グランドチャンピオンシップ (独立リーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グランドチャンピオンシップ (独立リーグ)
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント 2017年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)
競技 プロ野球独立リーグ
開始年 2007年
参加チーム 2
日本の旗 日本
前回優勝 徳島インディゴソックス(2017年)

日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ(にっぽんどくりつリーグ・グランドチャンピオンシップ)は、野球独立リーグ組織である四国アイランドリーグplusベースボール・チャレンジ・リーグのそれぞれの優勝チームが、独立リーグ日本一の座をかけて争うチャンピオン大会である。2007年に第1回が開催された。2014年からは日本独立リーグ野球機構所属リーグのチャンピオンシップともなっている。

リーグ公式サイトやマスコミ報道では「GCS」という略称を使用する場合がある[1][2][3]

概要[編集]

四国アイランドリーグplus(2007年までは四国アイランドリーグ、2008 - 2010年は四国・九州アイランドリーグ)とベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ、2007年は北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ)のそれぞれの年間優勝を決めたチームが対戦し、5戦して3勝した方を勝者とする。原則的に、主管試合を2試合(第1・2戦)行うリーグと3試合(第3 - 5戦)行うリーグが隔年で入れ替わる(2試合実施の年は、西暦の奇数年がBCリーグ、偶数年がアイランドリーグ)。開催形式の制約から、ホームゲームでの優勝決定はアイランドリーグが西暦の奇数年、BCリーグが偶数年に限られる。2017年まで、ホームでの優勝決定はアイランドリーグが4回、BCリーグが2回である。

2009年のシーズン前には、新たに発足した関西独立リーグも交えた開催を検討中であると報じられていた[4]。しかし、最終的に従来通りアイランドリーグとBCリーグの間で開催されることとなった。関西独立リーグは京セラドーム大阪での集中開催を主張する一方、日程を決める前提となる自リーグの後期日程も未定の状態で打ち合わせに臨んでいたという[5]

2010年度以降もアイランドリーグとBCリーグの間で実施され、関西独立リーグ・ジャパン・フューチャーベースボールリーグ(2010年のみで休止)ならびにBASEBALL FIRST LEAGUE(2014年設立)の参加実績はない。

戦績[編集]

※2017年終了時点

開催年 勝利チーム 勝利監督 成績 星取表 敗戦チーム 開催球場
1 2007年 香川オリーブガイナーズ(IL) 西田真二 3勝1敗 ●○○○ 石川ミリオンスターズ(BCL) 石川県立野球場
サーパススタジアム
2 2008年 香川オリーブガイナーズ(IL) 西田真二 3勝2敗 ○○●●○ 富山サンダーバーズ(BCL) サーパススタジアム
県営富山野球場
桃山野球場
3 2009年 高知ファイティングドッグス(IL) 定岡智秋 3勝2敗 ○○●●○ 群馬ダイヤモンドペガサス(BCL) 藤岡総合運動公園市民球場
上毛新聞敷島球場
高知市野球場
4 2010年 香川オリーブガイナーズ(IL) 西田真二 3勝1敗 ○○●○ 石川ミリオンスターズ(BCL) アークバリアBP志度
石川県立野球場
5 2011年 石川ミリオンスターズ(BCL) 森慎二 3勝 ○○○ 徳島インディゴソックス(IL) 石川県立野球場
JAバンク徳島スタジアム
6 2012年 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BCL) 高津臣吾 3勝 ○○○ 香川オリーブガイナーズ(IL) レクザムスタジアム
長岡市悠久山野球場
7 2013年 石川ミリオンスターズ(BCL) 森慎二 3勝1敗 ●○○○ 徳島インディゴソックス(IL) 金沢市民野球場
JAバンク徳島スタジアム
8 2014年 徳島インディゴソックス(IL) 島田直也 3勝1敗1分 ○△●○○ 群馬ダイヤモンドペガサス(BCL) JAバンク徳島スタジアム
前橋市民球場
9 2015年 愛媛マンダリンパイレーツ(IL) 弓岡敬二郎 3勝2敗 ●●○○○ 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BCL) 柏崎市佐藤池野球場
三条パール金属スタジアム
坊っちゃんスタジアム
10 2016年 群馬ダイヤモンドペガサス(BCL) 平野謙 3勝2敗 ●●○○○ 愛媛マンダリンパイレーツ(IL) 坊っちゃんスタジアム
前橋市民球場
11 2017年 徳島インディゴソックス(IL) 養父鐵 3勝2敗 ●○○●○ 信濃グランセローズ(BCL) JAバンク徳島スタジアム
長野オリンピックスタジアム

リーグ別優勝回数[編集]

所属リーグ 優勝回数
BCリーグ 4
四国アイランドリーグ 7

チーム別優勝回数[編集]

