鈴木駿也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 駿也
室蘭シャークス #16
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山形県天童市
生年月日 (1991-01-19) 1991年1月19日(27歳)
身長
体重
180 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鈴木 駿也(すずき しゅんや、1991年1月19日 - )は、山形県天童市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

山形中央リトルシニア出身。天童市立第二中学校出身であるため、栗原健太の後輩にあたる。

山形中央高に進学すると、1〜2年夏には内野手遊撃手)として県予選準決勝まで進んだが敗退。2年秋に投手へ転向。3年夏は県予選準々決勝で鶴岡東高に接戦のすえ敗退する。

2008年同年のドラフト会議において、福岡ソフトバンクホークスから7巡目で指名された。山形中央高の卒業生として初のプロ野球選手となった。なお、プロから指名されなかった場合は、社会人野球に進む予定だった。

2010年7月に右肘の手術を受け復帰まで時間が必要となった。このため、10月1日に規約に基づいて戦力外通告を受け、12月育成選手として再契約した[1][2]

2011年も規約に基づき、11月7日に戦力外通告を受け、その後、育成選手として再契約。

2012年も規約に基づき、10月31日に3度目の自由契約公示を受け[3]11月10日に育成選手として再契約した[4]

2013年も規約に基づき、10月31日に自由契約公示された[5]11月30日に育成選手として再契約されることが発表された[6]

2014年10月31日に球団から戦力外通告を受け[7]、同日付で自由契約公示された[8]

2015年1月新日鐵住金グループの第一鉄鋼に入社し、北海道社会人野球クラブチーム室蘭シャークスに加入した[9]。同年の都市対抗野球北海道2次予選では、勝てば本戦出場がかかるJR北海道戦で6回2失点で敗退するも、自身は敢闘選手賞を受賞した。

人物[編集]

ビッグコミックオリジナル2月20日発売の4号に掲載された『あぶさん』に、自身のストーリーが執筆された。あぶさんの作者水島新司は、「甲子園出場の一度も無い無名高校から今年のドラフトで、それもギリギリ7位に指名され突然その名が世に出たのです」「まさしく野球漫画のスタートシーンです」などとエールを送った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍出場なし

背番号[編集]

  • 59 (2009年 - 2010年)
  • 133 (2011年 - 2014年)
  • 16 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 柳瀬ら育成降格 一度自由契約に スポニチアネックス (2010年9月29日)
  2. ^ 育成選手契約完了のお知らせ 福岡ソフトバンクホークス (2010年12月3日)
  3. ^ 2012年度 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構オフィシャルサイト (2012年10月31日). 2012年11月1日閲覧。
  4. ^ 育成選手契約締結のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年11月10日). 2012年11月13日閲覧。
  5. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。
  6. ^ 【ソフトB】坂田と鈴木両投手と育成選手契約 スポーツ報知 2013年11月30日配信 2013年12月2日閲覧
  7. ^ 来季契約についてソフトバンク球団公式サイト2014年10月31日配信
  8. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  9. ^ 鈴木駿也選手(元ソフトバンク)が入社、室蘭シャークスに新加入 第一鉄鋼株式会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]