江尻慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江尻 慎太郎
HAWKS00-EJIRI.jpg
2013年9月15日 福岡ヤフオク!ドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市宮城野区
生年月日 (1977-04-30) 1977年4月30日(39歳)
身長
体重
187 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 自由獲得枠
初出場 2002年10月5日
最終出場 2014年8月15日
年俸 3,500万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

江尻 慎太郎(えじり しんたろう、1977年4月30日 - )は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宮城県仙台市出身。進学校の仙台第二高校野球部時代はエースとして活躍し、3年春の県大会では強豪の仙台育英高校を破って大会を制し注目を浴び[1]、東北大会では準優勝も経験した[2]。3年夏は県大会ベスト8で終えた[3]慶應義塾大学の当時の監督・後藤寿彦から誘いを受けるが、2年間浪人した[1]

3度目の受験で早稲田大学社会科学部に合格し入学し[1]、二浪の末に早稲田大学に入学したという経緯が同じ事、低めへの制球力から「小宮山悟二世」と呼ばれた[2]。大学1年秋の早慶戦でリーグ初勝利を完封で飾り[2]、インタビューで「慶應義塾大学、ザマ見ろって感じです」と答えている。その後も早慶戦では無類の強さを発揮し、1年秋・4年春・秋の計3度先発して完封2度を含む負け無しの3勝を挙げ、計27イニングでわずか1失点だった。4年秋の早慶戦では13安打を浴びながらも完封し、慶応大の完全優勝を阻止した[2]。2年春に右肘の靭帯を故障し、3年時には登板しなかった[1]。4年秋は1学年下の和田毅と「二枚看板」として奮戦し、7試合43回2/3を投げ防御率1.62と抜群の安定感だった[2]。リーグ戦通算28試合で5勝6敗、防御率2.49、112奪三振の成績を残した。

11月12日に日本ハムファイターズ自由獲得枠での入団が内定した[2]。当初、日本ハムはドラフト1位で寺原隼人の指名を予定しており一転しての獲得だった[3]。11月19日、2001年のプロ野球ドラフト会議で日本ハムに自由獲得枠で指名された。小宮山が横浜時代に着用していた背番号27を背負うことになった[4]

日本ハム時代[編集]

2002年

7月11日に長野オリンピックスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲームに選出され、4回から2番手として登板し1回を無失点に抑えた[5]。10月5日に初めて一軍出場選手登録されると、同日本拠地・東京ドームで行われた対大阪近鉄バファローズ戦に6回5点ビハインドから3番手としてリリーフでプロ初登板し、先頭打者の水口栄二にレフトにソロ本塁打を打たれ、1イニングを投げ1失点という結果だった[6]。10月11日の対千葉ロッテマリーンズ戦では8回2点ビハインド一死一塁から登板し、堀幸一を併殺に打ち取った[7]。一軍では以上2試合の出場でシーズンを終えた。イースタン・リーグ公式戦では16試合、63イニングを投げ防御率4.00だった。

2003年

2月24日に佐々木貴賀と渡米し、アリゾナ州ツーソンで行われるアリゾナ・ダイヤモンドバックスの春季キャンプに参加した[8]3Aの試合ではカート・シリングの後を受け2番手で登板し2イニングを無失点に抑えるなどリリーフとして経験を積んだ[9]

開幕は二軍で迎え、4月30日には自身の誕生日にノーヒットノーランを達成し、イースタン・リーグ特別表彰を受賞した[10]。6月3日に一軍へ昇格し、同日リリーフで1回を無失点に抑えたが登板機会がなく1試合のみの出場で6月9日に抹消された。9月24日に再昇格し、同日の対福岡ダイエーホークス戦でプロ入り初先発を果たしたが、2回に鳥越裕介の2点タイムリー、3回に松中信彦のソロ本塁打、ペドロ・バルデスのタイムリーで4点先行され7イニングで降板した。なお、味方打線の奮起により負けは付かなかった[11]。9月30日にも再び先発の機会を得たが近鉄打線にKOされ、10月5日に二軍降格となりそのままシーズンを終えた。二軍では規定投球回を投げ[12]、チームトップの防御率3.20、9勝(リーグ3位)、3完投(リーグ2位)を記録し、リーグ優勝に貢献した。11月11日のファーム日本選手権で7回2点ビハインドから登板したが、斉藤秀光にソロ本塁打を打たれ2回1失点に終わった[13]

2004年

4月21日に一軍へ昇格し、同日の対埼玉西武ライオンズ戦で6回2/3を投げ3失点と好投しプロ入り初勝利を挙げた[14]。4月28日に北海道移転後の本拠地札幌ドームで初出場初先発したが、3回に6連打を浴び4失点し、打者15人、2回0/3でプロ最短KOとなった[15]。その後再びKOされ5月6日に二軍へ降格した。7月20日に再昇格すると、同日の西武戦で先発し、4失点しながらも本拠地初勝利を挙げた[16]。8月4日に先発で3試合3連勝を記録した[17]。8月11日に7失点し、8月14日に再び降格した。9月4日に昇格し先発で勝利したが一旦抹消され、9月23日に再昇格し1試合先発してレギュラーシーズンを終えた。先発9試合で5勝1敗と勝ち越し、チームのプレーオフ進出に貢献した。

