浅井樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅井 樹
広島東洋カープ コーチ #82
HC-Itsuki-Asai.jpg
2008年6月27日 阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県富山市
生年月日 (1971-12-14) 1971年12月14日(46歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1989年 ドラフト6位
初出場 1993年4月18日
最終出場 2006年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島東洋カープ (2007 - )

浅井 樹(あさい いつき、1971年12月14日 - )は、富山県富山市出身の元プロ野球選手内野手外野手、左投左打)、コーチ2007年から広島東洋カープのコーチを務めている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

父とのキャッチボールをきっかけに野球を始め、小学校3年生の時に少年野球団に入った[1]奥田中学では1年生の時に投手となったが、2年生から外野手を務めた[1]富山商業に進むと1年夏からベンチ入りし、県大会決勝では途中出場したものの進藤達哉を擁する高岡商に敗れている[1]

1年秋から中堅手のレギュラーに定着し、2年夏に選手権大会に出場して初戦で平良幸一を擁する沖縄水産に敗れた[1]。3年夏も選手権大会に出場して1回戦で敗退したが、この試合で本塁打を放ったことが良い思い出になったという[2]。俊足巧打の外野手として注目され、同年のドラフト会議前には大洋ドラフト外で獲得の意志を示したほか、社会人野球IBM野洲から内定を得ていた[3]。しかしドラフトで広島から6位で突然の指名を受け、大洋からは社会人へ進むことを勧められたが自身の意志で広島への入団を決めた[3]。契約金と年俸はそれぞれ2,500万円、360万円(いずれも推定)だった[4]

プロ野球選手時代[編集]

プロ1年目の1990年春季キャンプで同期の前田智徳の打撃技術の高さに衝撃を受けた[3]。同年は千代丸亮彦水沢英樹前間卓とともにパイオニアリーグゲートシティ・パイオニアーズ英語版に派遣され、58試合に出場した[5]。1つのプレーに対して複数の考えがあるとわかり、視野が広がったという[6]。帰国後は二軍で打撃コーチの内田順三らの指導を受けて猛練習を重ね[6]、4年目の1993年に一軍初出場を果たす。

1995年は7月1日の対巨人戦でプロ初本塁打を含む2本塁打・3打点の活躍を見せ[6]、同年は一軍に定着して打率.303の成績を残した。1996年は9月21日の対阪神戦でファウルボールを打った際に右手有鈎骨を骨折して全治1ヶ月の重傷を負った[7]が、シーズン通算では.339の高打率をマークし、特に代打成功率は.453にも達した[1]。オフの契約更改では1,500万円増の年俸2,900万円(推定)で契約を更改している[8]。これらの活躍の一方で、当時は同年代の野手に前田智徳金本知憲緒方孝市江藤智がおり、ルイス・ロペスも含めたレギュラーの層は厚く、ポジションを奪うことはできなかった[9]。逆に、代打で結果を残したために代打の切り札に定着してしまうというジレンマもあった[9]

1997年オフに、3年前の黒潮リーグで知り合った女性と結婚した[6]1998年はロペスの退団もあり、町田公二郎ティモニエル・ペレス一塁手のレギュラーの座を争った[10]。7月には金本の欠場を受けて5番打者として起用され、本塁打を放つ活躍でこれに応えている[11]。同年は2年ぶりに100試合以上に出場し、自己最多の75安打を記録した。1999年は新監督の達川晃豊が攻撃型の打線を試行し、4月6日の対阪神戦では2番打者として起用された[12]。オフには欠場した江藤の代わりにセ・リーグオールスター東西対抗に出場している[13]。前年の活躍でレギュラーに定着しかけていた[14]ものの、シーズンの打率は.235など成績は振るわず、契約更改では500万円減の年俸3,650万円(推定)で契約を更改した[15]

2000年は4月14日の対中日戦で2本塁打5打点の活躍を見せるなど、好調なスタートを切った[14]。5月7日の対阪神戦ではカート・ミラーからサヨナラ満塁本塁打を放っている[16]。一塁手のレギュラーには5月に再入団したロペスが定着したが、故障した緒方に代わり外野手としてスタメンで起用された。8月には3試合連続本塁打を記録する[17]など、シーズン通算では自己最多の13本塁打、46打点の成績を残した。2001年は6月の対阪神戦で守備の際にフェンスに激突し、歩行が困難なほど右ヒザが腫れ上がったが、故障を隠して出場を続けた[6]。また、オフには富山県内の小学生340人を対象に、富山県岩瀬スポーツ公園で野球教室を開催している[18]

