相知町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おうちちょう
相知町
見帰りの滝
廃止日 2005年1月1日
廃止理由 新設合併
唐津市浜玉町厳木町北波多村肥前町鎮西町呼子町相知町唐津市
現在の自治体 唐津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
東松浦郡
団体コード 41384-4
面積 65.08km2
(境界未定部分あり)
総人口 8,901
推計人口、2004年12月1日)
隣接自治体 唐津市伊万里市多久市武雄市
浜玉町厳木町北波多村
町の木 スギ
町の花 アジサイ
相知町役場
所在地 849-3201
佐賀県東松浦郡相知町大字相知2055-1
外部リンク 相知町Internet Archive
OuchiCho1935.png
 表示 ウィキプロジェクト
唐津市役所相知支所(旧・相知町役場)

相知町(おうちちょう)は、佐賀県の北西部に位置する東松浦郡にあった。20世紀半ばまで炭鉱の町として栄えた。2005年に合併して唐津市の一部になり、「唐津市相知町」となった。

地理[編集]

松浦川とその支流沿いにある。南西の伊万里市から松浦川、南東の厳木町から厳木川、南から平山川、東から伊岐佐川(岐佐川)が入り、それぞれ狭い盆地を作りながら流れ、相知町の中心で合流する。松浦川はそこから北流して唐津市に入る。相知とは、川が「逢う地」に由来すると言われる。町の形の上では平山川の流域が南に突き出しており、八幡岳を境とする。東の伊岐佐川は短く、町の範囲は作礼山で限られる。山がちではあるが、八幡岳と作礼山の山塊を除けば標高は高くない。丘陵地形を利用したため池が多い。

冬は、山沿いでは、比較的積雪が多い。山地では、冬の間中雪が降る場所もある。

米の品種は夢しずく、さがびよりが主である。名産品として相知高菜が有名である。

相知町伊岐佐地区
  • 山: 八幡岳 (763.6m)、作礼山 (887.1m)、三方山 (505.2m)、岸岳 (313m)、陣ノ山 (303.7m)、日ノ高地山 (288.1m)、霧佐山 (209.6m)
  • 河川: 松浦川、厳木川、伊岐佐川、左伊岐佐川、右伊岐佐川、平山川
厳木川と松浦川の合流点
  • 湖沼・ダム: 伊岐佐ダム(左伊岐佐川)、長場恵溜池、新溜池、郷目木溜池

隣接していた自治体[編集]

町章

相知の「相」の文字から作られた。

町章

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 町長:大草秀幸(2004年3月24日 - 消滅時)

放送 通信[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット その他[編集]

  • 2005年頃からケーブルインターネットが普及
  • 専用回線を使用すれば、相知町内の通話料が無料
  • 2010年頃には、作礼山キャンプ場、見帰りの滝を含むほとんどの地区で、au、DoCoMoの携帯電話の利用が可能になった。しかし、山間部などでは現在でも繋がりにくい地区がある。

地域[編集]

健康[編集]

  • 平均年齢:57.5歳

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]


交通[編集]

空港[編集]

鉄道路線[編集]

廃止となった駅[編集]

  • 牟田部駅 (唐津線岸嶽支線 1971年廃駅)
  • 相知炭鉱駅(貨物駅 唐津線相知炭鉱支線 1978年廃駅)

バス[編集]

  • 花タウンバス(相知町内全域、伊万里市の一部)
  • 昭和バス(唐津大手口バスセンター〜佐賀バスターミナル)

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

石垣が連なる蕨野の棚田
見帰りの滝

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 県内市町村の合併の経緯”. 佐賀県. 2017年1月7日閲覧。
  2. ^ 全国棚田サミット開催地”. 全国棚田(千枚田)連絡協議会. 2017年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]