エフエム熊本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エフエム熊本
FM-KUMAMOTO Broadcasting Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
860-0001
熊本県熊本市中央区千葉城町5番50号
設立 1985年(昭和60年)4月1日
業種 情報・通信業
事業内容 ラジオ放送
代表者 代表取締役社長 中西雄一
資本金 4億9500万円
外部リンク http://www.fmk.fm/
テンプレートを表示
エフエム熊本
FM-Kumamto Broadcasting Co.,Ltd.
放送対象地域 熊本県
系列 JFN系
略称 FMK
愛称 エフエム・クマモト
コールサイン JOSU-FM
開局日 1985年11月1日
本社 〒860-0001
熊本県熊本市中央区千葉城町5-50
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 熊本 77.4MHz / 1kW
主な中継局 阿蘇 81.3MHz
人吉 82.0MHz
牛深 76.9MHz
公式サイト http://www.fmk.fm/
特記事項:1985年の開局から2005年3月末までの社名は「エフエム中九州」だった。
テンプレートを表示

株式会社エフエム熊本(エフエムくまもと、FM-Kumamto Broadcasting Co.,Ltd.)は、熊本県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

略称:FMKコールサインJOSU-FMJFN系列局。FMQリーグにも加盟する。現在のキャッチコピーは「goes on. FMK」。

概要[編集]

本社

1985年11月1日に全国19番目(九州で4番目)のFM局として開局した、熊本県唯一の県域FM局。熊本県内はもちろんのこと、福岡県筑後地方佐賀県南部、長崎県島原半島有明海沿岸、鹿児島県北薩地区、宮崎県五ヶ瀬町域でも直接聴取可能で、県外のリスナーもかなり多い。

佐賀市のケーブルテレビ局、佐賀シティビジョンではFMKの再送信を行っている。また、2012年1月30日からはradikoを通じてインターネット配信(実用化試験配信)が始まる。こちらは地域判定で熊本県とみなされる環境下でのみ利用が出来る[1]

社名変更の経緯[編集]

開局当初の社名は「エフエム中九州」(エフエムなかきゅうしゅう)。これは創業当時「エフエム熊本(FM熊本)」の商号がすでに登録されていたため。「エフエム中九州」開局当初の記者発表では「略称のFMKは"FM-Mid-Kyushu"の略。将来FM熊本になった時にも使えるように…」という説明があった。前述の「FM熊本」社は、企業PVや草野球のビデオ収録などをサポートする映像制作会社であり放送業ではない。経営に行詰った同社の経営者が刑事事件を起こし逮捕された直後ということもあり、イメージを考慮したとも考えられる。

商号問題が解決し、2005年4月1日に現在の「エフエム熊本」に社名変更。社外から「どこの放送局か分からない」という指摘を受けたこともあり、「熊本がエリアということがはっきり分かる社名に」ということで変更された。

事業所[編集]

本社

東京支社

福岡支社

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[2][3][4]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億9500万円 15億円 5万円 9,900株 30
株主 株式数 比率
熊本日日新聞社 4,142株 41.83%
熊本放送 0,800株 08.08%
テレビ熊本 0,570株 05.75%
電波新聞社 0,530株 05.35%
学校法人東海大学 0,530株 05.35%
熊本銀行 0,494株 04.98%
肥後銀行 0,494株 04.98%
ニッポン放送 0,430株 04.34%
西日本新聞社 0,330株 03.33%

2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億9500万円 15億円 5万円 9,900株 32
株主 株式数 比率
熊本日日新聞社 900株 9.09%
岩井宏一郎 [5] 852株 8.60%
増田仁 [6] 750株 7.57%
永廣憲一 [7] 660株 6.66%
上田尚美 630株 6.36%
テレビ熊本 570株 5.75%
電波新聞社 530株 5.35%
学校法人東海大学 530株 5.35%
杉村邦明 [8] 530株 5.35%

1992年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億9500万円 15億円 5万円 9,900株 42
株主 株式数 比率
上野景洋 [8] 640株 6.46%
上妻進 [8] 630株 6.36%
杉村邦明 [8] 530株 5.35%
松岡継雄 [8] 530株 5.35%
緒方正朋 [8] 530株 5.35%
森公男 [8] 530株 5.35%
谷脇ユミ子 [8] 530株 5.35%
中島惟誠 500株 5.05%

沿革[編集]

