吉川輝昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉川 輝昭
20130317 Teruaki Yoshikawa, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2013年3月17日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県東松浦郡相知町(現:唐津市
生年月日 (1981-11-13) 1981年11月13日(36歳)
身長
体重
184 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 自由獲得枠
初出場 2004年4月7日
最終出場 2013年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

吉川 輝昭(よしかわ てるあき、1981年11月13日 - )は、佐賀県唐津市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

厳木高では1年の夏からベンチ入りし、2年の秋からはエースとして44年ぶりの九州大会出場に貢献。3年夏の佐賀県大会ではベスト4進出。

日本文理大では2003年の第52回全日本大学野球選手権大会では日本文理大初の優勝に貢献し、最優秀投手賞を獲得。第32回日米大学野球選手権大会の日本代表にも選出。脇谷亮太と同期だった。

2003年のドラフト自由枠横浜ベイスターズに入団。背番号は12

横浜時代[編集]

2004年のキャンプでは体重が100kgを超えたほか、体脂肪率が30%を記録したことでコーチから「身体の自己管理がなっていない」と怒鳴られることがあった。同年4月7日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)で初登板を果たすと、同年6月2日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)でプロ初先発、6回を投げてプロ初勝利を得た。その後もシーズンを通して一軍に帯同し、この年は24試合に登板した。

2005年は前年の活躍から開幕先発ローテーション入りを果たすも、先発は3試合のみで中継ぎに降格、降格後も防御率8.34と結果を残せなかった。

2006年2007年とも一軍登板は僅か2試合だった。

2008年はシーズン終盤の9月に一軍昇格を果たすと、同年10月6日の対広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)でシーズン初先発し、7回1失点で勝利に貢献した。

2009年8月9日の対中日ドラゴンズ戦でシーズン初先発を果たすが、4回4失点で敗戦投手になり[1]、シーズン未勝利に終わった。

2010年は開幕を二軍で迎え、一軍昇格がないまま4月20日井手正太郎との交換トレードで福岡ソフトバンクホークスへ移籍した[2]。背番号は00

ソフトバンク時代[編集]

ソフトバンク時代
(2011年5月28日、福岡Yahoo!JAPANドーム)

2011年は中継ぎとして一軍で開幕を迎えた。当初は敗戦処理としての登板機会しか与えられなかったが、その敗戦処理において無失点に締める登板が続いたことで次第に首脳陣の信頼を得て、リードして得点差の開いた試合の終盤などプレッシャーのかからない場面での登板も増えた。攝津正の先発転向と馬原孝浩の不調・登録抹消が重なってブルペン事情が苦しい中、最終的に40試合の登板で37回1/3を投げ、6ホールド・防御率2.41・WHIP0.83と自己最高の成績を残し、中継ぎとして十分な働きを見せた。このオフに和田毅杉内俊哉D.J.ホールトンと先発が3人同時に移籍したことから、来シーズンは先発に転向することが予定されていた。

2012年は前述の予定がありながら、帆足和幸ブラッド・ペニーレニエル・ピントと先発を補強できた一方で、馬原孝浩が肩のクリーニング手術で今季絶望となったことでリリーフ陣が手薄となったチーム事情があり、再び中継ぎとして一軍で開幕を迎えた。しかし前年とは打って変わって投球が安定せず、中継ぎや先発をこなした反面で打ち込まれることを繰り返し、一軍と二軍との往復を続けた。結局一軍では25試合の登板で0勝1敗、防御率5.29の成績に留まった。11月、神内靖多村仁志とともに山本省吾江尻慎太郎吉村裕基との交換トレードで古巣の横浜DeNAベイスターズへ移籍。

横浜(DeNA)復帰[編集]

2012年11月21日、入団記者会見が行われ、背番号は13に決定した。年俸は、ソフトバンク時代と同じ2200万円。開幕戦である3月29日の中日ドラゴンズ戦で2番手として登板し、2004年6月2日以来9年ぶりとなる勝利投手となったが[3]、その後は打ち込まれるケースが多くなり、21試合で2勝2敗、防御率7.43でシーズンを終えた。特にウラディミール・バレンティンには3打数3本塁打と打ち込まれた。10月29日に戦力外通告を受け[4]12球団合同トライアウトを受けるも[5]、獲得する球団は現れず現役を引退した。今後は「スポーツオーソリティ」の上大岡店など県内3店舗で働きながら、会社が企画する野球教室などで普及活動にも携わる。[要出典]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 横浜 24 3 0 0 0 1 2 0 0 .333 213 45.1 63 5 16 2 2 24 3 0 30 27 5.36 1.74
2005 25 3 0 0 0 0 1 0 1 .000 205 41.0 76 10 15 0 0 30 0 0 38 38 8.34 2.22
2006 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 1.0 4 0 1 0 0 1 0 0 2 2 18.00 5.00
2007 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 5 1 3 1 0 3 0 0 5 5 15.00 2.67
2008 4 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 61 14.2 14 0 6 0 0 5 0 0 3 3 1.84 1.36
2009 10 3 0 0 0 0 3 0 0 .000 100 18.2 34 4 10 1 0 10 0 0 27 24 11.57 2.36
2010 ソフトバンク 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 50 12.0 10 2 3 0 1 9 2 0 4 4 3.00 1.08
2011 40 0 0 0 0 0 0 0 6 ---- 141 37.1 26 3 5 0 0 23 1 0 11 10 2.41 0.83
2012 25 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 142 32.1 27 3 18 1 2 23 1 0 21 19 5.29 1.39
2013 DeNA 21 0 0 0 0 2 2 0 2 .500 132 26.2 39 7 15 1 0 13 1 0 23 22 7.43 2.02
通算:10年 160 12 0 0 0 3 9 0 9 .250 1068 232.0 298 35 92 6 5 141 8 0 164 154 5.97 1.68


記録[編集]

  • 初登板:2004年4月7日、対阪神タイガース2回戦(横浜スタジアム)、9回表に2番手で救援登板・完了、1回無失点[6]
  • 初奪三振:2004年4月10日、対広島東洋カープ2回戦(広島市民球場)、8回裏に浅井樹から見逃し三振[7]
  • 初先発:2004年5月27日、対阪神タイガース8回戦(阪神甲子園球場)、3回3失点[8]
  • 初勝利・初先発勝利:2004年6月2日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、6回3失点[9]
  • 初ホールド:2005年7月14日、対広島東洋カープ10回戦(横浜スタジアム)、11回表に6番手で救援登板、2/3回無失点[10]

背番号[編集]

  • 12 (2004年 - 2010年途中)
  • 00 (2010年途中 - 2012年)
  • 13 (2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “今季初先発吉川がKO…ランドルフ1軍合流へ”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年8月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/08/10/kiji/K20090810Z00001470.html 2013年4月18日閲覧。 
  2. ^ “横浜3人目の補強!吉川とソフトB・井手トレード”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年4月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/04/21/kiji/K20100421Z00002020.html 2013年4月18日閲覧。 
  3. ^ “DeNA 吉川 9年ぶり白星「テル、生涯2勝目だよ!」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/30/kiji/K20130330005508260.html 2013年4月19日閲覧。 
  4. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月29日配信
  5. ^ “DeNA戦力外の吉川「信じて待ちます」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2013年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131110-1216477.html 2013年11月10日閲覧。 
  6. ^ 神奈川新聞、2004年4月8日。
  7. ^ 神奈川新聞、2004年4月11日。
  8. ^ 神奈川新聞、2004年5月28日。
  9. ^ 神奈川新聞、2004年6月3日。
  10. ^ 神奈川新聞、2005年7月15日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]