見帰りの滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
見帰りの滝
Waterfall of Mikaeri.JPG
所在地 佐賀県唐津市相知町伊岐佐
位置 北緯33度22分4.0秒
東経130度2分22.3秒
落差 100m
水系 左伊岐佐川
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

見帰りの滝(みかえりのたき)は、佐賀県唐津市相知町天山県立自然公園内にある日本の滝百選に選ばれた。

概要[編集]

松浦川の支流である左伊岐佐川にある。1979年、滝のすぐ上流に伊岐佐川ダムが造られたため、造られる前より滝幅が狭くなっている。

右岸には不動尊十一面観音地蔵尊があり、すぐ下流には、しぶき橋、あじさい橋が架かっている。滝と下流の周辺に約40種・4万株のアジサイが植えられており、1988年以降、毎年6月に「見帰りの滝アジサイ祭り」が催される。

名前の由来は、昔、滝へ行く際に登る坂道を登り、滝を見て帰る。でも「もう一度…」と思い、また坂道をのぼってでも見たい滝と言われ、「あの坂道を立ち帰っても見たい滝」から「見帰りの滝」と言われるようになったと言われている。

「見返りの滝」と表記されていることもあるが、誤りである。

見帰りの滝と名物のアジサイ

アクセス[編集]

自動車[編集]

佐賀県道40号浜玉相知線の「伊岐佐」交差点を東に曲がり、約3km進んだところにある。

公共交通機関[編集]

最寄りのタクシー会社は昭和タクシー相知待機場

周辺[編集]

参考文献[編集]

  • 北中康文『日本の滝 2 西日本767滝』山と渓谷社
  • 現地の紹介看板

外部リンク[編集]