス・バファローズタフィ・ローズと選手契約に合意し、野手コーチ兼任選手として入団することになったと発表した[18]
  • 5月25日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】前期優勝マジックを1としていた香川オリーブガイナーズは、マジック対象チームの愛媛マンダリンパイレーツが徳島インディゴソックスに敗れたため、4期ぶりとなる前期優勝を達成[19]

6月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月12日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】後期優勝マジックを1としていた愛媛マンダリンパイレーツは土佐山田スタジアムでおこなわれた高知ファイティングドッグス戦に8-0で勝利し、2年連続となる後期優勝を達成[28]
  • 9月13日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】東地区後期優勝マジックを1としていた福島ホープスは、伊勢崎市野球場でおこなわれた群馬ダイヤモンドペガサス戦に5-3で勝利し、東地区の後期優勝を達成[29]
    • 【独立・ルートインBCリーグ】西地区後期優勝マジックを1としていた富山GRNサンダーバーズは、長野県営野球場でおこなわれた信濃グランセローズ戦に7-3で勝利し、西地区の後期優勝を達成[30]
  • 9月20日 - 【独立・ルートインBCリーグ】新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが、三条市民球場でおこなわれた福島ホープスとの東地区チャンピオンシップ第3戦に3-1で勝利し、対戦成績を2勝1敗として東地区の年間優勝を達成[31]
  • 9月22日 - 【独立・ルートインBCリーグ】福井ミラクルエレファンツが、福井市スポーツ公園野球場でおこなわれた富山GRNサンダーバーズとの西地区チャンピオンシップ第3戦に6-2で勝利し、対戦成績を2勝1敗として西地区の年間優勝を達成[32]
  • 9月25日 - 【独立・ルートインBCリーグ】新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが、みどりと森の運動公園野球場でおこなわれた福井ミラクルエレファンツとのリーグチャンピオンシップ第3戦に2-0で勝利し、対戦成績を3勝0敗として3年ぶりとなるリーグ年間総合優勝を達成[33]
  • 9月28日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】愛媛マンダリンパイレーツは松山中央公園野球場でおこなわれた香川オリーブガイナーズとのリーグチャンピオンシップ第5戦に5-0で勝利し、対戦成績を3勝2敗として、チーム創設以来11年目で初の年間総合優勝を達成[34]

10月[編集]

  • 10月5日 - 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】日程の関係より本年度はリーグチャンピオンシップを実施せず、前期優勝の実績と現時点での後期の成績に基づき、兵庫ブルーサンダーズを年間のリーグチャンピオンとすることを発表[35]
  • 10月9日 - 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】後期優勝マジックを1としていた兵庫ブルーサンダーズは、アメニスキッピースタジアムでおこなわれた06BULLS戦に5-2で勝利し、前期に続いて優勝を達成[36]
  • 10月12日 - 【独立】愛媛マンダリンパイレーツは松山中央公園野球場でおこなわれたグランドチャンピオンシップ第5戦で新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに3対1で勝利し、対戦成績を3勝2敗として初優勝した[37]。初戦2連敗からの逆転優勝はシリーズ史上初である。
  • 10月17日 - 【大学】関西六大学野球連盟大経大の未登録選手が出場して没収試合になり、強制的に京産大が9-0になった[38]
  • 10月26日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】高知ファイティングドッグスは監督の弘田澄男とコーチの萩原淳の退団、および来シーズンの総監督に元阪神タイガースの江本孟紀が就任することを発表[39]。現場で指揮を執る監督は後日発表の予定とされた。
  • 10月28日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】愛媛マンダリンパイレーツの河原純一(元・中日ドラゴンズ)が現役引退を表明[40]
  • 10月29日 - 【独立・ルートインBCリーグ】群馬ダイヤモンドペガサスは、監督の川尻哲郎の退任と、野手コーチの平野謙の監督就任を発表[41]

11月[編集]

12月[編集]

競技結果[編集]

独立リーグ(日本)[編集]

四国アイランドリーグplus[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 香川オリーブガイナーズ 21 9 4 .700 - 愛媛マンダリンパイレーツ 23 9 2 .719 -
2位 愛媛マンダリンパイレーツ 14 16 4 .467 7.0 徳島インディゴソックス 17 14 3 .548 5.5
3位 徳島インディゴソックス 12 15 7 .444 0.5 香川オリーブガイナーズ 11 17 6 .393 4.5
4位 高知ファイティングドッグス 12 17 5 .414 1.0 高知ファイティングドッグス 13 21 0 .382 1.0
リーグチャンピオンシップ[編集]
第1戦 香川 2 - 1 愛媛
第2戦 愛媛 5 - 4 香川
第3戦 愛媛 3 - 0 香川
第4戦 香川 2 - 1 愛媛
第5戦 愛媛 5 - 0 香川
(愛媛は初の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