所属リーグ チーム名 出場回数 優勝回数
BCリーグ 福島ホープス 0 0
栃木ゴールデンブレーブス 0 0
群馬ダイヤモンドペガサス 3 1
武蔵ヒートベアーズ 0 0
新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ 2 1
信濃グランセローズ 1 0
富山GRNサンダーバーズ 1 0
石川ミリオンスターズ 4 2
福井ミラクルエレファンツ 0 0
滋賀ユナイテッドベースボールクラブ 0 0
四国アイランドリーグ 三重スリーアローズ 0 0
愛媛マンダリンパイレーツ 2 1
香川オリーブガイナーズ 4 3
徳島インディゴソックス 4 2
高知ファイティングドッグス 1 1
福岡レッドワーブラーズ 0 0
長崎セインツ 0 0
☆-解散
★-活動停止中

各回の概略[編集]

第1回(2007年)[編集]

香川オリーブガイナーズ vs 石川ミリオンスターズ
  • 第4戦で香川の優勝が決まり、初代チャンピオンとなった。

第2回(2008年)[編集]

香川オリーブガイナーズ vs 富山サンダーバーズ
  • 第3戦は雨天順延となり、第3・4戦を県営富山野球場で実施。予備日開催となった第5戦も10月27日は雨天中止となったため、10月28日に開催され、延長戦の末に香川が勝利し、2年連続の優勝を飾った。

第3回(2009年)[編集]

高知ファイティングドッグス vs 群馬ダイヤモンドペガサス
  • 第4戦は雨天順延となり、以後1日ずつ開催がずれた。第5戦で高知の優勝が決まり、アイランドリーグの3連覇となった。

第4回(2010年)[編集]

香川オリーブガイナーズ vs 石川ミリオンスターズ
  • 3勝1敗で2年ぶりに香川が優勝し、アイランドリーグ勢の4連覇となった。第4戦は降雨のため7回コールドゲームでの優勝決定となった。

第5回(2011年)[編集]

徳島インディゴソックス vs 石川ミリオンスターズ
  • 3勝0敗で石川が初優勝し、BCリーグのチームとして初めて独立リーグ日本一となった。また、3勝0敗のストレート勝ちもシリーズ史上初である。

第6回(2012年)[編集]

香川オリーブガイナーズ vs 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
  • 3勝0敗で新潟が初優勝し、BCリーグ勢が連覇となった。

第7回(2013年)[編集]

徳島インディゴソックス vs 石川ミリオンスターズ
  • 3勝1敗で石川が2年ぶりに優勝し、BCリーグ勢の3連覇となった。

第8回(2014年)[編集]

徳島インディゴソックス vs 群馬ダイヤモンドペガサス
  • 3勝1敗1分で徳島が初優勝し、4年ぶりにIL勢が独立リーグ日本一となった。

第9回(2015年)[編集]

愛媛マンダリンパイレーツ vs 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
  • 3勝2敗で愛媛が初優勝し、IL勢が前年に続いて連覇した。緒戦2連敗からの逆転優勝はシリーズ史上初めてである。

第10回(2016年)[編集]

愛媛マンダリンパイレーツ vs 群馬ダイヤモンドペガサス
  • 3勝2敗で群馬が初優勝し、3年ぶりにBCL勢が優勝した。前年に続き、緒戦2連敗からの逆転優勝となった。

第11回(2017年)[編集]

徳島インディゴソックス vs 信濃グランセローズ
  • 3勝2敗で徳島が3年ぶりに優勝し、2年ぶりにIL勢が制した。天候不順のため第4戦以降は2日間順延、第5戦も6回表終了後にコールドゲームが宣告され、2010年以来の「コールドゲームでの優勝決定」となった。

ルール[編集]

第1回
  • 先に3勝したチームの優勝で、以後の対戦は行わない。
  • 9回を終了した時点で同点の場合は引き分けとし、延長戦は実施しない。引き分け試合の発生によって5試合を終えた時点で両チームの勝利数が同数となった場合は、両チーム優勝とする。
  • 予告先発は実施しない。シリーズが始まった当時は公式戦ではアイランドリーグが実施、BCリーグは非実施だった。2011年からBCリーグも公式戦で実施するようになり、両リーグの足並みが揃ったが、グランドチャンピオンシップは2014年まで非実施が継続した[6]
第2回 - 第8回(第1回からの変更点)
  • 9回を終了した時点で同点の場合は延長戦を実施。原則として決着が付くまで行うが、球場の使用条件によっては途中で新しいイニングに入らず、引き分けとなる場合がある。
  • 全5戦(雨天等で実施できなかった場合も含む)を終わって戦績が五分の場合は予備日に1試合を実施し、優勝チームを決定する。雨天等で予備日を含む全日程を消化できなかった場合はその時点での成績で優勝を決定。その際五分の戦績のときは両チーム優勝とする。
第9回(第8回からの変更点)
  • 予告先発が、9回目にして(また両リーグが公式戦で導入してから5年目にして)初めて実施された[7]
第10回 - (第9回からの変更点)
  • 延長戦が最大12回までとされる[8]

審判[編集]

第1回から第10回まではホームチームに所属するリーグの審判が判定していた。第11回は初めて両リーグ混成の審判団が結成され、全試合を混成審判でジャッジした[9]

表彰[編集]

2014年以前は2007年・2009年の2回、シリーズMVPの選出が公表されていた[10][11]