2002年は代打を中心に打率.308の成績を残し、600万円増の年俸5,300万円(推定)で契約を更改した[19]2003年野村謙二郎の故障によって新井貴浩三塁手を務める機会が増え、新井に代わる一塁手としてのスタメン起用に好調な打撃で応えた[20]2004年は6月11日の対巨人戦で、1点差に詰め寄られた9回にマット・ランデルから代打満塁本塁打を放っている[21]。同年はFA権を取得し、スタメン出場の機会を得るために移籍も検討したが、愛着のある広島で優勝を目指したいとしてFA権は行使せず残留した[22]。シーズンではセ・リーグ歴代5位タイの代打で20打点を挙げている[23]2005年から、選手登録を外野手から内野手へ変更した。

2006年は6月末にメニエール病を発症し、監督のマーティ・ブラウンの若手起用の方針もあって[24]構想外になっていた。一時は現役続行に強い意欲を見せていたが、球団サイドがその代打で培った勝負強さと野球理論を評価してコーチとしてチームに残るよう打診し、本人も了承した。同年10月14日現役引退を表明、17年間の現役生活に終止符を打った。引退試合となったシーズン最終戦の10月16日の対中日ドラゴンズ戦では7回に代打で出場し、センター前ヒットを放った[24](同試合で背番号6を翌年から背負う梵英心がフルイニング出場で4打数2安打)。引退セレモニーでは「ぼくは、カープが大好きです。チームメイトもファンのみんなも大好きです。これからは、その大好きなチームと皆さんに、少しずつですけど、恩返しできるように約束します」と涙ながらに語った。同期入団の前田も「17年間一緒にプレーしてきた浅井を最高の形で送り出したい」として、この試合で本塁打を含む4安打を放っている。

現役引退後[編集]

引退後は広島の2軍打撃コーチに就任し、2010年から2012年までは1軍打撃コーチ、2013年から3軍統括コーチを務める。

選手としての特徴[編集]

いずれも1500安打、200本塁打以上を記録した前田智徳金本知憲緒方孝市が同時期に活躍していた事もあってレギュラーに定着できなかったが、他球団に入っていれば強打の外野手として活躍していただろうと言われる[6]。自身は1年間だけでも良いからレギュラーとして起用されたいと感じていたが、球団からはレギュラー陣と遜色ない実力を持つスーパーサブとして高く評価されていた[6]。夏場に強く、夏男とも呼ばれている[25]

右打者の町田公二郎とともに代打の切り札として長く活躍し、代打として通算打率.315(2012年現在、セ・リーグ歴代2位)[23]、154安打(2013年現在、同3位)[23]、サヨナラ安打4本、93打点(同5位)[23]という傑出した成績を残している[9][26]。監督の山本浩二からは、ベンチに居るだけで相手を威圧できると評されていた[9]。球界屈指の勝負強さを誇り[22]、通算7本のサヨナラ安打を記録し、うち3本はサヨナラ本塁打だった[27]

バットを高く構えて一本足でタイミングを取る、独特の打撃フォームだった[9]。入団当初は一発狙いの豪快なスイングが持ち味だったが、代打のポジションに就いてからはホームランよりはむしろ状況に応じた巧打に徹することが多かった。センター返しや逆方向への流し打ちが上手く、器用な一面ももっていた。

外野手登録されていた年がほとんどだったが、一塁手としての守備に定評があった[9]。また、2005年には途中出場ながらも3試合連続で盗塁を成功させ、ときには代走要員として起用されることもあった。また、1995年から2004年まで10年連続で三塁打を記録している。試合中にユニフォームの袖を短くまくりあげていた時期があったが、これは筋肉を見せることで投手を威嚇するためであった。この仕草はチームメイトの森笠繁田村恵が真似ていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 広島 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1995 63 174 152 22 46 6 1 6 72 16 5 3 2 0 20 4 0 31 3 .303 .384 .474 .857
1996 103 131 124 24 42 3 1 6 65 28 7 2 0 0 6 0 1 18 1 .339 .374 .524 .898
1997 87 88 77 4 18 2 1 1 25 6 1 0 0 0 10 3 1 17 2 .234 .330 .325 .654
1998 109 311 277 35 75 11 2 6 108 40 4 2 0 1 31 2 2 44 6 .271 .347 .390 .737
1999 96 178 162 21 38 8 2 2 56 14 4 1 1 0 15 1 0 26 1 .235 .299 .346 .645
2000 112 269 247 37 74 10 1 13 125 46 5 1 1 1 20 3 0 51 6 .300 .351 .506 .857
2001 107 214 189 24 54 11 2 4 81 24 3 2 1 2 22 1 0 32 4 .286 .357 .429 .785
2002 97 159 146 20 45 6 1 4 65 19 1 2 1 1 10 0 1 29 0 .308 .354 .445 .800
2003 92 232 207 32 66 6 1 7 95 32 6 2 0 1 23 0 1 43 1 .319 .388 .459 .847
2004 79 97 88 13 25 4 1 3 40 21 0 0 0 1 6 0 2 17 1 .284 .340 .455 .795
2005 80 118 98 11 26 6 0 0 32 9 3 0 1 1 17 0 1 29 2 .265 .376 .327 .703
2006 43 66 63 2 14 0 0 0 14 4 2 0 0 0 3 0 0 7 2 .222 .258 .222 .480
通算:13年 1070 2039 1832 245 523 73 13 52 778 259 41 15 7 8 183 14 9 345 29 .285 .352 .425 .777