東地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 新潟アルビレックスBC 23 11 3 .676 - 福島ホープス 20 13 3 .606 -
2位 武蔵ヒートベアーズ 21 14 2 .600 2.5 新潟アルビレックスBC 19 17 0 .528 2.5
3位 群馬ダイヤモンドペガサス 16 17 4 .485 4.0 群馬ダイヤモンドペガサス 14 17 5 .452 0.0
4位 福島ホープス 8 25 4 .242 8.0 武蔵ヒートベアーズ 15 17 4 .469 2.0
西地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 福井ミラクルエレファンツ 21 14 2 .600 - 富山GRNサンダーバーズ 18 12 5 .600 -
2位 信濃グランセローズ 18 16 3 .529 2.5 福井ミラクルエレファンツ 17 12 6 .586 0.5
3位 石川ミリオンスターズ 16 19 2 .457 2.5 石川ミリオンスターズ 15 19 1 .441 4.5
4位 富山GRNサンダーバーズ 12 22 3 .353 3.5 信濃グランセローズ 11 20 4 .355 2.5
プレーオフシリーズ[編集]
第1戦 新潟 3 - 1 福島
第2戦 福島 1 - 0 新潟
第3戦 新潟 3 - 1 福島
第1戦 富山 3 - 2 福井
第2戦 福井 2 - 1 富山
第3戦 福井 6 - 2 富山
  • リーグチャンピオンシップ 9月22日9月23日(フェニックススタジアム)、9月24日(みどりと森の運動公園野球場)
第1戦 新潟 5 - 3 福井
第2戦 新潟 3 - 1 福井
第3戦 新潟 2 - 0 福井
(新潟は3年ぶり2回目の総合優勝)

グランドチャンピオンシップ[編集]

第1戦 新潟 3 - 2 愛媛(10月3日柏崎市佐藤池野球場
第2戦 新潟 1 - 0 愛媛(10月4日三条パール金属スタジアム
第3戦 愛媛 3 - 0 新潟(10月10日坊っちゃんスタジアム
第4戦 愛媛 3 - 2 新潟(10月11日、坊っちゃんスタジアム)
第5戦 愛媛 3 - 1 新潟(10月12日、坊っちゃんスタジアム)
  • (愛媛は初優勝)

BASEBALL FIRST LEAGUE[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 兵庫ブルーサンダーズ 17 5 1 .773 - 兵庫ブルーサンダーズ 16 5 1 .762 -
2位 06BULLS 10 12 2 .455 7.0 06BULLS 14 9 0 .609 3.0
3位 姫路GoToWORLD 6 16 1 .273 4.0 姫路GoToWORLD 3 19 1 .136 10.5
  • 本年度はリーグチャンピオンシップを実施せず、兵庫を年間優勝チームに認定。

社会人野球[編集]

優勝:日本生命(18年ぶり4回目)
優勝:和歌山箕島球友会(2年ぶり3回目)
優勝:日本生命(12大会ぶり3回目)

大学野球[編集]

決勝 早大東京六大学) 8-5流通経済大東京新大学[45]
(早大は3年ぶり5回目の優勝)
決勝 亜大東都) 2-1(延長14回)早大東京六大学[46]
(亜細亜大は2年ぶり5回目の優勝)

高校野球[編集]

優勝:敦賀気比福井、初優勝)[47]
優勝:東海大相模神奈川、45年ぶり2度目)[26]
優勝:作新学院北関東栃木、6年ぶり9度目)
硬式の部優勝:東海大相模(神奈川、初優勝)
軟式の部優勝:作新学院(栃木、4年ぶり8度目)
優勝:高松商四国香川、初優勝)[48]

