幡随院長兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江戸時代後期に描かれた幡随院長兵衛のイメージ。歌川国芳「国芳もやう正札附現金男・幡随長兵衛」
幡随院長兵衛夫妻の墓 (源空寺)

幡随院 長兵衛(ばんずいいん ちょうべえ、元和8年(1622年) - 明暦3年7月18日1657年8月27日))は、江戸時代前期の町人町奴の頭領で、日本侠客の元祖ともいわれる。『極付幡随長兵衛』など歌舞伎講談の題材となった。本名は塚本 伊太郎(つかもと いたろう)。妻は口入れ屋の娘・きん

生涯[編集]

元和8年(1622年)、誕生。唐津藩武士塚本伊織の一子とされているが諸説あり、滅亡した波多氏の旧家臣の子であるとする説[1]や、向導の実弟または幡随院の門守の子という説[2]もある。

父の死後、幡随院(京都の知恩院の末寺)の住職・向導を頼って江戸に来て、浅草花川戸で口入れ屋を営んでいたとされる。

旗本奴と男伊達を競いあう町奴の頭領として名を売るが、明暦3年7月18日(1657年8月27日)、若い者の揉め事の手打ちを口実に、旗本奴の頭領・水野十郎左衛門(水野成之)に呼び出され殺害された。芝居『極付幡随長兵衛』の筋書きでは、長兵衛はこれが罠であることを勘づいていたが、引きとめる周囲の者たちを「怖がって逃げたとあっちゃあ名折れになる、人は一代、名は末代」の啖呵を切って振り切り、殺されるのを承知で一人で水野の屋敷に乗り込む。果たして酒宴でわざと衣服を汚されて入浴を勧められ、湯殿で裸でいるところを水野に襲われ殺されたとしている[3]。 享年36(満34-35歳没)。墓所は、東京都台東区東上野6丁目の源空寺

登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 幡随院長兵衛生誕の碑
  2. ^ 台東区の史跡・名所案内
  3. ^ 水野は、長兵衛殺害の件に関してはお咎めなしであったが、約7年後の寛文4年(1664年)3月26日、行跡怠慢の門で実母・正徳院の実家である徳島藩藩主(蜂須賀家当主)・蜂須賀光隆の下に、弟・忠丘等共々お預けとなった。翌27日に評定所へ出頭したところ、出頭時の容姿が月代を剃らず着流しの伊達姿であったため、あまりにも不敬不遜であるとしてその日のうちに切腹、僅か2歳の嫡子・百助も誅されて、水野家は一時家名断絶となった。その後、弟の忠丘が元禄元年(1688年)に赦された後、元禄14年(1701年)に旗本となった事で、水野家は再興された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]