惣滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
惣滝
惣滝
所在地 新潟県妙高市(燕温泉)地先[1]
位置 北緯36度54分17.6秒
東経138度08分13.7秒
[2]
落差 80[1]m
滝幅 6[1]m
水系 関川水系太田切川上流大倉沢[1]
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

惣滝(そうたき)は、新潟県妙高市にある日本の滝百選

概要[編集]

頸城山塊妙高山を源とする太田切川の上流・大倉沢に懸かる滝で、日本の滝百選にも選定された名瀑である[1]。高さ80メートル、幅6メートルの直瀑で、断崖の上部から勢いよく水が滑り落ちる[1]。この断崖は切り立った輝石安山岩(つばめ溶岩)であり[3]節理が露わになっているほか、周辺では地層褶曲も見られる[1]。滝の上流には高さ8メートルほどの小さな滝が見られる[1]

惣滝は、燕温泉温泉街から妙高山への登山道を進み、30分間歩いた場所にある[1]。滝の前には惣滝不動明王がまつられており、行者の姿が現在でも見られる[1]

周辺の滝[編集]

そうめん滝(そうめんだき)
燕温泉から妙高山登山道を進み、3分間歩いた場所から右手に見える[1]。高さ64メートル、幅1メートルから3メートル、太田切川の支流に懸かる三段滝で、最下段の滝は38メートルの高さから太田切川へと流れ落ちている[1]
権現滝(ごんげんだき)
燕温泉から妙高山登山道を進み、20分間歩いた場所にある[1]。高さ26メートル、幅1メートル、太田切川に懸かる二段滝で、岩壁と岩壁との狭間を水が流れ落ちる[1]写真家の木田薫はこの権現滝について、「白い落水は風になびく白布のようなしなやかな姿を見せる」(『日本滝名鑑4000』191ページより引用)と評価している[1]
光明滝(こうみょうたき)・称明滝(しょうみょうだき、称名滝)[4]
いずれも太田切川上流の北地獄谷に懸かる滝で、燕温泉から妙高山登山道を進み、それぞれ60分間・70分間歩いた場所にある[5]。光明滝は高さ40メートル、幅4メートルで、細い水が小さな滝壺に落下している[5]。一方、称明滝は高さ85メートル、幅4メートルで、水がばらけるようにして落下している[5]。水量は少なく、その水質の所為か滝が懸かる岩壁は茶褐色に染まっている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本滝名鑑4000』199ページ。
  2. ^ 座標は「ウォッちず」(2012年9月15日閲覧)にて「惣滝」をキーワードに検索して得た。
  3. ^ 燕/関観光協会オフィシャルサイト」より(2012年9月14日閲覧)。
  4. ^ 国土地理院地図では「称明滝」と表記されている(「ウォッちず」にて「称明滝」をキーワードに検索して得た、2012年9月14日閲覧)が、『日本滝名鑑4000』では「称名滝」と表記されている(200ページ)。
  5. ^ a b c d 『日本滝名鑑4000』200ページ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]