死去[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BCリーグ武蔵 小林宏が投手コーチ就任スポーツニッポン 2015年1月8日配信
  2. ^ 投手 兼 投手コーチ就任のお知らせ石川ミリオンスターズ球団公式サイト2015年1月15日配信
  3. ^ 選抜高校野球32校決定!初出場は奈良大付、糸満など6校スポーツニッポン2015年1月23日配信
  4. ^ 松山東 最長ブランク82年ぶり春 21世紀枠で子規先輩やりました!スポーツニッポン2015年1月24日配信
  5. ^ 平成27年 野球殿堂入り決定!! 野球殿堂博物館プレスリリース 2015年1月23日付
  6. ^ 元ロッテ・フランコ BCリーグ石川兼任監督に ヘッドも決定スポーツニッポン2015年2月10日配信
  7. ^ 富山GRNサンダーバーズ命名権発表のお知らせ富山GRNサンダーバーズ公式サイト 2015年2月26日配信
  8. ^ インディゴソックス、牛田コーチ就任会見徳島新聞2015年2月28日
  9. ^ 新入団選手のお知らせ石川ミリオンスターズ公式サイト 2015年3月2日配信
  10. ^ 3/5 【チーム】新外国人選手入団のお知らせ~元メジャーリーガー WBC・オリンピック台湾代表が入団! 高知ファイティングドッグス公式サイト 2015年3月5日配信
  11. ^ 大家友和投手入団内定のお知らせ富山GRNサンダーバーズ公式サイト 2015年3月9日配信
  12. ^ 新入団選手のお知らせ群馬ダイヤモンドペガサス公式サイト 2015年3月9日配信
  13. ^ 愛媛MP 新外国人選手入団のお知らせ 四国アイランドリーグplusニュースリリース 2015年3月10日配信
  14. ^ 敦賀気比、北陸勢初V 背番号17の松本またも劇弾!今度は決勝2ラン  スポニチアネックス 2015年4月1日配信
  15. ^ 星野おさむ監督 退任・退団のお知らせ - BCリーグニュース(2015年5月8日)
  16. ^ 小林宏之投手コーチ、監督代行就任のお知らせ - BCリーグニュース 2015年5月8日
  17. ^ 「守り勝つ」徹底でついに…東大 今春9試合でリーグ最少3失策 - スポニチアネックス 2015年5月24日配信
  18. ^ タフィ・ローズ契約合意のお知らせ - BCリーグニュース 2015年5月25日
  19. ^ 香川が前期優勝、4期ぶり10度目] - 四国新聞 2015年5月26日
  20. ^ 藤川球児選手 入団のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース 2015年6月1日
  21. ^ 新潟、福島に勝利し前期優勝 BCリーグ東地区 - スポニチアネックス2015年6月14日
  22. ^ 監督や主将が宙を舞う ブルーサンダーズが前期優勝 - 神戸新聞2015年6月26日
  23. ^ エレファンツが前期初優勝 吉竹春樹監督、就任1年目で快挙 - 福井新聞2015年6月28日
  24. ^ 8/14 【チーム】入団選手のお知らせ高知ファイティングドッグス公式サイト 8月14日配信
  25. ^ 岡本監督辞任 成績不振の責任、理由に - 信濃毎日新聞2015年8月18日
  26. ^ a b 東海大相模45年ぶり優勝 小笠原V弾&完投/詳細 nikkansports.com 2015年8月20日配信
  27. ^ 大家がBCリーグ福島に入団、10日まで同リーグの富山に在籍スポニチアネックス 2015年8月21日配信
  28. ^ 愛媛が後期優勝 - 四国新聞2015年9月13日
  29. ^ 福島ホープスがFUTURE-East後期優勝BCリーグニュース 2015年9月13日配信
  30. ^ サンダーバーズ後期優勝 信濃下す - 北日本新聞(47NEWS)2015年9月13日
  31. ^ BC新潟、"年ぶり地区王者に - 新潟日報2015年9月20日
  32. ^ BC福井が地区優勝 富山に勝利、リーグCSで新潟と激突スポニチアネックス 2015年9月22日配信
  33. ^ BC新潟 3年ぶりリーグ制覇新潟日報 2015年9月25日
  34. ^ 海族王降臨 愛媛MP総合V ナイン奮起 完勝 - 愛媛新聞2015年9月28日
  35. ^ 今季の運営についてお知らせ - BASEBALL FIRST LEAGUE(2015年10月5日)
  36. ^ ブルーサンダーズ 後期も制し、初のリーグチャンピオン - 神戸新聞2015年10月10日
  37. ^ MP 崖っぷちから3連勝 独立L日本一 5投手力投 打線も粘り - 愛媛新聞2015年10月14日
  38. ^ 平成27年度 秋季リーグ戦関西六大学野球連盟。
  39. ^ FD総監督に江本氏が就任 弘田氏は今季限りで退任へ - 高知新聞2015年10月27日
