雨乞の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨乞の滝
Amagoi Waterfalls 06.JPG
雄滝(左)と雌滝(右)
所在地 徳島県神山町
位置 北緯33度57分3.24秒
東経134度20分7.29秒
落差 (雌滝)45m
水系 吉野川水系高根谷川
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

雨乞の滝(あまごいのたき)は、徳島県名西郡神山町にある日本の滝百選四国のみずべ八十八カ所とくしま88景とくしま水紀行50選に選定されている。

概要[編集]

中部山渓県立自然公園の指定区域、吉野川の下流で合流する鮎喰川の支流の高根谷川水域にある。右に落差45メートルを三段に落ちる雌滝と、左に落差27メートルの直落の雄滝を配する夫婦滝である。

滝の名の由来は、かつてこの地の農民が干魃の際に、ここで蓑笠を着て鐘・太鼓を打ち鳴らして雨乞いを行ったことに由来する。滝には竜王神不動尊が祀られている。

駐車場より遊歩道沿いに、うぐいす滝・不動滝・地獄淵・もみじ滝・観音滝などが楽しめる。特に紅葉時期は美しい。滝の上方の標高700メートル地点には卑弥呼伝説の残る高根山悲願寺がある。

雌滝

アクセス[編集]

  • JR徳島駅より徳島バス神山線・佐那河内線にて寄井中停留所下車、所要時間1時間。停留所より徒歩60分
  • 車の場合は、国道438号より神山町役場を過ぎ、寄井中バス停より高根谷川沿いに2.3キロメートル南進、無料駐車場あり。駐車場より徒歩20分。

周辺情報[編集]

参考文献[編集]

  • 現地案内板
  • 『日本の滝100選』 グリーンルネッサンス事務局/編、1991年、講談社

外部リンク[編集]