堂上隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
堂上 隼人
SH-Hayato-Dooue.jpg
ソフトバンク時代
(2009年7月15日、阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市神奈川区
生年月日 (1982-03-12) 1982年3月12日(36歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り NPB / 2008年 育成選手ドラフト5位
初出場 NPB / 2010年3月22日
最終出場 NPB / 2011年9月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

堂上 隼人(どううえ はやと、1982年3月12日 - )は、神奈川県横浜市神奈川区出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

武相高等学校では内野手。横浜商科大学時代に捕手へ転向。大学4年の時には第32回日米大学野球選手権大会に出場。強肩強打の捕手として注目され、複数の球団のドラフト候補にも挙がったが指名は受けなかった[1]

卒業後は社会人野球の強豪、日産自動車へ入社したが、入社2年目に退社。

独立リーグ・香川時代[編集]

大学時代の監督に勧められ、2006年4月に四国アイランドリーグ香川オリーブガイナーズへ練習生として入団し、5月に選手登録された。その後はチームの中心選手として活躍し、アイランドリーグの5月の月間MVPに選ばれるなど、2006年は打率3割2分7厘、11本塁打で首位打者、本塁打王の二冠を獲得。守備でも持ち味である鉄砲肩と大胆なリードでチームを牽引。総合優勝に大きく貢献しリーグ年間MVPに選ばれた。しかしそのオフもどの球団からもドラフト指名はなく、同僚の深沢和帆巨人が指名)、伊藤秀範ヤクルトが育成枠指名)を羨望のまなざしで見つめるだけだった。

2007年も引き続き主力の捕手としてチームを支え、前後期と年間チャンピオンシップ、さらに独立リーグのグランドチャンピオンシップの優勝に貢献。個人タイトルこそなかったものの、打率と本塁打はリーグ2位、打点は3位という成績を残し、リーグの後期シーズンMVP及びグランドチャンピオンシップのMVPに選出された。しかし2007年のドラフト会議でも、事前に候補として名前が挙がりながら指名を受けることができなかった。

2008年1月から1ヶ月間、オーストラリアクイーンズランド州にあるアマチュアリーグに、チームメイトの塚本浩二とともに派遣された。当初は2ヶ月間の予定であったが、派遣中の堂上をメジャーリーグのボストン・レッドソックスのスカウトが評価し、レッドソックスが獲得の意思を示してアイランドリーグ側と交渉に入ったことから、予定を切り上げて2月に帰国した。契約が成立した場合はマイナー契約でのスタートとなると報じられた[2]。その後、3月になってチームメイトの松尾晃雅が一足先に2月7日にレッドソックスとマイナー契約を結んだことが発表され、堂上については交渉段階と伝えられた[3]

同年5月に、ボストン・ヘラルドにおいて「移籍に必要なビザが取得できなかったため、今シーズンの移籍はないであろう」との記事が掲載された[4]。最終的に2008年のシーズンも香川でプレーすることとなり、前期と年間の優勝に貢献した。

同年10月30日プロ野球ドラフト会議において、福岡ソフトバンクホークスから育成選手枠で指名された。背番号は126

ソフトバンク時代[編集]

2009年シーズン開幕前の3月30日付で支配下登録された。背番号は42。7月23日に行われたフレッシュオールスターゲームではウエスタン・リーグ選抜に選出された。

2010年3月22日の北海道日本ハムファイターズ戦で1軍公式戦に初出場した。同シーズンは、スタメン出場2試合を含む7試合に出場し、初安打も記録した。2011年1月にアレックス・カブレラの入団により、背番号が42から35に変更された。

事件[編集]

2012年8月19日に福岡県糟屋郡内で女性に猥褻な行為をしたとして、8月23日に強制わいせつの疑いで逮捕された[5][6]。8月24日に球団は堂上との契約を解除したことを発表し[7]、8月27日付で自由契約選手公示された[8]。さらに9月12日には、7月23日にも福岡県古賀市で17歳の少女に猥褻行為をしたとして、強制わいせつの疑いで再逮捕され[9]、10月9日には7月30日に福岡市東区で女子大生に猥褻行為をしていたとして3度目の逮捕となっている[10]

10月4日福岡地方検察庁は3件のうち7月23日の容疑について起訴し、他の2件は被害者との示談が成立して不起訴処分となった[11]。11月10日の初公判で堂上は起訴内容を認め、「人として本当に間違ったことをした」と謝罪した[12]。犯行の動機については、被告人質問で1軍での出場が少なく不安に駆られたことやコーチとの人間関係に悩んでいた背景を答えたが、原因については「今もわからない」と述べた[11]。また、弁護人からの被告人質問では「二度と人の道に外れたような事件を絶対に起こしません」と述べた[13]2013年1月11日福岡地方裁判所の論告求刑公判において、検察は懲役2年6月を求刑した[14]。1月25日、懲役2年の実刑判決が下った。堂上側は控訴したが、同年4月24日に控訴が棄却された[15]

