伊藤秀範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 秀範
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市青葉区
生年月日 (1982-08-22) 1982年8月22日(35歳)
身長
体重
181 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 育成選手ドラフト1巡目
初出場 2007年3月31日
最終出場 2008年8月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 香川オリーブガイナーズ (2011 - 2016)

伊藤 秀範(いとう ひでのり、1982年8月22日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手投手)、プロ野球コーチ

経歴[編集]

アマチュア~四国アイランドリーグ時代[編集]

横浜市立市ヶ尾中学校卒業後、駒場学園高校に入学。那須野巧とは高校の同期で当時エースナンバーは伊藤が背負っていたが、プロ入りは那須野が先となった(伊藤は那須野のことを「身近な目標」と語っている)。卒業後は本田技研工業に入社して狭山野球部に所属。同期に尾形佳紀(現・広島スカウト)がいる。

狭山野球部では選手層が厚く登板機会に恵まれなかったことから、四国アイランドリーグのトライアウトを受験し合格、2005年香川オリーブガイナーズに入団。1年目のシーズンからエースとして12勝を挙げ、最多勝利のタイトルを獲得。2006年シーズンはチーム最多の11勝を挙げ、チームの総合優勝に貢献した。

2006年11月21日に行われたプロ野球ドラフト会議育成選手枠を対象とした2次指名で、東京ヤクルトスワローズから1巡目で指名を受けた。2006年12月7日契約。獲得の決め手となったのは、2006年11月15日の秋期キャンプ中の、香川対ヤクルトの練習試合における好投である。ヤクルトは前年育成枠での獲得に否定的な見解を示していたが、この試合での好投が監督の古田敦也の目に止まり、監督の要望で指名されることになった。なお試合は9対5で香川が勝っている。

NPB時代[編集]

2007年シーズンは育成枠でスタート。背番号105は担当スカウトだった岡林洋一の現役時代の背番号15の間に0を入れたものである。オープン戦に育成選手が出場できることが決まり、3月17日付けで初の一軍合流を果たした。3月20日の対中日ドラゴンズ戦で、オープン戦初登板初先発初勝利。ほぼベストメンバーの中日に対し、5回3被安打2四球1失点と結果を残したことから、1軍の公式戦に出場可能となる支配下選手への登録が決まった。3月26日正式に支配下選手登録を発表。背番号も52に変更。背番号52は香川オリーブガイナーズ時代のトレーナー、川畑勇一がヤクルト時代つけていた背番号である。推定年俸600万で再契約している。開幕一軍メンバーにも抜擢されたが、シーズン開始後は痛打を浴びて二軍降格。ファームでも良い時と悪い時の差がはっきりしていたが、投手不足から8月23日に再度一軍に昇格した。9月7日の中日ドラゴンズ戦で公式戦初先発するも、2回を8被安打・6失点で敗戦投手となった。

2008年シーズンは二軍スタート。8月3日付けで一軍登録され、8月4日の広島東洋カープ戦で11ヶ月ぶりの先発となったが、1イニングを4安打2失点の内容で1回のみで交代となった。8月11日に一軍選手登録を抹消。10月7日、戦力外通告を受けた。その後12球団合同トライアウトに参加した。

BCリーグ時代[編集]

2009年1月6日、元香川の芦沢真矢が監督を務めるベースボール・チャレンジ・リーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブへの入団が決まり、3年ぶりに独立リーグに復帰。背番号は香川時代と同じ14番を付けた。この年は12勝8敗1セーブで防御率2.32の成績を収めたが、2009年のシーズン終了後、自らの申し出により退団した。本人は現役を続ける意思を表明していた[1]

アイランドリーグへの復帰と引退[編集]

2009年12月17日、古巣である香川オリーブガイナーズに翌年から復帰することが発表された。背番号は以前の在籍時と同じ14番である。

2011年6月29日、選手契約の解除を受け、現役を引退[2]。成績不振で辞任した天野浩一の後を受け、香川の投手コーチに就任した[3]。この転身は、肩の不調に加え、監督の西田真二から「苦しんだ経験を生かし、若手を育ててくれ」という要望を受けたことが大きかったという[4]

香川コーチ時代[編集]

コーチ在任中にチームの投手の中から冨田康祐又吉克樹寺田哲也篠原慎平松本直晃の5人がNPBのドラフト指名(冨田と篠原は育成選手枠)を受けた。このうち又吉については話し合いながらフォームを矯正してリーグ史上最高の2位指名を勝ち取り、スカウトからは「よくここまで伸ばした。ありがとう」と言われたという[4]。また、篠原は肩の故障で愛媛マンダリンパイレーツを退団後、トライアウトを受けた際に140キロの投球が可能なことを見て「能力はやはり高い。ちゃんとフォームを修正したら復活の余地はあると思います」と監督の西田に進言して香川に入団させたと述べている[5]。2016年のシーズン終了後、香川のコーチを退任することが発表された[6]

人物[編集]

  • 憧れのプロ野球選手は伊藤智仁で、伊藤の決め球である高速スライダーは、伊藤智仁を参考に習得したものである。
  • 伊藤智仁選手の背ネーム「T.ITOH」の様に「H.ITOH」を着ける予定だったが、石井一久石井弘寿の時の様に「ITOH」となっていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 ヤクルト 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 29 6.0 11 1 0 0 0 5 1 0 8 8 12.00 1.83
2008 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 4 0 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 4.00
通算:2年 5 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 35 7.0 15 1 0 0 0 5 1 0 10 10 12.86 2.14

記録[編集]

独立リーグでの年度別投手成績[編集]











































W
H
I
P
2005 香川 36 12 9 1 11 1.67 210.1 827 167 2 146 29 11 50 39 2 - 6.25 0.93
2006 35 11 5 2 9 1.84 156.2 609 121 5 127 23 4 38 32 3 - 7.29 0.92
2009 新潟 24 12 8 1 15 2.32 186.0 741 173 4 115 20 4 63 48 4 0 5.56 1.04
2010 香川 27 3 2 1 0 2.29 55.0 222 57 1 33 9 2 19 14 - - 5.40 1.20
2011 15 1 1 0 0 6.19 16.0 77 26 3 9 5 0 14 11 - - 5.06 1.94
IL:4年 113 27 17 4 20 1.97 438.0 1735 371 11 315 66 17 121 96 5 - 6.47 1.00
BCL:1年 24 12 8 1 15 2.32 186.0 741 173 4 115 20 4 63 48 4 0 5.56 1.04
  • 太字はリーグ最高。

背番号[編集]

  • 14 (2005年 - 2006年、2009年 - 2011年)
  • 105 (2007年 - 2007年3月25日)
  • 52 (2007年3月26日 - 2008年、2012年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ “BC新潟、伊藤ら3選手が退団”. 新潟日報. (2009年10月9日). http://www.niigata-nippo.co.jp/albirex/baseball/news/5132.html 2009年11月7日閲覧。 
  2. ^ 香川OG退団選手のお知らせ 香川オリーブガイナーズ
  3. ^ 天野浩一投手コーチ辞任・伊藤秀範投手コーチ就任のお知らせ 香川オリーブガイナーズ、2011年6月29日
  4. ^ a b <5>若手と話し合い 徹底 - 読売新聞香川版2014年5月7日(連載企画「我らガイナーズ!」)
  5. ^ 寺田、入野、山本、篠原がNPBで活躍するために - Sports Communications(2014年11月4日、「野球西国巡り」第209回。伊藤の執筆)
  6. ^ 香川OG 伊藤秀範投手コーチ退団のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年11月16日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]