プレーオフではレギュラーシーズンで西武に3勝0敗という相性を買われて10月3日第3戦に先発し、ポストシーズン初出場・初先発を果たした[18]。初回に3点の援護を得たが、3回にアレックス・カブレラに満塁本塁打を浴び逆転され、3イニング4失点で降板となった。なお打線が9回に同点に追いつき自身の負けは消えた[19][20][21]

2005年

オープン戦から好調で[22]、3月30日に一軍に昇格し、同日の西武との開幕第5戦から先発ローテーション入りを果たした。4月6日のいわきグリーンスタジアムでの東北楽天ゴールデンイーグルス戦での先発では、7回1失点の好投でシーズン初勝利を上げた[23]。4月25日の対福岡ソフトバンクホークス戦で自己最多の3本塁打を被弾し3回途中でKOされた[24]。5月14日に本拠地・札幌ドームで行われた対横浜ベイスターズ戦で打者29人を無失点に抑え、交流戦初勝利をプロ初完封勝利で挙げた[25]。この試合を境に調子を崩し、5月21日の対読売ジャイアンツ戦で先発したが制球が定まらず、特に小久保裕紀には初回に二塁打、3回に二塁打、4回には左中間看板を直撃する145メートルソロ本塁打を打たれ、4回途中7失点でKOされた[26]。打った瞬間に本塁打と判り、怒りのあまり打球の行方を見ることなくその場にグラブを叩きつけ話題となった[27][28]。この頃、中継ぎへの転向をトレイ・ヒルマンに訴えたこともあった[1]。6月1日の対巨人戦では6回1点リードというプロ初のホールド機会で登板し、6回を無失点に抑えたが、7回に連続安打から斉藤宜之の犠打を自身がエラーして無死満塁とし、仁志敏久の併殺打で同点に追いつかれて救援失敗した[29]。その後は再び先発に戻り6試合に先発し2勝1敗と勝ち越したが1試合も6回まで持つことがなく、7月15日の試合で5回途中7失点KOにより防御率も5.79と悪化したため7月16日に二軍へ降格し、そのままシーズンを終えた。

2006年

3月2日の楽天との開幕第2戦から先発ローテーションに入った。4月9日の対西武戦ではアレックス・カブレラと胸元への投球をめぐって言い争いになる乱闘騒ぎとなった[30]。4月23日時点ではチームトップの3勝を挙げるなど好調で[31]、5月13日の対横浜戦で7回1失点の好投で4勝目を挙げ、チームを3連勝に導いた。しかし調子は続かず5月27日の対東京ヤクルトスワローズ戦で2回0/3、自己ワーストの打者12人でプロ最短KOを更新し、2連敗により二軍へ降格し、イースタン・リーグ公式戦でも防御率5.40と調子は戻らずそのままレギュラーシーズンを終えた[32]

プレーオフ日本シリーズはベンチ入りもできなかったが、アジアシリーズでは予選リーグ第3戦の対チャイナスターズ戦で8回6点リードから4番手として登板して1イニングを投げ、クリーンナップを3者連続三振に抑えた[33]

2007年

春季キャンプの2月4日第1クール最終日に第1子と対面するため産休で欠席した[34]。2月27日の紅白戦で先発して3回6失点と炎上し、同日鎌ケ谷行きとなり[35]、3月15日の教育リーグの先発を最後にリリーフとなった[36]。二軍で10試合で防御率0.79と好投し、4月24日に一軍へ昇格すると、5月5日の対オリックス・バファローズ戦で6回3点ビハインド二死一塁から登板して三振に切り抜けて3点の援護、7回も無失点に抑えてさらに3点援護を得てプロ初の救援勝利を果たした[37]。5月16日の対楽天戦では5回1点リード一死満塁から登板して走者一掃三塁打で3失点と救援失敗したが、高橋信二のスリーランホームランなど4点の援護を得て2勝目を挙げた[38]。5月27日に同点からの登板で好投して3勝目を挙げ[39]、6月10日の対巨人戦では9回1点リード一死一三塁から登板してプロ初セーブを挙げた[40]。6月20日の対広島戦で5回2点リード二死満塁のピンチを切り抜け、8回にソロ本塁打を許したものの4勝目を挙げ、交流戦優勝マジックを1とした[41][42]。6月30日の対オリックス戦では7回3点リードから1イニングを無失点に抑えてプロ初ホールドを記録した[43]。7月7日の千葉ロッテ戦では8回同点から登板して3イニング無失点の好投で小谷野栄一のサヨナラ弾を呼び5勝目を挙げた[9]。5月から7月までの23試合で5勝したが、登板の半数は救援失敗するなど安定感は欠いた。8月12日の西武戦では8回2点ビハインド二死一二塁からアレックス・カブレラを併殺に打ち取り、9回に3点の援護を得て球団史上初の1球勝利で6勝目を挙げた[44][45]。9月2日のソフトバンクとの首位攻防戦で8回1点ビハインド一死一二塁から登板して併殺で切り抜け、9回も3者凡退に抑えると工藤隆人の逆転サヨナラタイムリーにより自己最多の7勝目を挙げた[46][47]。昇格後1度も抹消なくフル稼働していたが4度目の3連投となった9月16日の対ソフトバンク戦後に右肘の痛みを訴え、9月22日に出場選手登録を抹消され[48]、その後も痛みが慢性化していたため、都内の病院で左手首の靭帯を右肘に移植する右肘側副靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた[49]。11月7日に鎌ケ谷でジョギングなどを行いリハビリをスタートした[50]。同年は怪我のためポストシーズンには出場できなかったが、42試合に登板して自己最多出場を更新し、防御率も初の3点台を残してチームのリーグ連覇に貢献した。