社会人時代にも性犯罪歴があるとされ(その際も有罪判決を受けた[15])、レッドソックスに入団できなかったのも、これによりビザが下りなかったのが原因と報じられている[16]。球団はドラフト指名の際、社会人時代の性的不祥事を認識していたと発表した[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 ソフトバンク 7 8 7 0 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 2 1 .286 .286 .286 .571
2011 1 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 8 9 8 1 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 2 1 .250 .250 .250 .500

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2010 4 13 4 0 0 1 1.000 6 3 3 .500
通算 4 13 4 0 0 1 1.000 6 3 3 .500

記録[編集]

NPB

独立リーグでの打撃成績[編集]

年度 球団













2006 香川 73 245 47 80 11 45 6 6 4 47 5 27 .327
2007 89 298 48 96 7 50 10 3 9 54 4 24 .322
2008 78 262 53 76 5 44 5 3 4 51 8 28 .290
通算:3年 240 805 148 252 23 139 21 12 17 152 17 79 .313
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでのタイトル・表彰[編集]

タイトル
  • 首位打者:1回 (2006年)
  • 最多本塁打:1回 (2006年)
表彰
  • 年間MVP:1回 (2006年)
  • 後期MVP:2回 (2006年、2007年)
  • ベストナイン:3回 (捕手部門:2006年 - 2008年)

背番号[編集]

  • 27 (2006年 - 2008年)
  • 126 (2009年 - 同年途中)
  • 42 (2009年途中 - 2010年)
  • 35 (2011年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 堂上隼人(香川オリーブガイナーズ) 第3回「ドラフト指名漏れをバネに」”. SPORTS COMMUNICATIONS (2008年5月19日). 2012年8月25日閲覧。
  2. ^ レッドソックス、堂上捕手(香川OG)獲得へ”. 四国新聞 (2008年2月7日). 2012年8月23日閲覧。
  3. ^ 松尾(香川OG)がレッドソックスとマイナー契約”. 四国新聞 (2008年3月29日). 2012年8月23日閲覧。
  4. ^ Rob Bradford (2008年5月8日). “No can Doue”. Boston Herald. 2012年5月24日閲覧。
  5. ^ ソフトバンク捕手 強制わいせつ容疑で逮捕”. スポーツニッポン (2012年8月23日). 2012年8月23日閲覧。
  6. ^ 堂上隼人選手の逮捕について”. 福岡ソフトバンクホークス公式サイト (2012年8月23日). 2012年8月26日閲覧。
  7. ^ 堂上隼人選手の逮捕に関してのお詫び”. 福岡ソフトバンクホークス公式サイト (2012年8月24日). 2012年8月26日閲覧。
  8. ^ 2012年度 自由契約選手”. 日本野球機構オフィシャルサイト (2012年8月27日). 2012年8月27日閲覧。
  9. ^ 17歳少女も襲っていた…元ソフトB・堂上容疑者を再逮捕”. スポーツニッポン (2012年9月13日). 2012年9月17日閲覧。
  10. ^ 元ソフトB堂上容疑者を再逮捕 3回目”. ニッカンスポーツ (2012年10月9日). 2012年10月20日閲覧。
  11. ^ a b 強制わいせつ:元ホークス選手の被告、起訴内容認める−−初公判”. 毎日新聞 (2012年12月22日). 2013年1月11日閲覧。
  12. ^ 強制わいせつ:堂上元選手が謝罪 「恐怖、苦痛与えた」−−公判”. 毎日新聞 (2012年11月10日). 2013年1月11日閲覧。
  13. ^ http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121221-1062583.html
  14. ^ 元ソフトB捕手に懲役2年6月求刑「活躍できないストレス発散は身勝手」スポーツニッポン2013年1月11日
  15. ^ a b 元ソフトバンク捕手 堂上隼人被告 二審も懲役2年の実刑判決日刊スポーツ2013年4月25日
  16. ^ メジャーも注目していた堂上容疑者 性犯罪歴からビザおりず…”. スポーツニッポン (2012年8月24日). 2012年8月24日閲覧。
  17. ^ 契約解除の堂上容疑者、社会人時代も性的不祥事”. 読売新聞 (2012年8月25日). 2012年8月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]