  • 1982年10月 - 熊本に電波割り当てがなされ、後に163件の事業申請がなされる。
  • 1985年
    • 4月1日 - 会社設立(当時の法人名は株式会社エフエム中九州)。
    • 10月17日 - サービス放送開始。番組の割合はTOKYO FM40:JFNC40:FMK18。放送時間は6:00 - 26:00の放送。
    • 11月1日 - 全国19番目の民間FMラジオ局として放送開始。金峰山送信所・人吉中継局の2局体制。
  • 1987年7月 - 阿蘇・南阿蘇(高森)中継局開局。
  • 1988年 - 御所浦中継局開局。
  • 1992年10月 - 小国中継局開局。
  • 1996年4月 - 牛深中継局開局。
  • 1997年
  • 2002年4月1日 - 鶴屋百貨店内にサテライトスタジオ「J-Pit」を設置。
  • 2005年4月1日 - 社名を株式会社エフエム熊本に変更。
  • 2012年1月30日 - 12:00にradikoを通じたインターネット配信を開始。
  • 2014年3月31日 - 文字多重放送を終了。

中継局[編集]

親局 周波数 出力 所在地 備考
熊本 77.4MHz 1kW 金峰山 RKK(アナログテレビ・デジタルテレビ)、
TKUKKTKAB(いずれもデジタルテレビのみ)と施設を共用
中継局 周波数 出力 所在地 備考
人吉 82.0MHz 50W 高塚山
五木 81.3MHz 10W 人吉市周辺でも雑音が多いものの受信できる。
阿蘇 81.3MHz 3W 米塚 垂直偏波
南阿蘇 76.8MHz 10W 観音桜展望所付近[9] 垂直偏波
玉名市など熊本平野の一部でも雑音は多いが受信できる。
小国 80.4MHz 垂直偏波
御所浦 78.4MHz 100W 水俣市鹿児島県出水市など、芦北地方から北薩地区をカバー。
鹿児島県の大隅半島の一部でも雑音が多いが受信できる所がある。
牛深 76.9MHz 10W 遠見山

主な番組[編集]

自社制作[編集]

JFN系列番組時差ネット[編集]

終了した番組[編集]

選曲について[編集]

  • 九州地方のFM局と比べると選曲基準が厳しめ。そのため、隣県の局(FM FUKUOKAJOY FMμFM)と比べるとジャニーズ系やハロプロ系などのアイドル楽曲のオンエアが少ない(SMAPなどは上位ランクインはされたことはある)。同じように独自の選曲姿勢を持つ、HELLO FIVEFM802ZIP-FMなどでは、ランクインはおろかオンエアさえされない。

放送時間[編集]

月曜日 - 土曜日は24時間放送。日曜日深夜の26:00 - 30:00(月曜日の2:00 - 6:00)までは放送を休止して放送終了のアナウンスの後すぐに停波するが、月曜日の5時台は試験電波と称して音楽を流している。

  • 放送開始時間が6:00であるのは、他の九州の県域FM局ではエフエム佐賀のみ。
  • オープニング・クロージング(局名告知)で使用される音楽の一部は通常のジングルとして使用されている。

キャッチコピー[編集]

  • 「サプライズ FMK」( - 2007年3月)
  • 「knock! knock! It's FMK(ノック!ノック!イッツ エフエムケイ)」( - 2014年12月)
  • 「goes on.FMK」(2015年1月 - )

ジングル[編集]

ジングルには、各種アーティストが登場するものが存在する。マドンナのようにただ問いかけるだけのものからスガシカオのようにキャッチフレーズを読み上げる例まで、様々なパターンがある。キャッチコピーが「サプライズ FMK」時代( - 2007年3月)のジングルも同様であった。

熊本県内の他放送局[編集]

コミュニティ放送局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1月30日(月)正午より、新たに6局が聴取可能に (PDF) radiko公式ウェブサイト、2012年1月23日。
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、446頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、474-475頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、443頁。
  5. ^ エフエム中九州 代表取締役社長
  6. ^ エフエム中九州 監査役
  7. ^ エフエム中九州 常務取締役
  8. ^ a b c d e f g h エフエム中九州 非常勤取締役
  9. ^ 熊本地震の影響で、夜峰山での放送継続が困難になり、現在、南阿蘇村の観音桜展望所付近に臨時中継局を設けて放送している。
  10. ^ 公式アナウンスこそされていないが、山岳回折により福岡県筑豊地方(主に田川市周辺)や大分県大分市日田市鹿児島県北薩地方(主に伊佐市周辺)でも常時受信できる地域がある。また、熊本県(山都町)と境を接する、宮崎県五ヶ瀬町域においては、概ね受信が可能である(五ヶ瀬町域では、地元のエフエム宮崎の受信が難しく、当局の方が良好に受信できる。)。鹿児島県の大隅半島でも雑音が多いながらも受信できる地域があったが、地元コミュニティFM局が77.2MHzで送信開始してからは、混信のため更に受信が困難になった。大分県大分市では、地域によってはエフエム愛媛の八幡浜中継局(77.6MHz)と混信することがある。

参考文献[編集]

  • FMK20周年記念誌編纂委員会『感動はラジオにのって』熊本日日新聞社、2005年。

外部リンク[編集]