2008年

4ヶ月間のノースロー期間を終えて、2月のキャンプ中にキャッチボール、4月にブルペンでの投球を再開した[51]。シーズンの大半をリハビリに費やし、一軍への出場は無かった。7月29日のイースタン・リーグ公式戦対西武戦で7回から2番手として登板し、三浦貴にソロ本塁打を許したが1イニングを投げ1失点で実戦復帰を果たした[52][51]。二軍で7試合に登板してシーズンを終えた。

2009年

4月下旬のファームから小林繁コーチの元でサイドスローに転向し、5月22日に一軍へ昇格し、同日本拠地で行われた対ヤクルト戦で8回1点ビハインド二死二塁から武内晋一を空振り三振に抑えてピンチを切り抜け、8回も3者凡退に抑えて一軍復帰登板を果たした[53]。6月5日の対巨人戦で2007年7月7日以来の3イニングを投げ、満塁にする場面もありながら無失点に抑えた[54]。6月10日の対横浜戦で7回同点から登板し、先頭打者を三振に抑えたが、続く2者に連打を浴びて降板、後続を宮西尚生が抑えたことで術後初ホールドを記録した[55]。7月11日の対千葉ロッテ戦で6回1点リードの場面で登板したが同点打を浴び、先発・八木智哉の白星を消したものの、2イニング目は3者凡退に抑え、味方の援護により術後初勝利を挙げた[56]。8月11日から8月15日の期間は3試合連続ホールドを挙げた。9月10日に一旦二軍へ降格し、9月20日に再昇格した。10月6日の対西武戦では延長11回同点一死無走者の場面で2者を連続ゴロに打ち取って建山義紀に繋ぎ、2年ぶりのリーグ優勝決定となる金子誠のサヨナラ犠牲フライを呼んだ[57]。レギュラーシーズンは防御率も3点台で終えて45試合に登板し、故障からの復活を遂げた。うち33試合が3点差以内の僅差登板で、主に同点や僅差ビハインドの場面で活躍し、リーグ優勝に貢献した。

クライマックスシリーズ第2ステージでは4試合中3試合に登板した。10月21日第1戦では2点ビハインドから山崎武司に走者一掃二塁打を打たれ点差を広げてしまったがチームは逆転勝利した[58]。10月24日第4戦では1点リードの場面で4番5番をフライに打ち取ったがトッド・リンデンに二塁打を打たれ、左打者・中村真人を迎えた所で降板となったが、代わった林昌範が打ち取った事でポストシーズン初ホールドが記録され[59][60]、チームも日本シリーズ進出を決めた。日本シリーズでは3試合に登板した。10月31日第1戦では7回1点ビハインド一死二三塁の場面から登板したが李承燁に追加点を許した[61]。11月3日第3戦でも8回1点ビハインド二死一三塁の場面で起用されたが阿部慎之助に追加点を許した[62]。11月7日第6戦では8回2点ビハインド二死一二塁でアレックス・ラミレスを空振り三振に抑えたが味方の追撃は及ばず、同試合で日本シリーズ敗退となった[63]。自身は自責0で終えたが梨田昌孝監督の期待には応えられなかった。

2010年

開幕を1軍で迎えたが、開幕第2戦となる3月21日の対ソフトバンク戦で7回1点リード二死無走者の場面から小久保裕紀に同点の二塁打を浴び[64]、翌日3月22日の同カードでは9回15点リードの場面から登板し、先頭打者のサードゴロを飯山裕志がエラーしたのをきっかけに集中打を浴び4失点し[65]、翌日3月23日に二軍降格となった。