2015年は、日本独立リーグ野球機構から最優秀選手と敢闘選手を表彰するとともに、優勝チームへの優勝カップと賞金、準優勝チームへの賞金の授与も実施された[12]

各種記録[編集]

試合[編集]

最多観客動員数:3,111人(2007年第3戦、サーパススタジアム)

最少観客動員数:235人(2017年第5戦、JAバンクスタジアム徳島)

引き分け

  • 2014年第2戦 徳島インディゴソックス 8 - 8 群馬ダイヤモンドペガサス(7回降雨コールド)

延長戦

  • 2008年第5戦 香川オリーブガイナーズ 3 - 2 富山サンダーバーズ(11回、3時間20分)
  • 2010年第2戦 香川オリーブガイナーズ 5x - 4 石川ミリオンスターズ(10回、3時間6分)
  • 2010年第3戦 石川ミリオンスターズ 2x - 1 香川オリーブガイナーズ(10回、2時間43分)
  • 2014年第4戦 石川ミリオンスターズ 4 - 2 徳島インディゴソックス(13回、4時間27分) ※シリーズ最長補回、最長試合時間

コールドゲーム

  • 2010年第4戦 香川オリーブガイナーズ 2 - 0 石川ミリオンスターズ(7回表終了降雨コールド)※優勝決定戦
  • 2014年第2戦 徳島インディゴソックス 8 - 8 群馬ダイヤモンドペガサス(7回終了降雨コールド)
  • 2017年第5戦 徳島インディゴソックス 2 - 1 信濃グランセローズ(6回表終了降雨コールド)※優勝決定戦

チーム[編集]

通算連勝記録 - 5

  • 香川オリーブガイナーズ(2007年第2戦 - 第4戦、2008年第1戦 - 第2戦)
  • 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(2012年第1戦 - 第3戦、2015年第1戦 - 第2戦)※初出場初戦からの通算最多連勝
  • 愛媛マンダリンパイレーツ(2015年第3戦 - 第5戦、2016年第1戦 - 第2戦)

通算連敗記録 - 5

  • 石川ミリオンスターズ(2007年第2戦 - 第4戦、2010年第1戦 - 第2戦)

個人[編集]

打撃記録[編集]

投手記録[編集]

  • 通算最多勝利 5 - 南和彰(石川ミリオンスターズ)
  • 通算最多敗戦 3 - 岩根成海(徳島インディゴソックス)

その他[編集]

  • 日本シリーズとグランドチャンピオンシップに出場歴のある選手
    • 前川勝彦 - 日本シリーズ:2001年[14]、グランドチャンピオンシップ:2010年[15][16]
    • 本間満 - 日本シリーズ:2003年[17]、グランドチャンピオンシップ:2010年[18]
    • 三輪正義 - 日本シリーズ:2015年[19]、グランドチャンピオンシップ:2007年[20]

脚注[編集]

  1. ^ GCS第5戦 試合開始時間決定のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2014年10月12日)
  2. ^ GCS第4戦【徳島-信濃】 試合中止のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2017年10月15日)
  3. ^ “香川が初代王者-野球独立リーグGCS”. 四国新聞. (2007年10月29日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20071029000095 2017年10月21日閲覧。 
  4. ^ 4月4日に開幕、香川は高知と/四国・九州IL”. 四国新聞 (2009年2月11日). 2011年10月30日閲覧。
  5. ^ リーグ存続の大ピンチ……その真相と打開策を探る - SPORTS COMMUNICATIONS(2009年5月22日)
  6. ^ 下記外部リンクの2014年度までの開催要項を参照。
  7. ^ 下記外部リンクの2015年度開催要項を参照。
  8. ^ 下記外部リンクの2016年度開催要項を参照。
  9. ^ 四国アイランドリーグ審判部 - facebook(2017年10月20日の投稿を参照)
  10. ^ グランドチャンピオンシップ第4戦 香川OGが石川MSに快勝、優勝決定! - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月28日、PDFファイル)
  11. ^ 報知新聞特別協賛グランドチャンピオンシップは高知FD優勝でILが3年連続日本一達成 - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2009年11月3日)
  12. ^ 日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2015 優勝セレモニーのお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年10月8日)
  13. ^ 高知ファイティングドッグスでも出場しているが、そのときは本塁打を記録していない。
  14. ^ ■ 2001年度日本シリーズ 試合結果(第4戦) - 日本野球機構
  15. ^ 2010-10-23 香川OG vs 石川MS - 四国・九州アイランドリーグ
  16. ^ 2010-10-30 石川MS vs 香川OG - 四国・九州アイランドリーグ
  17. ^ ■ 2003年度日本シリーズ 試合結果(第4戦) - 日本野球機構
  18. ^ 2010-10-23 香川OG vs 石川MS(リンクされているスコアブックを参照)
  19. ^ ■ 2015年度SMBC日本シリーズ 試合結果(第4戦) - 日本野球機構
  20. ^ グランドチャンピオンシップ第4戦 香川OGが石川MSに快勝、優勝決定! (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月28日)

外部リンク[編集]