  40. ^ 愛媛MP河原、高田選手が引退会見 - 愛媛新聞2015年10月28日
  41. ^ 平野謙氏、独立リーグ群馬の監督に就任 - デイリースポーツ2015年10月29日
  42. ^ 本西監督の就任を発表 24日に会見 - 信濃毎日新聞2015年11月20日
  43. ^ 高知の新監督に元巨人・駒田徳広氏
  44. ^ 高知FD 新コーチに勝呂壽統氏が就任 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年12月22日)
  45. ^ 【大学野球】早大、3年ぶり5度目V 全日本選手権 - 産経ニュース 2015年6月14日掲載・30日閲覧
  46. ^ 亜大2年ぶり5度目の日本一 早大との延長戦を制す- 日刊スポーツ  2015年11月18日掲載・日閲覧
  47. ^ 敦賀気比が初V 満塁男・松本が決勝2ラン/センバツ SANSPO.COM 2015年4月1日配信
  48. ^ [1]
  49. ^ a b スポーツニッポン関西版2015年1月22日付2面
  50. ^ 大豊泰昭さん死去 元中日の本塁打王 51歳白血病で 最近は歩行困難にスポーツニッポン2015年1月19日配信
  51. ^ 元近鉄エース井本隆氏が死去 64歳すい臓がんでスポーツニッポン2015年1月24日配信
  52. ^ アーニー・バンクス氏死去 カブス一筋19年通算512発スポーツニッポン2015年1月25日配信
  53. ^ “松橋義喜氏死去 元セ・リーグ審判 長嶋茂雄の引退試合で球審”. スポーツニッポン. (2015年2月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/23/kiji/K20150223009861900.html 2015年4月26日閲覧。 
  54. ^ Bobbie Dittmeier (2015年3月4日). “Johnson, 1970 AL batting champion, dies” (英語). MLB.com. 2015年4月19日閲覧。
  55. ^ “MLB=シカゴ初の黒人選手、ミノーソ氏が死去”. ロイター. (2015年3月2日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPKBN0LY08120150302 2015年3月2日閲覧。 
  56. ^ “アル・ローゼン氏死去=インディアンスでMVP-米大リーグ”. 時事ドットコム. (2015年3月15日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031500060 2015年4月20日閲覧。 
  57. ^ 渡辺達佳氏死去=元プロ野球巨人選手、旧姓安原 時事通信 2015年4月3日
  58. ^ 訃報:西村俊二さん67歳=元プロ野球近鉄内野手 毎日新聞 2015年4月2日
  59. ^ Jose Capellan dies at age 34 from apparent heart attack
  60. ^ 大洋元監督、宮崎剛氏が死去 96歳 日刊スポーツ 2015年5月28日閲覧
  61. ^ “訃報:富田勝さん68歳=元南海選手、法政三羽がらす”. 毎日新聞. (2015年5月27日). http://mainichi.jp/sports/news/20150527k0000m050139000c.html 2015年5月27日閲覧。 
  62. ^ 元阪神の白坂長栄氏が死去、吉田義男氏と鉄壁二遊間 日刊スポーツ 2015年7月14日閲覧。
  63. ^ V9「左のエース」高橋一三さん死去 69歳心不全、療養中に症状急転 スポーツ報知 2015年7月14日閲覧
  64. ^ 元西鉄投手の西村貞朗氏死去 58年に完全試合達成 日刊スポーツ
  65. ^ ヨギ・ベラ氏90歳死去 世界一10度史上最高の捕手”. 日刊スポーツ (2015年9月24日). 2016年10月16日閲覧。
  66. ^ 急死の中村勝広・阪神GM、死因は急性心不全 ホテル従業員が客室に入ったときにはすでに…”. サンケイスポーツ (2015年9月23日). 2016年10月16日閲覧。
  67. ^ 元プロ野球投手の盛田幸妃氏死去 時事通信 2015年10月16日閲覧
  68. ^ メジャー通算49勝右腕ハンソン 呼吸困難陥り病院で死去、29歳”. スポーツニッポン (2015年11月10日). 2016年10月16日閲覧。
  69. ^ ケン・ジョンソン氏死去 メジャー史上唯一となる珍記録の持ち主”. スポーツニッポン (2015年11月26日). 2016年10月16日閲覧。
  70. ^ デーブ・ヘンダーソン氏死去 アスレチックス黄金時代を支える”. スポーツニッポン (2015年12月28日). 2016年10月16日閲覧。

脚注[編集]