4月1日石井裕也とのトレード横浜ベイスターズへの移籍が決まった[66][67]

横浜時代[編集]

横浜時代(2011年)
2010年

4月3日に神宮球場で入団会見を行い[68]、4月4日に出場選手登録され一軍へ昇格すると、同日の対ヤクルト戦8回1点リードの場面で移籍初登板して3者凡退に抑えて移籍後初ホールドも記録した[69]。4月6日に早くも「クアトロS」として横浜リリーフ陣の仲間入りとなった[70]。移籍後7試合連続無失点と好投を続けていたが、4月20日の対巨人戦で7回同点の場面で登板して3者凡退としたものの、続く8回に二死一塁から連打で満塁として李承燁に押し出し四球を与えて降板し、移籍後初黒星を喫した[71]。続く4月24日からは5試合連続ホールドを記録した。その後僅差ビハインドでの起用が続くと調子を崩し、5月26日の対オリックス戦では8回2点ビハインド無死一二塁の場面から登板して2失点、9回にも3失点するなど救援失敗が続き、大差での登板も増えた。7月15日に二軍降格となるが8月8日に再昇格し、8月21日からの6試合で無失点の好投など調子を上げ、9月に入っても維持した。5連投目となる9月9日の対巨人戦では4回3点ビハインドの場面から登板して3者凡退に抑えた直後に5点の援護を貰い、移籍後初勝利を挙げた[72]。9月11日には自身最長の7連投を経験し、その間の自責点は0だった。続く9月14日からは5試合連続で救援失敗し、9月23日に二軍降格となり、そのままシーズンを終えた。最終的に自己最多(チーム2位タイ[73])の54試合に登板した[74]。オフの12月6日に2011年度の背番号が日本ハム時代と同じ27に変更されることが発表された[75]

2011年

開幕を一軍で迎えた。僅差で投げるリリーフとして4月15日からの13試合で自責点0と好調でその間に2勝を挙げた[76][77]。5月20日から4試合連続ホールド、6月4日からは10試合連続無失点と好投した。7月4日に落合博満からの監督推薦によりオールスターゲームに初選出された[78]。なおファン投票では中継ぎ投手部門の2位だった[79]。7月18日から再び4試合連続ホールドを挙げた。オールスターゲームでは7月22日第1戦で2回から登板して初出場を果たしたが元同僚の糸井嘉男にタイムリー打を浴びた[80][81]。7月24日に故郷・日本製紙クリネックススタジアム宮城で行われた第3戦では7回から登板し、2イニング目の8回には中村剛也T-岡田中田翔といったパ・リーグの強打者3人を3者連続三振に抑えて無失点と好投した[82][83]。8月5日までにチーム最多の44試合に登板していたが発熱により出場選手登録を抹消された[84]。精密検査の結果、ウイルス性髄膜炎と診断されて入院した[85]。8月26日に一軍へ復帰すると9月に入ってからは前任の走者を返す場面が2度ありながらも、自身は9月・10月の19試合を防御率0.00、5ホールドで終えた。最終的に登板数、ホールド数も自己記録を大幅に更新し、防御率も初めて2点台で終えた[86]

2012年

2月23日に右肩痛を発症し春季キャンプを中盤で離脱した[87]。5月17日にJX-ENEOS野球部との二軍練習試合で約3ヶ月ぶりに実戦復帰した[88][89]。オールスター直前の7月13日に一軍へ昇格し、同日の対広島戦では危険球退場となった2番手の福山博之に代わって6回3点ビハインド無死一二塁の場面から急遽登板したが長打3本を浴び6失点を喫した[90][91]。翌日7月14日の同カードでは8回3点ビハインドから登板したが迎祐一郎にソロ本塁打を浴び[92]、これが横浜DeNAでの一軍最後の登板となった。翌日7月15日に抹消され、イースタン・リーグでも31試合で防御率5.29と立て直せずそのままシーズンを終えた[93]

11月5日に神内靖多村仁志吉川輝昭とのトレードにより山本省吾吉村裕基とともに福岡ソフトバンクホークスへ移籍することが発表された[94]

ソフトバンク時代[編集]

2012年

11月13日に入団会見を行い、背番号は00に決定した[95]。秋季キャンプにも参加した[96]

2013年

5月4日に一軍昇格したが、登板4試合中3試合で失点するなど結果を残せず5月20日に二軍降格となった。8月10日に再び一軍昇格し、8月15日の対西武戦(西武ドーム)で横浜時代の2011年5月7日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)以来831日振りに移籍後初勝利を挙げた[97][98]。シーズン終盤は失点が続き二軍に降格したが、10月6日のファーム日本選手権では8回途中から抑えで登板し、1回1/3を投げ4者連続の凡退に抑え[99]、優秀選手賞を受賞した[100][101]