年度別守備成績[編集]



一塁 外野
























1993 広島 - 1 0 0 0 0 ----
1995 19 83 8 1 14 .989 41 65 3 0 2 1.000
1996 47 70 7 1 6 .987 26 29 0 2 0 .935
1997 16 29 3 0 3 1.000 3 4 0 0 0 1.000
1998 84 647 70 5 50 .993 1 0 0 0 0 ----
1999 64 303 41 3 35 .991 5 4 0 0 0 1.000
2000 56 194 22 1 13 .995 49 73 0 2 0 .973
2001 27 35 5 1 3 .976 49 58 1 0 0 1.000
2002 48 232 21 0 19 1.000 8 14 2 0 1 1.000
2003 43 256 16 4 27 .986 27 22 3 1 0 .962
2004 31 103 12 1 5 .991 1 0 0 0 0 ----
2005 19 117 11 1 9 .992 -
2006 10 82 6 2 8 .978 -
通算 464 2151 222 20 192 .991 211 269 9 3 3 .989

記録[編集]

初記録
節目の記録
代打記録
  • 通算代打起用:582回(歴代4位)
  • 通算代打安打:154本(歴代2位)
  • 通算代打打率:.315(歴代3位)

背番号[編集]

  • 61 (1990年 - 1994年)
  • 36 (1995年 - 1996年)
  • 6 (1997年 - 2006年)
  • 82 (2007年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 坂東啓汰「新野球浪漫 男たちの詩 9回 フラッシュの嵐 浅井樹 レギュラーになるんだという気持ちがなくなったらやってられない」『週刊ベースボール』、2002年7月8日号、P.64
  2. ^ 朝日新聞、2009年1月29日付朝刊、富山地方面、P.23
  3. ^ a b c 『週刊ベースボール』、2002年7月8日号、P.65
  4. ^ 『週刊ベースボール』、2002年7月8日号、P.67
  5. ^ baseball reference.com マイナーリーグ成績
  6. ^ a b c d e f g 『週刊ベースボール』、2002年7月8日号、P.66
  7. ^ 朝日新聞、1996年9月21日付朝刊、P.23
  8. ^ 朝日新聞、1996年12月21日付朝刊、広島地方面
  9. ^ a b c d e f 朝日新聞、2006年6月28日付夕刊、P.16
  10. ^ 朝日新聞、1998年3月17日付朝刊、P.17
  11. ^ 朝日新聞、1998年7月8日付朝刊、P.25
  12. ^ 読売新聞、1999年4月7日付朝刊、P.17
  13. ^ 読売新聞、1999年11月10日付朝刊、P.16
  14. ^ a b 読売新聞、2000年4月15日付朝刊、P.27
  15. ^ 朝日新聞、1999年12月21日付朝刊、広島地方面
  16. ^ 読売新聞、2000年5月8日付朝刊、P.19
  17. ^ 朝日新聞、2000年8月18日付朝刊、P.10
  18. ^ 読売新聞、2001年12月17日付朝刊、富山地方面
  19. ^ 毎日新聞、2002年12月5日付朝刊、P.13
  20. ^ 読売新聞、2003年6月24日付朝刊、広島地方面、P.24
  21. ^ 読売新聞、2004年6月12日付朝刊、P.19
  22. ^ a b 朝日新聞、2004年11月19日付朝刊、広島地方面
  23. ^ a b c d NPB セ・リーグ年度別代打成績(pdf)
  24. ^ a b 読売新聞、2006年10月17日付夕刊、P.3
  25. ^ 朝日新聞、1998年7月16日付朝刊、P.27
  26. ^ 毎日新聞、2006年10月17日付夕刊、P.3
  27. ^ NPB セ・リーグ年度別サヨナラ試合勝敗表(pdf)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]