ソフトバンク時代の投球フォーム(2014年)
2014年

6月15日に一軍へ昇格し、6月22日の対巨人戦でシーズン初登板を果たしたが連続二塁打を打たれて失点し、1試合のみで7月3日に二軍へ降格した。8月8日に再昇格して8月13日の対楽天戦で2点ビハインド一死一二塁の場面で登板し、4番アンドリュー・ジョーンズをサードゴロに打ち取ったが、金子圭輔が悪送球エラーして点差を広げる形で降板となった[102]。8月15日に2位オリックスとの首位攻防戦で3点ビハインドから登板したが、先頭打者に本塁打、二死から連続タイムリーなど3失点し[103]、これがプロ最後の一軍公式戦出場となった。翌8月16日に二軍へ降格した。二軍ではウエスタン・リーグ2位の14セーブを挙げた[104]

10月31日に球団から戦力外通告を受け[105]11月22日に現役引退が球団から発表された[106]

引退後[編集]

2015年2月4日、ソフトバンクコマース&サービスへ就職し、クラウドマーケティング推進室に配属された事を公表した[107]

また、東日本放送の専属野球解説者としても活動している[108]。 2016年から北海道テレビでも解説者として活動する。ソフトバンクのスマホアプリ、スポナビライブ横浜DeNAベイスターズの野球解説者を行う中、2016年8月13日実況(MC)デビュー。この時解説は彼の同級生でもある、斉藤和巳。ちなみにこの試合はDeNAがサヨナラ勝利をおさめる。

プレースタイル[編集]

サイドスロー気味のスリー・クォーターから平均球速約144km/h[109]、最速153km/hの速球と横に曲がるスライダーカットボールフォークボールを投げる[17][2][25]

高校3年生時の球速は130km/hほどで[21]、入団直前の最高球速は147km/h[2]。2003年のイースタン・リーグ湘南シーレックス戦で150km/hを2度記録したが、オフに「150キロを投げても年俸は1円も上がらないと、分かった」と速球へのこだわりを捨てた[110]

日本ハム時代に右肘を故障して1年以上一軍の試合に出場が無かった際、当時投手コーチを務めていた故・小林繁の勧めでサイドスローへ転向した[111][112]

2010年秋季キャンプで尾花高夫監督から配られた個別のチャートに空振りを狙いに行く投球を否定され、打たせる事に主眼を置く投球へと意識を変えた[113]

人物[編集]

2001年12月21日の日本ハムドラフト入団会見で、記者からの「大島康徳監督(当時)にはどのような印象を持っていますか?」という質問に、「小学生のころは、ファミコンで、チャンスに強いバッターとして使わせて頂いておりました」と発言し、大島を苦笑いさせた[114]

2009年の週刊ベースボール誌のインタビューでは「4位以下の指名ならば拒否するつもりだった」「今の日本ハムではエースになれないため入団しなかった」と語っている[1]

横浜移籍が決定した際に、ユニホームに日本ハムの選手全員にサインを書いてもらい、その後の移籍会見で感極まって涙を流した[115][116]。一部報道の予想では当時の日本ハム監督・梨田昌孝は江尻の横浜への移籍を強硬に反対したが、フロントは契約交渉が難航した事と若手を使って欲しい事を理由に一蹴し、以後監督とフロントの対立の火種になったとされている[111]

端正な顔立ちをしており[17][110]、家族思いで礼儀正しい[21]

現役時代は花粉症にも悩まされた[110]

予備校時代に仲間と宮城球場を9,500円で借り切って草野球をしたことがある[110]

2009年リーグ優勝のビールかけの時にナース姿のコスプレを披露して話題を呼んだ[117][118]

2011年3月11日の東日本大震災では実家・仙台市の家族は無事で[119]、被災地へ100万円の義援金を送った[120]。同年6月には10試合登板毎に被災地へ自動体外式除細動器(AED)を送る事を発表し[121]、同年は自己最多の65試合に登板して2012年1月12日に6台を寄贈した[122]

日本ハムへの入団当初から「日本経済新聞」を愛読。現役引退後は、ソフトバンク球団の関連会社の法人営業マンとして、マーケティングに使用するソフトウェアなどのプレゼンテーションに従事している。その一環で、読売ジャイアンツの球団事務所もたびたび訪れているという[123]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 日本ハム 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.2 2 1 0 0 0 1 0 0 1 1 5.40 1.20
2003 3 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 50 11.2 15 2 3 0 0 7 0 0 8 8 6.17 1.54
2004 9 9 0 0 0 5 1 0 -- .833 215 49.1 57 8 15 0 2 20 1 0 32 29 5.29 1.46
2005 17 16 1 1 0 6 4 0 0 .600 383 84.0 109 9 31 2 5 49 5 0 59 54 5.79 1.67
2006 10 10 2 0 0 4 4 0 0 .500 233 56.1 62 6 13 0 1 30 1 1 28 28 4.47 1.33
2007 42 0 0 0 0 7 4 1 4 .636 205 48.2 52 2 10 1 1 38 4 0 21 18 3.33 1.27
2009 45 0 0 0 0 2 1 0 12 .667 198 45.0 40 5 25 7 2 39 3 0 16 16 3.20 1.44
2010 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 1.1 6 0 0 0 0 0 0 0 5 4 27.00 4.61
横浜
DeNA
54 0 0 0 0 1 2 0 13 .333 236 53.1 57 4 16 0 6 33 1 0 32 25 4.22 1.37
'10計 56 0 0 0 0 1 2 0 13 .333 246 54.2 63 4 16 0 6 33 1 0 37 29 4.77 1.45
2011 65 0 0 0 0 2 2 0 22 .500 226 56.2 47 6 11 1 3 38 2 0 14 13 2.06 1.02
2012 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.0 7 2 3 0 0 3 0 0 6 6 13.50 2.50
2013 ソフトバンク 23 0 0 0 0 1 1 0 2 .500 100 24.0 28 1 5 0 0 18 1 1 9 9 3.38 1.38
2014 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 5.2 8 1 0 0 0 2 0 0 4 4 6.35 1.41
通算:12年 277 37 3 1 0 28 20 1 53 .583 1907 441.2 490 47 132 11 20 278 18 2 235 215 4.48 1.41
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は2012年シーズンよりDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
その他記録
  • 初登板で対戦した第一打者に被本塁打:上記「初記録」の「初登板」の項を参照、6回表無死に水口栄二に左越ソロ ※史上50人目(パ・リーグ27人目、日本ハム投手としては1980年9月3日高橋正巳以来2人目)[124]

背番号[編集]

  • 27 (2002年 - 2010年途中、2011年 - 2012年)
  • 52 (2010年途中 - 同年終了)
  • 00 (2013年 - 2014年)

登場曲[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「苦闘の果てに掴んだ新境地 江尻慎太郎」 『週刊ベースボール』2009年8月31日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20445-8/31、35-39頁。
  2. ^ a b c d e f g h 自由獲得選手枠で早大・江尻投手が入団内定♪ 日本ハムファイターズオフィシャルHomePage オフのニュース♪
  3. ^ a b ハム撤退!寺原指名は巨ダ中横 2001年11月13日スポニチ
  4. ^ 日本ハム江尻、大学先輩小宮山の「27」 2001年11月28日 日刊スポーツ
  5. ^ 2002年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果
  6. ^ - the baseball - 10月5日(土) 日ハム vs 近鉄(試合詳細)
  7. ^ - the baseball - 10月11日(金) ロッテ vs 日ハム(試合詳細)
  8. ^ 日本ハム佐々木がDバックスへ修業 2003年2月18日 日刊スポーツ
  9. ^ a b 日本ハム江尻が中継ぎだけで5つ目白星 2007年7月8日 日刊スポーツ北海道
  10. ^ 2003年度 表彰選手 (イースタン・リーグ)
  11. ^ - the baseball - 9月24日(水) 日ハム vs ダイエー(試合詳細)
  12. ^ 2003 イースタン・リーグ 個人投手成績(規定投球回以上)
  13. ^ 2003年度ファーム日本選手権 試合結果
  14. ^ - the baseball - 4月21日(水) 西武 vs 日ハム(試合詳細)
  15. ^ - the baseball - 4月28日(水) 日ハム vs 近鉄(試合詳細)
  16. ^ 江尻、プロ2勝目/「前後裁断」帽子に刻み、今に集中 2004年7月21日北海道日刊スポーツ
  17. ^ a b c 江尻が後半戦3連勝/投手陣に救世主 2004年8月4日北海道日刊スポーツ
  18. ^ 江尻1球入魂で/第3戦先発 2004年10月3日北海道日刊スポーツ
  19. ^ - the baseball - 10月3日(日) 西武 vs 日ハム(試合詳細)
  20. ^ 泣くな横山/決め球フォーク被弾 2004年10月4日北海道日刊スポーツ
  21. ^ a b c カブ満弾食らったあの1球を糧に/PICK UP FIGHTER 2004年11月6日北海道日刊スポーツ
  22. ^ 江尻ローテ入り確実/2番手で4回1失点 2005年3月6日北海道日刊スポーツ
  23. ^ 江尻、初の開幕ローテ入りで今季初勝利/チームは5割復帰(前文) 2005年4月7日北海道日刊スポーツ
  24. ^ 1試合5本塁打でKO負け/ソフトバンクに開幕3連敗
  25. ^ a b 江尻 ノーヒッター狙って?プロ初完封 2005年5月15日スポニチ
  26. ^ スコア速報 巨人対日本ハム 2005年5月22日 日刊スポーツスコア速報
  27. ^ 空中戦8発 惜敗 新庄、岩本 プロ初、森本2発むなしく 2005年5月22日道新スポーツ
  28. ^ 小久保2発!看板弾で車もGET 2005年5月22日スポニチ
  29. ^ 日刊スポーツスコア速報 日本ハム対巨人
  30. ^ 涌井3連勝で、西武も8連勝 2006年4月10日スポニチ
  31. ^ 日本ハム江尻がチームトップ3勝目 2006年4月24日 日刊スポーツ北海道
  32. ^ 2006年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)
  33. ^ 2006年度 KONAMI CUP アジアシリーズ 試合結果(予選リーグ)
  34. ^ 日本ハム江尻に女の子が誕生し「産休」へ 2007年2月3日 日刊スポーツ
  35. ^ 4選手鎌ケ谷合流のお知らせ ニュース&インフォメーション 北海道日本ハムファイターズ公式サイト
  36. ^ 2007年 イースタン・リーグ 春季教育リーグ 試合結果
  37. ^ 日本ハム対オリックススコア速報 : nikkansports.com
  38. ^ 2007年の試合結果 | 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  39. ^ 中日対日本ハムスコア速報 : nikkansports.com
  40. ^ エキサイトベースボール | 6月10日(日) 巨人 vs 日本ハム(試合詳細)
  41. ^ 【日本ハム】3番手の江尻が4勝目 2007年6月20日日刊スポーツ
  42. ^ 日本ハムが快勝で交流戦初V王手 2007年6月21日 日刊スポーツ
  43. ^ オリックス対日本ハムスコア速報 : nikkansports.com
  44. ^ 球団史上初!日本ハム江尻が“1球勝利” 2007年8月12日 日刊スポーツ北海道
  45. ^ エキサイトベースボール | 8月12日(日) 日本ハム vs 西武(試合詳細)
  46. ^ 守備の借りはバットで返す!日本ハム・工藤がサヨナラ打 2007年9月3日SANSPO.COM
  47. ^ エキサイトベースボール | 9月2日(日) 日本ハム vs ソフトバンク(試合詳細)
  48. ^ 日本ハム江尻が右ひじ手術で来季絶望的 2007年10月5日 日刊スポーツ北海道
  49. ^ 日本ハム江尻右ひじ手術成功、完治に1年 2007年10月11日 日刊スポーツ北海道
  50. ^ 日本ハム江尻が復活へ向けリハビリ開始 2007年11月8日 日刊スポーツ北海道
  51. ^ a b 再び1軍へ…日本ハム・江尻、完全復活近し 2008年8月27日SANSPO.COM
  52. ^ ファーム試合結果 | 北海道日本ハムファイターズ
  53. ^ ゲームレポート | 北海道日本ハムファイターズ
  54. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  55. ^ 成績詳細 | 北海道日本ハムファイターズ
  56. ^ 日本ハム江尻、ほろ苦2年ぶり1軍勝利 2009年7月12日 日刊スポーツ
  57. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  58. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  59. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  60. ^ 第2ステージ 第4戦 ○日本ハム 9-4 楽天-北海道新聞 がんばれファイターズ-2009クライマックスシリーズ ファイターズ試合結果
  61. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  62. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  63. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  64. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  65. ^ テキスト速報 | 北海道日本ハムファイターズ
  66. ^ 交換トレードのお知らせ日本ハム球団公式サイト2010年4月1日配信
  67. ^ 江尻、石井とトレード 日本ハムと横浜の思惑が一致 2010年4月1日 北海道新聞
  68. ^ 【横浜】移籍の江尻が涙から一転、笑顔 2010年4月3日 日刊スポーツ
  69. ^ プロ野球スコア速報 ヤクルト対横浜 2010年4月4日nikkansports.com
  70. ^ 横浜「クアトロS」江尻加え4人の救援陣 2010年4月6日 日刊スポーツ
  71. ^ 【横浜】悔やむ江尻、不用意な攻め反省 2010年4月20日 日刊スポーツ
  72. ^ 横浜・江尻が移籍後初勝利 2010年9月9日スポニチ
  73. ^ 2010年度 横浜ベイスターズ 個人投手成績(セントラル・リーグ)
  74. ^ 【横浜】江尻3800万「十分に評価」 2010年12月8日
  75. ^ 横浜 安斉が登録名「雄虎」に変更 2010年12月6日スポニチ
  76. ^ あきらめません!主砲村田 逆転打で最大5点差ひっくり返す 2011年4月29日スポニチ
  77. ^ 2011年5月7日(土) vs 阪神 (横浜) 試合結果・速報 横浜DeNAベイスターズオフィシャルホームページ
  78. ^ 横浜江尻「涙でるほどうれしい」/球宴 2011年7月4日 日刊スポーツ
  79. ^ マツダオールスターゲーム2011 ファン投票結果
  80. ^ 全セ大爆発!5回4発8点…斎藤は1回2/3を無失点 2011年7月22日スポニチ
  81. ^ 2011年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第1戦)
  82. ^ 江尻「特別な思い」で3者連続三振/球宴 2011年7月24日 日刊スポーツ
  83. ^ 2011年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第3戦)
  84. ^ 44試合登板の江尻、発熱で抹消…大沼が代役昇格 2011年8月6日スポニチ
  85. ^ 江尻はウイルス性髄膜炎=プロ野球・横浜 2011年8月7日時事通信(リンク切れ)
  86. ^ 65試合登板の江尻は笑顔の5千万円更改 2011年12月14日スポニチ
  87. ^ DeNA・江尻、右肩痛で1軍キャンプ離脱 2012年2月24日SANSPO.COM
  88. ^ 登板|江尻慎太郎オフィシャルブログ 2012年5月17日配信
  89. ^ 2012年度プロ・社会人交流試合(5月17日) 公益財団法人 日本野球連盟
  90. ^ 2012年7月13日(金)vs 広島東洋 (18:00) 横浜 試合結果・速報 横浜DeNAベイスターズオフィシャルホームページ
  91. ^ DeNA投壊 先発・高崎、4回6失点KO 2012年7月14日スポニチ
  92. ^ 2012年7月14日(土)vs 広島東洋 (18:00) 横浜 試合結果・速報 横浜DeNAベイスターズオフィシャルホームページ
  93. ^ 2012年度 横浜DeNAベイスターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)
  94. ^ トレードのお知らせ 2012年11月5日 選手・チームのニュース 横浜DeNAベイスターズオフィシャルホームページ
  95. ^ トレード移籍の江尻投手、山本投手、吉村選手が入団会見!
  96. ^ ソフトB江尻 バッタもんじゃありません 2012年11月16日 日刊スポーツ
  97. ^ 江尻 しびれる場面で連続K斬り!打線爆発呼び831日ぶり白星”. Sponichi Annex (2013年8月15日). 2013年8月16日閲覧。
  98. ^ 【ソフトB】江尻移籍後初&2年ぶり勝利”. nikkansports.com (2013年8月15日). 2013年8月16日閲覧。
  99. ^ 2013年度ファーム日本選手権 試合結果
  100. ^ 【速報!】ホークス二軍が5年ぶり日本一に輝く!”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年10月6日). 2014年11月12日閲覧。
  101. ^ 【若鷹日本一を、小川二軍監督と表彰選手が語る”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年10月7日). 2014年11月12日閲覧。
  102. ^ 一球速報 | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  103. ^ 一球速報 | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  104. ^ 2014年度 ウエスタン・リーグ 個人投手成績(規定投球回以上)
  105. ^ 来季契約についてソフトバンク球団公式サイト2014年10月31日配信
  106. ^ 江尻慎太郎投手の引退についてソフトバンク球団公式サイト2014年11月22日配信
  107. ^ 元ソフトB江尻氏、SB関連会社に就職 2015年2月4日 日刊スポーツ
  108. ^ 商社マン&解説者の“二刀流”江尻慎太郎氏が楽天練習視察 スポーツニッポン 2016年2月20日閲覧
  109. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、178頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  110. ^ a b c d 江尻、初の開幕ローテ入りで今季初勝利/チームは5割復帰 2005年4月7日北海道日刊スポーツ
  111. ^ a b 緊急トレードで露呈した日本ハムの内部亀裂 2010年4月9日リアルライブ
  112. ^ 江尻慎太郎のGo Back to Baysics原点回帰 Powered 小林さん
  113. ^ 尾花監督 アナライジング救援陣に手応え 2011年3月6日スポニチ
  114. ^ ハム、江尻ら新人7選手発表 2001年12月21日スポニチ
  115. ^ 横浜移籍の江尻 「北海道大好きだった」 2010年4月3日北海道新聞
  116. ^ みなさまへ|江尻慎太郎オフィシャルブログ 2010年4月2日配信
  117. ^ ビールかけでミニスカートの看護婦姿でおおはしゃぎの江尻 日本ハム優勝 ― スポニチ Sponichi Annex 野球
  118. ^ 【CS舞台裏】円陣でハム・森本が取り出したのは… 2009年10月22日SANSPO.COM
  119. ^ 新沼は球場で一夜…宮城県内の家族とも連絡取れず 2011年3月13日スポニチ
  120. ^ 石巻出身の新沼選手会長ら中心に募金活動 2011年3月19日スポニチ
  121. ^ 江尻 被災地へAED送る!10試合ごとに1台 2011年6月13日スポニチ
  122. ^ 65試合登板の江尻が被災地にAEDを6台寄贈 2012年1月12日スポニチ
  123. ^ 増える「元プロ野球選手」の中で…江尻慎太郎氏「らしい」再就職 2015年11月22日スポニチ
  124. ^ 『2012パ・リーグ ブルーブック』パシフィック野球連盟、149頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]